錦戸亮 にしきどりょう

「錦戸亮」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「錦戸亮」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「錦戸亮」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

錦戸亮のプロフィール

錦戸亮(にしきど りょう)

ジャニーズ事務所所属。関ジャニ∞のメンバー。

生年月日:1984年11月3日
出身:大阪府

■略歴
1997年の9月6日にジャニーズ事務所のオーディションを受け、訓練生として事務所に入る。このオーディションに合格し、ジャニーズJr.のひとりとなった。関西ジャニーズJr.の一員として活躍。

2000年2月、「Secret Agent」名義でシングル「Secret Agent Man」を発売。

2002年の12月には関西テレビでのレギュラー番組内で、関西ジャニーズJr.のメンバーによる関ジャニ8(のちの関ジャニ∞)を結成。2003年9月には『バレーボールワールドカップ2003』のイメージキャラクターとして結成されたNEWSのメンバーに内博貴とともに選ばれる。同年の11月には『バレーボールワールドカップ2003』のイメージソング「NEWSニッポン」を発売。その後も8年間、関ジャニ8の活動を並行して行っていた。

2003年9月からNHKで放送されたNHK朝の連続テレビ小説『てるてる家族』で主人公の相手役を演じ、『日刊スポーツ』が行った「第7回ドラマグランプリ」において、新人賞を受賞(2004年)。以後、『がんばっていきまっしょい』『1リットルの涙』(共にフジテレビ系・2005年)と出演作が続き、『ザテレビジョン』が行った「ドラマアカデミー賞」助演男優部門で2位(2005年夏クール・秋クール)になった。

2004年5月にはNEWSとして、シングル「希望~Yell~」でメジャーデビュー。同年8月に関ジャニ∞として、シングル「浪花いろは節」でメジャーデビューを果たす。期間限定を除くCDデビューユニットに複数所属するのはジャニーズ事務所としては初の試みであった。

2006年1月には初のソロライブ『錦戸亮 LIVE』を横浜アリーナ・大阪城ホールで公演した。

2008年にフジテレビ系列で放送されたドラマ『ラスト・フレンズ』ではDV男役を演じ、雑誌『日経エンタテイメント』(2008年8月号掲載)が行なった「上半期ヒット総まくり」の"イメージダウンした俳優ランキング"において1位に選ばれたが、これにより『ザテレビジョン』実施の「ドラマアカデミー賞」(2008年春クール)にて、最優秀助演男優賞を受賞した。

2010年7月31日公開の『ちょんまげぷりん』において、自身初の映画出演で初主演、2011年4月期のテレビ朝日系ドラマ『犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~』で連続ドラマ初主演を果たす。

2011年10月7日、山下智久とともに、NEWSを脱退。8年間、関ジャニ∞とNEWSの両方を掛け持ちしていたが、スケジュール調整が困難になっていたことを理由に挙げている。脱退後は関ジャニ∞の活動に専念。

2012年4月期のTBS系ドラマ『パパドル!』 に本人役で主演。ゴールデンタイムの連続ドラマ初主演となる。

2013年5月公開、有川浩原作の映画『県庁おもてなし課』で主演。監督の三宅喜重とは『がんばっていきまっしょい』以来であり、「成長できている僕でいたい」と語っている。今作ではじめての土佐弁を演じる。

2014年10月期の日曜劇場にて宮藤官九郎脚本の新ドラマ『ごめんね青春!』で主演の教師役を演じた。

2015年11月期のテレビ朝日系ドラマ『サムライせんせい』に侍役で主演。今作ではじめての歴史人物ーー武市半平太を演じる。

■人物
ライブで主に使用しているギターはFender USA Custom Shop Master Build John Cruz/Telecaster(赤)、Fender USA Custom Shop Master Build Yuriy Shishkov/Stratocaster2007年製(緑)、Gibson/Les Paul Junior1987年製、Gibson/J-50 Moderm Classic2010年製など複数。ギターを始めた当初は関ジャニ∞メンバーの安田にアコースティックギターを借りて練習をしていたが、現在まで借りっぱなしになっている。

斉藤和義の大ファンで、錦戸が斉藤に頼んだのがきっかけで関ジャニ∞の3枚目のアルバム『PUZZLE』では斉藤から楽曲提供を受けた。

Jr.時代横山裕と一緒にいることが多く、どことなく似ていたことから「兄弟」と言われていた[10]。また、「どっくん」というあだ名の名付け親は横山であり、横山のみが使っている[8]。

関ジャニ∞のメンバー渋谷すばるとは、ファンやメンバーから気まずい関係とイジられることがあるが、これに対して渋谷は「性格が似すぎていて逆に気まずい」と語っている[11]。

関ジャニ∞について「お墓に入るまでつきあっていきたい関係」[12]

■受賞歴
第7回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・新人賞: 『てるてる家族』(2004年)
第57回 ザテレビジョンドラマアカデミー賞・助演男優賞: 『ラスト・フレンズ』(2008年)
第12回 日刊スポーツ・ドラマグランプリ・助演男優賞: 『ラスト・フレンズ』(2009年)

■出演
【テレビドラマ】
びんぼう同心御用帳(1998年7月 - 9月、朝日放送) - 伊之 役
七人のサムライ J家の反乱(1999年4月 - 2000年9月、朝日放送) - 城之内亮 役
熱血恋愛道 case.13 乙女座のB型BOY(1999年4月4日、日本テレビ) - 忠雄 役
怖い日曜日~新章~ 第4回「バイバイ」(1999年10月24日、日本テレビ) - 主演
BS-i 開局記念ドラマ Peace Wave~ウクレレと少年~(2000年12月1日、BS-i) - 久田純 役
史上最悪のデート 第8話「刑事の息子 vs ヤクザの娘」(2001年1月28日、日本テレビ) - 憲吾 役
ゼニゲッチュー!!(2001年5月 - 6月、日本テレビ) - 松上孝之助 役
よるドラシリーズ かるたクイーン(2003年1月、NHK総合) - 倉田友也 役
朝の連続テレビ小説 てるてる家族(2003年9月29日 - 2004年3月27日、NHK) - 桑原和人 役
がんばっていきまっしょい(2005年7月5日 - 9月13日、関西テレビ・フジテレビ) - 関野浩之 役
1リットルの涙(2005年10月11日 - 12月20日、フジテレビ) - 麻生遥斗 役
1リットルの涙・特別編 ~追憶~(2007年4月5日、フジテレビ) - 麻生遥斗 役
アテンションプリーズ(2006年4月18日 - 6月27日、フジテレビ) - 中原翔太 役
アテンションプリーズ スペシャル ハワイ・ホノルル編(2007年1月13日、フジテレビ) - 中原翔太 役
一瞬の風になれ(2008年2月25日 - 4夜連続放送、フジテレビ) - 神谷健一 役(友情出演)
ラスト・フレンズ(2008年4月10日 - 6月19日、フジテレビ) - 及川宗佑 役
ラスト・フレンズ特別編(2008年6月26日、フジテレビ) -及川宗佑 役
流星の絆(2008年10月17日 - 12月19日、TBS) - 有明泰輔 役
オルトロスの犬(2009年7月24日 - 9月25日、TBS) - 碧井涼介 役
24時間テレビスペシャルドラマ にぃにのことを忘れないで(2009年8月29日、日本テレビ) - 川井恵介 役
ジョーカー 許されざる捜査官(2010年7月13日 - 9月14日、フジテレビ) - 久遠健志 役
犬を飼うということ~スカイと我が家の180日~(2011年4月15日 - 6月10日、テレビ朝日) - 本郷勇次 役
バーテンダー~Final Glass~(2011年4月1日、テレビ朝日) - 本郷勇次 役(友情出演)
全開ガール(2011年7月11日 - 9月19日、フジテレビ) - 山田草太 役
24時間テレビスペシャルドラマ 生きてるだけでなんくるないさ(2011年8月20日、日本テレビ) - 春口祐一 役
パパドル!(2012年4月19日 - 6月28日、TBS) - 錦戸亮 役
よろず占い処 陰陽屋へようこそ(2013年10月8日 - 12月17日、関西テレビ・フジテレビ) - 安倍祥明 役
ごめんね青春!(2014年10月12日 - 12月21日、TBS) - 原平助 役[17]
サムライせんせい(2015年10月23日 - 12月12日、テレビ朝日) - 武市半平太 役[18]
トットてれび(2016年4月30日 - 、NHK)- 坂本九役

【映画】
ちょんまげぷりん(2010年7月31日公開)- 木島安兵衛 役
エイトレンジャー(2012年7月28日公開)- 錦野徹朗(イエロー) 役
エイトレンジャー2(2014年7月26日公開)
県庁おもてなし課(2013年5月11日公開)- 掛水史貴 役
抱きしめたい -真実の物語-(2014年2月1日公開)‐ 小柳雅己 役[注釈 1]

【バラエティ番組】
8時だJ(1998年 - 1999年、テレビ朝日系)
USO!?ジャパン(2001年 - 2003年、TBS系)
宝探しアドベンチャー 謎解きバトルTORE!(2011年 - 、日本テレビ系)

【ラジオ】
ABCミュージックパラダイス(ABCラジオ)- 月2回マンスリーゲスト
土曜日の「ミューパラ・アーティストレビュー」コーナーのマンスリーゲストとして月2回の出演。同番組の土曜日放送が2008年3月29日で終了したため、2008年3月22日放送分が最後の出演となった。

【CM】
ヤン坊マー坊天気予報「放送開始40周年記念」Ver. (ヤンマー、1999年) -安田章大との共演
オロナミンC「関ジャニ入らへん?・特訓」篇(大塚製薬、2006年7月8日 - 2006年9月30日) -大倉忠義との共演
Ultra Music Power「先輩たち」篇(2007年11月12日 - 18日)
SUNTORYセブンアップクリアドライ「エアギター」篇(2010年8月3日−)
シック・ジャパンSchick シック ハイドロシリーズ「シック ハイドロ5」(2012年12月6日−)
デニーズ(日本)「サーモンバーグフェア・県庁おもてなし課コラボ」(2013年3月12日−)
森永製菓 ICE BOX「熱くなった後に篇」(2013年4月29日 - )丸山隆平、安田章大との共演
大阪メトロポリス OMPタワー(2013年7月26日 - (関西地区限定))村上信五,安田章大との共演
Wii U マリオカート8(使用キャラクターは、ドンキーコング)
森永製菓 ハイチュウプレミアム「全然違う」篇、「また全然違う」篇(2016年3月21日-)

【舞台】
ミュージカル「MASK」(大阪松竹座、1997年12月6日・7日)
KYO TO KYO 春公演(京都シアター1200、1998年4月18日 - 7月12日)
KYO TO KYO サマーフェスティバル(京都シアター1200、1998年7月18日 - 8月31日)
KYO TO KYO 秋公演(京都シアター1200、1998年9月6日 - 11月29日)
PLAYZONE・THEME PARK(青山劇場、2000年7月16日 - 8月20日) - ゴロー役
PLAYZONE新世紀~EMOTION~(青山劇場・大阪、2001年7月14日 - 8月17日)
SHOW劇・SHOCK(帝国劇場、2001年12月1日 - 2002年1月17日) - リョウ役
Endless SHOCK(帝国劇場・32公演、2005年1月10日 - 31日) - リョウ役
Endless SHOCK(帝国劇場・34公演、2006年2月6日 - 3月28日) - リョウ役

【コンサート】
ジャニーズJr.「Johnny's Winter Concert」(横浜・大阪、1998年12月27日 - 1999年1月6日)
ジャニーズJr.「Fresh Spring Concert '99」(横浜・大阪、1999年5月2日 - 6月20日)
関西ジャニーズJr.「FIRST LIVE」(Zepp 大阪、1999年8月13日 - 15日)
ジャニーズJr.「特急投球コンサート(東京ドーム、1999年10月9日)
関西ジャニーズJr.「X'masプレゼント」(大阪松竹座、1999年12月20日 - 25日)
ジャニーズJr.「Spring Concert 2000」(大阪・名古屋・横浜、2000年4月3日 - 5月7日)
ジャニーズJr.「3大ドーム CONCERT」(大阪・名古屋・東京、2000年9月3日 - 10月15日)
東山紀之ディナーショー(東京・大阪、2000年12月24日 - 29日)
タッキー&翼 21世紀の対決(横浜・名古屋・大阪、2001年5月3日 - 6月3日)
ジャニーズJr. タッキー&翼総出演(大阪・名古屋・横浜、2002年3月29日 - 5月6日)
タッキー&翼 with allジャニーズJr.con'(大阪、2002年12月28日)
錦戸亮 LIVE(横浜アリーナ・大阪城ホール、2006年1月5日・9日)

■シングル
Secret Agent「Secret Agent Man」(2000年2月23日)
(ビデオ『素顔3』、『PLAYZONE 2000“THEME PARK”』、DVD『KAT-TUN・関ジャニ∞ DREAM BOYS 』収録)

【ソロ曲・作詞・作曲】
この星で生まれて (B.B.A.として・ビデオ『素顔2』収録)
出会いは偶然、別れは必然 (舞台『X'mas party 2003』で披露:未収録)
OPEN YOUR EYES (舞台『SUMMER STORM』:未収録)
愛以外のなんでもない (DVD『Spirits!!』収録)
強き心で行け (『ザ少年倶楽部』2006年1月8日放送:未収録)
盲点 (作詞・作曲 ※曲はFIVEとの共作/ソロライブ『錦戸亮 LIVE』:未収録)
レース (作詞・作曲/DVD『Heat up!』収録)
ロメオ (小山慶一郎とのデュエット曲。2006年冬・春NEWSコンで披露:未収録)
potential (作詞・作曲/『KAN FU FIGHTING全国ツアー』で披露:未収録)
stereo (作詞・作曲/アルバム『KJ2 ズッコケ大脱走』・DVD『47[フォーティーセブン]』収録)
code (作詞/アルバム『pacific』・DVD『Never Ending Wonderful Story』『NEWS CONCERT TOUR pacific 2007 2008 -THE FIRST TOKYO DOME CONCERT』『NEWS LIVE DIAMOND』収録)
torn(大倉忠義とのデュエット)(シングル『無責任ヒーロー』初回B版の特典DVDに収録)
タイトルには2人のイニシャル(t→忠義、o→大倉、r→亮、n→錦戸)の意味も込められている
ordinary (作詞・作曲・編曲/アルバム『color』収録)
『NEWS WINTER PARTY DIAMOND』披露曲・DVD収録曲
Half Down(作詞・作曲/アルバム『PUZZLE』収録)
Snow White(作詞・作曲/シングル『GIFT ~緑~』収録)
Hey Girl(作曲※曲は赤西仁との共作)
monologue(作詞・作曲・編曲/シングル『Wonderful World!!』初回限定盤B 特典DVD・アルバム『8UPPERS』(通常版)収録)
9号車2番A席(渋谷すばるとのデュエット)(作詞・作曲※詞は渋谷すばるとの共作/シングル『365日家族』通常盤収録)
スケアクロウ(作詞・作曲/アルバム『FIGHT』通常盤Disc-2に収録)
Your WURLITZER(作詞・作曲/アルバム『JUKE BOX』収録)
ビースト!!(作詞/アルバム『JUKE BOX』通常盤Disc-2に収録)
おえかき(作詞・作曲/アルバム『関ジャニズム』収録)
クレジット表記は「りょうちゃん」となっている
アイスクリーム(安田章大とのデュエット)(作詞・作曲※安田章大との共作/アルバム『関ジャニズム』Disc-2に収録)
いっこにこにこ(作詞・作曲/アルバム『8EST』初回限定盤B特典DVD収録・DVD『十祭』収録)
バナナジュース (横山裕とのデュエット)
(作詞/『関ジャニ∞の元気が出るCD‼』Disc-2に収録)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
錦戸亮を「ウィキペディア」で参照する