「VS嵐」10周年でSP放送 坂口健太郎、菅田将暉、土屋太鳳、東出昌大ら豪華ゲスト集結

【嵐/モデルプレス=3月22日】フジテレビ系人気バラエティ番組『VS』(フジテレビ系/毎週木曜よる7時~)は、4月12日(木)に放送10周年を迎えるにあたり2時間SPを放送する。
嵐(C)フジテレビ
嵐(C)フジテレビ

12日、2時間SPを放送

『VS』は毎回、と豪華ゲストがさまざまなスタジオアトラクションで対決する番組。『VS10周年記念 春の2時間スペシャル』では、10周年ということで、アトラクション対決では番組出演回数20回と断トツの1位に輝く児嶋一哉を始めとする『VS』に縁が深いゲストたちが一挙集結。対するは10周年という節目にふさわしく、白いタキシードに身を包み登場。おこなわれた対決の1つ「ジャイアントクラッシュ」では、番組10周年を記念した特別バージョンの巨大なマッチョ君が出現。のメンバーカラーに彩られた10本のロウソクが刺さったケーキと花束を手にしたマッチョ君を先に倒してしまうのは…10周年の特別感たっぷりの対決となる。

そしてババ抜き最弱王決定戦『BABA』は、10周年にふさわしい豪華ゲストを招いて開催。前回、見事に最弱王に輝き「ジョーカーに愛された男」の異名をとる坂口健太郎はもちろん、元フィギュアスケート日本男子代表の織田信成に映美くらら、北村一輝菅田将暉土屋太鳳東出昌大など豪華俳優陣が初登場。そして前回、勝負師として場を沸かせた加藤一二三が再び参戦する。

さらに番組では4月12日の放送へ向けて公式Twitterアカウント(@vsarashi2008 )にて特別企画を実施。番組に関わってきたさまざまなスタッフが「私にとって『VS』は○○である」をツイートする。

支えてくれた視聴者へ、いつもと変わらぬ温かい笑顔を、これまでよりたくさんお送りすることが“ありがとう”を伝えることだ、という思いを込めて届ける。

2008年より放送スタート

同番組は2008年4月12日より毎週(土)正午0時59分~午後1時30分放送という形でスタートし、2009年10月22日(木)の『VSゴールデン参上!豪華三つ巴2時間スペシャル』より、現在の毎週(木)午後7時~7時57分放送という形となった。

これまで数々の俳優、お笑いタレント、文化人、スポーツ選手たちや、TOKIOにV6、関ジャニ∞といった同じジャニーズ事務所所属のグループ、さらにはトミー・リー・ジョーンズやウィル・スミス、トム・クルーズ、キャメロン・ディアス、クリスティアーノ・ロナウドにネイマールといった海外のスターたちがゲストとして登場。1500名を超えるゲストたちがさまざまなアトラクションでとともに熱戦を繰り広げた。

『VS嵐』の面白さとは 高視聴率の理由

『VS』の面白さを生み出しているのが、海外のスターであろうと簡単に夢中で挑戦できるアトラクション。2008年に登場してからから今なお続く「クリフクライム」「ローリングコインタワー」を始めとしたアトラクションに、今話題沸騰中の「バラ」などのゲームを含め番組は50以上の企画を開発した。この異例の開発数は「時代が変わっても誰でも楽しんでもらえる番組にしたい」というスタッフの思いから。だからこそ放送から10年を迎える今でも全国の学校の文化祭で番組のアトラクションが再現されている。

そんなアトラクションでの対決を何倍も魅力的にしているのが、アトラクションが変わっても放送から変わらない5人の絆の深さ。5人の仲睦まじい関係にゲストを引き入れ、ゲストからどんどんトークを引き出し場は盛り上がる。アトラクション挑戦中も敵味方関係なく全員が仲間であるかのような雰囲気を作り、たとえ対決に勝っても負けても、必ずゲストも含めて全員が笑顔で終われる温かな展開となっている。

だからこそ、毎週木曜・午後7時に移動後初放送となる2009年10月22日(木)の放送では18.4%(ビデオリサーチ調べ 関東地区/以下同)、毎分最高23.1%を、直近のスペシャル放送『VS2018賀正新春豪華3時間SP』(2018年1月3日放送)でも15.7%、毎分最高18.3%を記録するなど、『VS』は世代間を笑顔でつなぎ月日を超えて愛され続け、フジテレビのみならずTVを代表するバラエティー番組となった。

22日放送の『VS嵐』は?

なお、22放送の『VS』には菊地亜美、トレンディエンジェルの斎藤司、横澤夏子、平野ノラ、りゅうちぇる、前園真聖らチーム新婚さんが参戦。対するチームのプラスワンゲストにはアンタッチャブルの柴田英嗣とバイきんぐの小峠英二が登場する。ハッピーオーラあふれるチーム新婚さんとの熱戦が見どころだ。

さらに性格診断の結果から誰の性格を指しているかを予想する「この性格は誰だ!?」ではの意外な素顔が明らかに。(modelpress編集部)

萬匠祐基 企画・総合演出 コメント

『VS』は土曜お昼の枠で放送を開始しましたが、当時まだゴールデンタイムで冠番組が無かったと共に“夜7時”を目指して企画しスタートしました。10年前の初回収録日、初めて5人がスタジオに来たとき「凄いセットですね」と喜んでくれたこと、収録を終えて二宮くんが「面白かった?」と手応えを感じた表情で声を掛けてくれたことが今でもとても印象に残っています。2時間スペシャルでは、対戦ゲスト「おたすけJAPAN」回の特別企画でご好評いただいた「追いかけっこJAPAN」をバージョンアップ。「サークルハンター」と名前を変え、白熱のバトルをお見せします。「BABA」でも「シャッフルタイム」がさらに進化。よりプレイヤーを悩ます仕掛けをご用意しています。11年目を迎える『VS』。アトラクション対決の新ゲーム、特別企画はもちろん、「BABA」をはじめとした特別篇も新たに考案中です。今後とも視聴者の皆さん、5人と共に進化を続ける『VS』にどうぞご期待ください!



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「VS嵐」10周年でSP放送 坂口健太郎、菅田将暉、土屋太鳳、東出昌大ら豪華ゲスト集結
今読んだ記事

「VS嵐」10周年でSP放送 坂口健太郎、菅田将暉、土屋太鳳、東…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事