HKT48 はかたふぉーてぃえいと

「HKT48」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「HKT48」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「HKT48」に関連するモデルプレス記事

HKT48のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

HKT48のプロフィール

HKT48(エイチケーティー フォーティエイト)は、福岡市を拠点に[1]活動する日本の女性アイドルグループ[2]。2011年10月23日に誕生した。AKB48と同様、秋元康が総合プロデューサーを務める。

■概要

AKB48の全国展開第3弾として福岡市が選ばれた[2]。2011年7月10日に第1期生オーディション最終審査が行われ、2011年10月23日に西武ドームにおいて開催されたAKB48の握手会イベントでメンバーが初めてお披露目された。結成時の平均年齢は13.8歳で、姉妹ユニットの中で最も若いグループとしてスタートした。
福岡市中央区地行浜(シーサイドももち)のホークスタウンモール2階に専用劇場『HKT48劇場』を有している。2011年11月26日に初公演を行い、以後原則的に毎日公演を行っている。AKB48と同様、AKSが運営管理を行う。
グループ名の「HKT」は、福岡市周辺地域全体または福岡市内の一部地域のことを指す名称「博多」(HAKATA)から命名された。
2013年3月20日に1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」をリリースしメジャー・デビュー、初週25万枚を売り上げ、オリコンウィークリーチャート1位を獲得している。なお、劇場初公演からCDデビューまでの期間は480日と、AKB48の日本国内での姉妹ユニット中最長である(AKB48が55日、SKE48が304日、NMB48が200日)。

【AKB48や他の姉妹ユニットとの比較】
AKB48や他の姉妹ユニットと同様に、ユニット名から1文字取ったチーム制を導入している。ただし、2014年1月現在では、チームH1つのみで、2014年中にチームKIVが発足予定。
NMB48同様、1期生も含めて全員が加入直後はまず研究生となる。
一部を除き、大半のメンバーが九州地方の出身者、またその大半が福岡県出身者である[注 1]。
HKT48はAKB48グループのひとつでもあるため、メンバーはAKB48の楽曲の選抜メンバーに選ばれることがある。
姉妹ユニットからの移籍メンバーですでに他事務所に所属していた場合を除き、メンバー全員がAKSに所属している。
AKB48グループで唯一、現役メンバーが同時に劇場支配人を務める(指原)。

■略歴

2011年
5月1日に開催されたAKB48の握手会イベントにおいて、HKT48が誕生することが発表された[2]。
7月10日、第1期生オーディション最終審査を行い、24名の候補生が合格[3]。
10月23日、西武ドームで開催されたAKB48の握手会イベントにおいて、第1期生21名が初披露[4]。
11月26日、HKT48劇場にて、「手をつなぎながら」劇場初公演[5]。

2012年
3月4日、1期研究生から選抜された16名によりチームHを結成。同日、チームHとしての1st Stage「手をつなぎながら」初公演。
6月6日、2012年5月 - 6月に投票が行われた『AKB48 27thシングル選抜総選挙〜ファンが選ぶ64議席〜』(第4回選抜総選挙)が開票され、宮脇咲良が47位で「ネクストガールズ」入り。
6月16日、AKB48から指原莉乃が移籍。姉妹グループからHKT48への移籍は史上初。
6月23日、第2期生オーディション最終審査を実施、計34名が仮合格[6]。
7月5日、AKB48から移籍した指原莉乃がチームHに所属することが発表され、同日公演に初出演[7]。
8月24日、AKB48コンサート『AKB48 in TOKYO DOME〜1830mの夢〜』初日において、AKB48の多田愛佳が移籍することが発表された[8]。
9月4日、劇場公演において、人数補充のため、SKE48の鬼頭桃菜、井口栞里、斉藤真木子がサプライズ出演[9]。この月は、SKE48のメンバーが計17回サプライズ出演した。
9月23日、劇場公演において、第2期生21名が初披露[10]。
9月30日、研究生公演「PARTYが始まるよ」初日公演[10]。
11月1日、AKB48から移籍した多田愛佳がチームHに所属することが発表され、同日公演に初出演[11]。
11月8日、「手をつなぎながら」公演終了後に、2013年にユニバーサルミュージックからメジャー・デビューすることを発表[12]。

2013年
1月25日、「AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013」2日目公演において、尾崎充[注 2]がHKT48劇場新支配人に指名され、同月27日に開催された最終日公演において信任・不信任の信任決議発表の結果、信任され新支配人に就任。
1月26日、「AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2013」3日目公演において、同年4月25日-28日に日本武道館で『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』を開催、うちHKT48は単独で27日昼公演、また48グループ総出演の一部として28日公演にそれぞれ出演することが発表される[13]。
2月17日、HKT48劇場こけら落とし以来続けられたチームHの1st Stage「手をつなぎながら」公演千秋楽[14]。
3月1日、チームHの2nd Stage「博多レジェンド」初公演[15]。
3月20日、1stシングル「スキ!スキ!スキップ![16]」発売[17]。
4月27日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』(日本武道館)で、HKT48として昼の部に単独公演を開催。
4月28日、『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』(日本武道館)が開催され、48グループ総出演として出演。同日、チームHの指原莉乃のHKT48劇場支配人との兼任、兒玉遥のAKB48チームAとの兼任が発表される[18]。
6月5日、「AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』」を日本武道館で開催[19]。
6月8日、「AKB48スーパーフェスティバル『〜日産スタジアム、小(ち)っちぇ!小(ち)っちゃくないし!!〜』」を日産スタジアムで開催。同日、2013年5月 - 6月にかけて投票が行われた『AKB48 32ndシングル選抜総選挙〜夢は1人じゃ見られない〜』(第5回選抜総選挙)が開票され、指原莉乃が選抜メンバーのセンターポジション(第1位)を獲得し、宮脇咲良が26位で「アンダーガールズ」入り、兒玉遥が37位、多田愛佳が43位で「ネクストガールズ」入り、田島芽瑠が55位、朝長美桜が59位で「フューチャーガールズ」入りを果たした。
6月19日、兒玉遥が東京・秋葉原のAKB48劇場にて行われたAKB48チームA公演に初出演。
7月21日、「AKB48・2013真夏のドームツアー〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜」(福岡ヤフオク!ドーム)にて、田島芽瑠、朝長美桜のAKB48グループ初となる研究生ユニット「てんとうむChu!」への加入が発表される。
9月4日、2ndシングル「メロンジュース」発売。
11月2日、ひまわり組[注 3]による新公演「パジャマドライブ」を開始。さらに同日の公演中に3期生メンバー9名をお披露目[20]。
11月4日、キャナルシティ博多内に、2014年1月5日までの期間限定で、『HKT48 期間限定SHOP』をオープン[21]。
11月17日、研究生「脳内パラダイス」初日公演。
11月28日、『第5代青森りんごクイーン』に選出される[22]。代表して、多田愛佳、兒玉遥、指原莉乃、宮脇咲良、田島芽瑠、朝長美桜の6名が活動。
12月20日、HKT48公式ネットショップを新設[23]。

2014年
1月11日 - 3月21日、初の単独コンサートツアー『HKT48 九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜』開催[24]。
1月11日、大分市・iichikoグランシアタで開催された『HKT48 九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜』初日夜公演において、「クラス替え」と称したチーム再編が発表される[25]。
1月16日、「青森りんごファン感謝祭」において、イギリスで2013年6月に292人で樹立された「果物の格好をした人の最も大きな集まり」のギネス世界記録を、りんごのコスチュームをまとった303人のファンとともに更新する[26]。
1月19日、『HKT48 九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜』鹿児島公演昼の部にて、2013年11月10日のAKB48グループドラフト会議でチームHが1位指名した山本茉央お披露目[27]。
2月24日、『AKB48グループ大組閣祭り』(Zeppダイバーシティ東京にて開催)において、中西智代梨、谷真理佳両名についてAKB48チームAおよびSKE48チームEへいずれも完全移籍、兒玉遥のAKB48チームKへの兼任先変更、および宮脇咲良がAKB48チームA、朝長美桜がAKB48チームB、田中菜津美がSKE48チームS、村重杏奈がNMB48チームNと兼任することが発表される。また、ドラフト生・山本茉央のチームH配属、1期生・深川舞子、2期生・草場愛並びに3期生・田中美久と矢吹奈子の昇格も併せて発表[28]。
3月12日、3rdシングル「桜、みんなで食べた」発売[29]。
3月21日、『HKT48 九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜』最終公演として福岡サンパレスで2公演開催予定[30]。
4月5日、さいたまスーパーアリーナにて単独コンサートを開催予定[31]。

■メンバー

メンバー個人記事作成については「芸能人の特筆性」および「音楽家・音楽グループについての特筆性」(特に最下段)をご覧ください。

【チームH】
穴井千尋
植木南央
多田愛佳
熊沢世莉奈
兒玉遥
指原莉乃
下野由貴
田中菜津美
中西智代梨
松岡菜摘
宮脇咲良
村重杏奈
本村碧唯
森保まどか
若田部遥
山本茉央

【研究生】
今田美奈
深川舞子
秋吉優花
伊藤来笑
井上由莉耶
岩花詩乃
宇井真白
上野遥
梅本泉
岡田栞奈
岡本尚子
草場愛
神志那結衣
後藤泉
駒田京伽
坂口理子
田島芽瑠
田中優香
谷真理佳
冨吉明日香
朝長美桜
渕上舞
山田麻莉奈
荒巻美咲
栗原紗英
坂本愛玲菜
田中美久
筒井莉子
外薗葉月
矢吹奈子
山内祐奈
山下エミリー

【元メンバー】
・元正規メンバー
古森結衣
菅本裕子
谷口愛理

・元研究生
江藤彩也香
仲西彩佳
安陪恭加

■ディスコグラフィー

【シングル】
スキ!スキ!スキップ!
メロンジュース
桜、みんなで食べた

【アルバム】
チームH 1st Stage「手をつなぎながら」

■DVD

【劇場公演】
チームH 1st Stage「手をつなぎながら」
チームH 「博多レジェンド」

【HaKaTa百貨店】
HaKaTa百貨店
HaKaTa百貨店 2号館

■ミュージック・ビデオ一覧

2012
「初恋バタフライ」
2013
「スキ!スキ!スキップ!」
「片思いの唐揚げ」
「今がイチバン」
「メロンジュース」
「希望の海流」
「泥のメトロノーム」
「ウインクは3回」
2014
「桜、みんなで食べた」
「既読スルー」
「昔の彼氏のお兄ちゃんとつき合うということ」

■選抜メンバー

HKT48では、AKB48同様グループが大人数であること、通常はそれぞれのチームに分かれて公演を行っていることなどから、シングルをリリースする際や写真集・雑誌のグラビア写真等には一部のメンバーが選抜され、レコーディング、CDジャケット、MVおよびプロモーション活動には選抜メンバーのみが起用される。ただし、テレビ出演の場合は全員が出演、あるいは一部メンバーが入れ替わって出演するなどのケースがある。
さらに、AKB48シングルの選抜メンバーにHKT48のメンバーが選出されることがある。そのメンバーを選出する「選抜総選挙」には第4回で研究生を含めた全メンバーが参加した。また「じゃんけん大会」では第3回で予備戦を勝ち抜いたメンバーのみが参加した。
シングルCD関連の選抜メンバーについてはディスコグラフィーから、AKB48シングルの選抜メンバーについてはAKB48の関連作品からそれぞれ各シングルCDの記事を参照

【あまくち姫・うまくち姫】
SKE48やNMB48の「白組」「紅組」の初期体制と同様に、選抜メンバーの約半数と選抜入りしなかったメンバーによって「あまくち姫」、「うまくち姫」が結成され、あまくち姫はTYPE-Aの、うまくち姫はTYPE-Bのカップリング曲を担当している。
ユニット名にもなっている「あまくち」「うまくち」とは九州で一般的に使われる「あまくち醤油」「うまくち醤油」という醤油の種類にちなんだものである。[41]
選抜と同様にメンバーはその都度選ばれる。各シングルにおけるメンバーについては当該項目を参照。
シングル あまくち姫 うまくち姫
スキ!スキ!スキップ! 片思い唐揚げ 今がイチバン
メロンジュース 希望の海流 泥のメトロノーム

■タイアップ

楽曲 タイアップ 収録作品
スキ!スキ!スキップ! TBS「HKT48のおでかけ!」テーマソング
CM:西日本シティ銀行
CM:カレーハウスCoCo壱番屋 1stシングル「スキ!スキ!スキップ!」
お願いヴァレンティヌ CM:ロッテ『ガーナミルクチョコレート』「バレンタイン篇」
片思いの唐揚げ(あまくち姫) テレビ東京系『マイリトルポニー〜トモダチは魔法〜』エンディング・テーマ
今がイチバン(うまくち姫) CM:ダイエー・グルメシティ『一の市』『日曜の市』『なかなかデー』『木曜の市』[注 5]
メロンジュース CM:アイア「I-SKY『HKT48 栄光のラビリンス』」
CM:ロッテ「クレイジーガム放送局『博多フーセンガールズ篇』・『チューインガム・キス篇』」
ジャパンサイクルレース フィナンシャル・エージェンシーカップ2013 in MIYAGI 大会テーマソング 2ndシングル「メロンジュース」
そこで何を考えるか? CM:ダイエー・グルメシティ『一の市』『日曜の市』『なかなかデー』『木曜の市』
天文部の事情 CM:ロッテ「LOTTE×HKT48 自撮り48」
桜、みんなで食べた CM:東京モノレール「東京モノレール開業50周年! HKT48モノレール派宣言」 3rdシングル「桜、みんなで食べた」
君はどうして? CM:常盤薬品工業『なめらか本舗 豆乳イソフラボン』「美白肌は輝く編」
タンスのゲン タンスのゲン株式会社『タンスのゲン』CMソング 未収録(ダウンロード販売のみ)

■オーディション

【オープニングメンバーオーディション】
募集要項
応募資格 - 経歴不問・2011年4月1日時点で11 - 22歳位までで、合格した時点でHKT48と契約を結びHKT48劇場に日常的に通うことができる女性。
応募期間:2011年5月1日 - 31日
一次審査 - 書類選考
二次審査 - 面接 合格者45名
最終審査 - ダンス・歌唱:2011年7月10日 於 ヒルトン福岡シーホーク 合格者24名
合格者
穴井千尋、安陪恭加、今田美奈、植木南央、江藤彩也香、熊沢世莉奈、兒玉遥、古森結衣、下野由貴、菅本裕子、田中菜津美、谷口愛理、仲西彩佳、中西智代梨、深川舞子、松岡菜摘、宮脇咲良、村重杏奈、本村碧唯、森保まどか、若田部遥、 (他3名合格、初お披露目前に辞退)
主な不合格者
岡本尚子、草場愛、後藤泉、外薗葉月、河野早紀(NMB48 チームBII)

【第二期生オーディション】
募集要項[42]
応募資格
経験不問
2012年4月1日時点で11 - 18歳までのプロダクションに所属していない女性(ただし、18歳未満、もしくは18歳でも就学中の者については保護者の同意が必要)
合格した時点でHKT48と専属契約が出来ること
合格後、日常的にHKT48劇場(福岡市中央区)に通い、活動が出来ること
応募期間:2012年5月10日 - 6月4日(郵送の場合同日付消印迄有効、Web応募の場合同日23:59:59迄)
一次審査 - 書類選考:同6月上旬 - 中旬 合格者のみ電話にて連絡
二次審査 - 面接:同6月中旬 福岡市内会場にて実施 合格者45名
最終審査 - ダンス・歌唱:同6月23日 於 ヒルトン福岡シーホーク 仮合格者34名
合格者
秋吉優花、伊藤来笑、井上由莉耶、岩花詩乃、宇井真白、上野遥、梅本泉、岡田栞奈、岡本尚子、草場愛、神志那結衣、後藤泉、駒田京伽、坂口理子、田島芽瑠、田中優香、谷真理佳、冨吉明日香、朝長美桜、渕上舞、山田麻莉奈
主な不合格者
荒巻美咲

【第三期生オーディション】
募集要項[43]
応募資格
経験不問
2013年4月1日時点で11歳 - 18歳までのプロダクションに所属していない女性(18歳の者は保護者の同意は必要なし。ただし、就学中の者は必要)
合格した時点でHKT48と専属契約が出来ること
合格後、日常的にHKT48劇場(福岡市中央区)に通い、活動が出来ること
応募期間:2013年6月1日 - 6月30日(郵送の場合同日付消印迄有効、Web応募の場合同日19:00:00迄)
一次審査 - 書類選考:同7月上旬 - 中旬 合格者のみ電話にて連絡
二次審査 - 面接:同7月中旬
最終審査 - ダンス・歌唱:同8月4日
合格者
荒巻美咲、栗原紗英、坂本愛玲菜、田中美久、筒井莉子、外薗葉月、矢吹奈子、山内祐奈、山下エミリー

■公演

【HKT48劇場】
HKT48劇場
HKT48 THEATER
HKT48 theater.JPG
情報
正式名称 HKT48劇場
完成 2011年11月
開館 2011年11月26日
開館公演 HKT48公演『手をつなぎながら』
収容人員 300人
客席数 262席 (車椅子専用2席含む)
用途 HKT48の公演
運営 AKS
所在地 〒810-8662
福岡県福岡市中央区地行浜二丁目2番1号
ホークスタウンモール MALL2 3階
アクセス 地下鉄空港線 唐人町駅から徒歩約15分
西鉄バス ヤフードーム前停留所・国立医療センター前停留所下車
福岡シティループバス「ぐりーん」 ホークスタウン停留所下車
公式サイト HKT48 OFFICIAL WEB SITE

福岡市中央区地行浜・ホークスタウンモールに2011年11月26日オープン。
収容人数は300名で、AKB48グループの劇場としては最多人数。客席はグループの劇場としては初めて、1席ずつ独立したセパレートタイプの客席となっている[注 6]。入場チケットの販売はAKB48グループの他の劇場と同じく事前応募制で、140枚が一般抽選枠、120枚がHKT48 Mobile会員枠となり[注 7]、その他福岡・佐賀・熊本3県以外の都道府県在住者に対し「遠方からお越しのお客様」枠として20枚、「ファミリー・カップルでお越しのお客様」枠として10枚、「女性・小中学生のお客様」枠として10枚がそれぞれ割り振られる。チケットの応募受付は当該劇場公演日の3日(「遠方」枠は11日[44]、「HKTモバイル枠」は4日)前の0時から20時の間、AKB48グループチケットセンター経由で行われる。
ステージには花道ステージ(サブステージ)がステージ中央部から観客席に向かって設置されている。花道ステージはステージ全体がせりとなっているほか、先端部には中央部分に回転が可能なせりを有する張り出し舞台(でべそ)が設置されている。

【HKT48劇場での公演】
2011年11月26日より、HKT48劇場において公演を実施している。2013年8月12日をもって通常公演500回を達成した[45]。

【チームH】
手をつなぎながら:2012年3月4日 - 2013年2月17日[14](276公演・チームHとしては200公演)
博多レジェンド:2013年3月1日 - [15]
(タイトル未定):未定 - [46]

【研究生】
手をつなぎながら[注 8]:2011年11月26日 - 2012年3月2日(76公演・チームH 1st stageに移行)
PARTYが始まるよ[注 9]:2012年9月30日 - 2013年11月5日[47](218公演)
脳内パラダイス:2013年11月17日 -

【ひまわり組】
パジャマドライブ:2013年11月2日[48] -

【特別公演】
西日本シティ銀行「HKT48劇場特別公演」:2012年9月9日
HKT48劇場1周年特別記念公演:2012年11月26日
ソフトバンクモバイルPresentsホークス応援隊「HKT48劇場特別公演」:2012年11月18日、2012年12月15日、2013年2月16日
読売新聞西部本社「HKT48×YOMIURI特別公演」:2013年3月2日
HKT48劇場2周年記念特別公演:2013年11月26日

【HKT48劇場以外での公演】
手をつなぎながら
2012年2月4日、AKB48劇場 - 1期生(仲西を除く)
2012年5月13日、TOKYO DOME CITY HALL - チームH・安陪・今田・仲西・深川
2012年8月12日、AKB48劇場 - チームH
博多レジェンド
2013年4月5日、AKB48劇場 - チームH・山田
2013年5月11日、TOKYO DOME CITY HALL - チームH・朝長
その他
2014年1月16日、渋谷・AiiAシアタートーキョー - チームH・谷 (全体曲は「博多レジェンド」、ユニット曲は「手をつなぎながら」公演のもの。)[49]

■出演

【テレビドラマ】
福岡恋愛白書7 〜ふたつの Love Story〜第二話「初恋の詩」(2012年3月24日、九州朝日放送)- 指原(主演)・兒玉・松岡・植木・江藤・下野・本村・若田部
読売新聞HKT48ドラマスペシャル「ツナガール!〜明日にエール〜」(2013年2月2日、福岡放送) - 穴井・多田・兒玉・松岡(以上4名は主演)・中西・今田・岡本・草場・駒田・坂口・田島・谷・渕上・山田
HKT48ドラマスペシャル「秘密」(2013年8月24日、福岡放送) - 穴井・多田・宮脇・谷
福岡恋愛白書9 月と太陽を見上げて(2014年3月21日、九州朝日放送)- 田島

【バラエティ・情報番組など】
現在のレギュラー番組
AKBINGO!(2012年1月4日 - 不定期出演、日本テレビ)
今日感テレビ・日曜版(2012年1月22日 - 、RKB毎日放送) - 毎回2名
AKBと××!(2012年2月16日 - 不定期出演、読売テレビ)
ドォーモ(2012年4月3日 - 、九州朝日放送) - 「月イチNEW OPEN」「プレゼン48」コーナーのみ
コレカラ(2012年5月4日 - 2013年3月29日・2013年4月12日 -、テレビ西日本) - 「HKT48 嘘ドルを探せ!?」「HKT48と×(かける)」コーナーのみ[注 10]
きん☆すた(2012年5月11日 - 不定期出演、NHK総合・福岡放送局制作)
HKTバラエティー48(2012年6月24日 - 、九州朝日放送) - 毎月最終日曜日
HKT48のおでかけ!(2013年1月25日 - 、TBS)
HKT48のあんた、誰たい?(2013年1月30日 - 不定期出演、NOTTV)
AKB48 SHOW!(2013年10月5日 - 不定期出演、NHK BSプレミアム)

【過去のレギュラー番組】
地元応援バラエティ このへん!!トラベラー(2012年2月13日 - 7月16日、福岡放送) - 出演時各2名
土曜NEWSファイル CUBE(2012年4月21日 - 8月18日、テレビ西日本) - [注 11]
週刊AKB(2012年4月27日 - 11月30日 不定期出演、テレビ東京)
HaKaTa百貨店(2012年10月7日 - 2013年1月13日、日本テレビ)
あるあるYYテレビ(2012年4月23日 - 2013年3月28日、TVQ九州放送) - 月・水・木曜各1 - 2名[注 12]
HaKaTa百貨店 2号館(2013年1月26日 - 3月30日、日本テレビ)
AKB映像センター(2013年4月21日 - 9月29日 指原司会、他メンバー不定期出演、フジテレビ)
乃木坂46×HKT48 冠番組バトル!(2013年7月2日 - 9月17日、日本テレビ) - 「HKT48トンコツ魔法少女学院」

■ラジオ

【現在のレギュラー番組】
HKT48のももち浜女学院(2012年4月7日 - 、毎週土曜、RKBラジオ) - 穴井・兒玉[注 13]
HKT48 ラジオ聴かナイト!(2012年4月8日 - 、毎週日曜、KBCラジオ) - 中西・松岡
AKB48の"私たちの物語"(2013年1月18日 - 不定期出演、NHK-FM放送)
HKT48 渡辺通り1丁目FMまどか 〜まどかのまどから〜(2013年4月1日 - 、毎週月 - 木曜[注 14]、FM福岡) - 森保[注 15]・他1名
GIRLS☆PUNCH FRIDAY らぶたんのラブリーデイズ(2013年8月9日 - 、毎週金曜、RKBラジオ) - 多田
SKE48&HKT48のアイアイトーク(2013年10月2日 - 、ニッポン放送) - 隔週で2名出演
LOTTE クレイジーガム放送局 presents 支配人 指原莉乃とHKT48 甘噛みフライデー(2014年1月17日 - 、毎週金曜、TOKYO FM)

【過去のレギュラー番組】
HKT48のベイビィ〜★ラジオ(仮)(2012年4月5日 - 2013年3月28日、毎週木曜、FM福岡) - 本村[注 16]・森保[注 17]・他1名[注 18]

■コンサート

【単独】
HKT48 九州7県ツアー 〜可愛い子には旅をさせよ〜(2014年1月11日、大分市・iichikoグランシアタ - 2014年3月21日、福岡市・福岡サンパレス。九州7県各県庁所在地で開催[24])

【姉妹グループ名義】
AKB48紅白対抗歌合戦(2011年12月20日・2012年12月17日、TOKYO DOME CITY HALL)
AKB48リクエストアワーセットリストベスト100 2012(2012年1月19日 - 22日、TOKYO DOME CITY HALL)
AKB48コンサート「業務連絡。頼むぞ、片山部長!inさいたまスーパーアリーナ」(2012年3月23日- 25日、さいたまスーパーアリーナ)
AKB48 全国ツアー2012 野中美郷、動く。〜47都道府県で会いましょう〜 福岡公演(チームA) (2012年4月6日、福岡市・福岡サンパレス ホテル&ホール)- オープニングアクトのみ
「見逃した君たちへ2」〜AKB48グループ全公演〜S2nd「手をつなぎながら」公演(2012年5月13日、TOKYO DOME CITY HALL) - チームH
AKB48 全国ツアー2012 野中美郷、動く。〜47都道府県で会いましょう〜 長崎公演(チームK) (2012年7月4日、長崎市・長崎ブリックホール)- オープニングアクトのみ
AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜(2012年8月24日 - 26日、東京ドーム)
AKB48リクエストアワーセットリストベスト100 2013(2013年1月24日 - 27日、TOKYO DOME CITY HALL)
AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜(2013年4月27日昼(HKT48単独公演)・28日(2回公演)、日本武道館)
「思い出せる君たちへ」〜AKB48グループ全公演〜「博多レジェンド」公演(2013年5月11日(2回公演)、TOKYO DOME CITY HALL) - チームH・朝長
AKB48グループ研究生コンサート『推しメン早い者勝ち』(2013年6月5日、日本武道館) - 研究生
AKB48・2013真夏のドームツアー 〜まだまだ、やらなきゃいけないことがある〜(2013年7月20日 - 21日、福岡 ヤフオク!ドーム・2013年7月31日、札幌ドーム・2013年8月7日 - 8日、京セラドーム大阪・2013年8月16日 - 17日、ナゴヤドーム・2013年8月22日 - 25日、東京ドーム)
AKB48リクエストアワーセットリストベスト200 2014(2014年1月23日 - 26日、TOKYO DOME CITY HALL・4月6日、さいたまスーパーアリーナ)
AKB48グループ 大組閣祭り〜時代は変わる。 だけど、僕らは前しか向かねえ!〜(2014年2月24日、Zepp DiverCity TOKYO) - AKB48グループ総出演
名称未定(2014年3月30日、国立霞ヶ丘陸上競技場) - AKB48グループ総出演
名称未定(2014年4月5日昼、さいたまスーパーアリーナ) - HKT48単独公演

■ライブイベント

スーパーフリーマーケット2012 in ヤフードーム(2012年1月7日 - 9日、福岡Yahoo! JAPANドーム)
福岡ソフトバンクホークス春季キャンプ 生目の杜運動公園内特設ステージ(2012年2月26日、宮崎市生目の杜運動公園野球場横)
ヤマダ電機 家電フェア2012&大処分蚤の市in福岡Yahoo!JAPANドーム!(2012年3月17日、福岡Yahoo! JAPANドーム)
SPACEWORLD×HKT48ライブイベント「LOVEPARTY」(2012年3月20日、スペースワールド)
KRY KIDS&JUNIOR DANCE EVOLUTION in スターピア(2012年4月30日、山口県下松市 スターピアくだまつ)
「第51回福岡市民の祭り博多どんたく港まつり」前夜祭(2012年5月2日、福岡国際センター)
NHK どんたく広場!!2012『夕べのひととき』公開収録(2012年5月3日、NHK福岡放送局1階テレビホール)
「第51回 福岡市民の祭り 博多どんたく港まつり」 エンディング(2012年5月4日、はかた駅前通りどんたく広場)
ガールズフリーマーケット! 2012春 福岡会場(2012年5月20日、マリンメッセ福岡)
ホークス応援隊 HKT48スペシャルイベント(2012年6月16日、福岡Yahoo! JAPANドーム)
ホークスタウンモール夏祭り2012(2012年7月28日、ホークスタウンモール ドーム前広場)
玄海町花火大会in玄海町いこいの広場 KBCラジオサンセットライブ(2012年7月29日、佐賀県東松浦郡玄海町 玄海町いこいの広場)
a-nation musicweek Charge Go! ウイダーinゼリー “IDOL NATION”(2012年8月11日、国立代々木競技場第一体育館)
Duòmoの大文化祭in小石原(2012年8月18日、東峰村旧小石原小学校体育館)
OBS開局60周年感謝祭 フジジンPresents 2012フードスタジアム〜第4回おおいたB級グルメNo.1決定戦〜(2012年9月29日、大分銀行ドーム)
第30回太宰府市民政庁まつり(2012年10月6日、大宰府政庁跡)
筑後地区豪雨災害チャリティイベント がんばろう筑後!!(2012年10月21日、久留米六角堂広場)
RKBラジオまつり2012(2012年10月28日、RKB放送会館・会館周辺)
2012佐賀インターナショナルバルーンフェスタ サガテレビPresents HKT48ミニライブ(2012年11月4日、佐賀県佐賀市 2012佐賀インターナショナルバルーンフェスタ会場内 憩いの広場 イベントステージ)
第12回全国障害者芸術・文化祭さが大会「バラエティ・アート・フェスタさが2012」オープニングセレモニー(2012年11月23日、佐賀市文化会館大ホール)[注 19]
スーパーフリーマーケット2013 in ヤフードーム(2013年1月14日、福岡Yahoo! JAPANドーム)
春のPON!祭り(2013年3月26日、東京都港区汐留・日本テレビB2F PON!スペシャルステージ)
テレビ西日本開局55周年記念「テレ西 春の大感謝祭 全国うまかもん市」(2013年3月29日、天神中央公園)
東京ガールズコレクション SPRING LIVE Edition supported by 宮崎恋旅(2013年3月30日、宮崎県 延岡市西階総合運動公園陸上競技場)
「第52回福岡市民の祭り博多どんたく港まつり」前夜祭(2013年5月2日、福岡国際センター)
阿蘇ファームランド七夕げんきまつり(2013年7月6日、熊本県阿蘇市 阿蘇ファームランド)
テレビ西日本開局55周年記念 みんなえがお2013 GO!GO!テレ西夏祭り(2013年7月27日、テレビ西日本 TNC放送会館)
TOKYO IDOL FESTIVAL 2013(2013年7月28日、東京都港区台場)
お台場合衆国2013 めざましライブ(2013年8月28日、東京都港区台場 お台場合衆国・合衆国 Open Summer スタジアム)
東京ガールズコレクション by girlswalker.com 2013 AUTUMN/WINTER(2013年8月31日、埼玉県さいたま市 さいたまスーパーアリーナ)
ジャパンサイクルレース フィナンシャル・エージェンシーカップ2013 in MIYAGI(2013年9月15日、宮城県柴田郡村田町 スポーツランドSUGO)
めざまし LIVE ISLAND TOUR 2013 in 仙台(2013年10月5日、宮城県仙台市宮城野区 仙台サンプラザ)
KRY秋祭り2013(2013年10月6日、山口県下松市 ザ・モール周南 中央広場一帯)
アイアHKT48 スペシャルライブ[50](2014年1月16日、東京都渋谷区 アイア シアタートーキョー)

■イベント

福岡ソフトバンクホークス 感謝の集い2011(2011年12月11日、福岡Yahoo! JAPANドーム) - 同日付で「福岡ソフトバンクホークス応援隊」就任を発表
福岡市消防局中央消防署 火災予防啓発イベント(2012年2月29日、大丸福岡天神店 エルガーラ・パサージュ広場) - 穴井・菅本・仲西・中西
福岡市道路下水道局 自転車安全利用講習会(2012年3月27日、福岡市立東住吉小学校 他)
福岡ソフトバンクホークス「FAN!FUN!STAGE」(2012年3月30日 - 通年不定期、福岡ヤフオク!ドーム)
福岡県警察「春の中央交通安全フェア」(2012年4月6日、福岡県警察中央警察署前 他) - 穴井・菅本・仲西・中西
ホークスキャラバン(2012年4月28日 - 通年不定期、九州内イオンモール各店)
福岡県自動車税納期内納付促進街頭キャンペーン(2012年5月23日、JR博多駅 博多口 賑わい交流空間(大屋根イベントスペース)) - 穴井・兒玉・松岡
第24回アジア太平洋こども会議 イン 福岡 こども大使ウェルカムパーティー(2012年7月17日、大野城まどかぴあ)- 村重
第24回アジア太平洋こども会議 イン 福岡 We are the BRIDGE フェスティバル2012(2012年7月21日、天神中央公園)
夏キラ★セレクション(2012年7月22日、ダイエー鹿児島店 1階中央プラザ特設会場)
SUPER COOLBIZ 2012 in 九州(2012年7月31日、大丸福岡天神店 エルガーラ・パサージュ広場) - 菅本・松岡
ダイエー創業祭特別イベント 『ハッピーバースダイエー』(2012年9月22日、ダイエーショッパーズモールマリナタウン店 1階センターコート)
福岡ソフトバンクホークス 感謝の集い2012(2012年11月18日、福岡Yahoo! JAPANドーム)
ソフトバンク一日店長(2013年2月9日、福岡県内ソフトバンク取扱6店舗[51]) - 植木・下野・田中菜・中西・宮脇・村重・本村・森保・若田部
福岡県警察「サイバー犯罪防止キャンペーン」1日サイバーポリス(2013年2月28日、ソラリアプラザビル1階 イベントスペース「ゼファ」) - 中西・松岡・山田
福岡市交通局「地下鉄ICカード乗車券『はやかけん』×HKT48 祝!全国デビューPRイベント」地下鉄1日駅長(2013年3月15日、福岡市地下鉄空港線 博多駅) - 穴井・中西
福岡 ヤフオク!ドーム除幕式(2013年3月29日、福岡 ヤフオク!ドーム) - 坂口・山田
カレーハウス CoCo壱番屋 ヤフオクドーム店 一日店長(2013年4月13日、カレーハウス CoCo壱番屋 ヤフオクドーム店) - 宮脇・田島
慶州さくらマラソン&ウォーク2013(2013年4月13日、大韓民国・慶州市普門湖一帯) - 兒玉・松岡・坂口
西日本インポートフェア&食メッセ 2013(2013年5月4日、西日本総合展示場 新館) - 岡田・坂口・谷
福岡県自動車税納期内納付促進街頭キャンペーン(2013年5月16日、JR博多駅 博多口 賑わい交流空間(大屋根イベントスペース)[52]) - 中西・松岡・宮脇
ロッテクレイジーガム放送局 inお台場 スペシャルステージ「HKT48 ガムマジックショー」(東京都港区台場 フジテレビ本社『お台場合衆国』内お台場マイナビステージ)
第1回(2013年7月28日) - 穴井・指原・宮脇・村重・秋吉・田島
第2回(2013年8月26日) - 穴井・下野・田中菜・森保・朝長
よかよかエアラインズ「空行け!九州キャンペーン」発足式典(2013年8月2日、東京国際空港第1ターミナル フェスティバルコート) - 兒玉・宮脇・松岡・森保
日本赤十字九州国際看護大学 オープンキャンパス(2013年9月29日、日本赤十字九州国際看護大学) - 穴井・兒玉
ロッテ九州限定チョコパイ あまおう苺発売記念『可愛い苺には旅をさせよ』(2013年12月21日、博多駅 FM福岡JR博多シティスタジオ前) - 田島・渕上
芸能生活50周年記念『五木ひろし新春特別公演』第2部「ビッグショー2014」(2014年1月6日、博多座) - エンディングのみ22名[53]
青森りんごファン感謝祭(2014年1月16日、東京都江東区青海・ヴィーナスフォート教会広場) - 多田・兒玉・指原・宮脇・田島・朝長[22]
「空行け! あったか九州観光フェア」PRイベント(2014年1月17日、東京国際空港第2旅客ターミナル2階[54]) - 宮脇・本村
G1サミット九州・沖縄(2014年2月15日、福岡市博物館・ヒルトン福岡シーホーク)
青森りんご配布イベント(2014年2月中旬、東京スカイツリー) - 多田・兒玉・指原・宮脇・田島・朝長[22](予定)

■CMなど

九州旅客鉄道(JR九州) 「SUGOCA冬キャンペーン2011!」[55](2011年12月23日 - 2012年1月9日)
西日本シティ銀行 「新生活応援キャンペーン」(2012年2月1日 - 5月31日[56]、2013年3月1日 - 5月[57])
ソフトバンクモバイル「ホークス『ピンボール篇』」(2012年3月23日 - 10月8日、福岡地区・TOKYO MX『STRONG!ホークス野球中継』内) - 兒玉・松岡・宮脇・村重・本村・森保・若田部
福岡県庁「自動車税納付促進」キャンペーン(2012年および2013年の3 - 5月)
福岡県警察
春の交通安全県民運動(2012年4月6日 - 15日)
飲酒運転撲滅推進キャンペーン(2013年)
道路交通法改正に伴う自転車の走行規則改正告知(2013年11月 - )[58] - 穴井・兒玉・松岡・村重・本村
ダイエー(2012年6月30日 - 2013年、九州地区のみ[59])
スペースワールド「Muna」(2012年7月 - 9月2日)
エステー『ムシューダ』・『かおりムシューダ』「虫喰ってる」篇・「HKT48」篇・「かけ声」篇(2012年9月17日 - 2013年3月[60]) - チームH(指原除く)
読売新聞西部本社(2012年9月29日 - 2013年6月)[61]
ロッテ
『ガーナミルクチョコレート』「バレンタイン篇」(2013年1月26日 - 2月8日、『HKT48のおでかけ!』番組放送時放送分のみ)・「母の日篇」(2013年4月26日 - 5月10日、『HKT48のおでかけ!』番組放送時放送分のみ)
『Fit's』「HKT48のFit'sうしろまえ自慢篇」(2013年2月15日 - 3月8日、『HKT48のおでかけ!』番組放送時放送分のみ)
『pucoo』「HKT48がpucooを初体験篇」(2013年3月29日 - 4月5日、『HKT48のおでかけ!』番組放送時放送分のみ)
『dual』(2013年4月12日 - 4月19日、『HKT48のおでかけ!』番組放送時放送分のみ)
『ACUO』(2013年5月17日 - 、『HKT48のおでかけ!』番組放送時放送分のみ)
「クレイジーガム放送局『ガムマジック部 でっかくなっとーと篇』」(2013年7月19日 - )- 穴井・指原・田中菜・宮脇・田島・朝長
「クレイジーガム放送局『博多フーセンガールズ篇』」(2013年9月1日 - )- 宮脇・田島・朝長
「クレイジーガム放送局『チューインガム・キス篇』」(2013年10月24日 - )- 兒玉・森保・下野・松岡・多田
「LOTTE×HKT48自撮り48 ご褒美CM『ガーナフォンデュ篇』」(2014年2月28日 - ) - 村重
ロッテリア「HKT48の推しメシ。篇」(2013年3月15日 - 3月22日、『HKT48のおでかけ!』番組放送時放送分のみ)
タンスのゲン「タンス・ダンス」篇(2013年2月15日 - 、関東地区のみ[62]) - 穴井・多田・兒玉・指原・松岡・宮脇・村重・森保・田島・朝長
壱番屋 「カレーハウス CoCo壱番屋 ココイチバンで勝つ! 〜カレーを食べて HKT48とソフトバンクホークスを応援しよう! 〜」(2013年4月20日 - 5月31日 九州・山口地区) - 兒玉・宮脇・田島
すかいらーく ガスト「夏ガスト『シズル』篇・『ピリリングリルチキン』篇・『ヒエヒエタンタンメン』篇・『ピリリンシンガポールカレー』篇」(2013年7月11日 - 8月)[注 20]- 多田・兒玉・指原・中西・宮脇・田島・朝長
ハウス食品「うまかっちゃん『校歌篇』」(2013年8月5日 - 九州・沖縄・山口地区) - 田島
アイア「I-SKY『HKT48 栄光のラビリンス』」(2013年9月1日 - )
九州観光推進機構「空行け!九州」キャンペーン(2013年9月1日 - 2014年3月31日[63])
全教研(2014年2月10日 - 福岡県・佐賀県) - 兒玉・宮脇・田島・朝長・渕上[64]
東京モノレール「東京モノレール開業50周年! HKT48モノレール派宣言」(2014年3月 - ):指原が車内アナウンスも担当[65][66]

■書籍

【雑誌・新聞連載】
西日本新聞(2012年4月10日 - 2013年3月28日) - 「素顔のHKT48」を連載。
シティ情報ふくおか(2012年2月号 - 、シティ情報ふくおか) - 「HKT48放課後通信」を連載。
福岡ウォーカー(角川グループホールディングス) - 「HKT48のおしごと見聞録」を連載。
月刊ENTAME(2012年3月30日 - 、徳間書店) - 「HKT48、知っとうとー?」を連載。
りぼん(2012年4月3日 - 、集英社) - 「HKT48の絶対少女主義!」を連載。
AFRO FUKUOKA(2012年9月1日 - 、バズフック) - 「HAKATA BATON」を連載。
B.L.T福岡広島版(東京ニュース通信社) - 「HKT48 ATTACK THE DREAM!!」を連載。

■脚注

【注釈】
^ 2013年11月現在在籍している全48名のうち、九州以外の出身者はチームH村重杏奈(山口県出身)、多田愛佳(埼玉県出身)、2期研究生伊藤来笑(愛媛県出身)、3期研究生矢吹奈子(東京都出身)の4名(約8%)のみ、福岡県以外の九州各県出身者はチームH指原莉乃(大分県出身)、宮脇咲良(鹿児島県出身)、森保まどか(長崎県出身)、2期研究生駒田京伽、冨吉明日香(いずれも宮崎県出身)、3期研究生田中美久(熊本県出身)、筒井莉子(佐賀県出身)の7名で、計11名(約23%)が福岡県以外の出身。
^ とんねるずが代表を務める事務所アライバルの元スタッフ。
^ チームHと研究生の枠組みを超えた混成メンバーにより構成される。
^ チームKIVへの配属が発表されていたが後日にSKE48チームEへの移籍が決まったため実施されず。
^ 九州地区限定。CMではそれぞれ「チーム『一の市(兒玉、森保、田島、朝長)』」、「チーム『日曜の市(指原、下野、宮脇、若田部)』」、「チーム『なかなかデー(穴井、植木、中西、村重)』、チーム『木曜の市(多田、松岡、本村、渕上)』が結成され出演。
^ AKB48劇場の客席はベンチタイプの客席、SKE48劇場・NMB48劇場は野球場の観客席で見られるような座席部分が跳ね上げ式となった客席である。
^ 初公演以降、260枚が一般抽選枠に割り当てられていたが、2012年5月10日、HKT48 Mobile会員制度発足、及び同会員向け抽選枠設定に伴い変更。同月12日から14日が休演のため、同15日公演分より適用
^ 公式サイトなどでは、「1st Stage 公演」と案内されていた。
^ 「研究生公演」と案内された初の公演。
^ 2012年5月4日から2013年3月29日までは「HKT48の課外授業」コーナー、2013年7月19日までは「HKT48のうんちゃらはなんちゃらだ!」コーナーのみ出演。2013年4月12日からは隔週での出演となっている。
^ 毎回1名が「お天気コーナー」を担当していた。
^ 2013年3月25日・3月27日・3月28日は4名。
^ 2013年3月30日までは2人に加え他1名のメンバーが出演。2014年2月1日は兒玉が”欠席”し、村重・若田部が”出席”(出演)。
^ 土曜に週の総集編を放送。
^ 体調不良の為2013年4月8日 - 4月11日は代役で松岡が、2014年2月10日 - 2月13日は代役で宮脇が出演。
^ 2013年3月7日・3月14日は体調不良のため代役で松岡が出演。
^ 2012年8月23日 -。2012年8月16日までは菅本が出演。
^ 2013年3月28日は兒玉、中西、松岡の3名が出演。
^ AKB48の岩佐美咲、片山陽加、石田晴香、前田亜美、鈴木紫帆里、田名部生来も出演。
^ 2013年4・5月に一部地域で先行放映され、同時期にキャンペーンも実施された。

■出典

^ “HKT48とは?”. HKT48 OFFICAL WEB SITE. 2012年8月30日閲覧。
^ a b c AKB48オフィシャルブログ「ついに九州・福岡に上陸 『HKT48』始動!」より(2011年5月1日閲覧)
^ HKT48、福岡の第1期生24人が合格 Sanspo.com 2011年7月11日付記事
^ HKT48、西武ドームで初代21人お披露目 AKBグループ最年少の平均年齢13.8歳(オリコン)(2011年10月23日閲覧)
^ HKT48 11・26福岡で初公演!感極まり涙のメンバーも Sponichi Annex 2011年11月14日付記事
^ HKT48 第2期生オーディション最終審査結果 HKT48オフィシャルウェブサイト ニュース 2012年6月23日付
^ 指原莉乃、HKTデビュー!「頑張れそう」 - シネマトゥデイ 2012年7月5日
^ 組閣後新体制 - AKB48公式サイト 2012年8月24日
^ HKT48 SKE48メンバー サプライズ出演!!|HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba
^ a b HKT48 第二期生 お披露目のご報告|HKT48オフィシャルブログ Powered by Ameba(2012年9月23日閲覧)
^ 多田愛佳、HKT48デビュー!さしこと同じチームH所属へ - シネマトゥデイ 2012年11月1日
^ 48グループ最年少・HKT48、来年メジャーデビュー決定 - 最新音楽ニュース ナタリー 2012年11月8日
^ 『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』チケット先行発売のご案内 - AKB48オフィシャルブログ(2013年3月13日)
^ a b チームH 1st「手をつなぎながら」公演 千秋楽決定! HKT48オフィシャルブログ 2013年2月8日付記事
^ a b チームH 「博多レジェンド公演(仮)」初日決定!! HKT48オフィシャルブログ 2013年2月17日付記事
^ 3月20日発売 メジャーデビューシングル表題曲 タイトル決定!! HKT48オフィシャルブログ 2013年2月13日付記事
^ HKT48、遂にデビュー・シングルのリリースが決定 TOWER RECORDS ONLINE、2013年1月16日閲覧。
^ 『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日公演・夜の部において発表。さしこ、HKT劇場支配人を兼任へ 48グループ春の人事でサプライズ - ORICON STYLE(2013年4月28日)
^ 『AKB48グループ臨時総会 〜白黒つけようじゃないか!〜』最終日公演・昼の部において発表。AKBグループ研究生が6月に単独武道館 - ORICON STYLE(2013年4月28日)
^ “HKT48、新公演「パジャマドライブ」を初披露”. 朝日新聞. (2013年11月2日) 2013年11月2日閲覧。
^ “HKT48 SHOP期間限定OPENのお知らせ”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. (2013年11月1日) 2013年11月6日閲覧。
^ a b c 第5代青森りんごクイーン 博多を拠点に活動するアイドルグループ “HKT48”に決定!!, , 一般社団法人 青森県りんご対策協議会 (VFリリース), (2013年11月28日) 2013年11月29日閲覧。
^ “ネットショップ新設&リニューアルのお知らせとAKB48グループチケットセンターID連携のご案内”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. (2013年12月20日) 2013年12月20日閲覧。
^ a b “「HKT48九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」 チケット先行発売のお知らせ”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. (2013年11月26日) 2013年11月26日閲覧。
^ “HKT48、新チーム「KIV」発足&初再編 指原劇場支配人が“クラス替え”発表”. ORICON STYLE (オリコン). (2014年1月11日) 2014年1月11日閲覧。
^ >“『さしこ“りんご仮装”ギネス記録に歓喜「みんなで作り上げた記録です」』”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年1月16日) 2014年1月18日閲覧。
^ Google+ (HKT48劇場支配人)尾崎充投稿記事 2014年1月19日12:54
^ a b c d e AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 HKT48 AKB48オフィシャルサイト
^ Google+ (HKT48劇場支配人)尾崎充 2014年1月19日19:26投稿記事
^ “「HKT48九州7県ツアー〜可愛い子には旅をさせよ〜」福岡公演チケット先行発売のお知らせ”. HKT48 OFFICIAL WEB SITE. (2014年2月28日) 2014年3月4日閲覧。
^ Google+ (HKT48劇場支配人)尾崎充 2013年12月17日21:41投稿記事
^ 唐津ジュニア音楽祭 28組が熱唱―「たんこぶちん」グランプリ 佐賀新聞 2009年02月23日
^ 「HKT48 熊沢 世莉奈 をよろしくお願いいたします!」さおブロ 2011年11月30日
^ a b c d AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 AKB48 AKB48オフィシャルサイト
^ a b AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 SKE48 AKB48オフィシャルサイト
^ AKB48グループ 大組閣祭り 組閣後 NMB48 AKB48オフィシャルサイト
^ 第15回福岡地区グレンツェンピアノコンクール受賞者2012年9月24日閲覧。
^ a b c d e 【お知らせ】 - HKT48 オフィシャルブログ 2012年8月18日
^ 九州発アイドルGALETTeに元HKT48古森結衣が加入 - ナタリー 2013年11月8日
^ HKT48オフィシャルブログ「HKT48 1期研究生 安陪恭加よりファンの皆様へ」より(2013年12月30日閲覧)
^ 2013/10/21 FM福岡 HKT48 渡辺通一丁目FMまどか まどかのまどから
^ HKT48 第2期生 オーディション募集受付フォーム
^ HKT48 第3期生 オーディション募集受付フォーム
^ 2014年1月20日公演分より適用。それ以前は5日前。“劇場公演遠方枠受付日程変更のお知らせ”. HKt48 OFFICIAL WEB SITE. AKS (2014年1月8日). 2014年2月18日閲覧。
^ “HKT48、シングル「メロンジュース」でパンク×ヘドバン”. ナタリー. (2013年8月13日) 2013年8月16日閲覧。
^ “お知らせ”. HKT48. (2013年12月4日) 2013年12月4日閲覧。
^ “HKT48研究生「PARTYが始まるよ」千秋楽 並びに新公演「脳内パラダイス」スタートのお知らせ”. HKT48オフィシャルサイト (2013年9月30日). 2013年10月4日閲覧。
^ “HKT48 ひまわり組「パジャマドライブ」公演決定!!”. HKT48オフィシャルサイト (2013年9月26日). 2013年9月27日閲覧。
^ 指原莉乃らHKT48、渋谷で特別公演に800人熱狂<写真特集/セットリスト> - モデルプレス
^ 「博多レジェンド」公演として行われ、チームH、谷が出演。ユニット曲のみ「手をつなぎながら」公演のセットリストに変更された。
^ ホークス応援隊HKT48が「一日店長」でやってくるSoftbank 個人のお客様へのお知らせ 2013年2月4日
^ 知事とHKT48が自動車税の納期内納付促進街頭キャンペーンを行います!福岡県庁 記者発表資料 2013年5月13日
^ “五木ひろし×レーモンド松屋×HKT48 夢の共演!”. 博多座 (2014年1月6日). 2014年1月10日閲覧。
^ “「観光プロモーションin羽田空港」を実施!”. 国土交通省観光庁 (2014年1月15日). 2014年1月17日閲覧。
^ “「SUGOCA冬キャンペーン2011!」で乗車ポイントが10倍バイ!” (日本語) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2011年12月19日) 2011年12月20日閲覧。
^ “「新生活応援キャンペーン」の実施について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本シティ銀行, (2012年1月30日) 2012年2月7日閲覧。
^ “HKT48を起用!「新生活応援キャンペーン」の実施について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 西日本シティ銀行, (2013年2月28日) 2013年2月28日閲覧。
^ 福岡県警察 自転車左側通行動画
^ 九州地区のダイエーがイメージキャラクターに『HKT48』 を起用!! ダイエー企業情報 ニュースリリース 2012年6月。ダイエーのイオングループ入りに伴い終了した。
^ 「ムシューダ」新CM ムッシュ熊雄シリーズ “虫喰ってる”篇を制作 今回は話題のHKT48と共演 2012年9月17日(月)から全国でオンエア開始 エステー株式会社 プレスリリース 2012年9月14日付
^ 西部本社公式サポーター HKT48 CMに登場! YOMIURI ONLINE
^ HKT48、新CMでオリジナルソングと“タンス・ダンス”披露(ナタリー、2013年2月13日)2013年2月14日閲覧
^ “「空行け!九州キャンペーン」のご案内”. 九州観光推進機構 (2013年8月2日). 2013年8月2日閲覧。
^ HKT48×全教研
^ “HKT48の指原莉乃、森保まどかのダジャレで「流行語を狙っていきます!」”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年1月27日) 2014年2月5日閲覧。
^ “HKT48が“モノレール派”宣言、3月からテレビCM放送開始”. ナタリー (ナターシャ). (2014年1月27日) 2014年2月5日閲覧。

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 Text is available under GNU Free Documentation License.
HKT48を「ウィキペディア」で参照する

HKT48の関連動画