大家志津香 おおやしづか

「大家志津香」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「大家志津香」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「大家志津香」に関連するモデルプレス記事

大家志津香のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

大家志津香のプロフィール

大家 志津香(おおや しづか)

生年月日:1991年12月28日
出身:福岡県
血液型:O型

ワタナベエンターテインメント所属。

■略歴
2007年5月27日、『AKB48 第一回研究生(4期生)オーディション』に合格。オーディションに応募した動機は「大好きなAKBに入って人を感動させたい」というものだが、AKB48コンサートに参加した際に知り合った別のファンの女の子に「一緒にオーディション受けようよ」と誘われたのがきっかけ。
2009年8月23日夜に開催された全国ツアー『読売新聞創刊135周年記念コンサート AKB104選抜メンバー組閣祭り』の日本武道館公演において、同年10月よりチームAメンバーに昇格することが発表され、2010年7月27日にチームAメンバーへ正式に昇格した。卒業・移籍・辞退者を除く4期生および2008年にAKB48劇場公演デビューを果たした研究生として最後の昇格者であり、4期生ではひまわり組公演に出演していなかった唯一の昇格者となった。
2010年5月4日、AKSからビスケットエンターティメントに移籍。同年9月5日に開催された幕張メッセでの握手会で、1時間半の時間枠にもかかわらずファンの列が途切れた際に涙したことをきっかけに、都内各所で街頭に立ち、「ファン増員作戦」を行い、『週刊AKB』でその様子が特集された結果、2011年1月8日に開催された東京ビッグサイトでの握手会では9時間枠で列が途切れないほどのファンを集めた。
2011年5月から6月にかけて実施された『AKB48 22ndシングル選抜総選挙「今年もガチです」』では29位で、アンダーガールズ入りを果たす。9月20日に開催された『AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会』では6位で、初のシングル表題曲選抜入りを果たす。
2012年5月、柏木由紀・倉持明日香・高城亜樹・佐藤夏希とともにワタナベエンターテインメントへ移籍。
同年5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル選抜総選挙』では59位で、フューチャーガールズ入りを果たした。
2012年8月24日、チームAからチームBに異動することが発表された。
2013年9月18日に開催された『AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会』では9位で、2度目のシングル表題曲選抜入りを果たした。
2014年1月17日よりTwitterを開始。
2015年3月26日、さいたまスーパーアリーナで行われた『AKB48 春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~』においてチームAへ異動することが発表された。

■人物
キャッチフレーズは「元気があればなんでもできる。いくぞ! いち、に、さん、しいちゃん! できませんは言いません。福岡県から来ました、大家志津香です」。負けず嫌いだがネガティブ。
福岡県出身のため、ブログでも方言(宗像弁)を使用することがある。
ダイビングのインストラクターを目指して水産高等学校に進学したが、高校1年生の時にAKB48のオーディションに合格し、上京。AKB48加入後にダイビングのアドバンスドオープンウオーターダイバー (AOW) を取得している。
『AKB48ネ申テレビSeason5』の企画で、2級小型船舶操縦士免許を取得した。
中学生時代、プリクラ帳で写真集作ったほど、ワッキー(ペナルティ)のファン。
6年間エレクトーンを習っていた。 一点倒立ができ、『AKBINGO!』では歌いながらの一点倒立を披露した。バランス感覚も良く、『AKBと××!』の「AKBとSKEとNMB! バイト対決 1日でいくら稼げるか」企画で蕎麦屋の出前に挑戦した際、岡持ちを使わないで自転車を難なく乗りこなしている
実家はいけす料理店を営んでおり、自らも5歳でキッチンデビューするなど料理経験は豊富。『ガチガセ』で行われた一流シェフとの料理企画では独特な調理方法ながら見事なオムライスを作り、AKBメンバーを始め多くの解答者をだますことができた。
ダンス・歌・MC・一発芸などを猛勉強し、自他ともに認める「アイドル性を一から作り上げてきた」努力家。エビ反りが得意で、両足で「いないいないばあ」などができる[出典無効]。パソコンが得意。
身長の低い男性が好き。弟がいる。父親は、福岡で行われた腕相撲の大会で1位になったことがあり、大家自身も腕相撲を特技としている。
テレビは基本的に視聴しない。
フトアゴヒゲトカゲを飼っている。名前は「又吉はるいち」、ニックネームは「ニローニ」。
レギュラー出演している『くりぃむクイズ ミラクル9』では上田晋也から「『ミラクル9』の『ミラクル』とは大家のことです」と評され、『ミラクル9』のレギュラーをはじめ、くりぃむしちゅーの関連番組(テレビ朝日藤井班)への出演機会が多い[独自研究?]。
自他共に認める色気ゼロ。『DUMP SHOW!』出演が決まった際、ポールダンスに挑むと言っただけで他のメンバーから大爆笑されたという。AKB48劇場9周年記念公演で「誘惑のガーター」(SDN48)を披露した際には、本人曰く「出た瞬間どよめきと笑いが起きてもしかしたら最後ガーター投げても誰もとってくれないんじゃないかと心配だった」という。
オフィシャルブログの記事のタイトルは、2012年10月29日まで「~の話しましょ」としていた。

・AKB48
前述したとおり、卒業・移籍・辞退者を除く4期生および2008年にAKB48劇場公演デビューを果たした研究生として最後の昇格者であるが、劇場公演デビューから正規メンバー昇格までの日数872日はグループの中で一番遅く、研究生としての期間1158日は、2013年1月2日に松村香織(SKE48)がこの記録を抜くまで、48グループ最長期間だった。
ふかわりょうが好きなことから、AKB48のオーディションではNO PLANの曲を歌った。本人曰く「ふかわがおらんやったら多分AKB入っとらん」。
現・NGT48の北原里英(愛知県出身)、現・HKT48の指原莉乃(大分県出身)、元研究生の冨田麻友(香川県出身)、元・SKE48の中西優香(愛知県出身)と共に1か月半生活していた。特に北原とは約2年間ルームメイトで、その後は隣同士で住んでいる。また、この5人は「地方組」と呼び合っている。まだ土地勘のない上京直後の時期に、道に迷ったレッスン帰りの北原と指原を迎えに行ったなど、「北原とか指原の前やったら絶対男前」。
AKB48劇場支配人の戸賀崎智信は「いい奴」「メンバーからも人気がすごくある」、研究生時代に、自ら努力して欠員になりそうなメンバーの振りを覚え、全3チーム公演のアンダーを務めたという意味でも「すごく信頼は高いメンバー」とコメントしている。また、指原は「AKBみんなしいちゃんの事を必要としてると思う。多分しいちゃんの事を嫌いな人いない」、高橋みなみは、研究生時代年長だったためまとめ役となっていたことに対し「すごく感謝してます」、後輩の小森美果は「ダンスとかMCとかしゃべり方とか全部教えてくれました」とそれぞれ評価している。
デビュー前からAKB48のファンであり、推しメンは小林香菜だった。尊敬するメンバーは高橋みなみと大島優子。
親友で同年齢の北原は、AKB48に入った時期としては後輩だが、大家自身が「嫌だ」と言ったため、当初から「全然敬語じゃなかった」り、同じく北原と同期で年齢的には下の宮崎を冗談交じりではあるが「天下の宮崎さん」と呼んだり、また先述の通り、後輩で年下の指原や小森らからも「しいちゃん」と呼ばれるなど、後輩に自分に対する話し方において気を遣うよう厳しい態度を取るようなことはない。一方、自身は先輩メンバーに対しては年下でも「さん」付けで呼ぶが、同期のメンバーに対しては年上でも敬称を使わない。そのため、4期生にもかかわらず、ファンから7期生と勘違いされた際の出来事について、「(同期だが年上の)佐藤亜美菜や倉持を呼捨てにするのは感心しないというコメントがブログにある。ひどいよね、同期なのに」と不満を述べたことがある。なお倉持のことは「きもかわいい」と思っており、「もし自分が男性だったら付き合いたいメンバーは?」という問いにも倉持の名前を挙げている。ただし結婚相手に選ぶなら倉持ではなく高橋とのこと。
『週刊AKB』の抜打ちテスト企画で45点/300点で参加15人中ワースト3、『なるほど!HS』内の企画「ガチバカ総選挙」では参加した10人中最下位の7点(100点満点)を記録した。
梅田悠(元SDN48)とはいつの間にか仲良くなり、鈴木まりやとともに飲食店で長時間話込んだりした。

■AKB48での参加楽曲
・シングル選抜楽曲
「大声ダイヤモンド」に収録
大声ダイヤモンド(研究生 ver.)- 「チーム研究生」名義
「RIVER」に収録
ひこうき雲 - 「シアターガールズ」名義
「ポニーテールとシュシュ」に収録
僕のYELL - 「シアターガールズ」名義
「Beginner」に収録
泣ける場所 - 「DIVA」名義
「チャンスの順番」に収録
胡桃とダイアローグ - 「チームA」名義
「桜の木になろう」に収録
エリアK - 「DIVA」名義
「Everyday、カチューシャ」に収録
人の力 - 「アンダーガールズ」名義
「フライングゲット」に収録
抱きしめちゃいけない - 「アンダーガールズ」名義
「風は吹いている」に収録
Vamos - 「アンダーガールズ ばら組」名義
上からマリコ
隣人は傷つかない - 「チームA」名義
「GIVE ME FIVE!」に収録
ユングやフロイトの場合 - 「スペシャルガールズC」名義
「真夏のSounds good !」に収録
3つの涙 - 「スペシャルガールズ」名義
「ギンガムチェック」に収録
Show fight! - 「フューチャーガールズ」名義
「UZA」に収録
正義の味方じゃないヒーロー - 「Team B」名義
「永遠プレッシャー」に収録
永遠より続くように - 「OKL48」名義
「So long !」に収録
そこで犬のうんち踏んじゃうかね? - 「梅田TeamB」名義
「さよならクロール」に収録
ロマンス拳銃 - 「Team B」名義
「ハート・エレキ」に収録
Tiny T-shirt - 「Team B」名義
鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
「前しか向かねえ」に収録
KONJO - 「Talking Chimpanzees」名義
「ラブラドール・レトリバー」に収録
Bガーデン - 「Team B」名義
「希望的リフレイン」に収録
歌いたい - 「かとれあ組」名義
ロンリネスクラブ - 「Team B」名義
Reborn - 「チームサプライズ」名義
「唇にBe My Baby」に収録
やさしい place - 「Team A」名義
「君はメロディー」に収録
M.T.に捧ぐ - 「横山Team A」名義
翼はいらない
Set me free - 「Team A」名義
シュートサイン
願いごとの持ち腐れ

・アルバム選抜楽曲
『神曲たち』に収録
君と虹と太陽と
『ここにいたこと』に収録
Overtake - 「チームA」名義
ここにいたこと - 「AKB48+SKE48+SDN48+NMB48」名義
『1830m』に収録
Hate - 「チームA」名義
青空よ 寂しくないか? - 「AKB48+SKE48+NMB48+HKT48」名義
『次の足跡』に収録
悲しき近距離恋愛 - 「Team B」名義
『ここがロドスだ、ここで跳べ!』に収録
To goで - 「倉持Team B」名義
『0と1の間』に収録
Clap - 「Team A」名義

・劇場公演ユニット曲
チームB 3rd Stage「パジャマドライブ」公演
純情主義(バックダンサー)
※米沢瑠美のアンダー
チームA 4th Stage「ただいま恋愛中」リバイバル公演
帰郷
※中西里菜のアンダー
チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」公演
ごめんねジュエル(バックダンサー)
※佐藤夏希の全員曲アンダー
研究生「ただいま恋愛中」公演
帰郷
チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演
スコールの間に(バックダンサー)
真夏のクリスマスローズ(バックダンサー)
チームB 4th Stage「アイドルの夜明け」公演
片思いの対角線(バックダンサー)
天国野郎(バックダンサー)
※浦野一美の全員曲アンダー
研究生「アイドルの夜明け」公演
天国野郎
チームK 5th Stage「逆上がり」公演
愛の色
※増田有華のアンダー
THEATRE G-ROSSO「夢を死なせるわけにいかない」公演
Confession
※秋元才加・中田ちさとのスタンバイ
研究生「恋愛禁止条例」公演
ハート型ウイルス
チームK 6th Stage「RESET」公演
※秋元才加の全員曲アンダー
チームA 6th Stage「目撃者」公演
サボテンとゴールドラッシュ
炎上路線 ※
※高城亜樹・指原莉乃のユニットアンダー
梅田チームB ウェイティング公演
思い出以上(チームS 3rd Stage「制服の芽」)
ごめんね ジュエル(チームK 4th Stage「最終ベルが鳴る」、宮澤佐江、倉持明日香のポジション)※
※以上の2つ曲、3つのポジの中に1つに出演し、倉持のポジは岩佐美咲のアンダー。
抱きしめられたら(チームK 5th Stage「逆上がり」、河西智美のポジション)※
※小嶋陽菜のアンダー
チームB 6th Stage「パジャマドライブ」公演
鏡の中のジャンヌダルク
春風亭小朝「イブはアダムの肋骨」公演
※ユニット曲の出演はないが、全体曲の「ヘビーローテーション」と「ハロウィン・ナイト」ではセンターを担当。
チームA 7th Stage「M.T.に捧ぐ」公演
負け男
リバイバル公演「僕の太陽」公演
向日葵(梅田綾乃のスタンバイ)

■出演
AKB48のコンサート、およびグループとしての出演(CM・イベント含む)については「AKB48の出演一覧」を参照
・バラエティ
AKBINGO!(2009年5月27日 - 不定期出演、日本テレビ)
有吉AKB共和国(2010年3月29日 - 不定期出演、TBS)
週刊AKB(2009年7月24日 - 2012年11月30日 不定期出演、テレビ東京)
2010年11月5日は「緊急特別放送 大家志津香の苦悩」、同19日は「大家志津香 握手会ファン増員大作戦」、2011年1月14日は「大家志津香 握手会ファン増員作戦~完結編~」として特集。
なるほど!ハイスクール(2010年5月30日・10月9日、2011年4月21日 - 2012年3月8日、日本テレビ)
AKB48ネ申テレビ(ファミリー劇場)
Season5(2010年11月21日・11月28日)
Season6(2011年5月1日・5月8日、6月26日・7月3日)
Season9(2012年3月4日・3月11日)
スペシャル~ブロードウェイへの道!~(2012年12月23日)
Season14(2014年3月2日 - 3月30日)
Season17(2014年12月14日・12月28日・2015年1月11日・1月18日)
Season17番外編(2015年2月15日・2月22日)
Season18(2015年3月22日・3月29日・5月3日)
AKBと××!(2010年11月25日・2011年2月24日 - 2012年3月15日、読売テレビ) - 2011年4月から2012年3月まで「××選抜」として常連出演(都合により出演しない場合がある)
AKB48コント「びみょ~」(2011年10月20日 - 2012年2月16日、不定期出演、ひかりTV)
くりぃむクイズ ミラクル9(2011年11月9日、2012年1月25日、2月15日 - 、テレビ朝日) - レギュラー
AKB48のあんた、誰?(2012年4月11日 - 2016年6月30日 不定期出演、NOTTV)
ガチガセ(不定期出演、日本テレビ)
AKB子兎道場(2012年12月7日 - 2014年3月28日 不定期出演、テレビ東京)
サタデーナイトチャイルドマシーン(2013年4月13日 - 6月29日、日本テレビ)
AKB48コント「何もそこまで…」(2013年7月26日 - 2014年3月21日 不定期出演、ひかりTV)
AKB48 SHOW!(2013年11月23日 - 不定期出演、NHK BSプレミアム)
ギリギリくりぃむ企画工場(2013年11月25日、テレビ朝日)
AKBでアルバイト(2014年7月22日 - 8月5日・12月23日、フジテレビ)

・その他のテレビ番組
すイエんサー(2009年10月13日、NHK教育)
ひるおび!(2012年4月5日 - 、TBS) - 「ひるおび! 天気」担当、出演日不定
めんたいワイド(2012年12月10日 - 2013年3月25日、福岡放送) - 「キタ級遺産」レポーター、佐藤夏希の代役
海のハンター サメ 限界探検 ~最強!ホホジロ・タイガー・オオメジロを追う~ (2016年7月10日、BSジャパン) - 田中卓志(アンガールズ)とともにMC

・テレビドラマ
マジすか学園 第4話・最終話(2010年1月29日・3月26日、テレビ東京) - ミキ 役
マジすか学園2 最終話(2011年7月1日、テレビ東京) - シズカ 役
So long ! 第3夜(2013年2月13日、日本テレビ)

・ラジオ
ON8(2009年10月19日、bayfm)
AKB48のオールナイトニッポン(2010年5月21日 - 不定期出演、ニッポン放送)
AKB48 明日までもうちょっと。(2010年5月24日・9月13日、文化放送)
AKB48の全力で聴かなきゃダメじゃん!!(2010年7月7日 - 2011年5月11日、スターデジオ)
ハイタッチ!(2012年11月21日、同11月30日、同12月 - 、RKB毎日放送)
11月の放送は、当時レギュラーパーソナリティだった佐藤夏希の代役としてメインパーソナリティーを務めた
2012年12月からは、同じ事務所の仲俣汐里とともに準レギュラーとなった
リッスン? ~Live 4 Life~(2014年5月22日、文化放送)
大家志津香のエン活!(2014年10月3日 - 、TOKYO FM) - 初の単独パーソナリティ番組

・舞台
DUMP SHOW!(2011年7月・8月、東京 サンシャイン劇場・大阪 サンケイホールブリーゼ) - 茜 役
朗読「東京」(2016年2月20日、シアターイースト)

・イベント
大家志津香の趣味の話しましょ(2012年3月8日、AKB48 CAFE&SHOP AKIHABARA シアターエリア)

■書籍
・カレンダー
大家志津香 2012年カレンダー(2011年11月19日、ハゴロモ)
卓上 大家志津香 2013年カレンダー(2012年12月7日、ハゴロモ)
卓上 大家志津香 2014年カレンダー(2013年12月6日、ハゴロモ)
クリアファイル付 卓上 大家志津香 2015年カレンダー(2014年12月13日、ハゴロモ)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
大家志津香を「ウィキペディア」で参照する