NMB48 えぬえむびーふぉーてぃえいと

「NMB48」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「NMB48」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「NMB48」に関連するモデルプレス記事

NMB48のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

NMB48のプロフィール

NMB48
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
活動期間 2010年秋 -
レーベル laugh out loud! records(2011年7月 - )
事務所 KYORAKU吉本.ホールディングス
共同作業者 秋元康

NMB48(エヌエムビー フォーティエイト[1])は、秋元康のプロデュースにより、2010年に誕生した、大阪市・難波を拠点とし近畿地方を中心に活動する日本の女性アイドルグループ。

■概要

AKB48の全国展開の一環で、名古屋のSKE48に続く第2弾として大阪市が選ばれ、2010年10月9日の東京・葛西臨海公園での野外ライブ『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』において初めてお披露目され、発足した。これにより、秋元康プロデュースによる「48プロジェクト」(「AKB48グループ」とも)ユニットが日本三大都市圏に出揃った。
グループ名の「NMB」の由来は、劇場の所在地である中央区と浪速区に跨る大阪の二大繁華街の一つ、ミナミにある「難波(なんば)」(NAMBA)からで、「難波48」とも称される。
活動方針に関してはAKB48や他の姉妹グループと共通する部分がある。また、SKE48やHKT48と同様に、メンバーがAKB48名義のシングルの歌唱メンバー(選抜メンバー)となったり、AKB48の握手会やコンサートなどのイベントに参加したりする。
中央区の難波千日前、なんばグランド花月向かいのYES-NAMBAビルに『NMB48劇場』を有している。2010年12月3日に閉館したbaseよしもと(現・5upよしもと)を改装してできたもので、2011年1月1日の初演以来ここで定期的に公演を行っている。2009年8月から2012年3月まで共用だったAKB48劇場、オープンから2012年8月まで共用だったSKE48のSUNSHINE STUDIO(現・SKE48劇場)とは異なり、NMB48劇場は一貫してNMB48の公演専用となっている。
姉妹グループ同様、メンバーを定期的に募集しオーディションを経て採用している。2012年までに計4回のオーディションを行い、第4期生までが活動を行っている。また、原則16人のチーム制を導入している。グループ名「NMB」から1文字ずつ取った「チームN」「チームM」「チームBII」の3つのチームと、チームに所属していない研究生により構成されている。メンバーは2013年10月14日時点で、チームN 16名、チームM 15名、チームBII 16名、研究生 18名の計65名であり、そのうち3名がAKB48との兼任である。
AKB48・SKE48同様に、総合プロデューサーの秋元康が全ての楽曲の作詞を手掛けている。2011年7月20日にリリースしたシングル『絶滅黒髪少女』でlaugh out loud! recordsからメジャー・デビュー、AKB48の姉妹ユニットでは初めてデビューシングルでオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得する。その後3作連続で同1位、また5thシングル「ヴァージニティー」から8thシングル「カモネギックス」まで4作連続1位を継続しているほか、2013年2月27日には1stアルバム『てっぺんとったんで!』をリリースしこれもオリコン週間アルバムチャートで初登場1位となった。

■特徴

・活動方針

AKB48や姉妹グループ同様、コンセプトの根幹に「会いに行けるアイドル」を据えて、恋愛禁止のルールなどを引き継いでいる。その一方で、他のユニットとのイメージの差別化もみられる。例えば、吉本興業系列の事務所所属ということでコントや漫才にも力を入れており[2]、『R-1ぐらんぷり』や『キングオブコント』への出場歴があるメンバーもいる[3]ほか、吉本新喜劇やお笑い番組などへの出演は多岐にわたる。また、1stシングル「絶滅黒髪少女」のタイトルに採用されたようにメンバーは黒髪とすることがルールとなっている(AKB48やSKE48も一時期同様だった)。
SKE48やHKT48と同様に地域性も掲げていて、大阪を中心とする近畿地方でイベントやコンサートを行ったり地域イベントに参加したりするなど、地域活動に重点を置いている。メンバーについても、一部[注 1]を除き、ほとんどのメンバーが近畿地方の出身者である。

■ファンとの交流

AKB48や姉妹グループ同様、NMB48のシングル発売記念の握手会を独自に開催している。シングルの「通常盤(初回生産分)」については、握手券1枚につき1人または複数のメンバーとの握手となる「全国握手会」、「劇場盤」については購入時に指定したメンバー1人との握手となる「個別握手会」を行う。開催地は本拠地・大阪のほか、SKE48やHKT48と同様に、関東地方や名古屋などでも開催している。また、NMB48独自のサービスとして、カメラ付き携帯電話等でメンバーとの2ショット写真を撮るシングル発売記念「写メ会」(途中から「なんば式写メ会」に変更)、CDケース(途中からメンバーソロショットのオリジナルアナザージャケット)にメンバーのサインを貰うシングル発売記念「なんば式サイン会」を実施している。
劇場公演終了後は、他の姉妹グループと同様にメンバーによるハイタッチが行われるが、NMB48独自のサービスとして劇場係員によりランダムで選ばれたメンバー1名から肩たたきを受けるファンサービスも行われている。
メンバー個人が持つファンとのコミュニケーションツールとして、全メンバーが対象の『NMB48オフィシャルブログ powerd by Ameba』、利用可能年齢のメンバーが対象のGoogle+、登録制でメンバーのメッセージをメールで配信する『NMB48 Mail』がある。
グループロゴマーク[編集]
AKB48のピンク、SKE48のオレンジ、HKT48の黒の単色の背景であるのとは異なりNMB48ではヒョウ柄[注 2][注 3]となっており、メンバーの着用する衣装もグループロゴにちなんだヒョウ柄をあしらったものが採用されている。

■運営

京楽産業.と吉本興業の合弁会社[注 4]である「KYORAKU吉本.ホールディングス」が運営会社となっていて、メンバーの所属事務所もAKB48からの兼任メンバーを除くとすべてここである。また、所属事務所と異なる系列のレーベルである他の姉妹グループと違い、所属レーベルのlaugh out loud! recordsも吉本興業の子会社である。NMB48メンバーがAKB48グループとして活動する場合は、AKB48の運営会社であるAKSが統括する。これはかつてピタゴラス・プロモーションに所属していた頃のSKE48(現在は一部を除きAKS所属)と同様である。
NMB48の商標権は、株式会社AKSではなく、運営会社のKYORAKU吉本.ホールディングス株式会社が保有している(商標登録番号5386366号・5409977号・5409978号)。
姉妹グループと同様、各種活動やメンバーを統括する管理職として「劇場支配人」と呼ばれる役職が置かれている。また、シングル発売後行われる握手会において「支配人部屋」が設けられ、劇場支配人に対するファンの意見陳述の場となっている。NMB48劇場支配人は発足時から一貫して金子剛が務めていて、2013年1月のAKB48リクエストアワーにおいて姉妹グループの支配人異動が発表された際も留任となっている。

・AKB48や他の姉妹ユニットとの比較

劇場公演のチーム制、チーム毎のキャプテン制も姉妹グループと同じである。なお、一時期チームNでは副キャプテンのポストを置いていた。
また、SKE48やHKT48と同様に、選抜総選挙、じゃんけん大会、TOKYO DOME CITY HALL公演、ユニット祭りは、全ての姉妹グループが総参加(完全な平等ではなく、じゃんけん大会におけるAKB48メンバーの優先などがある)する形で年1回行われる。一方、リクエストアワー、シングル、コンサート、握手会に関しては、AKB48名義のものの多くにNMB48やSKE48・HKT48のメンバーが参加する一方、NMB48やSKE48・HKT48のリクエストアワー(HKT48除く)、シングル、コンサート、握手会にAKB48のメンバーが参加することはない(兼任メンバーを除く)。
毎回変動するAKB48と異なり、シングル曲の選抜人数は固定されている(HKT48と同じ)。
AKB48やSKE48と異なり、1期生から全員が研究生所属で活動を開始する(HKT48もこれを踏襲)。
AKB48から兼任によって加入したメンバー除く全員がKYORAKU吉本.ホールディングスに所属しており[注 5]、2012年12月現在、移籍の例はない。
コントや漫才、お笑い番組への出演などに力を入れている。
Youtubeだけに公式チャンネルを有する姉妹グループと違い、ニコニコ動画、YNN(よしもとクリエイティブ・エージェンシーの動画サイト)にも公式チャンネルを開設している。
NMB48劇場公演チケットの最低料金は980円で、日本国内で活動するAKB48グループで最も安価に設定されている。

■略歴

・2010年

7月10日、代々木第二体育館で行われたAKB48のコンサート「サプライズはありません」にて、NMB48のプロジェクト開始が発表される[5]。
10月9日、東京・葛西臨海公園で行われた『Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら』にて、1期研究生26名がお披露目。同日放送の『スター姫さがし太郎』でも紹介された。結成時の平均年齢は14.7歳で、姉妹ユニットの中で最も若いグループとしてスタートした(後にHKT48が更新)。
12月31日、『第61回NHK紅白歌合戦』に初めてAKB48として出場。

・2011年

1月1日、1期研究生の選抜メンバー16名により、NMB481期研究生公演『誰かのために』初公演を行う。
3月10日、1期研究生から選抜された16名により、チームNを結成[6]。
4月4日、チームN劇場初公演。
5月25日、AKB48の21stシングル「Everyday、カチューシャ」がリリースされ、山本彩と渡辺美優紀がNMB48のメンバーとして初の選抜入り。
5月 - 6月、『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』(第3回選抜総選挙) で山本彩がアンダーガールズ入り。
7月16日、選抜じゃんけん大会の予備戦[注 6]が行われ、これを勝ち抜いた山口夕輝・肥川彩愛・島田玲奈・藤田留奈・與儀ケイラが本戦出場権を獲得。
7月20日、デビューシングル「絶滅黒髪少女」をリリースし、オリコン週間チャート1位を記録。
8月13日、2期研究生劇場初公演。
9月20日、日本武道館で『AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会』が開催され、山口夕輝・肥川彩愛が選抜入りとなる。
10月26日、2ndシングル「オーマイガー!」をリリースし、デビューから2作連続となるオリコン週間チャート1位を記録。さらに女性グループ史上初の快挙となるデビューから2作連続での初週売上20万枚突破。

・2012年

1月26日、1期研究生5名と2期研究生11名の計16名によりチームMを結成[7]。
2月8日、3rdシングル「純情U-19」をリリースし、デビューから3作連続となるオリコン週間チャート1位と初週売上20万枚超えを記録。ともに女性アーティスト史上初の快挙となる。
3月2日、初の公式ガイドブック『NMB48 COMPLETE BOOK』(光文社)を発売。
3月24日、コンサート『業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ』で、チームN渡辺美優紀のAKB48チームBとの期間限定兼任を発表[8]。過去にAKB48の楽曲へ参加した例はあるものの、NMB48とAKB48を兼任するのはNMB48のメンバーでは初の例となる。
5月 - 6月、『AKB48 27thシングル選抜総選挙』(第4回選抜総選挙) で山本彩・渡辺美優紀がアンダーガールズ、福本愛菜・山田菜々がネクストガールズ、小笠原茉由がフューチャーガールズ入り。福本・小笠原はAKB48名義シングルには初選抜。
8月24日、コンサート『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』で、チームN小谷里歩がAKB48の新生チームAとの兼任予定であることと、AKB48チームK横山由依の新生チームAへの異動および同時にNMB48を兼任する予定であることが発表された[9]。NMB48のメンバーがAKB48を兼任するのは前述した渡辺美優紀に次いで小谷が2人目、AKB48のメンバーがNMB48を兼任するのは横山が史上初となる。
10月10日、3期研究生から選抜された16名によりチームBIIが結成され、この日初公演を実施。

・2013年

1月25日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』2日目公演において、48グループ支配人人事異動が発表され、現NMB48劇場支配人の金子剛については支配人留任となり、同月27日に開催された最終日公演で信任・不信任の信任決議発表の結果、信任され支配人留任が決定。
1月26日、『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013』3日目公演において、 4月25日-28日に日本武道館で『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』を開催、NMB48は26日に単独、28日に48グループ総出演の一部としていずれも出演することが発表される。
2月27日、1stアルバム『てっぺんとったんで!』がリリース
3月6日、『てっぺんとったんで!』が初週売上約32,6万枚 オリコンランキング1位を獲得
3月15日、大阪府高槻市を拠点とする女子サッカークラブ「スペランツァFC大阪高槻」のスペシャルサポーターに就任[11]。
4月18日、NMB48リクエストアワーセットリスト ベスト30 2013(2013年4月18日、オリックス劇場)[12]。NMB48としては初となる山田菜々のチーム異動を発表。
4月26日、日本武道館にて行われた『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』NMB48単独公演において、7thシングル『僕らのユリイカ』を発売することが発表される。
4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』夜の部において、横山のNMB48チームNとの兼任および小谷のAKB48チームAとの兼任がそれぞれ解除され、新規にAKB48チームBの市川美織がNMB48チームNとの兼任および矢倉楓子がAKB48チームAとの兼任をすることが発表される。
6月5日、「AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』」を日本武道館で開催[13]。
6月8日に開票が行われた『AKB48 32ndシングル選抜総選挙「夢は一人じゃ見られない」』(第5回選抜総選挙)でNMB48から9名が選出され、グループ発足以降、最高となった[14]。
6月19日、7thシングル『僕らのユリイカ』発売。
6月26日、「僕らのユリイカ」が過去最高となる初週売上約48,2万枚を売上げ、オリコン一位を獲得。
8月1日、「NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!!」公開。
8月7日、『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜 in 京セラドーム大阪』1日目公演において、10月12日・13日に大阪城ホールで『NMB48 3rd Anniversary Special Live』が開催されることが発表された[15]。
8月23日、『AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜 in 東京ドーム』2日目公演において、AKB48グループ全チームオリジナル新公演の発表があり、NMB48チームN初日公演の2013年10月26日(土)「ここにだって天使はいる」公演を皮切りに各グループのチーム毎に新公演開始日程が発表された。NMB48ではチームMが2014年4月26日(土)、チームBIIが2014年8月9日(土)にそれぞれ新公演初日を予定[16]。
10月2日、8thシングル「カモネギックス」発売。
10月12日・13日、『NMB48 3rd Anniversary Special Live』開催[17]。同公演1日目にて、10月18日放送のテレビ朝日系列『ミュージックステーション』にNMB48として初出演することが発表された[18]。
10月18日、テレビ朝日系列『ミュージックステーション』にNMB48として初出演。48プロジェクトのAKB以外の姉妹グループとしては2012年1月27日に初出演を果たしたSKE48以来2組目となる[19]。
11月1日、チームBII 2nd『ただいま恋愛中』(A4th公演)の公演を開始。事前に公演名を発表せず、公演当日に発表された。
11月19日、チームN 3rd公演『ここにだって天使はいる』の初日を迎える。NMB48として初めてのオリジナル公演。
11月25日、『第64回NHK紅白歌合戦』に初出場することがNHKより発表。AKB48の姉妹グループとしては『第63回NHK紅白歌合戦』に単独初出場を果たしたSKE48に続く2組目となる単独出場となる。[20]

■メンバー

メンバー個人記事作成については「芸能人の特筆性」および「音楽家・音楽グループについての特筆性」(特に最下段)をご覧ください。
正規メンバー
チームN
名前 よみ 生年月日 加入期 昇格日 所属時事務所 備考 総選挙
最高
順位
市川美織 いちかわ みおり 1994年2月12日(19歳) - - プロダクション尾木 AKB48チームB兼任
2013年4月28日兼任開始 39位
小笠原茉由 おがさわら まゆ 1994年4月11日(19歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 54位
門脇佳奈子 かどわき かなこ 1996年10月24日(17歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
岸野里香 きしの りか 1994年6月4日(19歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
木下春奈 きのした はるな 1998年6月9日(15歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
古賀成美 こが なるみ 1998年3月30日(15歳) 2期 2013年4月18日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
小谷里歩 こたに りほ 1994年8月24日(19歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 元AKB48チームA兼任 -
近藤里奈 こんどう りな 1997年2月23日(16歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
上西恵 じょうにし けい 1995年3月18日(18歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 40位
白間美瑠 しろま みる 1997年10月14日(16歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 元『ニコ☆プチ』読者モデル -
西村愛華 にしむら あいか 1998年1月12日(15歳) 4期 2013年4月18日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
林萌々香 はやし ももか 1998年9月11日(15歳) 2期 2013年10月13日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
山口夕輝 やまぐち ゆうき 1993年10月17日(20歳) 1期 2011年6月14日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
山本彩 やまもと さやか 1993年7月14日(20歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス キャプテン
元MAD CATZ 14位
吉田朱里 よしだ あかり 1996年8月16日(17歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 50位
渡辺美優紀 わたなべ みゆき 1993年9月19日(20歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス AKB48チームB兼任 15位

・チームM

名前 よみ 生年月日 加入期 昇格日 所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
東由樹 あずま ゆき 1996年2月17日(17歳) 2期 2012年10月9日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
沖田彩華 おきた あやか 1995年10月11日(18歳) 1期 2012年5月31日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
川上礼奈 かわかみ れな 1995年9月16日(18歳) 1期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
木下百花 きのした ももか 1997年2月6日(16歳) 1期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
小柳有沙 こやなぎ ありさ 1995年4月28日(18歳) 1期 2012年10月9日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
島田玲奈 しまだ れな 1993年8月5日(20歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス キャプテン
謹慎期間あり[21] -
高野祐衣 たかの ゆい 1993年12月6日(20歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
谷川愛梨 たにがわ あいり 1995年12月5日(18歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
三田麻央 みた まお 1995年9月9日(18歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
村上文香 むらかみ あやか 1993年6月2日(20歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス 元つぼみ -
村瀬紗英 むらせ さえ 1997年3月30日(16歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス 09年度ラブベリーナ最終候補者
元『nicola』読者モデル -
矢倉楓子 やぐら ふうこ 1997年2月24日(16歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス AKB48チームA兼任 44位
山岸奈津美 やまぎし なつみ 1994年9月16日(19歳) 1期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス ミスセブンティーン2009最終候補者 -
山田菜々 やまだ なな 1992年4月3日(21歳) 1期 2011年3月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 元チームN
NMB48最年長
旧芸名:中山菜々 28位
與儀ケイラ よぎ ケイラ 1999年10月18日(14歳) 2期 2012年1月26日 KYORAKU吉本.ホールディングス -

・チームBII

名前 よみ 生年月日 加入期 昇格日 所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
赤澤萌乃 あかざわ ほの 1997年1月29日(16歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
石塚朱莉 いしづか あかり 1997年7月11日(16歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
井尻晏菜 いじり あんな 1995年1月20日(18歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
植田碧麗 うえだ みれい 1999年2月2日(14歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
梅原真子 うめはら まこ 1999年1月11日(14歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
太田夢莉 おおた ゆうり 1999年12月1日(14歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
加藤夕夏 かとう ゆうか 1997年8月1日(16歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
上枝恵美加 かみえだ えみか 1994年7月13日(19歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス キャプテン -
日下このみ くさか このみ 1996年1月12日(17歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
久代梨奈 くしろ りな 1999年1月29日(14歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
黒川葉月 くろかわ はづき 1998年8月5日(15歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
河野早紀 こうの さき 1994年6月18日(19歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 元Make palette -
小林莉加子 こばやし りかこ 1996年5月24日(17歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 2013年9月14日 - 12月8日活動休業[22][23][24] -
室加奈子 むろ かなこ 1996年11月20日(17歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス -
薮下柊 やぶした しゅう 1998年12月2日(15歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 49位
山内つばさ やまうち つばさ 2000年6月6日(13歳) 3期 2012年10月10日 KYORAKU吉本.ホールディングス 正規メンバー最年少 -

・研究生

名前 よみ 生年月日 加入期 所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
石田優美 いしだ ゆうみ 1998年10月12日(15歳) 2期 KYORAKU吉本.ホールディングス -
鵜野みずき うの みずき 1996年10月23日(17歳) -
中川紘美 なかがわ ひろみ 1994年11月19日(19歳) -
西澤瑠莉奈 にしざわ るりな 1999年7月27日(14歳) -
高山梨子 たかやま りこ 2000年1月12日(13歳) 3期 西野七瀬(乃木坂46)は従姉[25] -
三浦亜莉沙 みうら ありさ 1996年7月20日(17歳) -
明石奈津子 あかし なつこ 1999年8月17日(14歳) 4期 -
大段舞依 おおだん まい 1994年10月4日(19歳) 研究生最年長 -
川上千尋 かわかみ ちひろ 1998年12月17日(15歳) -
渋谷凪咲 しぶや なぎさ 1996年8月25日(17歳) -
嶋崎百萌香 しまざき ももか 2001年2月8日(12歳) NMB48最年少 -
照井穂乃佳 てるい ほのか 1998年10月18日(15歳) -
中野麗来 なかの れいな 1999年8月24日(14歳) -
松岡知穂 まつおか ちほ 1998年4月21日(15歳) -
松村芽久未 まつむら めぐみ 1995年6月26日(18歳) -
森田彩花 もりた あやか 1995年5月29日(18歳) -
山尾梨奈 やまお りな 1995年12月10日(18歳) -
城恵理子 じょう えりこ 1998年11月27日(15歳) -[注 7] 元2期生
元チームM -

・元メンバー

選抜総選挙での最高順位はNMB48在籍時点での最高順位である。

・元正規メンバー

名前 よみ 生年月日 加入期 昇格日 最終
所属 最終在籍日 現所属事務所 備考 総選挙
最高
順位
森彩華 もり あやか 1996年5月23日(17歳) 1期 2011年3月10日 N 2011年7月10日 - 6月25日卒業公演 -
小鷹狩佑香 こだかり ゆうか 1997年8月5日(16歳) 2期 2012年1月26日 M 2012年5月6日 - 4月25日卒業公演 -
藤田留奈 ふじた るな 1997年11月25日(16歳) 2期 2012年1月26日 M 2012年10月3日 - 腰痛治療により辞退
当日公式ブログで発表[26] -
松田栞 まつだ しおり 1995年6月18日(18歳) 1期 2011年3月10日 N 2012年10月28日 - 10月24日卒業公演
謹慎経験あり -
太田里織菜 おおた りおな 1996年12月31日(17歳) 1期 2012年1月26日 M - 10月25日卒業公演 -
肥川彩愛 ひかわ あやめ 1994年11月8日(19歳) 1期 2012年1月26日 M 2012年12月22日 - 当日卒業セレモニー -
篠原栞那 しのはら かんな 1997年9月24日(16歳) 1期 2011年3月10日 N 2013年4月12日 - 当日卒業公演 -
横山由依 よこやま ゆい 1992年12月8日(21歳) - - N 2013年4月28日 太田プロダクション 2012年8月24日から兼任解除までAKB48チームA兼任
5月20日劇場公演最終出演セレモニー 15位
山本ひとみ やまもと ひとみ 1998年11月8日(15歳) 2期 2012年10月9日 M 2013年5月30日 - 当日卒業公演 -
福本愛菜 ふくもと あいな 1993年3月25日(20歳) 1期 2011年3月10日 N 2013年7月1日 よしもとクリエイティブ
・エージェンシー 当日卒業公演[27]
現:吉本新喜劇研究生[28] 43位

・元研究生

名前 よみ 生年月日 加入期 最終在籍日 現所属事務所 備考
山内彩花 やまうち あやか 1994年10月17日(19歳) 1期 2010年11月5日 - 体調不良により辞退
瀧山あかね たきやま あかね 1994年5月10日(19歳) 2期 2012年1月15日 - 12月22日卒業公演
大谷莉子 おおたに りこ 1996年12月11日(17歳) 2期 - 1月11日卒業公演
岡田梨紗子 おかだ りさこ 1995年10月28日(18歳) 2期 2012年2月18日 - 2月9日卒業公演
石川こころ いしかわ こころ 1998年2月19日(15歳) 3期 2012年4月28日 - 学業専念のため卒業
原みづき はら みづき 1997年8月19日(16歳) 1期 - 4月20日卒業公演
佐々木七海 ささき ななみ 1998年9月26日(15歳) 3期 2012年7月7日 - 7月4日卒業公演
東郷青空 とうごう そら 1998年9月21日(15歳) 3期 2012年10月11日 - 学業専念のため辞退
当日公式ブログにより発表[29]
杉本香乃 すぎもと かの 1997年11月11日(16歳) 3期 2012年12月6日 - 体調不良および学業優先のため辞退
佐藤天彩 さとう そらい 1998年7月4日(15歳) 2期 2012年12月21日 - 当日卒業公演
杉野莉沙 すぎの りさ 1995年5月26日(18歳) 4期 2013年2月21日 - 学業専念のため辞退
廣瀬聖七 ひろせ せな 1998年1月4日(15歳) 4期 2013年2月21日 - 体調不良により辞退
久田莉子 ひさだ りこ 1997年10月11日(16歳) 3期 2013年3月15日 - 当日卒業公演
石原雅子 いしはら まさこ 1995年9月12日(18歳) 4期 2013年6月27日 - 体調不良により辞退
小川乃愛 おがわ のあ 1999年5月29日(14歳) 4期 2013年10月10日 - 足の怪我の治療に専念するため辞退

■グループ編成

・メンバー構成推移

これまで4度のメンバーオーディションを実施し、全てのメンバー(AKB48との兼任メンバーを除く)がこれらのオーディションを経て加入している。
メンバー構成推移年表
日時 出来事 増減 合計 チーム別 加入期別
人数変動
全 正 N M BII 研
2010年
10月9日 第1期研究生お披露目 +26 26 26 1期生26人
11月5日 研究生山内彩花辞退 -1 25 25 1期生26人→25人
2011年
3月10日 チームN結成 25 16 16 9
6月5日 第2期研究生お披露目 +23 48 16 16 32 2期生23人
6月14日 研究生山口夕輝チームNに昇格 48 17 17   31
7月10日 チームN 森彩華卒業 -1 47 16 16 31 1期生25人→24人
2012年
1月15日 研究生大谷莉子・瀧山あかね卒業 -2 45 16 16 29 2期生23人→21人
1月26日 チームM結成 45 32 16 16   13
2月18日 研究生岡田梨紗子卒業
第3期研究生お披露目 -1
+23 67 32 16 16   35 2期生21人→20人
3期生23人
4月28日 研究生原みづき・石川こころ卒業 -2 65 32 16 16 33 1期生24人→23人
3期生23人→22人
5月6日 チームM小鷹狩佑香卒業 -1 64 31 16 15 33 2期生20人→19人
5月31日 研究生沖田彩華チームMに昇格 64 32 16 16   32
7月7日 研究生佐々木七海卒業 -1 63 32 16 16   31 3期生22人→21人
8月24日 横山由依AKB48との兼任で加入(チームは未定) +1 64 33 16 16 31
9月28日 チームM城恵理子卒業 -1 63 32 16 15   31 2期生19人→18人
10月3日 チームM藤田留奈辞退 -1 62 31 16 14   31 2期生18人→17人
10月9日 研究生小柳有沙・東由樹・山本ひとみチームMに昇格 62 34 16 17 28
10月10日 チームBII結成 62 50 16 17 16 12
10月11日 研究生東郷青空辞退 -1 61 50 16 17 16 11 3期生21人→20人
10月28日 チームN松田栞・チームM太田里織菜卒業 -2 59 48 15 16 16 11 1期生23人→21人
12月6日 研究生杉本香乃辞退 -1 58 48 15 16 16 10 3期生20人→19人
12月19日 横山由依チームNへの所属発表 58 48 16 16 16 10
12月21日 研究生佐藤天彩卒業 -1 57 48 16 16 16 9 2期生17人→16人
12月22日 チームM肥川彩愛卒業 -1 56 47 16 15 16 9 1期生21人→20人
12月23日 第4期研究生お披露目 +16 72 47 16 15 16 25 4期生16人
2013年
2月21日 研究生杉野莉沙・廣瀬聖七辞退 -2 70 47 16 15 16 23 4期生16人→14人
3月15日 研究生久田莉子卒業 -1 69 47 16 15 16 22 3期生19人→18人
4月12日 チームN篠原栞那卒業 -1 68 46 15 15 16 22 1期生20人→19人
4月18日 研究生古賀成美・西村愛華昇格 68 48 15 15 16 20
4月28日 チームN横山由依兼任解除
AKB48チームB市川美織チームNとの兼任開始 68 48 15 15 16 20
5月21日 チームN山田菜々チームM異動
古賀成美・西村愛華チームN配属 68 48 16 16 16 20
5月30日 チームM山本ひとみ卒業 -1 67 47 16 15 16 20 2期生16人→15人
6月27日 研究生石原雅子辞退 -1 66 47 16 15 16 19 4期生14人→13人
7月1日 チームN福本愛菜卒業 -1 65 46 15 15 16 19 1期生19人→18人
10月10日 研究生小川乃愛辞退 -1 64 46 15 15 16 18 4期生13人→12人
10月13日 元2期生城恵理子研究生として復帰
研究生林萌々香チームNへ昇格 +1
65 47 16 15 16 18
研究生から正規メンバーへの昇格者[編集]
昇格年月日 氏名 加入期 昇格先 備考
2011年
3月10日 小笠原茉由 1期 N
門脇佳奈子 1期
岸野里香 1期
木下春奈 1期
小谷里歩 1期
近藤里奈 1期
篠原栞那 1期 2013年4月12日卒業
上西恵 1期
白間美瑠 1期
福本愛菜 1期 2013年7月1日卒業
松田栞 1期 2012年10月28日卒業
森彩華 1期 2011年7月10日卒業(昇格メンバー初の卒業)
山田菜々 1期 最年長昇格(18歳341日)
2013年5月21日チームMに異動(NMB48初のチーム異動)
山本彩 1期
吉田朱里 1期
渡辺美優紀 1期
6月14日 山口夕輝 1期 N チームN発足時を除く1期生昇格第1号
2012年
1月26日 太田里織菜 1期 M 2012年10月28日卒業
川上礼奈 1期
木下百花 1期
小鷹狩佑香 2期 2012年5月6日卒業(チームM初の卒業)
島田玲奈 2期
城恵理子 2期 2012年9月28日卒業
高野祐衣 2期
谷川愛梨 2期
肥川彩愛 1期 2012年12月22日卒業
藤田留奈 2期 2012年10月3日辞退(正規メンバー初の辞退)
三田麻央 2期
村上文香 2期
村瀬紗英 2期
矢倉楓子 2期
山岸奈津美 1期
與儀ケイラ 2期 最年少昇格(12歳100日)
5月31日 沖田彩華 1期 M
10月9日 小柳有沙 1期 M 1期生最後の昇格者
東由樹 2期 チームM発足時を除く2期生昇格第1号
山本ひとみは2013年5月30日卒業
山本ひとみ 2期
10月10日 赤澤萌乃 3期 BII
石塚朱莉 3期
井尻晏菜 3期
植田碧麗 3期
梅原真子 3期
太田夢莉 3期
加藤夕夏 3期
上枝恵美加 3期
日下このみ 3期
久代梨奈 3期
黒川葉月 3期
河野早紀 3期
小林莉加子 3期
室加奈子 3期
薮下柊 3期
山内つばさ 3期
2013年
4月18日 古賀成美 2期 N チームNへの加入は2013年5月21日
西村愛華は4期生昇格第1号
西村愛華 4期
10月13日 林萌々香 2期 N

■ディスコグラフィー

・シングル
枚 リリース タイトル 最高位 販売形態 レコードNo: 備考
laugh out loud! recordsレーベル
1 2011年7月20日 絶滅黒髪少女 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90000
YRCS-90001
YRCS-90002 通常盤A
通常盤B
劇場盤
2 2011年10月19日 オーマイガー! 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90003
YRCS-90004
YRCS-90005
YRCS-90006 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
3 2012年2月8日 純情U-19 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90007
YRCS-90008
YRCS-90009
YRCS-90010 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
4 2012年5月9日 ナギイチ[30] 2位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90011
YRCS-90012
YRCS-90013
YRCS-90014 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
5 2012年8月8日 ヴァージニティー[31] 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90018
YRCS-90019
YRCS-90020
YRCS-90021 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
6 2012年11月7日 北川謙二 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90025
YRCS-90026
YRCS-90027
YRCS-90028 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
7 2013年6月19日 僕らのユリイカ 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90029
YRCS-90030
YRCS-90031
YRCS-90032 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤
8 2013年10月2日 カモネギックス 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-90036
YRCS-90037
YRCS-90038
YRCS-90039 通常盤A
通常盤B
通常盤C
劇場盤

・アルバム
オリジナルアルバム
枚 リリース タイトル 最高位 販売形態 レコードNo: 備考
laugh out loud! recordsレーベル
1 2013年2月27日 てっぺんとったんで! 1位 CD+DVD
CD+DVD
CD+DVD
CD YRCS-95007
YRCS-95008
YRCS-95009
YRCS-95010 通常盤N
通常盤M
通常盤B
劇場盤
劇場公演アルバム
枚 リリース日 タイトル レコードNo:
laugh out loud! recordsレーベル
1 2014年1月1日 Team N 1st Stage「誰かのために」 YRCS-95011
2 Team N 2nd Stage「青春ガールズ」 YRCS-95012
3 Team BII 1st Stage「会いたかった」 YRCS-95013
4 Team M 1st Stage「アイドルの夜明け」 YRCS-95014
5 Team BII 2nd Stage「ただいま恋愛中」 YRCS-95015

■DVD

劇場公演
枚 リリース日 タイトル レコードNo:
KYORAKU吉本.ホールディングスレーベル
1 2011年6月22日 NMB48 1st公演「誰かのために」 YRBI-90001
laugh out loud! recordsレーベル
2 2012年8月21日 NMB48 2期生公演「PARTYが始まるよ」千秋楽-2012.5.2- YRBS-80017
3 2012年9月25日 NMB48 チームN 2nd Stage「青春ガールズ」 YRBS-80018
4 2014年1月1日 Team BII 1st Stage「会いたかった」千秋楽-2013.10.17- YRBS-80037〜8

■コンサート

枚 リリース日 タイトル レコードNo:
laugh out loud! recordsレーベル
1 2012年3月27日 NMB48 1st Anniversary Special Live YRBS-80008

・どっキング48

枚 リリース日 タイトル レコードNo:
laugh out loud! recordsレーベル
1 2011年11月29日 どっキング48 presents NMB48のチャレンジ48 YRBS-900001
2 2012年10月9日 どっキング48 presents NMB48のチャレンジ48 Vol.2 YRBS-90002〜3
3 2013年11月5日 どっキング48 presents NMB48のチャレンジ48 Vol.3 YRBS-90004〜5
4 どっキング48 presents NMB48のチャレンジ48 Vol.4 YRBS-90006〜7

・なにわなでしこ

枚 リリース日 タイトル レコードNo:
バップレーベル
1 2011年12月27日 なにわなでしこ Vol.1 VPBF-15601
2 なにわなでしこ Vol.2 VPBF-15602
3 なにわなでしこ Vol.2 VPBF-15603
4 なにわなでしこDVD-BOX 1 VPBF-15985
5 2012年2月28日 なにわなでしこ Vol.4 VPBF-15604
6 なにわなでしこ Vol.5 VPBF-15605
7 なにわなでしこ Vol.6 VPBF-15606
8 なにわなでしこDVD-BOX 2 VPBF-15990
NMB48 げいにん![編集]
枚 リリース日 タイトル レコードNo: 備考
バップレーベル
1 2012年12月25日 NMB48 げいにん!DVD-BOX VPBF-15805
VPBF-15806 初回限定豪華版
通常版
2 NMB48 げいにん! Vol.1
3 NMB48 げいにん! Vol.2
4 NMB48 げいにん! Vol.3
5 2013年9月17日 NMB48 げいにん!!2 DVD-BOX VPBF-15820
VPBF-15821 初回限定豪華版
通常版
6 NMB48 げいにん!!2 Vol.1 VPBF-21601
7 NMB48 げいにん!!2 Vol.2 VPBF-21602
8 NMB48 げいにん!!2 Vol.3 VPBF-21603

・選抜メンバー

NMB48では、AKB48同様グループが大人数であること、通常はそれぞれのチームに分かれて公演を行っていることなどから、シングルをリリースする際、または写真集・雑誌のグラビア写真等には一部のメンバーが選抜され、レコーディング、CDジャケット、PV(「絶滅黒髪少女」を除く)およびプロモーション活動には選抜メンバーのみが起用される。ただし、テレビ出演の場合は全員が出演、あるいは一部メンバーが入れ替わって出演するなどのケースがある。
SKE48と同様に、シングル表題曲の選抜人数は16人で固定されている。通常盤が3タイプリリースされるようになった2ndシングルから4thシングルまでは、SKE48の「セレクション8」と同様に選抜よりも少人数の7人で構成される「NMBセブン」(なんばセブン)が結成され、TYPE-Cのカップリング曲を担当している。
さらに、AKB48シングルの選抜メンバーにNMB48のメンバーが選出されることがある。そのメンバーを選出する「選抜総選挙」には第3回で研究生を含めた全メンバーが参加した。また「じゃんけん大会」では第2回で予備戦を勝ち抜いたメンバーのみが参加した。
シングルCD関連の選抜メンバーについてはディスコグラフィーから、AKB48シングルの選抜メンバーについてはAKB48の関連作品からそれぞれ各シングルCDの記事を参照
アンダーガールズと白組・紅組、難波鉄砲隊[編集]
シングルをリリースする際にはSKE48のシステムを踏襲した「白組」「紅組」が結成され、白組はTYPE-Aの、紅組はTYPE-Bのカップリング曲を担当している。
なお、「白組」「紅組」は選抜メンバーと表題曲の選抜に入らなかったメンバーの一部の計12名で結成されており、事実上選抜に準じたメンバー構成となっている。なお、4thシングルまでは選抜メンバーは全員がどちらかに参加していたが、5thシングルからは各4名ずつ、8thシングルからは各2名ずつの参加となっている。
3rdシングルと4thシングルは表題曲の選抜に入らなかったメンバー全員による「アンダーガールズ」が結成されている。
5thシングルより「難波鉄砲隊」が結成されており、「白組」「紅組」同様、選抜メンバーと表題曲の選抜に入らなかったメンバーの一部で結成されており、後ろに「其之○」、と連番を付けられている。「NMBセブン」に代わってTYPE-Cのカップリング曲を担当。
選抜と同様にメンバーはその都度選ばれ、人数も一定ではない。各シングルにおけるメンバーについては当該項目を参照。
シングル 白組 紅組 アンダーガールズ 難波鉄砲隊
絶滅黒髪少女 僕が負けた夏 待ってました、新学期
オーマイガー! 結晶 捕食者たちよ
純情U-19 努力の雫 右へ曲がれ! 場当たりGO!
ナギイチ 最後のカタルシス 僕がもう少し大胆なら 理不尽ボール
ヴァージニティー 僕らのレガッタ 存在してないもの 砂浜でピストル(其之壱)
北川謙二 星空のキャラバン 恋愛被害届け 冬将軍のリグレット(其之弐)
僕らのユリイカ 奥歯 野蛮なソフトクリーム ひな壇では僕の魅力は生きないんだ(其之参)
カモネギックス どしゃぶりの青春の中で 思わせ光線 もう裸足にはなれない(其之四)

・タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品
絶滅黒髪少女 イオン ハイスクールマンザイ2011イメージソング
関西テレビ(関西ローカル)『どっキング48』2011年7月5日 - 9月13日エンディング・テーマ 1stシングル「絶滅黒髪少女」
青春のラップタイム 地デジPRスポット(近畿広域圏):総務省「一緒にね篇」イメージソング
僕が負けた夏 みさき公園イメージソング
オーマイガー! CM:ラウンドワン『ROUND1 × NMB48』「とことん家族だ篇」
朝日放送(ABCテレビ)『今ちゃんの「実は…」』10月度エンディング・テーマ
新潟総合テレビ『スマイルスタジアムNST』10月度エンディング・テーマ
長野放送『土曜はこれダネッ!』10月度エンディング・テーマ
仙台放送『あらあらかしこ』10月度エンディング・テーマ
熊本放送『サウンドキッズ』10月度エンディング・テーマ
RKB毎日放送『チャートバスターズR!』10月度レコメンドソング
関西テレビ(関西ローカル)『どっキング48』2011年9月20日 - 12月27日エンディング・テーマ 2ndシングル「オーマイガー!」
純情U-19 CM:ラウンドワン『ROUND1 × NMB48』「バイト篇」
関西テレビ(関西ローカル)『どっキング48』2012年1月10日 - 4月17日エンディング・テーマ 3rdシングル「純情U-19」
恋愛のスピード CM:なんばウォーク『BARGAIN NMB1』
ナギイチ CM:ラウンドワン『ROUND1 × NMB48』「バイト篇」「団体篇」
関西テレビ(関西ローカル)『どっキング48』2012年4月24日 - 7月10日エンディング・テーマ 4thシングル「ナギイチ」
ヴァージニティー CM:ラウンドワン『ROUND1 × NMB48』「バイト篇」「団体篇」「シャトルバス篇」「ピッタリスコア篇」
CM:カレーハウスCoCo壱番屋
関西テレビ(関西ローカル)『どっキング48』2012年7月17日 - 10月9日エンディング・テーマ 5thシングル「ヴァージニティー」
妄想ガールフレンド CM:常盤薬品工業『眠眠打破 NoMeBa?』「ニャンニャン屋形船篇」「ニャンニャンコスプレ篇」
日本テレビ『NMB48 げいにん!』テーマソング
僕らのレガッタ 2013未来をつなぐ北部九州総体ボート競技公式イメージソング
存在してないもの みさき公園 ぷ〜るらんど Rio 2012 夏のテーマ・ソング
砂浜でピストル CM:東映京都スタジオ『東映太秦映画村』
北川謙二 CM:ラウンドワン『ROUND1 × NMB48』「バイト篇」「団体篇」「シャトルバス篇」「リアクション篇」
関西テレビ(関西ローカル)『どっキング48』2012年10月16日 - 2013年1月29日エンディング・テーマ
MBS『女の子宣言! アゲぽよTV』11月度エンディング・テーマ 6thシングル「北川謙二」
インゴール MBS・TBS系『KOBELCOスポーツスペシャル 第92回全国高校ラグビー大会』テーマソング
恋愛被害届け CM:フェザー安全剃刀『NMB48×Feather SamraiEdge』「サムライエッジ 殺陣篇」
12月31日 関西テレビ(関西ローカル)『どっキング48』2013年2月5日 - 3月26日エンディング・テーマ
関西テレビ(関西ローカル)『NMBとまなぶくん』2013年4月11日 - 5月16日エンディング・テーマ 1stアルバム「てっぺんとったんで!」
届かなそうで届くもの 日本テレビ『NMB48 げいにん!!2』 テーマソング 7thシングル「僕らのユリイカ」
僕らのユリイカ 関西テレビ(関西ローカル)『NMBとまなぶくん』2013年5月23日 - 9月5日エンディング・テーマ
千葉テレビ『ONGAX』6月度オープニング・テーマ
CM:ジャンボカラオケ広場
カモネギックス CM:P&Gジャパン『Herbal essences×NMB48〈フォーリンハーバル大作戦・香り楽しむ髪の美容液〉篇』
CM:ジャンボカラオケ広場
CM:フェザー安全剃刀「NMB48×FEATHER SamraiEdge」
関西テレビ(関西ローカル)『NMBとまなぶくん』2013年9月12日 - エンディング・テーマ
読売テレビ『ワケあり!レッドゾーン』2013年10月5日 - エンディング・テーマ 8thシングル「カモネギックス」
君と出会って僕は変わった CM:エイチ・アイ・エス『初夢フェア〈沖縄・札幌、ハワイ・グアム、ソウル・台北〉篇』 AKB48 34thシングル「鈴懸の木の道で
「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら
僕たちの関係はどう変わってしまうのか、
僕なりに何日か考えた上での
やや気恥ずかしい結論のようなもの」

■出演

テレビ
現在のレギュラー番組[編集]
AKBINGO!(2011年2月2日 - 不定期出演、日本テレビ)
おはよう朝日です(2011年3月22日 - 、ABCテレビ)※2013年3月26日までは火曜レギュラー(山田+週替わりで2人)、2013年4月からは月1回で出演(山田)。
AKBと××!(2011年4月21日 - 、読売テレビ)※山本彩・渡辺・與儀・木下春[注 8][注 9][注 10]
発見!仰天!!プレミアもん!!! 土曜はダメよ!(2011年4月16日 - 、読売テレビ)※隔週レギュラー(2 - 3人)
ブラックミリオン(2013年4月6日 - 、テレビ東京)
NMBとまなぶくん(2013年4月11日 - 、関西テレビ)
ユタンポ(2013年4月12日 - 、山陽放送)※高野・村瀬。コーナーぼっけぇ相談室レギュラー
アォーン!(2013年5月10日 - 、中国放送)
よしもとミッドナイトコメディ 3年2組ポンコツの唄(2013年6月6日 - 、読売テレビ)※月1放送。近藤・木下百がレギュラー出演。
放課後ぶかつ部(2013年7月1日 - 、ベイ・コミュニケーションズ)※半月更新
エブリのまち(2013年7月2日 - 、岡山放送)※高野、村瀬、川上礼が交代で出演。火曜 - 木曜のコーナーもんぜんまっぷレギュラー
ワケあり!レッドゾーン(2013年10月4日 - 、読売テレビ)※日本テレビでは10月3日 - 、山田、山本彩が交代で出演。
AKB48 SHOW!(2013年10月5日 - 不定期出演、NHK BSプレミアム)
NMB48山本彩のM-姉 〜ミュージックお姉さん〜(2013年11月30日 - 、スペースシャワーTVプラス)※山本彩+月替わりで2 - 3人

・過去のレギュラー番組

スター姫さがし太郎(2010年9月11日 - 2011年9月24日、テレビ東京)
真夜中パンチィ(2011年4月12日 - 5月26日、MBSテレビ)※コーナーレギュラー(日替わりで1人)
なるほど!ハイスクール(2011年4月21日 - 2012年3月8日、日本テレビ) - 山本彩・渡辺
やかせて!ソーセージ(2011年5月31日 - 9月30日、MBSテレビ)※コーナーレギュラー(日替わりで1人、コーナー変更後2人)
ザ・狩人(2011年7月15日 - 10月28日、読売テレビ)※コーナーレギュラー(週替わりで1人)
なにわなでしこ(2011年7月12日 - 12月28日、日本テレビ) - 7人程度
ブレインアスリート(2012年4月1日 - 6月3日全9回、日本テレビ)※福本・山田・山本彩・渡辺
流行りん♥モンロー!(2012年4月23日 - 9月17日、関西テレビ)※レギュラーパネラーとして小笠原・岸野・木下春が交替で2名出演
NMB48 げいにん!(2012年7月3日 - 9月25日、日本テレビ)※レギュラーとして小笠原・城・福本・山本彩・山田・渡辺が全回出演。その他、毎回ゲスト出演としてメンバーが1〜3名常時出演。
赤川次郎原作 毒<ポイズン>(2012年10月4日 - 12月27日、読売テレビ)※上西(菅原 美佐役)
どっキング48(2011年4月19日 - 2013年3月26日、関西テレビ) - 最新の選抜16人
あるあるYYテレビ(2012年4月24日 - 2013年3月26日、TVQ九州放送)※火曜日レギュラー、毎回交替で2名出演
熱血!人情派コメディ しゃかりき駐在さん(2012年4月8日 - 2013年3月31日、ABCテレビ)※福本・高野
NMB48 げいにん!!2(2013年4月3日 - 6月19日、日本テレビ)※小笠原・小谷・山本彩・山田・横山・渡辺がレギュラー出演。日替わりでレギュラーメンバー以外も出演。
爆笑 大日本アカン警察(2011年4月24日 - 2013年9月8日、フジテレビ)※2012年12月9日放送分より出演、AKB48刑事不在時にNMB48刑事として不定期出演
Shibuya Deep A(2011年2月3日 - 不定期出演、NHK総合)福本・山田・山本彩・渡辺。※深夜生放送のため、18歳以上のメンバーが出演。
AKB映像センター(2013年9月1日 - 不定期出演、フジテレビ)

・その他・特別番組など

NMB48ジャングル!(2011年3月17日、読売テレビ)
NMB48のこんなの初めて♡(2011年7月8日、ABCテレビ)
ダイワハウススペシャル・プロ野球オールスタースポーツフェスティバル(2012年1月8日、2013年1月6日、読売テレビ)
キャスト『特集「夢はアイドル」母娘の葛藤』河野早紀(2013年6月11日、ABCテレビ[32])
テレメンタリー2013「熟れないアイドル 〜19歳の夢と現実〜」河野早紀(2013年10月、ABCテレビ制作、テレビ朝日系列各局で放送[33][34])

■映画

NMB48 げいにん!THE MOVIE お笑い青春ガールズ!(2013年8月1日公開)監督:内田秀実 メインキャスト:小笠原、小谷、山田、山本彩、横山、渡辺[35][36]
MG-2416(公開日未定)監督:谷口仁則 ※川上礼[37]

■ラジオ

・現在のレギュラー番組

あつまれ!MUSIC COASTER(2011年4月4日 - 、FM OSAKA)※番組内コーナー「NMB48のりっすんぷりーず!」担当(メンバーから週替わりで3名)
MBSうたぐみ Smile×Songs(2011年4月6日 - 、MBSラジオ)※下記のコーナーを担当
NMB48 マジカル・ミュージック(2011年4月6日 - 10月19日の水曜、メンバーから3人が出演、週ごとに1人ずつ入れ替わり(ごきげんよう方式))
NMB48のTEPPENラジオ(2011年10月24日 -) - メインMC(小笠原・渡辺から)1人+他のメンバーからゲストMC1名。[38]
NMB48学園(2011年4月9日 - 、ABCラジオ)- 山田・山本彩(- 2013年9月)・上西(2013年10月 - )
〜教えて千鳥先生〜(2011年4月9日 - 2012年3月31日)
〜こちらモンスターエンジン組〜(2012年4月7日 - )
よしもと祇園花月Presents GIONラジオ(2011年7月21日 - 、KBS京都ラジオ)
NMB48の放課後少女(2011年7月21日 - 9月29日、毎週木曜)- 小谷・近藤・上西
NMB48の放課後ニュース(2011年10月3日 - 、番組内コーナー)- MC(小谷・近藤・上西から)1人+他のメンバーから週替わりゲスト2人
じゃんぐるレディOh!(2012年8月6日 - 、YES-FM) - 月曜-水曜日担当。各曜日ゲストメンバー1名(ちなみに、木曜・金曜は大阪スクールオブミュージック専門学校高等専修学校生徒ユニットSO.ON project[39]が担当している)
月曜 - 梅原・黒川
火曜 - 日下・小林莉
水曜 - 石田優・林
NMB48りかとあやかのガールズ☆ト〜ク(2013年4月6日 - 、ラジオ関西)- MC(岸野・村上)2人+他のメンバーからゲスト1人
ゆいぽんとさえぴぃのおやすみNMB48(2013年4月7日 - 、FM岡山) - 高野・村瀬
NMB48 りぃちゃんのがんばり〜な!(2013年4月9日 - 、エフエム滋賀)※第二、四火曜日、近藤+他のメンバーからゲスト1人
ラジオNMB48(2013年4月28日 - 、NHK-FM)※メンバーから3人が出演
大窪シゲキの9ジラジ(2013年2月28日 - 不定期出演 、広島FM)※沖田+他のメンバーから1人

・単発番組

NMB48のオールナイトニッポンR(ニッポン放送)
2011年7月22日 - 「絶滅黒髪少女」選抜メンバー(チームN)全員(山本彩が進行役)
2011年10月21日 - 上西・小笠原・白間・福本・山田・山本彩
2012年2月10日 - 小笠原・福本・山田・山本彩・渡辺(山本彩が進行役)
2012年5月12日 - 山田・山本彩・渡辺
2013年6月29日 - 山本・渡辺・山田・矢倉
NMB48のオールナイトニッポン(2012年8月2日、ニッポン放送) - 小笠原・福本・山田・山本彩・渡辺
第32回毎日カルチャースペシャル ラジオウォーク〜神話と万葉の郷を訪ねて〜(MBSラジオ) - 赤澤・太田夢・久代・小林莉

■コンサート

単独
NMB48 1st Anniversary Special Live(2011年10月9日、NHK大阪ホール)
NMB48コンサート 〜大阪十番勝負〜(2012年4月19日 - 5月31日、大阪府下8市9か所で10日間11公演) - チームN
NMB48コンサート『大阪十番勝負〜番外編』(2012年5月14日、TOKYO DOME CITY HALL) - チームN[注 12]
NMB48近畿コンサートツアー 〜みなさん、ちゃぷちゃぷしましょ〜(2012年7月18日 - 8月21日、近畿2府4県6か所で6日間7公演)[40]
NMB48西日本ツアー2013 12月31日〜あと◯◯◯日〜(2013年3月4日 - 4月5日、西日本1府7県8か所で8日間公演)[41][注 13]
NMB48 リクエストアワーセットリスト ベスト30 2013(2013年4月18日、オリックス劇場)[12]
NMB48東日本ツアー2013 12月31日〜あと○○○日〜(2013年6月11日 - 7月3日、東日本1都7県8か所で8日間公演)[42][注 14]
NMB48 3rd Anniversary Special Live(2013年10月12日 - 13日、大阪城ホール)[17][43]
姉妹グループ名義
SKE48 コンサート「汗の量はハンパじゃない」supported by LAWSON(2010年10月17日、神戸国際会館こくさいホール) - 25人
AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011 (2011年1月22日、SHIBUYA-AX) - 公演出演メンバー16人
AKB48 コンサート よっしゃぁ〜行くぞぉ〜!in西武ドーム(2011年7月22日 - 24日、西武ドーム)
AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2012 (2012年1月22日、TOKYO DOME CITY HALL) - 「絶滅黒髪少女」および「オーマイガー!」選抜メンバー20人
業務連絡。頼むぞ、片山部長! inさいたまスーパーアリーナ(2012年3月23日 - 25日、さいたまスーパーアリーナ)
AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜(2012年8月24日 - 26日、東京ドーム)
AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013 (2013年1月24日 - 27日、TOKYO DOME CITY HALL)
AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜(2013年4月26日(NMB48単独公演)・4月28日(2回公演)、日本武道館)
AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』(2013年6月5日、日本武道館) - 研究生
AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜
2013年7月20日・21日、福岡 ヤフオク!ドーム
2013年7月31日、札幌ドーム
2013年8月7日・8日、京セラドーム大阪 - 正規メンバー+研究生全員
2013年8月16日・17日、ナゴヤドーム
2013年8月22日 - 25日、東京ドーム - 正規メンバー+研究生全員

・ライブイベント

Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら(2010年10月9日、葛西臨海公園)
アノヒヲワスレナイ神戸2011!スペシャルコンサートvol.1(2011年4月11日、ワールド記念ホール) - チームN(山本彩・渡辺を除く)・太田里・山口
NMB48 in ニコファーレ(2011年11月25日、nicofarre) - チームN・太田里・沖田・川上礼・木下百・小柳・城・原・肥川・村上・矢倉・山岸・與儀
TKF大祭り たむらけんじ芸歴20周年記念LIVE(2012年10月20日、淡路島国営明石海峡公園特設ステージ) - 小笠原・加藤・門脇・岸野・木下春・小谷・上西・白間・谷川・福本・矢倉・薮下・山田・山本彩・與儀・横山・吉田・渡辺[44](太字は同日夕方のカラオケ大会にも参加[45])
ハッピーMusic Live 2012(2012年11月11日、横浜アリーナ)
お台場合衆国2013 NMB48スペシャルライブ(2013年8月19日、お台場合衆国・合衆国 Open Summer スタジアム) - チームN・渋谷
RSK感謝祭だよ!全員集合!!「NMB48スペシャルステージ」(2013年11月10日、コンベックス岡山・大展示場) - 東・沖田・川上礼・木下百・小柳・高野・三田・村上・村瀬・山岸・赤澤・石塚・大田・日下・久代・黒川

・イベント

LIVE STAND 2010 OSAKA「LIVE STAND新喜劇」(2010年10月16日、インテックス大阪)- 小笠原・山本彩・渡辺
シダックスよしもとannex NMB48スペシャルトークショー(2012年12月24日 -、シダックスよしもとannex)
第5回沖縄国際映画祭(2013年3月23日 - 30日、沖縄県中頭郡北谷町美浜アメリカンビレッジおよびその周辺)
Web[編集]
NMB48インタビュー モッテコ書店(2011年1月25日、2011年5月25日)
Ex-Dream×NMB48 夢を叶える特別企画 Ex-Dream(エックスドリーム)(2013年9月10日 - 2013年9月26日)

・街頭ビジョン

NMB48 presents NUMBER SHOT(2011年2月7日 - 、道頓堀・web他) - 木下春奈(MC)+ 週替わりゲストとして1人。(2012年10月25日 - 木下春、村瀬、梅原がMC)

・イメージキャラクター

近畿地方「地デジ推進アイドル」[46](2011年2月14日)
みさき公園
夏のイメージキャラクター[47](2011年7月16日 - 8月31日)
夏の応援隊[48](2012年6月28日 - 9月2日)
東映太秦映画村 スペシャルサポーター[49](2012年7月13日 - 8月) - 難波鉄砲隊其之壱
イオン ハイスクールマンザイ
スペランツァFC大阪高槻スペシャルサポーター[11](2013年3月15日 - )

・CM

江崎グリコ 「ブレオ」(2011年3月 - ) - 太田里・岸野・小谷・吉田・渡辺
ACジャパン「2011年度関西地域キャンペーン『関西できること48』」(2011年7月 - ) - 関西地区および徳島県の一部
地上デジタル放送推進大使 『地デジ推進アイドル』(関西)
ラウンドワン(2011年10月 -2013年3月 )
カプコン「モンスターハンター3G」 - 小笠原・福本・山田
大阪地下街「なんばウォーク BARGAIN NMB1(バーゲン なんばワン)」[50](2012年1月2日 - 4日、関西地区限定) - 小笠原・城・上西・福本・山田・山本彩・渡辺
本家かまどや「NMB48弁当キャンペーン」(2012年5月9日 - 6月4日)
常盤薬品工業「眠眠打破」[51](2012年7月3日 - )
壱番屋 「カレーハウス CoCo壱番屋 ネギマヨビフカツ(NMB)カレー」(2012年8月3日 - 9月) - 関西地区限定
「ココイチバンで勝つ!」(2013年5月5日 - ) - 関西地区限定
東映京都スタジオ『東映太秦映画村』
スシロー「NMB48 meets スシロー キャンペーン」(2012年10月24日 - )[52] - 関西地区限定
フェザー安全剃刀「FEATHER SamraiEdge」(2012年11月1日 - )
常盤薬品工業『南天のど飴』(全国)※渡辺美優紀ソロCM
第92回全国高校ラグビー大会 - 小笠原・上西・矢倉・山本彩・吉田・渡辺
大阪府消費生活センター(2013年12月24日 - 12月31日、大阪府) - 小笠原・矢倉・山田・山本彩・渡辺
シマダオート(2013年4月26日 - 、奈良県限定) - 鵜野・太田夢・中野・渡辺
ジャンボカラオケ広場(2013年7月22日 - 、関西・東海地区限定) - 小笠原・上西・矢倉・薮下・山田・山本彩・吉田・渡辺
プロクター・アンド・ギャンブル「フォーリンハーバル大作戦」 - 上西・矢倉・山本彩・渡辺

■書籍

NMB48 COMPLETE BOOK 2012(2012年3月2日、光文社)ISBN 978-4334901844

・写真集

きゅんとどきっ(2012年9月16日、ワニブックス、撮影:HIROKAZU)ISBN 978-4847044816

・雑誌・新聞連載

朝日新聞大阪本社発行版(朝日新聞社)
NMB48のおきにいり(毎週木曜朝刊、2011年111年1月6日 - 3月24日) - 毎回1名
NMB48の課外授業(毎週月曜夕刊、2011年3月22日 - 2012年3月26日) - 『おはよう朝
NMB48を「ウィキペディア」で参照する

NMB48の関連動画