菅田将暉&小松菜奈、モードをまとい密着 互いの存在を語る

俳優の菅田将暉と女優の小松菜奈が、28日発売のファッション誌『装苑』5月号に登場する。
菅田将暉、小松菜奈/撮影:矢吹健巳(W)(提供写真)
菅田将暉、小松菜奈/撮影:矢吹健巳(W)(提供写真)

菅田将暉&小松菜奈「装苑」4年ぶり登場

同誌では2016年以来、4年ぶりに2人揃っての登場。どんなスタイルでも着こなしてしまう2人は、春のトレンドキーワードでもあるボタニカル柄を筆頭に、ジバンシィやプラダ、ロエベやグッチなどのラグジュアリーモードをまといシューティング。強くもしっとりとした世界観のビジュアルが印象的。

『装苑』2020年5月号(3月28日発売、文化出版局刊)(提供写真)
『装苑』2020年5月号(3月28日発売、文化出版局刊)(提供写真)
また、春に公開される2人の主演映画『糸』のストーリーからくみ取り、2人が手を取り合うシチュエーションにも注目したいところ。そして後半には、菅田、小松のインタビューを掲載。

映画『糸』は中島みゆきの名曲から着想されて誕生した作品で、平成に誕生した男女の18年間にわたる絆とめぐり逢いの物語。そんな作品と自身の役どころを通して語る作品の魅力はもちろんのこと、自分にとっての平成時代のことや歌について、そして、3度の映画作品やCMなどでも共演が多く、ファッションにおける好みも共通している2人が、お互いの存在についても話している。ファッションビジュアルとインタビュー、12ページのボリュームで展開する目玉企画となる。

小松菜奈の連載が最終回

小松菜奈/撮影:鈴木親(提供写真)
小松菜奈/撮影:鈴木親(提供写真)
また、2016年から4年に渡って展開してきた、小松菜奈のファッション連載「小松さん」が最終回を迎える。これまでも、撮影したいイメージやファッションテーマ、クリエイターとのコラボレーションなど、小松自身と一緒に考えながら取り組んできたなかで、最終回では、写真家の鈴木親氏とスタイリストの北村道子氏との撮影。かねてからこの連載での実現を願っていたコラボレーションだ。

街の日常の中に咲いた一輪の花のような美しさとインパクトのあるファッションビジュアルを展開する。また、最終回における本人の手書きメッセージも必見だ。

今号のテーマは「Sustainable」

今号のテーマは「Sustainable 大好きな服を、長く着よう」。読者が好きなブランドが提案するサステイナブルの服紹介に始まり、リメイクの提案、大事な服を着まわすこと、ロンドン、パリ、ニューヨークの情報から、再生素材の話にサステイナブルの基礎知識まで、大切なことをわかりやすくポジティブに提案する。

玉森裕太/撮影:広光(UN)(提供写真)
玉森裕太/撮影:広光(UN)(提供写真)
このほか装苑男子には、Kis-My-Ft2の玉森裕太が初登場する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 菅田将暉&小松菜奈、モードをまとい密着 互いの存在を語る
今読んだ記事

菅田将暉&小松菜奈、モードをまとい密着 互いの存在を語る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事