土屋太鳳(つちやたお)

「土屋太鳳」に関連するモデルプレス記事

  1. 土屋太鳳、ウインナーで「こいのぼり」再現 手作り料理に絶賛「素敵なアイデア」

    J-CASTニュース

  2. 土屋太鳳・川口春奈・志尊淳・BTS V&ジミン…“1995年生まれの芸能人”は実力派揃い

    モデルプレス

  3. 土屋太鳳、日向坂46小坂菜緒を絶賛「とてもとても愛らしいかた」

    モデルプレス

  4. 土屋太鳳、SixTONES京本大我の美しさに驚き“3度見”「綺麗な女の人だなぁ~、と思ったら」

    モデルプレス

  5. 土屋太鳳「ヒノマルソウル」集合ショット公開「あたたかいチームで本当にありがたい」

    モデルプレス

  6. 土屋太鳳、田中圭との2ショット公開でファン歓喜「身長差にときめく」「大好きな2人」

    モデルプレス

  7. 土屋太鳳、メガネ姿のナチュラルショットに「すっぴん?」「透明感すごい」

    モデルプレス

  8. 田中圭、精神統一する土屋太鳳を煽る「しゃべらない時の土屋太鳳は超強い」

    モデルプレス

  9. 山崎紘菜、27歳バースデーに祝福続々 土屋太鳳らも祝う

    モデルプレス

  10. 読者が選ぶ「アクションシーンが魅力的な女優」ランキングを発表<1位~10位>

    モデルプレス

  11. 土屋太鳳“ケタ違い”を見極める

    モデルプレス

  12. 土屋太鳳、櫻坂46のパフォーマンスを絶賛「刺激をいただきました」集合写真も公開

    モデルプレス

  13. 読者が選ぶ「今年1~3月に公開されたおすすめの邦画」ランキング<1位~10位>

    モデルプレス

  14. 土屋太鳳、映画「アイの歌声を聴かせて」の声優に決定 福原遥・工藤阿須加らキャスト&ティザー映像解禁

    モデルプレス

  15. 土屋太鳳、熱烈なファンだった「るろうに剣心」は「私を見つけてくれた恩人」

    モデルプレス

  16. 土屋太鳳、自身の“顔”プリントTシャツSHOTに反響「センス良すぎる」

    ザテレビジョン

  17. “大学8年生”土屋太鳳、卒業を報告 サポートに感謝つづる

    モデルプレス

  18. 土屋太鳳・鈴木愛理らNHK音楽番組MC集結 制作裏明かすスペシャル番組決定

    モデルプレス

  19. 土屋太鳳、FCイベントをホワイトデーに生配信 森永悠希が進行役・スペシャルゲストも登場

    モデルプレス

  20. 福士蒼汰・小芝風花・仲野太賀・土屋太鳳、朗読劇「朗読劇2021」出演決定 追加公演も発表

    モデルプレス

土屋太鳳のプロフィール

土屋太鳳(つちやたお)
生年月日:1995年2月3日
出身地:東京都
身長:155cm
血液型:O型

◆人物

2005年スーパー・ヒロイン・オーディションMISS PHOENIX審査員特別賞受賞。2008年黒沢清監督「トウキョウソナタ」で映画デビューを果たす。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

主な出演作品には「鈴木先生」(テレビ東京)、「真夜中のパン屋さん」(NHK)、「リミット」(テレビ東京)、主演映画「アルカナ」(‘13)、「赤々煉恋」(‘13)など。CMではソニー「WALKMAN」、DMM.com「スマホでレンタル」などに出演。2014年は「連続テレビ小説花子とアン」(NHK)、「今夜は心だけ抱いて」(NHK)、映画「るろうに剣心京都大火編/伝説の最期編」(8月1日公開)など話題作への出演が続いている。また、平成27年度前期NHK連続テレビ小説「まれ」のヒロインに抜擢された。

◆略歴

2005年、角川映画、ソニーミュージック、Yahoo! JAPAN が合同で実施したスーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスにて審査員特別賞を受賞。同オーディションの受賞者の中では最年少。
初仕事は2007年12月1日より放送されたカプコンのゲームソフト『WE LOVE GOLF!』のテレビCM(松原剛監督)。2008年に公開された『トウキョウソナタ』で映画デビューを果たした。その撮影現場で共演者の香川照之・津田寛治と交流し、彼らの仕事ぶりを目の当たりにしたことで女優への決意を強める。
2008年、ジュニアファッション誌『Hana*chu→』(主婦の友社)のニューフェイスオーディションを経て専属モデルとなった。同年、約500名の候補者の中から劇場版『釣りキチ三平』のゆりっぺ役に抜擢され、主人公・三平の幼馴染を演じる。
2010年、芸能活動が許される高校に入学。女子校で、在学中は創作ダンス部に所属し、仕事の合間をぬって全国大会にも出場した。同年、NHK大河ドラマ『龍馬伝』でテレビドラマ初出演、主人公・坂本龍馬の姉・坂本乙女の少女期を演じた。
2011年、『鈴木先生』(テレビ東京)で連続ドラマ初レギュラー出演。キーパーソンとなる女子生徒・小川蘇美役を演じ、注目を浴びる。
2012年10月、当時の所属事務所・ウエストサイドの吸収合併に伴い、親会社で、現在の所属事務所であるソニー・ミュージックアーティスツへ移籍。
2013年、浜松市天竜区水窪町を中心とした地域振興プロジェクト、映画『果てぬ村のミナ』の松下神菜役にて、初の主演を務めた。
2013年3月、高校を卒業。同年4月、日本女子体育大学体育学部運動科学科舞踊学専攻に入学。多忙のため出席日数が足りず、ストレート(4年間)での卒業は叶わなかった。
2014年、NHK連続テレビ小説『花子とアン』出演期間中に、2015年上半期放送の『まれ』のオーディションに参加し、2020人の応募者の中からヒロインに選ばれる。 ヒロインのキャラクターが活発なイメージということから、役作りのためにデビュー以来のトレードマークだったロングヘアを40cmも切った[13]。今作では、オープニング・テーマ曲「希空〜まれぞら〜」の1番の作詞を担当した。なお、2番の歌詞は一般公募で、土屋も審査に参加した。

出典:Wikipedia

土屋太鳳を「ウィキペディア」で参照する