亀梨和也・窪田正孝・中川大志・志尊淳・ジェジュンらが語った“夢を叶える秘訣”とは【2018年末特集】

2018年もモデルプレスでは、多数の俳優・モデル・アーティストにインタビューを実施。モデルプレスインタビューでは、“夢を叶える秘訣”が定番の質問となっているが、ここでは、芸能界で一際輝く彼らが語った“夢を叶える秘訣”を紹介する。
志尊淳、窪田正孝、中川大志、ジェジュン (C)モデルプレス
志尊淳、窪田正孝、中川大志、ジェジュン (C)モデルプレス

目次

  1. 1. 窪田正孝
  2. 2. 三浦翔平
  3. 3. 坂口健太郎
  4. 4. 志尊淳
  5. 5. 沢村一樹
  6. 6. 藤原竜也
  7. 7. 城田優
  8. 8. 瀬戸康史
  9. 9. 中川大志
  10. 10. 亀梨和也
  11. 11. 伊藤健太郎
  12. 12. 岡田健史
  13. 13. 田口淳之介
  14. 14. 森且行
  15. 15. 松岡広大
  16. 16. 浅香航大
  17. 17. 堀井新太
  18. 18. 小越勇輝
  19. 19. 戸塚純貴
  20. 20. 超特急・草川拓弥
  21. 21. 鈴木仁
  22. 22. 佐藤流司
  23. 23. イ・ホンギ
  24. 24. キム・ヒョンジュン
  25. 25. ジェジュン
  26. 26. ナム・ジュヒョク
  27. 27. 三浦大知
  28. 28. ローランド

窪田正孝

窪田正孝 (C)モデルプレス
窪田正孝 (C)モデルプレス
今思っているのは、夢を叶えるためには多少ワガママになって良い、ということです。本当にやりたいことがあったら、誰かを巻き込んでもやるべきだと思います。その先に納得させられればいいので。でも結局、逃げないことに繋がるのかな。

インタビューはこちら


(2018年7月28日配信、テレビ朝日系ドラマ『ヒモメン』インタビューより)

三浦翔平

三浦翔平 (C)モデルプレス
三浦翔平 (C)モデルプレス
諦めなければ叶うから!自分の幸せと、その夢とのバランスが大事で、生活基準が本当に酷いレベルでも夢を叶えるために頑張れるのか、それとも挫折するのか。出来るようで出来ない。夢を叶えられるなんて、本当に一握りで、大体が挫折すると思う。だからでっかい夢なんて持ちたくない。叶えられる夢を作ることが大事だと思います。

インタビューはこちら


(2018年4月20日配信、AbemaTVオリジナル連続ドラマ『会社は学校じゃねぇんだよ』インタビューより)

坂口健太郎

坂口健太郎 (C)モデルプレス
坂口健太郎 (C)モデルプレス
僕は毎回「色んなものを広くやって、夢を固めすぎない」みたいな答えを。夢にしちゃうと手が届かない感じがするので、考えすぎず、色々なことにチャレンジすることが大事だと思います。

インタビューはこちら


(2018年2月9日配信、映画『今夜、ロマンス劇場で』インタビューより)

志尊淳

(左から)堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝 (C)モデルプレス
(左から)堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝 (C)モデルプレス
この間ある先輩俳優さんと共演したとき、現場で「俺は命がけでやってんだよ!」って本気の顔でおっしゃってるのを見たんですけど、それが自分と向き合うきっかけになりました。僕はあまり夢とか目標がないタイプなんですけど、それをお聞きしたときに、その言葉って相当な覚悟があるから言えることだし、自分を追い込んでるってことでもあるし、本気が伝わってきて、命がけって何だろう?って。自分は命がけでできてるかな?とか、自分ってまだまだかもしれないって考えて、自分ができる限りのことをやることが夢とか目標に近づける秘訣なのかもしれないと思えました。

インタビューはこちら



(2018年6月9日配信、『劇場版 ドルメンX』「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」参加時インタビューより)

沢村一樹

沢村一樹 (C)モデルプレス
沢村一樹 (C)モデルプレス
人それぞれ違うと思うのですが、自分で「これをやれば叶う」と思うことを実践するのがいいと思います。例えば僕の場合だとトイレは綺麗にする。居酒屋でも綺麗にします。他人が汚したとしても綺麗にします。「神様、見てくれているよね?」という気持ちを込めて(笑)。

行動したことでその行為が体のなかに入って、自然と表情に出てきたりすると思うので、簡単に日常でできることでいいので「自分はこれをやればいいんだ」と信じていることがあれば、それはやったほうがいいです。例えば、人の話を聞くときには笑顔で聞くとか、無理して笑顔を作らないとか、そのときの感情を正直に出す。自分がこれをやったらいいことが起こると思うことを行っていけばいいと思います。

インタビューはこちら


(2018年7月8日配信、フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度~未然犯罪潜入捜査~』インタビューより)

藤原竜也

藤原竜也 (C)モデルプレス
藤原竜也 (C)モデルプレス
何をもって夢が叶ったかは人それぞれですが、何か一つ結果を出したとき、一つ先のステップに行くように思います。追いかけ続けて、叶えることは簡単なことではないけれど、一つ一つの努力の積み重ねが大事だと思います。一つ一つの芝居を一生懸命やる。新しい作品に参加したとき、初めて組むクリエイターの方々もいるわけですが、共に一ついい作品を作り上げたときが、僕にとっての結果、かと思います。

インタビューはこちら


(2018年4月16日配信、舞台『レインマン』インタビューより)

城田優

城田優 (C)モデルプレス
城田優 (C)モデルプレス
諦めないことです。まずそれが第一。諦めた時点で夢じゃなくなります。自分がこれまでどれだけ大変だったのか語るつもりはないけれど、10代からなかなか上手くいかない時間を過ごしてきて、挫折したり、苦労したりしてもう無理だと思いながらも諦めることはできませんでした。諦めが悪かったんだと思います。だから、今があるので、あのとき諦めていたら、僕は絶対にこの仕事をしていないと言い切れます。それほど傷ついたし、苦しんだ。それでもやりたいって思えるマインドがあれば絶対に夢は叶えられると思います。自分次第なんです。諦めなければ絶対に出来る。

あとは努力ですね。努力しなければ絶対に先には進めないし、自分の足を踏み出さなければ、目的地には辿り着けない。足を止めて理想を語っていることは簡単だけど、実際に動いてみないとそこには辿り着けない。近づいてみて初めてわかることもあるので、夢に対して必要なことは率先してやってみる。例えそれが、無理だなと思ったとしても、そこで諦めるなら所詮そこまでの夢でやめればいいと思います。それでも諦められないって思うなら、自分を信じてひたすらずっとやり続ければいいんです。自分の心に従っていけば夢は叶うと思います。

僕は打ち上げ花火みたいなタイプではなくて、本当に全然なかなかつかない線香花火みたいなタイプです。なので、いつじりじり落ちるのかわからないみたいなところにずっといるので、説得力はあると思います。だからあと1つ、人と比べないことも大事だと伝えたいです。絶対にやってはいけないことは人と比べること。芸能界でもそうなのですが、誰かはうまくいっているのに、なんで私はうまくいかないんだろうって思った時点でもう絶対に自分にとってなんのプラスにもなりません。あの人はあの人、僕は僕、私は私で、絶対に人と比べないことが夢を叶える秘訣です。

相手の成功や失敗は、その人のやり方によって生まれたものだから、それを真似してはいけないので、自分の信念を貫いて、真っ直ぐ目標に向かって諦めない心を持つことが大事だと思います。人と自分を絶対に比べてはいけない。あなたにしかない魅力がある。あなたにはあなたの色がある。

インタビューはこちら


(2018年10月24日配信、初のミュージカルアルバム『a singer』発売記念インタビューより)

瀬戸康史

瀬戸康史 (C)モデルプレス
瀬戸康史 (C)モデルプレス
ぶっちゃけ、何を言って良いのかは分からないです(笑)。でも…嫌でも何でも続けることかな。続けるということはそれだけで難しいことだから。なので、まず継続するということが1つあって、あとは1人で抱え込まないこと。人に頼る。それは甘えではなくて、人に頼って、そして自分が頼られる人間にもなる、ということが大切だと思います。自分にとって、(高橋)一生さんはそんな存在ですね。

でも僕は「これが続けられなかったら他も難しい」と思っちゃうんです。何かを辞めることは楽な道を選んでいる気がして…。そんなものは無いのに。でも若い人は、こういう話を聞きたくないかな(笑)?本音の所では自分でも気づいているだろうから、胸が痛いし。聞きたくなかったり「ああ、うざいな」と思ったりするかな。でも人の話を聞くっていうのは本当に大事なことだと思います。

インタビューはこちら


(2018年1月29日配信、フジテレビ系月9ドラマ『海月姫』インタビューより)

中川大志

中川大志 (C)モデルプレス
中川大志 (C)モデルプレス
夢ができた瞬間のことを忘れないようにする。その夢が当たり前になって義務みたいになってきちゃうと怖いのかなと。「その瞬間の気持ちを忘れないようにするにはどうしたらいいんだろう?」と常に思っています。追い続けていると、その形とか結果だけに囚われ過ぎてしまって、「何で俺そうなりたかったんだっけ?」みたいになってしまうと思っていて、その思いがなかったらやる意味がないじゃないですか?なので、忘れないようにしないといけないと思いますね。

インタビューはこちら


(2018年5月22日配信、TBS系ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』インタビューより)

亀梨和也

亀梨和也 (C)モデルプレス
亀梨和也 (C)モデルプレス
ちゃんと思い続けること。やり続けること。だって夢って叶えようとするべきもの。今は、KAT-TUNとして充電期間を終えて、どう東京ドームに立つのか、どうやってお客さんの前で3人が合流するのか。それが近々の1つの夢ではあるけれど、道筋はグループに対しても自分に対しても今の段階では作れているので、そうやって続けて1つずつ捉えていくようにしているんだと思う。そういう夢は自分の中にいっぱい散らばっているんです。

インタビューはこちら


(2018年2月23日配信、PHOTOBOOK『ユメより、亀。』発売記念インタビューより)

伊藤健太郎

伊藤健太郎 (C)モデルプレス
伊藤健太郎 (C)モデルプレス
「今の職業でトップに行きたい」とか「お嫁さんになる」とか、色々な夢があると思いますが、僕が感じるのは、色々なことをやってみることで、そこから吸収できるものがたくさんあるということです。僕も今までの人生で色々なことをやってきましたし、まだ20歳なので、もしかしたらこの仕事以外のことに興味がわくかもしれない。未来のことなんてわからないですが、とにかく色々なことをやってみれば、自分が一番幸せだと思えるものが絶対に一つはあると思います。やってみないとわからないこともあるので、とにかく挑戦することが大事なんじゃないかなって、今はすごく思います。

インタビューはこちら


(2018年5月7日配信、映画『ルームロンダリング』「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」参加時インタビューより)

岡田健史

岡田健史/「中学聖日記」(C)TBS
岡田健史/「中学聖日記」(C)TBS
自分が言うのはとても恐縮ですが、どれだけ本気で向き合うか、だと思います。辛くても、環境のせいにせず、自分がその環境の中でどう頑張れるか考えた方が良いと思います。例えばいまは、撮影が朝早くから夜遅くまでありますが『疲れたから』『眠たいから』と言ってお芝居の勉強をしなければ、成長しないじゃないですか。もちろん技術や体力面での限界はあると思いますが、本当に得たいもの、やりたいもの、高めたいものにちゃんと向き合う時間を捻出して、やるべきことをやっていれば得られないものはないと思っています。

これは野球時代に培った思いかもしれませんね。いまは野球の技術は全く関係ないところでやらせてもらっていますが、野球を通じて得たものが、この現場でも活きていると本当に強く感じますし、どんなことも全力で誠心誠意やっていれば無駄なことはないと思います。

インタビューはこちら


(2018年11月6日配信、TBS系ドラマ『中学聖日記』インタビューより)

田口淳之介

田口淳之介 (C)モデルプレス
田口淳之介 (C)モデルプレス
まずは諦めないこと。やっぱり諦めないでそこに向かっていくことが全てであって、それにプラスして今思うのは自分だけで完結しないこと。自分のやりたいことを人に伝えられる、要するにそれがうまく伝えられてないってことは自信がないからだと思うんですよね。自信があれば、誰かに伝えることができる。有言実行という言葉通り、自分がその言ったことに責任を持ってそこに向かっていくだけだと思います。僕自身もあそこで「ビックになる」と有言したので、あとは実行に移すしかない。とにかくビジョンをしっかり持って、ちゃんと目標に向かって進んでいく。それが結果的に、夢に繋がっていくと思います。

インタビューはこちら


(2018年6月6日配信、Blu-ray&DVD『DIMENSIONS ~JUNNOSUKE TAGUCHI LIVE TOUR 2018』リリース記念インタビューより)

森且行

森且行 (C)モデルプレス
森且行 (C)モデルプレス
一度きりの人生なので、とにかくやりたいと思ったことを一生懸命頑張れるのだったらチャレンジすること、それだけですね。僕の場合はグループを辞める時に迷惑をかけちゃっているので、そこだけはすごく引っかかっているんですが。だけど、好きなことを見つけて夢を持つということがすごく大切だと思うんです。夢を持っていれば毎日がすごく楽しくなるし、迷いなくそこに向かって進んでいける。

そして夢を見つけたら絶対に諦めないこと。僕は20年走っていてもまだ日本一になれていないんですが、もし無理だろうと言ってしまったら、もし諦めてしまったら、どんどん下がっていくだけだと思うんです。だから絶対に諦めず、後ろを振り向かないで前だけ見て進んでいこうと常に心にとめています。

インタビューはこちら


(2018年4月24日配信、WebCM出演時インタビューより)

松岡広大

松岡広大 (C)モデルプレス
松岡広大 (C)モデルプレス
僕も夢を追いかけている人間なので、同じ立場ですけど、絶対に自分から動くことだと思います。そうしたら可能性が広がって、チャンスが絶対に来ると思います。知らないものを見たり、触れたりすることで、より好きになれたり、はたまた別の夢が見つかったり…。全ては経験なので、計画を立てて、自分の足でどこかに行くべきだと思います。

それは人に対しても一緒で、自分から話を聞きに行くことで、そこからどんどんその世界のことや礼儀を知ることができます。夢を叶えている人って、人間として恥ずかしくない生き方をしていて常にカッコイイ。夢を頑張る過程は、人として「私はどうしたいか」を見つめ直す時間だと思うので、がむしゃらにやるのももちろん良いと思うのですが、本当に目標を叶えたいのであれば自分と向き合い、自分から動くしかないと思います。

インタビューはこちら


(2018年5月17日配信、映画『兄友』インタビューより)

浅香航大

(左上から時計回り)浅香航大、小越勇輝、志尊淳、堀井新太 (C)モデルプレス
(左上から時計回り)浅香航大、小越勇輝、志尊淳、堀井新太 (C)モデルプレス
努力です。「努力は報われる」って言葉がすごく好きで昔からずっと言ってるんですけど、これは自分に問う言葉だと思っています。好きなことに対して本気で努力できるって幸せだと思いますし、素敵なことだと思います。

インタビューはこちら


(2018年6月9日配信、『劇場版 ドルメンX』「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」参加時インタビューより)

堀井新太

(左から)堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝 (C)モデルプレス
(左から)堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝 (C)モデルプレス
野球部だったんですけど、始めたのが小学校6年生のときで、ほかの人より遅かったんです。なので、中学校になっても試合に出られなくて、そのときに同級生から「お前のユニフォームだけ汚れてねえな」って面と向かって言われたことがあって。めちゃくちゃ腹が立ったんですけど、その言葉で火がついて、とにかく努力して2年生のときにレギュラーを勝ち取ったんです。そのときに、結局自分が努力して頑張らないと夢は叶わないと思いました。

インタビューはこちら


(2018年6月9日配信、『劇場版 ドルメンX』「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」参加時インタビューより)

小越勇輝

(左から)堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝 (C)モデルプレス
(左から)堀井新太、志尊淳、浅香航大、小越勇輝 (C)モデルプレス
ピュアさだと思います。ゴールが全然見えなくても、目の前に来た壁に真摯にぶつかっていきたいなと思いますし、そのためには初心を忘れないことが大事だなと思ってやっています。忘れないようにとは思っても、どこかで薄れていってしまうこともあるので、ときどき見つめ直すことも必要かなと。

インタビューはこちら


(2018年6月9日配信、『劇場版 ドルメンX』「島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭」参加時インタビューより)

戸塚純貴

戸塚純貴 (C)モデルプレス
戸塚純貴 (C)モデルプレス
周りの方々、応援してくださる方々を大切にしなきゃいけないんだなというのは、最近すごく感じます。僕は周りのおかげで生かされているんですよね。芸能界に入るきっかけを作ってくれたのも母親だし、その頃は興味なかったから「やめてやろう、やめてやろう」と言ってたんですけど、今となっては本当に背中を押してくれた母には感謝しています。協力してくれる人や応援してくれる人が、夢を叶えるためには絶対に必要だと思うから、そういう人たちを大切にするのがいいんじゃないかなぁって。

インタビューはこちら


(2018年7月6日配信、映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』インタビューより)

超特急・草川拓弥

草川拓弥 (C)モデルプレス
草川拓弥 (C)モデルプレス
僕独自の考えですが…つまらなかったらやめればいいと思うんですよね(笑)楽しいことの方が続くし、伸びようと思う。どんなに辛いことがあっても、楽しかったらやっぱりやれちゃいますし。なので、つまらなかったらやめるといった心持ちでいいと思うんです。そして、楽しいことを貫く。あとは人とのコミュニケーション。人見知りの自分が言うなって話ですけど(笑)、コミュニケーションをたくさんとり、いろんな人を知るというきっかけもすごく大切だと思います。

インタビューはこちら


(2018年10月18日配信、映画『サクらんぼの恋』インタビューより)

鈴木仁

鈴木仁 (C)モデルプレス
鈴木仁 (C)モデルプレス
僕もそうだったのですが、逃げずにチャレンジすることがまず第一歩だと思っています。挑戦しないと何も始まらない。自分もオーディションに受けたことが全ての始まりで、とにかくやってみたいと思ったことにチャレンジしたから今につながっているんだと思っています。

インタビューはこちら


(2018年5月22日配信、TBS系ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』インタビューより)

佐藤流司

佐藤流司 (C)モデルプレス
佐藤流司 (C)モデルプレス
根拠のない自信を持つことですかね。ガキの頃から親にずっと「なんでお前そんなに根拠のない自信持ってんの?」って言われてきました。「なんかわかんないけどいける気がするわ」っていう自信だけでここまで来たので。大事ですね、自信を持つことは。

インタビューはこちら


(2018年1月4日配信、主演プロジェクト『御茶ノ水ロック』インタビューより)

イ・ホンギ

イ・ホンギ (C)モデルプレス
イ・ホンギ (C)モデルプレス
僕は、転んでも諦めずにまた立ち上がっていくタイプなんです。道が見えなくなってしまう時もあると思うけれど、そのままで座りこんでしまうのではなく、立ち上がって、どこかに行ってみよう、という気持ちになることが大事だと思います。ずっと悩んでいても誰も救ってくれないし、辛いだけだから、自分から歩いていくことが大切だと思います。

インタビューはこちら


(2018年12月5日配信、2ndソロアルバム『Cheers』リリース記念インタビューより)

キム・ヒョンジュン

キム・ヒョンジュン (C)モデルプレス
キム・ヒョンジュン (C)モデルプレス
1日1時間でも、夢に向けて勉強をし、自分を少しずつ育てていくことだと思います。僕も大きなステージに立って大勢の人の前で情熱的な歌を歌うことができるよう、日々頑張ります!

インタビューはこちら


(2018年5月24日配信、『Take my hand』リリース記念インタビューより)

ジェジュン

ジェジュン (C)モデルプレス
ジェジュン (C)モデルプレス
夢を叶える秘訣かぁ…僕が教えてほしいくらいですね。でも例えば、目標にしているものがあると、そこだけに夢中になって、全ての力をそこに注ぎ込む人もいると思うんですけど、僕は一年の間に夢を何百回変えてもいいと思います。自分がしたいことに向かって、その瞬間だけでもいいから頑張ることができれば、その中から自分に合うものを絶対に見つけられると思うから。自分に似合う服を着るのが一番大事だと思うので、何でもトライしてみることだと思います。

でも、無理はしないでください!地方から夢を叶えるために東京に来ている方々もいっぱいいるじゃないですか。中には自分のプライド的に許せなくて、地元に帰れない方もいると思うんですけど、僕は「帰ってもいいんじゃない?」と思います。プライドばかり気にして、東京で大変な生活をするよりは、自分に素直になったほうが得になる。メンタル的に切り替わると思うし、また東京に行った時、もっと上を目指して頑張れるんじゃないかと思います。

インタビューはこちら


(2018年7月4日配信、ソロ1stシングル『Sign/Your Love』リリース記念インタビューより)

ナム・ジュヒョク

まず夢を持っていることだけでも、半分成功していると思います。なぜかと言うと、夢を持てない人もたくさんいると思うんです。自分のやりたいことがわからない人もたくさんいると思います。だから、まずはやりたいことを見つけるために、いろんなことをやってみることが大事だと思います。その経験から好きなことを見つけて、その好きなことをやるために挑戦する。

そして、一番大事なのは失敗を恐れないことだと思います。失敗は何かに挑戦したからこそできるのであって、挑戦して、失敗して、そこからまた学んで成功に至ると思います。僕がたくさんの成功した人が語る言葉の中で、一番共感しているのは「失敗を恐れるな」っていうことです。それが正解だと思っています。

失敗の経験から何かを学び、それにまた挑戦する。それを続けるだけで夢に近づいて行くと思いますし、一度で成功するとたぶんわからないことばかりだと思います。一度で成功した人にはわからないことを、失敗を経験した人はわかっていると思うので、失敗を恐れないこと、経験することを勧めたいと思います。

インタビューはこちら


(2018年12月5日配信、日本で初単独ファンミーティング開催記念インタビューより)

三浦大知

三浦大知 (C)モデルプレス
三浦大知 (C)モデルプレス
続けていくことももちろん大事ですし、あとは、小さい目標をしっかりクリアしていくことも大事だと思います。どうしても自分がやりたいことや夢って大きい目標になりがちなんですけど、結局何が1番大事かというと、僕はその“過程”だと思うので、結果よりも、そこにどうやって辿り着いたか、その過程がすごく大事で、その過程を大事にするには、目の前の小さい目標をクリアしていったからこそ、大きい結果に繋がると思っています。

大きい目標を掲げるのであれば、そこに向かうまでの小さい目標を何十個でも何百個でも自分で用意して、それを日々クリアしていくことが、大きい目標に繋がっていくのではないかと思います。

インタビューはこちら


(2018年3月7日配信、初ベストアルバム『BEST』リリース記念インタビューより)

ローランド

ローランド (C)モデルプレス
ローランド (C)モデルプレス
自分に嘘をつかないこと。人に嘘はついてもいいんですよ、嘘ついたことないヤツなんていないじゃないですか。でも、自分にだけは嘘つかないで欲しい。たとえば「100万円欲しい」と思ったとしても、「お金なくても今まで生活してこられた」とか何かしら言い訳をする人が多い。思ってることを無理やり捻じ曲げて、卑屈になって、色々言ってるやつはダメです。だから人に嘘ついてもいいけど、自分にだけは嘘ついちゃダメだと思います。

インタビューはこちら


(2018年9月9日配信、テレビ番組出演記念インタビューより)

2018年もたくさんの場面で輝きを放ってきた彼ら。しかし、そこに至るまでには知られざる努力や苦悩があったはず。イケメンたちの“夢を叶える秘訣”を参考にしてみてはいかがだろうか。(modelpress編集部)

※順不同

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 亀梨和也・窪田正孝・中川大志・志尊淳・ジェジュンらが語った“夢を叶える秘訣”とは【2018年末特集】
今読んだ記事

亀梨和也・窪田正孝・中川大志・志尊淳・ジェジュンらが語った“…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事