宮脇咲良、松井珠理奈にリベンジで涙の結末 AKB48、プロレス生対決で迫力の肉弾戦<豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX全試合結果>

【豆腐プロレス/モデルプレス=8月29日】29日、後楽園ホールにてAKB48グループメンバーがプロレスイベント『豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX』を開催し、総勢31名が壮絶な試合を繰り広げた。
豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX(C)モデルプレス
豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX(C)モデルプレス

目次

  1. 1. 新メンバー14名も参戦
  2. 2. 会場熱狂のガチ試合
  3. 3. 参加メンバー
  4. 4. 新規参戦メンバー
  5. 5. 試合結果


豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX(C)モデルプレス
豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX(C)モデルプレス
同イベントはHKT48宮脇咲良AKB48兼任)が主演を務め、7月1日に最終回を迎えたテレビ朝日系連続ドラマ『豆腐プロレス』のリアルイベント。ドラマで活躍したメンバーたちが生でプロレス対決を行い、ドラマの名場面を思い起こさせる闘いを繰り広げた。

最終回から2年後の設定で、ここまで一度も勝ったことがないハリウッドJURINA(松井珠理奈)に決勝でリベンジを挑んだチェリー宮脇(宮脇)。ロングスピーチ横山(横山由依)とタッグを組んで、道頓堀白間(白間美瑠)とのチームと対決したが、激しい攻防の末、最後はJURINAが横山にとどめの一撃を決め、敗北。松井は涙を流しながらリングで高々とチャンピオンベルトを掲げ、白間と涙のハグ。

それをリング上でうなだれるように見ていた宮脇と横山は呆然と涙を流し、同じ「錦糸町道場」の仲間たちがその姿を支えていた。

全試合写真あり/フォトギャラリー


新メンバー14名も参戦

今回は、自らリング入りを志願した新たなAKB48メンバー14名も参戦。元プロレスラーでメンバーを指導したミラノコレクションA.T.氏によると、元々30人以上いた候補メンバーから脱落を経て残ったのが今回参加した14名だったという。

会場熱狂のガチ試合

イベントは、WIP代表・白金ジムオーナーの矢崎英一郎役、渡辺いっけいによる対戦カードの発表からスタート。開幕から会場は「オオーッ!」という大歓声に包まれた。

第1試合から新旧メンバー入り乱れての白熱ファイトが展開され、アイドルとは思えぬほどの大技の応酬が連発。そして注目のセミファイナルは<工事現場同盟>ユンボ島田、クイウチ松村と、アメリカから来たデビー・コング、シェリー・ヤマナカのペア。この試合では、クイウチ松村が“クイウチドライバー(片エビ固め)”で17分38秒でシェリー・ヤマナカを沈めて勝利。9月をめどにグループ卒業&芸能界引退を発表しているユンボ島田こと島田晴香が去り際に「こいつらを応援してやってくれ」と後輩たちへの応援を会場に頼むと、観客からは大声援が送られた。

そして、メインイベントは<パワーストーンズ>ハリウッドJURINA&道頓堀白間VS<錦糸町道場>チェリー宮脇&ロングスピーチ横山という、ドラマファンにはたまらない対戦カード。試合の前には30日発売のAKB48のシングル『#好きなんだ』収録の『ギブアップはしない』を4人で披露するなど息ぴったり?と思いきや、ゴングが鳴った後はJURINAが“フライングJURINA”、宮脇が“サクラスペシャル”など必殺技を繰り出し、これまでの集大成ともいえる激闘を繰り広げた。

最後は、21分42秒でJURINAが新必殺技“ハリウッド式ディスティーノ(片エビ固め)”で横山を破り、パワーストーンズが勝利。新日本プロレスの永田裕志選手からチャンピオンベルトが授与され、「応援してくれた皆さん、愛してまーす!」というJURINAの絶叫で試合を締めくくった。

メインイベント終了後は、全選手で、ドラマ主題歌でもあった『シュートサイン』を熱唱。ところが直後、オクトパス須田を中心とする<反体制軍団>がチャンピオンベルトを強奪するという予想外のハプニングが発生。場内が騒然とする中、イベントは幕を閉じた。(modelpress編集部)

松井珠理奈、島田晴香と迫力のプロレス対決


参加メンバー

AKB48加藤玲奈、木﨑ゆりあ、島田晴香向井地美音湯本亜美横山由依
SKE48:須田亜香里高柳明音古畑奈和松井珠理奈松村香織
NMB48:木下百花白間美瑠
HKT48:宮脇咲良
NGT48:加藤美南中井りか山田野絵

新規参戦メンバー

AKB48岩立沙穂大家志津香小田えりな川本紗矢込山榛香佐藤朱田北香世子達家真姫宝谷口めぐ中西智代梨、廣瀬なつき、福岡聖菜馬嘉伶宮崎美穂

試合結果

<第1試合…THE WIP リアルファイト 15分1本勝負>
×トルネードたつまき(白金ジム)
7:06 片逆エビ固め 
○さっほー岩立(錦糸町道場)

ドラマに出演していなかった新メンバー2人による15歳と22歳の7歳差対決。その持ち前の四肢の長さを活かした技で応戦したたつまきだが、マイペースな岩立のハイキック攻撃などに屈した。岩立は会場を「やっほーさっほー」コールで包み、大会の流れを決める大事な第1試合を熾烈な世代間闘争で盛り立てた。

<第2試合…コミカルファイト “狂犬軍団登場” 20分1本勝負>
パッパラー木﨑/キューティーレナッチ/○MAX中井(錦糸町道場)
7:34 反則 
×マッドドッグ宮崎/カツオ広瀬/オッタマゲ・マ(白金ジム)

白金ジムに突如現れた不良少女・宮崎にイジメられ、錦糸町道場へ移籍した中井の因縁のマッチ。弱々しい戦いでまさに“弱い者いじめ”のように宮崎にやられっぱなしだった中井だが、宮崎が持ち込んだパイプイスに頭をくぐらせ、レフェリーに反則アピール。見事レフェリーをだまし反則勝ちとなった。

<第3試合…ハイスピード トリプルタッグマッチ 30分一本勝負>
×バード高柳/コマネチ湯本/バトンかとみな(白金正規軍) 
14:38 エビ固め※MKO 
【ダースベーダーズ】オクトパス須田/○ミラクルしづか/グイグイ中西(白金反乱軍)

同門対決。同ジムの極悪コンビ「工事現場同盟」なんて時代遅れと主張し、新時代のヒールを標榜するオクトパス須田率いる「ダースベーダーズ」と変幻時代のアクロバット戦法で幻惑するコマネチ湯本率いる正規軍の戦い。アクロバティックな空中殺法と須田の軟体芸が激しくぶつかりあうそれぞれの特性が引き立った試合。バード高柳は敗北し、8度目の引退宣言をした。

<第4試合…1分時間差バトルロワイヤル花>
ボイス山田(白金ジム)/左上せいちゃん(白金ジム)/プロフェッサー田北(錦糸町道場)/ブラックベリー向井地(白金ジム)/サックス古畑(錦糸町道場)/ジャンボ佐藤(白金ジム)/イケメン百花(白金ジム)
○ブラックベリー向井地 
12:29 オーバー・ザ・トップロープ 
×イケメン百花

7人が参加する変則マッチ。170cmの佐藤が物凄いパワーで中盤まで4人をなぎ倒すが、天才モンスター百花に敗れる。しかし、そこに向井地が隙を突いて勝利をかっさらい、ベビーからヒールに転向して以来の存在感を示した。

<第5試合…WIPタッグ選手権 次期挑戦者決定戦 30本一本勝負>
ヤバクネ谷口/×ディーヴァおだえり(白金ジム) 
14:40 片エビ固め※逆レインメーカー式スリングブレイド 
○シャーク込山/モーモー川本(錦糸町道場)

将来の「白銀ジム」「錦糸町道場」の看板を背負う逸材4人が顔を揃えた「次世代ニューヒロイン対決」。それぞれがキュートなルックスからは想像もつかない実力を見せ、最後は込山が勝利。「私たちは次世代じゃない!今なんだよ」とマイクパフォーマンスで吠えた。

<第6試合…ガチファイト“セメントマッチ” 30分一本勝負>
【工事現場同盟】ユンボ島田/○クイウチ松村 
17:38 片エビ固め ※クイウチドライバー 
【WWZ最強タッグ】デビー・コング/×シェリー・ヤマナカ

ハリウッドJURINAとの3時間を超える死闘に敗れた世界最大の海外プロレス団体「WWZ」元王者であるデビー・コングが再襲来。圧倒的な体格差でやりたい放題にされるが、JURINAと同じく足をピンポイントに攻める戦法や、持ち前の根性で工事現場同盟が勝利を勝ち取った。

<メインイベント…WIP タッグ選手権 王座決定戦 無制限一本勝負>
【パワーストーンズ】○ハリウッドJURINA/道頓堀白間(白金ジム) 
21:42 片エビ固め ※ハリウッド式デスティーノ 
×ロングスピーチ横山/チェリー宮脇(錦糸町道場)

全試合写真あり/フォトギャラリー




【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 宮脇咲良、松井珠理奈にリベンジで涙の結末 AKB48、プロレス生対決で迫力の肉弾戦<豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX全試合結果>
今読んだ記事

宮脇咲良、松井珠理奈にリベンジで涙の結末 AKB48、プロレス生…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事