土屋太鳳(つちやたお)

「土屋太鳳」に関連するモデルプレス記事

  1. 土屋太鳳、「感謝祭」マラソンの激走秘話 ゴールまで後押ししてくれた森脇健児の助言

    クランクイン!

  2. 土屋太鳳「オールスター感謝祭」マラソン裏側にTOKIO驚き「そんな感動秘話が」

    モデルプレス

  3. 土屋太鳳「声にコンプレックスが…」 確かな成長&声優への想い明かす<『アイの歌声を聴かせて』インタビュー>

    株式会社バンダイナムコアーツ PR

  4. 土屋太鳳&片寄涼太、“兄こま”再会2ショットに「ずっと待ってた」「大人っぽくなった」の声

    モデルプレス

  5. 土屋太鳳、家族揃って母の誕生日祝福 炎伽&神葉との3姉弟仲良しエピソードも

    モデルプレス

  6. 土屋太鳳、ミニ丈セーラー服姿で登場「想定していなかったことが…」<アイの歌声を聴かせて>

    モデルプレス

  7. 土屋太鳳「今際の国のアリス」で釜山国際映画祭ACA5部門ノミネートに喜び

    モデルプレス

  8. 麒麟・川島明&土屋太鳳ら、バンド結成 メンバーは自らスカウト

    モデルプレス

  9. 土屋太鳳「声が出なくて…」過去の体験告白<アイの歌声を聴かせて>

    モデルプレス

  10. 土屋太鳳、恋愛は「大切にしていきたい」 男性との交流事情明かす

    モデルプレス

  11. 土屋太鳳、忘れられない藤原竜也の言葉は「よく這い上がって来たな!」

    COCONUTS

  12. 読者が選ぶ「好きな実写化映画」ランキングを発表<1位~10位>

    モデルプレス

  13. 土屋太鳳、“結婚したい男性の見極め方”告白「難易度高い」「太鳳ちゃんらしい」と反響

    モデルプレス

  14. 土屋太鳳、好みの男性のタイプ明かす「眼福でした」<鳩の撃退法>

    モデルプレス

  15. 土屋太鳳、口を尖らせ気合を入れる横顔に「めっちゃキュート」

    WWS channel

  16. 土屋太鳳ってこんなに色っぽかった…?大人の魅力溢れる彼女と、ドキドキの焼き肉デート

    東京カレンダー

  17. 土屋太鳳、“大学8年生”での卒業は「5年くらい睡眠時間が3時間」 過酷な過去振り返る

    モデルプレス

  18. 土屋太鳳、山崎賢人と“遊んでいる”オフショット公開「けんたお最高」「可愛すぎ」と反響殺到

    モデルプレス

  19. 土屋太鳳、新体操・熨斗谷さくら選手&竹中七海選手との関係明かす「あの時のお話を胸に」

    モデルプレス

  20. 土屋太鳳「るろうに剣心」“初期”アクション練習風景に「体幹の強さが伝わる」「既に上手い」と反響

    モデルプレス

土屋太鳳のプロフィール

土屋太鳳(つちやたお)
生年月日:1995年2月3日
出身地:東京都
身長:155cm
血液型:O型

◆人物

2005年スーパー・ヒロイン・オーディションMISS PHOENIX審査員特別賞受賞。2008年黒沢清監督「トウキョウソナタ」で映画デビューを果たす。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

主な出演作品には「鈴木先生」(テレビ東京)、「真夜中のパン屋さん」(NHK)、「リミット」(テレビ東京)、主演映画「アルカナ」(‘13)、「赤々煉恋」(‘13)など。CMではソニー「WALKMAN」、DMM.com「スマホでレンタル」などに出演。2014年は「連続テレビ小説花子とアン」(NHK)、「今夜は心だけ抱いて」(NHK)、映画「るろうに剣心京都大火編/伝説の最期編」(8月1日公開)など話題作への出演が続いている。また、平成27年度前期NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインに抜擢された。

◆略歴

2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少。
初仕事は2007年12月1日より放送されたカプコンのゲームソフト『WE LOVE GOLF!』のテレビCM(松原剛監督)。2008年に公開された『トウキョウソナタ』で映画デビューを果たした。その撮影現場で共演者の香川照之・津田寛治と交流し、彼らの仕事ぶりを目の当たりにしたことで女優への決意を強める。
2008年、ジュニアファッション誌『Hana*chu→』(主婦の友社)のニューフェイスオーディションを経て専属モデルとなった。同年、約500名の候補者の中から劇場版『釣りキチ三平』のゆりっぺ役に抜擢され、主人公・三平の幼馴染を演じる。
2010年、芸能活動が許される高校に入学。女子校で、在学中は創作ダンス部に所属し、仕事の合間をぬって全国大会にも出場した。同年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』でテレビドラマ初出演、主人公・坂本龍馬の姉・坂本乙女の少女期を演じた。
2011年、『鈴木先生』(テレビ東京)で連続ドラマ初レギュラー出演。キーパーソンとなる女子生徒・小川蘇美役を演じ、注目を浴びる。
2012年10月、当時の所属事務所・ウエストサイドの吸収合併に伴い、親会社で、現在の所属事務所であるソニー・ミュージックアーティスツへ移籍。
2013年、浜松市天竜区水窪町を中心とした地域振興プロジェクト、映画『果てぬ村のミナ』の松下神菜役にて、初の主演を務めた。
2013年3月、高校を卒業。同年4月、日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻に入学。多忙のため出席日数が足りず、ストレート(4年間)での卒業は叶わなかった。
2014年、NHK連続テレビ小説『花子とアン』出演期間中に、2015年上半期放送の『まれ』のオーディションに参加し、2020人の応募者の中からヒロインに選ばれる。 ヒロインのキャラクターが活発なイメージということから、役作りのためにデビュー以来のトレードマークだったロングヘアを40cmも切った[13]。今作では、オープニング・テーマ曲「希空〜まれぞら〜」の1番の作詞を担当した。なお、2番の歌詞は一般公募で、土屋も審査に参加した。

出典:Wikipedia

土屋太鳳を「ウィキペディア」で参照する