森且行 もりかつゆき

「森且行」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「森且行」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「森且行」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

森且行のプロフィール

森 且行(もり・かつゆき)

生年月日:1974年2月19日
出身:東京都

日本のオートレース選手。オートレース選手になる前は、男性アイドルグループSMAPのメンバーとして活動していた。

オートレース選手としての所属はJKAの川口オートレース場。公式ファンクラブはAngelを経てビアンコ。SMAP時代の所属芸能事務所はジャニーズ事務所。

■来歴
中学時代、兄とともにジャニーズ事務所のファンクラブ「ジャニーズ・ファミリー・クラブ」へ、直接履歴書を持参して、頼み込んだ結果、2人揃ってジャニーズ事務所入りを果たし、ジャニーズJr.となる。

1987年11月、男性アイドルグループSMAPの前身の男性グループであるスケートボーイズの一員になり、1988年4月、SMAP結成。

1989年『ツヨシしっかりしなさい』で連続ドラマ初主演を務める。SMAPのメンバーでは初の連続ドラマ主演となった。

1991年SMAPとして9月9日にCDデビューを果たす。

1996年5月いっぱいでオートレース選手に転身する為、SMAPを脱退。同時にジャニーズ事務所も退社して、芸能界からも引退した。

2000年後期にオートレース最上位のS級にランクされ、2005年から一時期A級に陥落、2006年後期にS級復帰、2017年前期に再度A級に陥落したが、後期にS級復帰。

2008年は6月に腰の手術をしながらも好調を維持し、賞金ランキング10位(45,640,500円)。優出15回・優勝5回を筆頭に初の川口オート1位、スーパースター王座決定戦出場を決めた。

2013年、スポーツウエアブランドKappaのブランドアンバサダーに就任した。

2015年、公営競技場やインターネットサイトGambooの運営をする日本トーターとのスポンサー契約をした。

2015年9月、SMAP脱退後に初めて、自ら情報発信を行うコラム連載を開始する。

2017年11月4日、『72時間ホンネテレビ』(AbemaTV)の企画で浜松オートレース場において香取・草彅・稲垣と21年ぶりのメディア共演を果たす。

■主な出演作品
・テレビドラマ - 『3年B組金八先生』を除き、ソフト化されていない。
3年B組金八先生 第3シリーズ(1988年、TBS) - 谷口健治 役
このシリーズのみソフト化が見送られていたが、放送から19年経った2007年10月26日・11月23日にDVDがリリースされた。2つのDVD-BOXに分けての販売のみ。
東芝日曜劇場 第1698回「かあちゃんと息子」(1989年8月23日、TBS) - 佐川佳夫 役
ツヨシしっかりしなさい(1989年、日本テレビ) - 主演・井川強 役
世にも奇妙な物語「三日間だけのエース」(1991年11月21日、フジテレビ) - 主演・隆司 役
ドラマシティ'92「汚点~替え玉入試事件」(1992年、読売テレビ) - 広瀬晃二 役
娘屋の話3 雨あがり(1992年12月27日、TBS)- 田島正夫 役
NHKスペシャル「列島ドラマシリーズ 魚のように」(1993年3月28日、NHK)
真夜中を駆けぬける(1993年、朝日放送) - トキオ 役
君が見えない(1994年、関西テレビ) - 松村次郎 役
ママのベッドへいらっしゃい(1994年、テレビ朝日) - 佐伯龍一 役
SALE!(1995年、朝日放送) - 近藤環 役

・映画
シュート!(1994年) - 白石健二 役
1994年6月29日にVHSで発売。その後2002年6月25日にDVD化されている。この映画は他のメンバー5人とともにSMAPが主演であり、テレビ番組でSMAPの過去を振り返るときに流れることがあるが、森の出演部分はカットされることが多い。しかし、2010年1月4日にはフジテレビと一部系列局でノーカット放送された。
大失恋。(1995年) - 純 役
1995年12月16日にVHSで発売。その後2003年12月5日にDVD化されている。

・舞台
花影の花 ~大石内蔵助の妻~(1992年) - 大石主税 役
魔女の宅急便(1993年) - トンボ 役
花影の花 ~大石内蔵助の妻~(1995年) - 大石主税 役/大石大三郎 役(二役)

■オートレース選手として
・選手データ
プロフィール
選手登録 - 1997年6月27日
身長 - 178.0cm
体重 - 61.1kg
血液型 - B型
趣味 - 旅行

戦歴
通算優勝回数: 30回
グレードレース (SG,GI,GII)優勝回数: 5回
全国区レース優勝回数、SG優勝回数: 0回
GI優勝回数: 2回
GII優勝回数: 3回

受賞歴
特別賞: 1回
日刊三賞・特別賞: 1回

・略歴
1996年8月25日、走行訓練中に金網に激突し、左股関節脱臼骨折の重傷[14]。東京医科大学病院にて手術を受け、入院・リハビリを行う。
1997年春、負傷により、同期生に数ヶ月遅れて養成所を卒業。指導員に広瀬登喜夫が就いた[15]。
1997年7月6日、デビュー戦を1着で飾る。森の存在により、この日の川口オートには3万5千人ものファンが押し寄せたと言われている。同年、日刊三賞・特別賞受賞。
1998年4月14日、25期生の新人王決定戦で優勝。
1998年、オートレース選手の森且行としてポカリスエットのCMに出演。
2001年、オートレース選手の森且行としてユニクロのCMに出演。
2003年10月4日、念願のグレードレース若獅子杯 (GII) で優勝。
2004年3月21日、SG(グレードレース最高峰)第17回全日本選抜オートレースで初優出(5着)。
2005年7月28日 - 31日、鈴鹿8時間耐久ロードレースでオートレース・ハルクプロ監督を務め、青木治親・安田毅史ペアが総合3位。クラス優勝した。
2007年4月、平成19年度のオートレースイメージキャラクターに選ばれ同CMに出演。
2008年度後期適用ランク(平成20年1 - 6月の結果を基に算出)で全国14位となり、初めて川口オートレース場で1位となった。
2008年12月9日、5年ぶりとなるGII優勝(西日本鉄道 GII第4回オーバルチャンピオンカップ)
2009年1月28日、初のGI優勝(川口オート第57回GI開設記念グランプリレース)
2009年度前期適用ランク(平成20年7月 - 12月の結果を基に算出)で全国5位となり、2期連続で川口オートレース場1位となった。
2011年10月11日、通算400勝達成(船橋・第61回GⅠオート発祥記念船橋オート祭・10R)
2014年8月9日、通算500勝達成(川口・チャリ・ロト杯・準決勝・12R)
2017年11月17日、通算600勝達成(川口・セントラル自動車技研杯・準決勝・10R)

・グレードレース戦歴
SG戦歴
SG優勝回数: 0回
優勝戦出走: 3回
GI戦歴
GI優勝回数: 2回
川口(09年開設記念グランプリレース、13年キューポラ杯争奪戦)
GII戦歴
GII優勝回数: 3回
川口(14年川口記念)
山陽(03年若獅子杯争奪戦)
飯塚(08年オーバルチャンピオンカップ)

・CM出演
ポカリスエット(1998年)
ユニクロ(2001年)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
森且行を「ウィキペディア」で参照する