読者が選ぶ「18年ジャニーズ版・今年の顔」ランキングを発表<1位~10位>

今年もドラマに映画、舞台、バラエティーと各方面で様々な活躍ぶりを見せたジャニーズタレントたち。モデルプレスはこのほど、「2018年、あなたが最も活躍したと思うジャニーズタレントは?」をテーマにWEBアンケートを実施。個人の活動で目立ったジャニーズを読者が1名選び、決定した“ジャニーズ版・今年の顔”トップ10を発表する。
読者が選ぶ「18年ジャニーズ版・今年の顔」ランキングを発表<1位~10位>(C)モデルプレス
読者が選ぶ「18年ジャニーズ版・今年の顔」ランキングを発表<1位~10位>(C)モデルプレス

1位:平野紫耀(King & Prince)

平野紫耀主演映画「ういらぶ。」完成披露試写会より(C)モデルプレス
平野紫耀主演映画「ういらぶ。」完成披露試写会より(C)モデルプレス
1位に輝いたのは、King & Prince平野紫耀。Jr.時代からCM単独出演、主演ドラマに抜擢されるなど個人で圧倒的な活躍を見せるなか、今年1月にグループのCDデビューが決定。3月には初主演映画「honey」が公開され注目を集めるやいなや、4月期放送のドラマ「花のち晴れ~花男 Next Season~」(TBS系)では“第2の道明寺”とされる神楽木晴役で出演し、“ヘタレ男子”のコミカルさと愛らしさで人気が加速。主題歌に起用された「シンデレラガール」で、5月に華々しいデビューを飾り、発売1週目で57.7万枚を売り上げ、デビューシングルの初週売上としては歴代2位、2010年代のデビューシングル初週売上としては最高記録を獲得する大ヒット。平野はグループを牽引するエースとして一気に知名度を高めた。

その勢いのまま、11月には2度目の主演映画「ういらぶ。」が公開。プロモーション活動では女性誌をはじめ数多の雑誌に登場、天然発言やエピソードが取り上げられバラエティ番組でも引っ張りだこに。端正な顔立ちで、抜群の歌唱力とダンススキルを持ち合わせながら、素顔は天然でピュアというギャップに翻弄される女子たちが続出。個人の活動と並行しながら、グループとしてもデビューコンサート「King & Prince First Concert Tour 2018」や、主演舞台「JOHNNYS' King & Prince IsLAND」(2019年1月27日まで上演)を開催するなど、デビュー年から多岐にわたって活躍する1年となった。

平野紫耀のニュースをチェック


<読者からのコメント>
・「彼を見ない日はない!と断言できるほどの大活躍だったと思います。まさに今年の顔」
・「Jr.時代から輝いていたけど、2018年の紫耀くんはずっと走り続けていて、様々なステージで活躍していたから。キンプリの名が一気に世間に広まった」
・「花晴れに出演し、デビュー曲が主題歌となり大ヒット。休めてるのかな?と心配になることもあったけど、疲れた顔を見せずエースとして頑張ってくれてありがとう!」
・「今年デビューしたにもかかわらず、個人でドラマや映画にたくさん出演していて、バラエティに出れば必ず笑いが起こる逸材」
・「平野紫耀くんと出会って、初めてジャニーズの沼にハマり、私の人生が変わりました。これからの活躍も楽しみにしています!」

2位:中島健人(Sexy Zone)

中島健人主演ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」第1話先行披露試写会&トークイベントより(C)モデルプレス
中島健人主演ドラマ「ドロ刑-警視庁捜査三課-」第1話先行披露試写会&トークイベントより(C)モデルプレス
2位は、Sexy Zone中島健人。1月にバラエティ番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!」にレギュラーとして加入し、初戦から1位の好スタートを切っただけでなく「サンキューデリシャス」「セクシーストップ」とユーモアあふれる発言で視聴者を楽しませ、年末放送の最終戦でも1位となり、レギュラーに残留するスターぶりを発揮。Sexy Zone初の地上波冠番組「Sexy Zoneのたった3日間で人生は変わるのか!?」(日本テレビ系)では、難易度の高いバク転パフォーマンスや、“王子”を極めるためバレエに挑戦し、何事にも全力で取り組む真摯な姿勢も話題を呼んだ。

また、Sexy Zoneが初めてメインパーソナリティを務めた「24時間テレビ41 愛は地球を救う」(日本テレビ系)において、中島はドラマスペシャル「ヒーローを作った男 石ノ森章太郎物語」で主演を務め、涙を誘う熱演に好評の声が殺到。10月期放送のドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」(日本テレビ系)ではゴールデンタイムの連続ドラマ初主演を飾り、モデルプレス読者が選ぶ「2018年秋最もハマっているドラマ」1位にランクイン。12月には中条あやみとのW主演映画「ニセコイ」が公開されるなど、これまでの王子様キャラから一変、実在する漫画家、ダメダメな刑事、変顔連発の高校生…と幅広い役どころを振り切って演じることで、役者としても一皮むけた姿を見せた。

中島健人のニュースをチェック


<読者からのコメント>
・「ゴチ19レギュラーから始まって、24時間テレビ、ニセコイ、ドロ刑と大活躍の年で、Sexy時代の幕開けを予感させる2018年だったから」
・「バラエティやドラマでの活躍はもちろん、雑誌でも表紙を飾る機会がここ数年で一番多い1年だったと思う」
・「ケンティーが様々な番組でセクシー語を発信したことで、グループもどんどん認知されるようになった。これからも期待しています!ラブケンティー!」
・「メディアで大活躍しながらも、忙しいはずなのに『KenTeaTime』(ブログ)を毎日更新してくれた。『#KTT』で繋がれる世界を作ってくれた健人くんは天才」
・「中島健人くんは何に対しても手を抜かず、私たちファンを楽しませ幸せにしてくれる。中島健人くんがナンバーワン、そしてオンリーワンです!」

3位:山下智久

山下智久主演映画「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」完成披露試写会より(C)モデルプレス
山下智久主演映画「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」完成披露試写会より(C)モデルプレス
続く3位は、山下智久。昨年7月期放送の主演ドラマ「コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON」(フジテレビ系)が高視聴率を獲得し、今年7月にスペシャルドラマ「コード・ブルー 特別編 -もう一つの戦場-」(フジテレビ系)が放送され、主演映画「劇場版コード・ブルー –ドクターヘリ緊急救命-」が公開に。映画の興行収入は11月時点で92億円を突破し、実写邦画歴代5位を記録(興行通信社調べ)。ロングランヒットで、2018年の映画興行収入1位を達成した。

同時期には新たにSME Recordsと契約し、音楽活動を再開することを発表。11月には山下自身が複数曲作詞を担当した、4年ぶりとなるオリジナルアルバム「UNLEASHED」をリリースし、チャート1位を獲得。2年ぶりの全国ツアー「TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018」を開催し、13万人を動員。9月に引退した安室奈美恵のラストライブにサプライズゲストとして登場した際には、2011年に「安室奈美恵 feat.山下智久」名義で発表したコラボレーション楽曲「UNUSUAL」を披露し、集まった観客を沸かせ、俳優だけでなくアーティストとしても新たな歴史の1ページを刻んだ。

山下智久のニュースをチェック


<読者からのコメント>
・「主演映画は歴代上位の大ヒット、4年ぶりのオリジナルアルバムは、ファンも度肝を抜かれるほどの素晴らしさ。長年かけて撒いてきた種が花開いたような、そんな1年だった」
・「アルバム制作にもすごくこだわっていて、12曲中11曲がやまぴーが作詞。コンサートでの演出や照明も素晴らしかった。いろいろなジャニーズのコンサートに参加してきましたが、こんなに感動したのは初めて」
・「コード・ブルーはドラマも映画もヒットして、東京ガールズコレクションや安室ちゃんのラストライブなど、サプライズで登場することも多かった。音楽活動も再開して、山Pだらけの1年!」
・「今年のジャニーズナンバー1は山P以外考えられません。たくさんの後輩が慕っているように、山Pの活躍はジャニーズの光です」
・「映画興行収入92億の男!!!これぞ人類の奇跡」

4位:相葉雅紀(嵐)

相葉雅紀主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」イベントより(C)モデルプレス
相葉雅紀主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」イベントより(C)モデルプレス
4位は、相葉雅紀。10月期放送の主演ドラマ「僕とシッポと神楽坂」(テレビ朝日系)で演じた初の獣医師・コオ先生がハマり役となり、感動する視聴者の声が続出。クランクアップの撮影シーンでは感情が溢れ出し「何年もドラマや映画をやらせていただいて、こんなことは初めてだった」と語るほど、相葉自身も思い入れの強い作品に。また、芸能界屈指の“高校野球ファン”であることから、ABC夏の高校野球「熱闘!高校野球100回」のスペシャルナビゲーターに就任。10年越しの夢を叶え、高校野球を熱く盛り上げた。

相葉雅紀のニュースをチェック


<読者からのコメント>
・「歴史ある高校野球100回大会のナビゲーターとして、熱闘甲子園に出演した相葉くん。大好きな高校野球に敬意を払い、視聴者に伝えてくれた姿に感動した夏」
・「グループでの活動はもちろんのこと、熱闘甲子園のナビゲーターをやりながら、ドラマの撮影も同時進行していて、本当によく頑張っていたから」
・「『僕とシッポと神楽坂』で演じたコオ先生がとても印象的でした。相葉ちゃんの新たな代表作が誕生!」

5位:櫻井翔(嵐)

櫻井翔「第69回 NHK紅白歌合戦」白組司会に決定(C)モデルプレス
櫻井翔「第69回 NHK紅白歌合戦」白組司会に決定(C)モデルプレス
5位は、もはや“毎年の顔”とも言える櫻井翔。音楽番組の司会、報道番組のキャスターのみならず、6大会連続となる「2018平昌オリンピック」の日本テレビ系スペシャルキャスターを担当、「2019ラグビーW杯日本大会」の日本テレビ系スペシャルサポーターにも就任するなど、スポーツ番組においても安定した活躍ぶりを見せた。また5月には4年ぶりとなる主演映画「ラプラスの魔女」が公開され、共演した広瀬すずとともに「第69回 NHK紅白歌合戦」の司会に決定。櫻井は白組司会で、単独では初となる。

櫻井翔のニュースをチェック


<読者からのコメント>
・「アイドルの枠を超えて、映画・音楽・スポーツとどの分野においても大活躍しているから」
・「映画、スポーツキャスター、のコンサート、レギュラー番組…いつ休んでるの?と思うほどの活躍ぶりで、挙げ出したらキリがないくらい今年も見る機会が多かった」
・「五輪キャスターから始まり、平成最後の紅白司会で締めくくる櫻井翔、かっこよすぎる!」

6位~10位にはこんな意見が…

中島裕翔、第35回「ベストジーニスト2018」一般選出部門<男性部門>に選出(C)モデルプレス
中島裕翔、第35回「ベストジーニスト2018」一般選出部門<男性部門>に選出(C)モデルプレス
6位:中島裕翔(Hey! Say! JUMP)
米原作ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)で織田裕二とタッグ、第35回「ベストジーニスト2018」一般選出部門<男性部門>に選出され2連覇を達成。

<読者からのコメント>
・「まさかの織田裕二さんとのバディ!難役を見事に演じる姿が印象的だった。モデル、俳優、アイドルと様々な顔を持っていてすごい」

松本潤主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」完成披露試写会より(C)モデルプレス
松本潤主演ドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASONII」完成披露試写会より(C)モデルプレス
7位:松本潤(嵐)
主演ドラマ「99.9 -刑事専門弁護士- SEASON II」(TBS系)が高視聴率を獲得。全話平均は17.6%で、シーズン1の17.2%を超えた(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

<読者からのコメント>
・「テレビを見なくなっている人が増えている中で、オリジナル脚本で民放トップの視聴率は第一線で活躍しているからこそ」

錦戸亮主演映画「羊の木」大ヒット祈願イベントより(C)モデルプレス
錦戸亮主演映画「羊の木」大ヒット祈願イベントより(C)モデルプレス
8位:錦戸亮(関ジャニ∞)
4年ぶり主演映画「羊の木」で新境地を開拓、「西郷どん」(NHK)で大河ドラマに初出演、2019年1月期主演ドラマ「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系)で月9初主演を務めることが決定。

<読者からのコメント>
・「西郷どん、とてもよかった!俳優・錦戸亮としてはもちろん、関ジャニ∞が6人体制になる中、中心的存在でグループを引っ張っていってくれているから」

亀梨和也主演ドラマ「FINAL CUT」制作発表会見より(C)モデルプレス
亀梨和也主演ドラマ「FINAL CUT」制作発表会見より(C)モデルプレス
9位:亀梨和也(KAT-TUN)
日本テレビ系プロ野球中継のベースボールスペシャルサポーターに8年連続就任、主演ドラマ「FINAL CUT」(カンテレ・フジテレビ系)で壮絶な復讐劇を熱演、ドラマスペシャル「手紙」(テレビ東京系)で主演。

<読者からのコメント>
・「グループとしての再始動を皮切りに、ツアーや主演ドラマ、単発ドラマ、スポーツ番組のキャスターなど活動が多岐にわたるからです!」

10位:伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)
子ども番組「u&i」(NHK Eテレ)で声優初挑戦、初主演ドラマ「トーキョーエイリアンブラザーズ」(日本テレビ ※戸塚祥太とW主演)で宇宙人役を務める。

<読者からのコメント>
・「『めざましテレビ』の木曜レギュラーに、『メレンゲの気持ち』MCはもちろん、今年は声優にも初挑戦したり、初主演ドラマでは銀髪で宇宙人役も!また新たな伊野尾ちゃんが見れた1年だった」

ほかにも多くの活躍を見せたジャニーズ

このほか、主演映画「検察側の罪人」の公開や、PS4のゲーム「JUDGE EYES(ジャッジアイズ):死神の遺言」でのCGキャラ出演・声の担当が話題を呼び、来年も主演映画「マスカレード・ホテル」(2019年1月18日公開)が控える木村拓哉、その木村と「検察側の罪人」で初共演し、第43回報知映画賞助演男優賞を受賞、4月期放送の主演ドラマ「ブラックペアン」(TBS系)が高視聴率を獲得したの二宮和也、7月期放送のドラマ「サバイバル・ウェディング」(日本テレビ系)の出演や、情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)の月曜メインパーソナリティ就任、“ディズニー愛”でも印象づけた風間俊介、7月期放送の主演ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」(日本テレビ系)が話題を呼び、年末放送のスペシャルドラマ「犬神家の一族」(フジテレビ系)で平成最後の金田一耕助役を演じたNEWSの加藤シゲアキらも多くの支持を獲得。

ジャニーズJr.では、「YouTube アーティストプロモ」に日本で初めて抜てきされ、滝沢秀明がミュージックビデオを初プロデュースしたことでも話題、モデルプレスの2019年ヒット予測アーティスト部門にも選出しているSixTONESから、映画「坂道のアポロン」や「クロスロード3 群衆の正義」(NHK BSプレミアム)に出演した松村北斗、ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」で加藤と激突するライバル・標役に抜てきされたSexy美少年の佐藤龍我などの名前があがっていた。

「2019年モデルプレスヒット予測」をチェック


枠にとらわれず様々な分野で活動し、若手が活躍する場も増えているジャニーズ。2019年も多彩な活躍を期待したい。

モデルプレス読者が選ぶ「18年ジャニーズ版・今年の顔」トップ10

1位:平野紫耀King & Prince)…2,012票
2位:中島健人Sexy Zone)…1,287票
3位:山下智久…1,027票
4位:相葉雅紀)…968票
5位:櫻井翔)…813票
6位:中島裕翔Hey! Say! JUMP)…770票
7位:松本潤)…730票
8位:錦戸亮関ジャニ∞)…678票
9位:亀梨和也KAT-TUN)…603票
10位:伊野尾慧Hey! Say! JUMP)…558票

回答数:14,575件
調査期間:2018年12月3日~12月10日

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 読者が選ぶ「18年ジャニーズ版・今年の顔」ランキングを発表<1位~10位>
今読んだ記事

読者が選ぶ「18年ジャニーズ版・今年の顔」ランキングを発表<1…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事