宮脇咲良 みやわきさくら

「宮脇咲良」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「宮脇咲良」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「宮脇咲良」に関連するモデルプレス記事

宮脇咲良のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

宮脇咲良のプロフィール

宮脇咲良(みやわき・さくら)

AKS所属。HKT48チームKIVおよびAKB48チームAのメンバー。

生年月日:1998年3月19日
出身:鹿児島県

■略歴

【2010年以前】
2004年3月、福岡シティ劇場(現・キャナルシティ劇場)で公開されていた劇団四季のミュージカル『オペラ座の怪人』を、他人から偶然譲り受けたチケットで見た実母がその後ミュージカル三昧となった影響で、本人も音楽好きとなり、小学3年生から鹿児島市内のミュージカルスクールに通い始める[5]。その後子役として、ナッツプロダクションに所属し、劇団四季『ライオン・キング』福岡公演に子役として出演する。

2010年、ニューヨークで開催されている The Broadway Experience に参加、1週間にわたりブロードウェイ・ミュージカルの出演俳優や振付師によるダンス、歌唱、演技指導を受けている。

【2011年】
7月10日、HKT48の1期生オーディションに合格。
10月23日に西武ドームで開催された『「フライングゲット」発売記念全国握手会イベント「AKB48祭り powerd by AKB48 ネ申テレビ」』で、他のHKT48メンバーと一緒にお披露目される。
11月26日のHKT48劇場こけら落し公演で劇場デビューする。

【2012年】
3月4日、HKT48チームHが結成された際、正規メンバー16名の1人に選ばれる。
5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では、6,635票を獲得して47位となり、投票対象となった当時のHKT48メンバー21名中唯一シングルCD楽曲に参加資格のある64位以内に入り、ネクストガールズとしてCDデビューする[9]。なお、64位以内に入ったグループメンバー全員の中で宮脇が最年少だった。

【2013年】
5月から6月にかけて実施された『AKB48 32ndシングル選抜総選挙』では26位となり、アンダーガールズに選出される。

【2014年】
1月11日、HKT48九州コンサートツアー『九州7県ツアー?可愛い子には旅をさせよ?』の初日夜公演(iichikoグランシアタ、大分県大分市)アンコール出演時に、HKT48の「クラス替え」(チーム再編成)が発表され、宮脇を含むチームHメンバー8名が2014年春に新設されるチームKIVへ異動することが決まる。

2月24日、Zepp DiverCityで開催された『AKB48グループ大組閣祭り』にて、AKB48チームAとの兼任およびチームKIVの副キャプテン就任が発表される。

5月から6月にかけて実施された『AKB48 37thシングル選抜総選挙』では11位となり、シングルCD表題曲の選抜メンバー入りをする。AKB48シングル表題曲の選抜メンバーに入るのは、「ラブラドール・レトリバー」に続いて2曲連続で4回目だが、選抜総選挙によるシングル表題曲の選抜メンバー入りは初めて、AKB48からの移籍メンバーである指原莉乃を除くHKT48メンバーとしても初めてであった。

11月26日発売のAKB48の38枚目のシングル「希望的リフレイン」において、渡辺麻友とともにダブルセンターを務める。シングル表題曲のセンターを務めるのは、HKT48名義を含めて初めてであった。

12月16日、東京ドームシティホールで行われた『第4回AKB48紅白対抗歌合戦』において、AKB48メンバーから7人が選抜され結成された新ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」への参加が発表される[18]。

【2015年】
1月20日(1月19日深夜)より放送開始のドラマ『マジすか学園4』(日本テレビ)で、島崎遥香とともにダブル主役を務める。これが連続ドラマ初出演にして初主演となる。

4月8日、参加ユニット「ニャーKB with ツチノコパンダ」が、アニメ『妖怪ウォッチ』(テレビ東京)のエンディングテーマ「アイドルはウーニャニャの件」でシングルCDデビュー。

4月22日発売のHKT48の5枚目のシングル「12秒」において兒玉遥とともにダブルセンターを務める。HKT48のシングルの表題曲でセンターを務めるのは初めてであった。

5月から6月にかけて実施された『AKB48 41stシングル選抜総選挙』では7位で、シングル選抜メンバー入りをする。

11月14日、鹿児島市の世界文化遺産と「天文館ミリオネーション 2016」のプロモーションに起用される。

【2016年】
3月9日発売のAKB48の43枚目のシングル「君はメロディー」において、単独センターを務める。シングル表題曲の単独センターを務めるのは、HKT48名義を含めて初めてである。

■人物

愛称は、さくら、さくらたん。

キャッチフレーズは、劇場公演開始当初「私はちいさなさくらんぼ。おひとつどうぞ、め・し・あ・が・れ! 鹿児島から新幹線さくらに乗ってやってきました宮脇咲良13歳です」としていたが、その後「あなたも、あなたも、みんなの心にさくら咲け?っ!」としており、Google+での自身の投稿記事の最後にも「さくら咲け」と記している。

名前の「咲良」の由来は、桜の季節の3月生まれであることと「良いことが咲きますように」という願いが込められたことである。

幼少期は「お家でゲームをするよりも、外でドッジボールをするのが好きなタイプで、よくけがをして帰ってきてい」たが、小学校入学後両親の影響で読書をするようになり、特に伝記を読んで感動したナイチンゲールの影響で、女医になることを志す。その後、劇団四季のミュージカルを見たことで芸能界を志し、小学校6年生でその劇団四季の舞台に立つ。その際「慣れは去れ」という言葉を学んだという。

特技は、絵を描くこと、ダンス。趣味は、ミュージカル鑑賞。将来の夢は、女優。憧れの女優は、「たくさんの演技の引き出しを持っている」天海祐希。

SKE48・松井玲奈の勧誘をきっかけに「上からマリコ」劇場盤発売記念大握手会でAKB48グループ内の非公式ユニット「メロンパン同盟」に加入した。

NON STYLEとニッチェのファンである。

ファンから「プロすぎる」と言われることについて「私にとってそれは、褒め言葉です。プロを目指して頑張ってきたからこそ、プロだと言ってもらえるなんて、本当にうれしいんです」と語っている。

尊敬する人物は、AKB48の柏木由紀、渡辺麻友、SKE48の松井玲奈。

【HKT48】
HKT48メンバー唯一の鹿児島県出身、AKB48グループ全体ではAKB48の柏木由紀に次ぐ2人目となる。そのため、HKT48としてのデビュー直後から、地元民放テレビ局のワイドショーやニュース番組で特集コーナーが組まれるなど注目された。2014年1月19日の『HKT48 九州7県ツアー ~可愛い子には旅をさせよ~』鹿児島公演の際には、鹿児島県内の民放全局が取材に訪れた。

HKT48結成当時(2011年11月)の身長は151cm。当時の劇場支配人からは「身長が小さく、身体の線も細いのですが、大きく踊ります。」と評されていた。2015年までに身長が163cmまで伸びており、成長痛があることをたびたび告白している。

HKT48内で当初からライバルとも見られていた兒玉遥とは、兒玉曰く「逆に意識し過ぎて」、当初2人では全く会話しなかった状態が続いていたが、2期生が入り、その中から田島芽瑠が1stシングルのセンターに選ばれ、続く2ndシングルでも、田島と同じく2期の朝長美桜のダブルセンターとなった際に「2人で泣いた」頃から「気持ちを伝え合えるようになった」という。ただし、ほぼ真剣な会話に終始し「冗談も言い合わない」とのこと。

凱旋公演となった2014年1月19日の鹿児島でのHKT48コンサートでは、渡辺美優紀(NMB48)のソロ曲である「わるきー」の替え歌「みやわきー」をソロとして初めて披露した。

【AKB48】
2012年3月、「誰かのために」プロジェクトの一環で、AKB48メンバー6名とともに、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)被災地の宮城県名取市を訪問した際の様子と感想をつづったGoogle+の本人投稿記事が、AKB48およびHKT48のプロデューサーでもある秋元康の目に留まり、「泣きました。もっと頑張ろうと思いました。」と言及されたほか、同投稿記事は『FLASH』スペシャル2012年5月31日増刊号(同年4月27日発売)でも取り上げられた。

『AKB48 27thシングル選抜総選挙』で初ランクインしたことと『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』予選に合わせて髪を切りショートヘアにしたことが、「人生のターニングポイント」だといい、特に後者については「幼いイメージを捨てたことで」「『脱ロリ』ってすごく言われ」たとのこと。

『37thシングル選抜総選挙』開票イベントにおける自身の順位発表の際、「ファンのみなさんは太陽のような存在。私は温かい光で照らされて光る月。月は、太陽がないと光ることはできません」と謝辞を述べた後、開票イベントのサブタイトル「ライバルはどこだ?」にちなみ、「ライバルは、さっしー(指原莉乃)です。HKTには、さっしーを超える存在がいないといけない。いつか、さっしーを超えてみせます!!」と宣言した。同総選挙後は、「画面に映ったときにこの子誰だろう?って目を引くような魅力のある人になりたい」「そのためにもいっぱい刺激を受けなきゃと思って、最近は1週間に1回は映画館に行くようにしている」とのこと。「心のプラカード」のMV撮影の際にスタッフから「まだ普通」と指摘されたとのことで、自分でも、選抜常連のメンバーが「個性を一言で表せる人ばっかり」な中「自己嫌悪になるぐらい実力のなさがわかっちゃう」という認識を持っており「自分を一言で表せるぐらいの個性や可能性を見つけていきたい」と語っている。AKB48グループ総監督の高橋みなみも、当時宮脇が悩んでいることに気付き、同総支配人の茅野しのぶと「咲良はどうしたらいいかな」と話していたというものの、「そこからポーンって伸びたから、すごい」と評している。またHKT48として「大みそかに予定のあるグループになりたい」という目標を挙げ、同年末の第65回NHK紅白歌合戦にHKT48単独での初出場を果たした。

AKB48で同じチームAに所属する島崎遥香と親しくしており、島崎の自宅を訪れたり、服の話でメールをするなどの交流がある。「希望的リフレイン」のダブルセンターに選ばれたことが発表された際、不安のためずっと泣きながら「無理です、無理です」と連呼していた時も、島崎が冷静に「泣いたらブスになるから、やめな」と声をかけたため「ヤバいと思って、泣きやみました」とのこと。

走り方が「みんなにエヴァンゲリオンって言われる」フォームになる上に遅いため、「希望的リフレイン」のMV撮影時には、自身は先頭を走っていたにもかかわらず、4列目にいた山本彩(NMB48)に追い越されるほどだった。

■参加曲
【シングル】
・HKT48名義
スキ!スキ!スキップ!(2013年3月20日)
お願いヴァレンティヌ
片思いの唐揚げ - 「あまくち姫」名義
制服のバンビ
メロンジュース(2013年9月4日)
そこで何を考えるか?
希望の海流 - 「あまくち姫」名義
波音のオルゴール
桜、みんなで食べた(2014年3月12日)
君はどうして?
昔の彼氏のお兄ちゃんとつき合うということ - 「Team KIV」名義
控えめI love you !(2014年9月24日)
夏の前 - 「Team KIV」名義
12秒(2015年4月22日)
ロックだよ、人生は…
ハワイヘ行こう - 「Team KIV」名義
しぇからしか!(2015年11月25日) - 「HKT48 feat.氣志團名義」
黄昏のタンデム
夢見るチームKIV - 「Team KIV」名義
74億分の1の君へ(2016年4月13日)
Chain of love
タブーの色 - 「サクラハルカ」名義

・AKB48名義
ギンガムチェック(2012年8月29日)に収録された
ドレミファ音痴 - 「ネクストガールズ」名義
UZA(2012年10月31日)
永遠プレッシャー(2012年12月5日)に収録された
初恋バタフライ(2012年12月5日) - 「HKT48」名義
So long !(2013年2月20日)に収録された
Waiting room - 「アンダーガールズ」名義
さよならクロール(2013年5月22日)
恋するフォーチュンクッキー(2013年8月21日)に収録された
愛の意味を考えてみた(2013年8月21日)- 「アンダーガールズ」名義
ハート・エレキ(2013年10月30日)に収録された
快速と動体視力(2013年10月30日)- 「アンダーガールズ」名義
鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの(2013年12月11日)に収録された
ウインクは3回 - 「HKT48」名義
前しか向かねえ(2014年2月26日)に収録された
昨日よりもっと好き(2014年2月26日)- 「Smiling Lions」名義
ラブラドール・レトリバー(2014年5月21日)
君は気まぐれ - 「Team A」名義
心のプラカード(2014年8月27日)
希望的リフレイン(2014年11月26日)
従順なSlave(2014年11月26日)- 「Team A」名義
Green Flash(2015年3月4日)
マジすかFight
大人列車 - 「HKT48」名義
僕たちは戦わない(2015年5月20日)
ハロウィン・ナイト(2015年8月26日)
一歩目音頭
ヤンキーマシンガン
群像
唇にBe My Baby(2015年12月9日)
365日の紙飛行機
やさしい place - 「Team A」名義
君はメロディー(2016年3月9日)
Make noise - 「HKT48」名義
混ざり合うもの - 「乃木坂AKB」名義
M.T.に捧ぐ - 「横山Team A」名義
翼はいらない(2016年6月1日)
Set me free - 「Team A」名義

【アルバム】
・AKB48名義
『1830m』(2012年8月15日)
いつか見た海の底 - 「Up-and-coming girls」名義
青空よ 寂しくないか?
『次の足跡』(2014年1月22日)
Stoicな美学
『ここがロドスだ、ここで跳べ!』(2015年1月21日)
彼女 - ソロ曲
Oh! Baby! - 「高橋Team A」名義
『0と1の間』(2015年11月18日)
Clap - 「Team A」名義
クリスマスイブに泣かないように

【その他の参加楽曲】
アイドルはウーニャニャの件(2015年4月8日)- 「ニャーKB with ツチノコパンダ」名義、アニメ『妖怪ウォッチ』のエンディング・テーマ
不幸中の幸い少女

【劇場公園ユニット曲】
・HKT48名義
チームH 1st Stage「手をつなぎながら」公演
ウィンブルドンへ連れて行って
チームH 「博多レジェンド」公演
ガラスのI LOVE YOU
制服のバンビ
ハート型ウイルス(多田愛佳のアンダー)
ひまわり組「パジャマドライブ」公演
パジャマドライブ
チームKIV 1st Stage「シアターの女神」公演
キャンディー
夜風の仕業(森保まどかのアンダー)

・AKB48名義
チームA「恋愛禁止条例」公演
ハート型ウイルス
チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演
夢でKiss me!

■出演
【テレビドラマ】
NHK佐賀放送局開局70周年記念地域ドラマ「あのひとあの日」(2012年3月2日〔NHK総合・佐賀放送局〕・4月22日〔NHK総合〕) - 会川なずな 役
マジすか学園4(2015年1月19日 - 3月30日、日本テレビ) - 主演・さくら役
マジすか学園5(2015年8月25日、日本テレビ)[注 2] - さくら 役
AKBホラーナイト アドレナリンの夜 第5話「ドッペルゲンガー」(2015年10月22日、テレビ朝日) - 主演・朱里 役
マジすか学園0 木更津乱闘編(2015年11月29日、日本テレビ)- さくら 役

【バラエティ番組】
コレカラ(2012年5月18日 - 2013年12月13日・不定期出演、テレビ西日本)
HKT48のおでかけ!(2013年1月26日 - 不定期出演、TBS)
HKT48のごぼてん!(2014年5月24日 - 不定期出演、テレビ西日本)
HKTシャカリキ48!(2014年7月5日・10日、KBCテレビ)
HKT48の「ほかみな」~そのほかのみなさん~(2014年8月12日 - 不定期出演、NOTTV)
僕らが考える夜(2015年9月3日 - 9月17日、フジテレビ)

【その他のテレビ番組】
今日感テレビ日曜版(2012年1月29日 - 2014年2月16日 不定期出演、RKB毎日放送)
土曜NEWSファイル CUBE(2012年4月28日・6月2日、テレビ西日本)
きん☆すた(2012年9月14日・21日、NHK福岡放送局)

【ラジオ】
アイアプレゼンツ SKE48&HKT48のアイアイトーク(2014年1月15日 - 不定期出演、ニッポン放送)

【舞台】
小林幸子芸能生活45周年記念特別公演「魔術の女王 天勝物語 / '08華麗なる幸子の世界」(2008年7月2日 - 26日、博多座) - おかつ 役
劇団四季「ライオンキング」(2008年9月21日 - 2009年8月26日、福岡シティ劇場) - ヤングナラ 役
恋ぶみ屋一葉(2008年10月3日 - 25日、博多座)
HKT48指原莉乃座長公演(2015年4月8日 - 23日 明治座、2015年8月15日 - 31日 博多座) - 阿国 役

【CM】
四谷大塚(2009年)
JOYSOUND(2012年6月 - ) - ネクストガールズとして。
読売新聞西部本社(2013年2月2日 - )
鹿児島市 「かごしま浪漫劇場~世界文化遺産 Ver.~」「かごしま浪漫劇場~天文館ミリオネーション2016 Ver.~」(2015年11月14日 - )

【ネット配信】
マジすか学園5(2015年8月25日 - 10月27日、Hulu) - さくら 役
マジすか学園0 木更津乱闘編(2015年11月24日、Hulu) - さくら 役
CROW'S BLOOD(2016年7月、Hulu) - 主演・戸川真希 役

■書籍
【雑誌・新聞連載】
TJカゴシマ(2012年9月19日 - 、斯文堂) - 「今月のさくら」・「さくら画伯」を連載。
週刊プレイボーイ(2013年5月13日号 - 、集英社) - AKB48 GROUPコラムロワイヤル「さくらちゃんの毎日にっちょく!」を連載。

【写真集】
宮脇咲良ファースト写真集 さくら(2015年7月8日、集英社)

【カレンダー】
クリアファイルつき 卓上 宮脇咲良2015年カレンダー(2014年12月13日、ハゴロモ)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
宮脇咲良を「ウィキペディア」で参照する

宮脇咲良の関連動画