<第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>AKB48矢作萌夏が優勝で感涙 卒業発表直後

AKB48の国内6グループの中で、“人気”でも“運”でもない、“歌唱力”だけでその頂点を決める新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」の第2回大会の決勝が31日、TBS赤坂ACTシアターにて開催され、AKB48矢作萌夏が優勝。2位はNMB48山崎亜美瑠、3位はNGT48三村妃乃だった。
「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第2回大会で優勝した矢作萌夏(C)モデルプレス
「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第2回大会で優勝した矢作萌夏(C)モデルプレス

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」初代に続く“女王”がAKB48の矢作萌夏に決定

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第2回大会の様子 (C)モデルプレス
「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第2回大会の様子 (C)モデルプレス
AKB48グループの中でもっとも魅力的な歌い手を決める新プロジェクト「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」は、今年1月11日に第1回大会が行われ、SKE48の野島樺乃が初代チャンピオンに輝いた。

今回はAKB48国内6グループの所属メンバーのなかから、立候補で名乗り出た135人による予選を開催。このうち決勝に参加した20人が進出し、野島に続く“女王”として矢作が選ばれ、秋元康プロデュースによるオリジナルソロ曲が贈られる。

ルールは20人が4グループに分かれて決勝歌唱予定曲のうちの1曲を歌唱し、審査員が各100点満点で採点。グループ上位2人が最終決戦に進出。8人がもう1曲の歌唱予定曲を歌い、優勝者を決定した。

決勝大会の審査員は、予選に引き続きAKB48グループの楽曲も数多く手がけている作曲家・井上ヨシマサ、ゴスペラーズの黒沢薫、加藤いづみ、佐藤嘉風の4名が務めた。

応援ゲストとして、AKB48向井地美音、SKE48須田亜香里、NMB48小嶋花梨、HKT48田中菜津美、NGT48真下華穂、STU48岩田陽菜の6名が会場に駆けつけた。

【写真100枚イッキ見】「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第2回大会


バラード・アニソン…1曲目から会場圧倒

今回予選1位通過の岡田奈々AKB48STU48)は「自信を持って1位を狙いたい」と堂々と宣言。今回、怪我のため予選6位だったSTU48の後輩矢野帆夏が怪我のため出場辞退となり、「その分も」と意気込んだ。昨年2位で予選は3位通過だった矢作は「プレッシャーと緊張で朝の5時に寝ました」と吐露。AKB48唯一の1期生峯岸みなみは、今回満を持しての初出場となり「レコード大賞かなというくらい厳かな雰囲気ですね」と会場の雰囲気に圧倒された様子で笑いを誘った。

山崎亜美瑠(C)モデルプレス
山崎亜美瑠(C)モデルプレス
峯吉愛梨沙(C)モデルプレス
峯吉愛梨沙(C)モデルプレス
1組目はMISIAの「Everything」を歌った昨年4位で、予選2位のNMB48山崎が1位で、JUDY AND MARYの「そばかす」を特徴的な歌声で歌い上げたSTU48峯吉愛梨沙が2位で通過。

高柳明音(C)モデルプレス
高柳明音(C)モデルプレス
高柳明音の熱唱に号泣する須田亜香里(モニター) (C)モデルプレス
高柳明音の熱唱に号泣する須田亜香里(モニター) (C)モデルプレス
2組目は卒業を控えているSKE48高柳明音がKの「Only Human」を気持ちを込めて歌い上げ、見事1位通過し、「卒業まであと半年、今までの10年半のことを自分に重ねて選んだ曲。抑えようとしたんですけど、無理でした。感情が爆発しちゃってすごく緊張したんですけど悔いはないので楽しかったです」と笑顔を話すと、応援メンバーの須田が号泣。「歌ってるときからずっと涙が止まらなくて、ちゅりさんは感情を表現するのが本当に下手で曲に込めたんだなっていうのが伝わったので…最高でした」と涙ながらに話し、会場を温かな笑いに包んだ。そして、安定感のある歌声で中村中の「友達の詩」を歌ったHKT48秋吉優花が2位で通過した。

岡田奈々(C)モデルプレス
岡田奈々(C)モデルプレス
三村妃乃(C)モデルプレス
三村妃乃(C)モデルプレス
3組目は優勝筆頭候補で加藤ミリヤの「WHY」を歌い圧倒的実力を見せつけた岡田が1位で通過。さらに、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の「オン・マイ・オウン」で圧倒したNGT48の2期生・三村が2位で呼ばれると、三村は驚いた表情で涙。今回NGT48から唯一の出場となり、「まさかファイナリストに進出できるとは思ってなくて…、NGT48の代表として進出することができてめちゃくちゃ嬉しいです」と涙ながらに話した。

門脇実優菜 (C)モデルプレス
門脇実優菜 (C)モデルプレス
4組目はSTU48門脇実優菜が「メルヘンデビュー!」を熱唱し、熱唱系のバラードが多い中、突然のブリブリアニメソングで会場の空気を一変させる場面も。「私という人を皆さんに知ってもらえたんじゃないかなと。爪痕は残せたんじゃないかな」と胸を張った。

矢作萌夏(C)モデルプレス
矢作萌夏(C)モデルプレス
矢作は映画「君の名は。」挿入歌で知られる「なんでもないや」を透き通った歌声で歌い上げ、前回同様観客を釘付けに。「プレッシャーもあって緊張したんですけどファンの方が目が合ったときにOKサインを出してくれたのでがんばりました」と笑顔を見せ、卒業発表をしたばかりの矢作に井上は「本当にあと10年AKBを“サすちナブル”して欲しいと思ってしまいました」と名残惜しい表情。結果は矢作が1位で通過し、ドラマ「カルテット」の主題歌「おとなの掟」を見事に自分のものにして歌い上げたHKT48豊永阿紀が2位で通過した。

矢作萌夏、優勝発表で涙止まらず

最終決戦は年齢の問題で峯吉がトップバッターを担当。

矢作萌夏 (C)モデルプレス
矢作萌夏 (C)モデルプレス
Che'Nelleの「Believe」で圧巻のハイトーンを響かせた矢作は歌唱後、「先日卒業発表させて頂いたんですけど、今の私の気持ちがファンの方に届いていたら良いなと思います」とコメント。井上が「ここに鍵盤がついているんじゃないというくらい音程が正しくて。心にも刺さる歌で世界にも通じる」と絶賛。井上の講評を聞きながら矢作は涙が止まらなくなっていた。

3位に名前を呼ばれた瞬間の三村妃乃 (C)モデルプレス
3位に名前を呼ばれた瞬間の三村妃乃 (C)モデルプレス
そして、迎えた結果発表。決勝初出場ながら「歌に生命力が溢れている」と賛辞を受けた三村が3位に名前を呼ばれ、、「ドッキリじゃないですか?」とフリーズ。「めちゃくちゃ信じられないです。去年は予選敗退で全く名前も出ず、1年自分なりに頑張ってきて心の底から良かったなと思います」と喜びを表現。喜びを伝えたい人を聞かれると、「NGTメンバー、NGTスタッフの皆さん、ファンの皆さんにありがとうと全力で伝えたいです」と答えた。

2位に名前を呼ばれた瞬間の山崎亜美瑠 (C)モデルプレス
2位に名前を呼ばれた瞬間の山崎亜美瑠 (C)モデルプレス
2位は山崎が選ばれ、「めっちゃ悔しいです。あと一歩届かなかったのは…」と正直な感想。3位、2位とも研究生という結果となった。

岡田奈々、矢作萌夏、三村妃乃(C)モデルプレス
岡田奈々、矢作萌夏、三村妃乃(C)モデルプレス
そして、1位には矢作が選ばれ、名前が呼ばれた瞬間隣の岡田と顔を見合わせ、矢作は感涙。「(涙が)止まらないです。最後にファンの方に自慢の推しメンって思ってもらえる結果が出せて本当に嬉しいです」と感無量で、一番に喜びを伝えたい相手を聞かれると、「私を一番に応援してくれていつでも笑顔で守ってくれるファンの皆さんです」と答えた。

黒沢薫、矢作萌夏 (C)モデルプレス
黒沢薫、矢作萌夏 (C)モデルプレス
審査員の黒沢は「矢作さんの歌声はただ歌の上手い人が歌っているだけじゃなくて歌の上手い人がずっとずっと努力して辿り着いた歌声なんです。なので自分の歌声に誇りを持って下さい」と評価した。

「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第2回大会の様子 (C)モデルプレス
「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」第2回大会の様子 (C)モデルプレス
AKB48 56thシングル「サステナブル」では初のシングル表題曲センターに抜擢されるなど、“怪物級の逸材”と呼ばれ、人気を博していた矢作だが、10月27日に卒業を発表したばかり。2020年2月1日の握手会をもって卒業予定で、最後にファンに向けて大きなプレゼントとなり、AKB48の先輩である岡田は「これから卒業して自分の道に進むので本当に良かった。優勝という素晴らしいものを胸に羽ばたいて下さい」とエールを送った。

AKB48矢作萌夏、卒業後の活動に言及 “歌唱力No.1”優勝で「後悔はない?」質問も


前回に続きファイナリストライブ開催予定

また、大会の模様は CS放送TBSチャンネル1にて完全生中継。

大会舞台裏の模様を11月28日深夜に地上波TBSテレビで1時間のドキュメンタリー番組として放送決定。CS放送TBSチャンネル1ではすべての歌唱シーンと舞台裏映像を追加した4時間半の“完全版”として11月30日午後4時から放送される。

さらに決勝大会のファイナル8人に残ったメンバーによる「ファイナリストLIVE」を第1回大会同様開催予定。(modelpress編集部)

決勝進出メンバー

岡田奈々AKB48STU48)、山崎亜美瑠NMB48)、矢作萌夏AKB48)、秋吉優花(HKT48)、峯岸みなみAKB48)、矢野帆夏(STU48)、坂本愛玲菜HKT48)、横山結衣AKB48)、高柳明音SKE48)、峯吉愛梨沙STU48)、白井友紀乃SKE48)、三村妃乃NGT48)、門脇実優菜STU48)、神志那結衣HKT48)、立仙愛理AKB48)、豊永阿紀HKT48)、山内鈴蘭SKE48)、小田えりなAKB48)、明石奈津子(NMB48)、浅井七海AKB48

※怪我で矢野が辞退。

決勝大会

メンバー/歌唱曲
◎=1位通過
○=2位通過

<1回戦>
第1組
立仙愛理/「決戦は金曜日」DREAMS COME TRUE
峯吉愛梨沙/「そばかす」JUDY AND MARY
山内鈴蘭/「どこまでも~How Far I'll Go~」映画「モアナと伝説の曲」
山崎亜美瑠/「Everything」MISIA

第2組
坂本愛玲菜/「初恋」奥華子
神志那結衣/「絶体絶命」山口百恵
高柳明音/「Only Human」K
小田えりな/「痛いよ」清竜人
○秋吉優花/「友達の詩」中村中

第3組
浅井七海/「何度でも」DREAMS COME TRUE
横山結衣/「情熱」UA
明石奈津子/「春風」Rihwa
三村妃乃/「オン・マイ・オウン」ミュージカル「レ・ミゼラブル」
岡田奈々/「WHY」加藤ミリヤ

第4組
峯岸みなみ/「幸せ」back number
門脇実優菜/「メルヘンデビュー!」安倍菜々(CV:三宅 麻理恵)
白井友妃乃/「愛情」小柳ゆき
○豊永阿妃/「おとなの掟」Doughnuts Hole
矢作萌夏/「なんでもないや」上白石萌音

<最終決戦>
峯吉愛梨沙STU48)/「夜明けのMEW」小泉今日子
岡田奈々AKB48STU48)/「あなたのキスを数えましょう」小柳ゆき
矢作萌夏AKB48)/「Believe」Che'Nelle
三村妃乃NGT48)/「魂のルフラン」高橋洋子
秋吉優花(HKT48)/「I will always love you」ホイットニー・ヒューストン
山崎亜美瑠NMB48)/「ENDLESS STORY」REIRA starring YUNA ITO
豊永阿妃(HKT48)/「翳りゆく部屋」荒井由実
高柳明音SKE48)/「PIECE OF MY WISH」今井美樹

1位:矢作萌夏AKB48

2位:山崎亜美瑠NMB48

3位:三村妃乃NGT48

「第2回AKBグループ歌唱力No.1決定戦」予選結果

予選順位:名前(グループ名)/予選歌唱曲
1位:岡田奈々AKB48STU48)かたち あるもの/柴咲コウ
2位:山崎亜美瑠NMB48)君って/西野カナ
3位:矢作萌夏AKB48)Everything/MISIA
4位:秋吉優花(HKT48)If We Hold On Together/ダイアナ・ロス
5位:峯岸みなみAKB48)ハナミズキ/一青窈
6位:矢野帆夏(STU48)プラネタリウム/大塚愛
7位:坂本愛玲菜HKT48)ガーネット/奥華子
7位:横山結衣AKB48)ここでキスして。/椎名林檎
9位:高柳明音SKE48)明日への手紙/手嶌葵 
10位:峯吉愛梨沙STU48)大切な君へ/井上苑子
11位:白井友紀乃SKE48)雪の華/中島美嘉
12位:三村妃乃NGT48)カブトムシ/aiko
13位:門脇実優菜STU48)君って/西野カナ
13位:神志那結衣HKT48)天城越え/石川さゆり
15位:立仙愛理AKB48)Beautiful/Superfly

・審査員推薦枠
豊永阿紀HKT48)会いたい/沢田知可子
山内鈴蘭SKE48)長い間/Kiroro
小田えりなAKB48)帰りたくなったよ/いきものがかり
明石奈津子(NMB48)未来へ/Kiroro
浅井七海AKB48)ありがとう/いきものがかり



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - <第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>AKB48矢作萌夏が優勝で感涙 卒業発表直後
今読んだ記事

<第2回AKB48グループ歌唱力No.1決定戦>AKB48矢作萌夏が優勝で…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「音楽」カテゴリーの最新記事