HKT48運上弘菜・田島芽瑠・田中美久、13thシングル「3-2」メイク連載スタート

0
0
13thシングル『3-2』を22日にリリースしたHKT48。モデルプレスでは運上弘菜(うんじょう・ひろな/21)、田島芽瑠(たしま・める/20)、田中美久(たなか・みく/18)の3人にインタビューを実施。メイク・美容に関するコスメインタビュー連載を25日よりスタートする。※全4回/毎日19時配信
田島芽瑠、運上弘菜、田中美久/クレジット:濱本英介(C)Mercury
田島芽瑠、運上弘菜、田中美久/クレジット:濱本英介(C)Mercury

HKT48、指原莉乃卒業後初シングル『3-2』

約1年振りとなるシングルのセンターを務めるのは、自身初となる4期生の運上。

指原莉乃のHKT48卒業前の最後の作品となった前作『意志』以来のシングルで、HKT48の新章を印象づけた作品。

三角関係を計算式で表した切ない歌詞と、コレオゴラファーSeishiro氏によるダンスの世界観が“今まで見せたことのないHKT48”を作り出している。

運上弘菜&田島芽瑠&田中美久にインタビュー

田島芽瑠、運上弘菜、田中美久/クレジット:濱本英介(C)Mercury
田島芽瑠、運上弘菜、田中美久/クレジット:濱本英介(C)Mercury
第1回~3回はメイク・美容に関するインタビュー。3人に実際に私物コスメを持参してもらい、読者質問も混じえながらメイクテクニックなどを紹介してもらった。

ラストとなる第4回はシングルについて、初センターとなった運上について、グループの今後についてなど話を聞いた。

【記事一覧】運上弘菜・田島芽瑠・田中美久のメイク徹底解説


オンラインインタビューこぼれ話

田島芽瑠、運上弘菜、田中美久/クレジット:濱本英介(C)Mercury
田島芽瑠、運上弘菜、田中美久/クレジット:濱本英介(C)Mercury
新型コロナウイルスの影響を受け、インタビューは福岡と東京を繋ぎ、オンラインで実施。コスメ企画ということで、3人はYouTuber気分でコスメをカメラに近づけて見せてくれたり、小顔になるマッサージをその場で実践してくれたりと、取材を楽しんでくれた様子。「楽しすぎて永遠に喋れそう!」「女子会みたい!」と嬉しいお言葉を沢山頂きました。(modelpress編集部)

HKT48

HKT48『3-2』劇場盤(C)Mercury
HKT48『3-2』劇場盤(C)Mercury
HKT48『3-2』アーティスト写真(C)Mercury
HKT48『3-2』アーティスト写真(C)Mercury
2011年10月23日に誕生したAKB48グループ国内4つ目の姉妹グループ。福岡市を中心に活動。結成当初の平均年齢は13.8歳で、“最年少グループ”としてスタートする。2012年にAKB48から指原莉乃、多田愛佳(2017年に卒業)が移籍。2013年3月20日に1stシングル『スキ!スキ!スキップ!』でCDデビュー。2014年、第65回NHK紅白歌合戦に単独初出場を果たし、トップバッターを飾った。尾崎充氏とともに劇場支配人を務める指原莉乃を中心に、メンバーがセットリストを組むコンサートが特徴的で、他のアイドルグループの楽曲などをふんだんに取り入れる。2015年には、明治座で単独女性アイドルグループとして史上初となる『HKT48 指原莉乃座長公演』を行った。2019年4月28日、指原の卒業コンサートを横浜スタジアムで開催。ホークスタウンモールに設けられていた専用劇場が、再開発に伴い2016年3月末をもって閉館。2020年には『E・ZO FUKUOKA』にHKT48劇場を新たにオープン予定。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - HKT48運上弘菜・田島芽瑠・田中美久、13thシングル「3-2」メイク連載スタート
今読んだ記事

HKT48運上弘菜・田島芽瑠・田中美久、13thシングル「3-2」メ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事