すうぃーと

sweet

sweet

Sweet(スウィート) 2023年8月号

発売中

発売日:毎月12日
出版社:宝島社

「sweet」に関連するトピック

  1. 齋藤飛鳥、大胆美脚披露 ビックニット1枚で着こなし

    モデルプレス

  2. 今田美桜、透けトップスでほっそり二の腕際立つ 美脚も大胆魅せ

    モデルプレス

  3. 佐藤晴美、ミニスカからスラリ美脚 ウエストチラ見せコーデ披露

    モデルプレス

  4. 新木優子、美背中大胆披露 色気漂うY2Kスタイル

    モデルプレス

  5. 矢吹奈子、初のウエディングドレス姿披露「全部叶えられた」HKT48時代も回顧

    モデルプレス

  6. 紗栄子、圧倒的な美ボディ披露 “まるごと一冊主演”登場

    モデルプレス

  7. みちょぱ、夫・大倉士門と密着ハグ 結婚後誌面初登場で仲良しエピソード明かす

    モデルプレス

  8. 小嶋陽菜、ランジェリー姿で洗練された魅力「sweet」表紙&裏表紙両面7年ぶり登場

    モデルプレス

  9. THE RAMPAGE川村壱馬「何をするにもファンの存在を意識」理想の関係性も語る

    モデルプレス

  10. 乃木坂46齋藤飛鳥、卒業伝えたメンバーの反応に戸惑い 当時の心境告白

    モデルプレス

  11. 紗栄子「sweet」卒業以来2年ぶり登場で美ボディ披露「otona SWEET」表紙

    モデルプレス

  12. LE SSERAFIM宮脇咲良、上品な秋コーデ披露「sweet」半年ぶり2度目表紙

    モデルプレス

  13. Nissy「sweet」誌上初男性Wカバー ファンからの質問にも回答

    モデルプレス

  14. 川口春奈、肌見せ眩しい“派手め夏服”で魅了

    モデルプレス

  15. 宮脇咲良、美脚チラリ「sweet」で大人可愛い春コーデ披露

    モデルプレス

  16. 宮脇咲良「sweet」表紙登場 大人可愛い春コーデで魅了

    モデルプレス

  17. 宝島さん…この付録はさすがに豪華すぎ!買わないと絶対損!本格的な美顔器♡sweet4月号

    michill (ミチル)

  18. 本田翼、大胆美背中見せが新鮮「TWICEが好きなので、今後はお腹も見せられるように頑張りたい」

    モデルプレス

  19. 乃木坂46齋藤飛鳥、真っ赤なシースルードレスで魅了「sweet」表紙で情熱的着こなし

    モデルプレス

  20. Nissy(西島隆弘)、男性初表紙が“付録で見えない”「sweet」編集部がコメント「深くお詫び申し上げます」

    モデルプレス

「sweet」に関連するモデル

「sweet」について

sweet(スウィート)は、宝島社発行の女性向け月刊ファッション雑誌。毎月12日発売。
2010年1月時点で、発行部数は105万部。2009年3月時点で、ヤングアダルト〜ミセス対象のレディース雑誌売上1位を記録している。

■概要
・20代後半の女性を主にターゲットとしたファッション雑誌。コンセプトは「大人可愛いスウィートワールド」。1999年創刊。
・付録に小物アイテムが付いている。
・赤文字雑誌に対して、SPRINGなどとともに「青文字系雑誌」と呼ばれている。

■主なモデル
メイン
吉川ひなの、紗栄子、ローラ、小嶋陽菜、齋藤飛鳥

特集記事など
アリス、石田ニコル、市川紗椰、大屋夏南、加賀美セイラ、加賀美レイナ、木下ココ、黒田エイミ、佐藤栞里、SHIHO、鈴木えみ、竹下玲奈、ニコル、ノーマ、平子理沙、比留川游、湊ジュリアナ、メロディー洋子、森絵梨佳、矢野未希子、中村アン

過去の登場モデル
クリスティーナ - ハワイ関連の掲載には現地の人物として不定期に登場する。
梨花

■宝島社の女性誌の系統
対象年齢層と共に変遷していくが、年齢層は互いにかぶっている場合もあり、こだわらなくても良い。

・『CUTiE』ハイティーンのリアルなおしゃれ。原宿発信カジュアルトレンド。
・『mini』20歳前後の裏原・ストリート・ボーイッシュがテーマ。
・『spring』20代のガーリーカジュアルファッション誌。
・『steady.』OLターゲットファッション。お仕事対応のきれいめ&カジュアル。
・『sweet』かわいいモノ好きの28歳一生女の子宣言・おとなかわいいカジュアル。
・『InRed』働く女子向け・ライフスタイルにもこだわる新しい30代の提案。

■外部リンク
{sweet公式サイト|http://tkj.jp/sweet/2009Dec/}
{sweetメールマガジン|http://tkj.jp/sweet/mailmag.html}

※出展:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.