綾瀬はるか&松坂桃李、初共演で見えた意外な素顔とは モデルプレスインタビュー

参照回数:837,980

【モデルプレス】5月31日公開の映画「万能鑑定士Q –モナ・リザの瞳-」で初共演した綾瀬はるか松坂桃李がモデルプレスのインタビューに応じ、日本映画史上初となるパリ・ルーヴル美術館でのロケの裏話や、互いの第一印象を語った。
日本映画史上初のルーヴル美術館ロケを敢行(C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会【モデルプレス】
日本映画史上初のルーヴル美術館ロケを敢行(C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会【モデルプレス】

“天才鑑定家”が迫る、「モナ・リザ」の謎

累計400万部の人気ミステリー「万能鑑定士Qの事件簿」(松岡圭祐)から、最も人気の高いエピソード「万能鑑定士Qの事件簿Ⅸ」を初映画化。驚異的な鑑定眼とロジカルシンキング(=論理的思考)を駆使する“天才鑑定家”凜田莉子(りんだ・りこ)と入社5年目の雑誌編集者・小笠原悠斗が日本とフランスを舞台に、名画「モナ・リザ」の盗難をめぐる難事件に立ち向かう。

綾瀬演じる莉子は、目も当てられない劣等生だった高校時代から一転、素晴らしく抜きん出た感受性を見出され、「万能鑑定士Q」なる店をオープンさせる。正義感が強く、純真で天真爛漫な女性像は、綾瀬にとってまさにハマリ役。「いつもの自分」で挑んだと語る等身大の演技に注目だ。一方、松坂演じる小笠原は、真面目で素直な性格だがちょっぴり気が弱い、いわゆる“普通”の青年。一見共通点のない2人が出会い、同じ目的を持つことで生まれる化学反応も本作の見どころとなる。

監督は「GANTZ」(11)、「図書館戦争」(13)の佐藤信介氏。初音映莉子、村上弘明、児嶋一哉(アンジャッシュ)ほか個性的なキャストが脇を固める。

【SPECIAL INTERVIEW】原作と異なる役作りにこだわりも

― まず、完成した作品をご覧になった感想をお聞かせください。

綾瀬:物事がどんどん動いていくので、すごくワクワクしました。台本を読んでいたとはいえ、完成した作品を見たらCGも加わっていて、「おぉ!こうなったか」「あぁ、なるほど。そういうことだったんだ!」と気づくことも多かったんです。普通に視聴者として楽しんでいました。
松坂:ミステリーにファンタジー要素が盛り込まれている点が面白いなと思いました。それと、鑑定家によって判断基準を変えるというのは、非常に怖いことだなと。モノの価値が変われば大事件につながりかねないし、鑑定家は非常に責任重大だなと思いましたね。

― 松坂さんは雑誌編集者を演じるにあたって、「めがね」に相当なこだわりがあったとか。

松坂:原作ではめがねをかけていないんですが、デスクワークも多いので目が悪いかなと思って。雑誌として表に出すものは華やかなイメージでも、実際に作っている側はアナログで、地道な作業と言いますか…結構、孤独な事が多いんですよね。そういったニュアンスを出すためにも、めがねはアリなのかなと思いました。
綾瀬:私は原作を読んで爽やかなイケメンをイメージしていたので、「あれっ?」と思いました(笑)。でも、また全然違うキャラクターで面白いし、魅力的ですよね。

― お互いのキャラクターで印象に残っているシーンを挙げてみてください。

松坂:僕は莉子ちゃん独特の記憶術ですね。ト書きだとどういう感じになるか全く想像できなかったんですけど、綾瀬さんが演じられているのを見て、すごく面白かったんです。本をクンクン嗅いだり、泣いたり、笑ったり…五感の全てを使って記憶していく。撮影は結構大変だったんじゃないかなと思うんですけど…
綾瀬:いや、全然!
松坂:さすがでございます(笑)。あぁいう突拍子もない行動が、莉子ちゃんの魅力ですよね。それと、劣等生だった過去も少し描かれていて、そこのシーンも面白かった。先生(児嶋一哉)とのやり取り。(綾瀬の声マネをしながら)「なんなんですかねぇ~?」みたいな。今の莉子ちゃんより、昔の莉子ちゃんのほうが、よりご自身の今に近いんじゃないですか?
綾瀬:そんなんじゃない!(笑)私は、小笠原さんが口を塞がれて悶えているシーン。全身でウワァー!って暴れているので、すごくインパクトがありました。それと、地下鉄の駅であることに気づいて、クルッと振り返って走り出すシーンも好きですね。

ルーヴルの厳戒態勢は「時間が経つにつれて…」

モデルプレスのインタビューに応じた綾瀬はるか、松坂桃李
モデルプレスのインタビューに応じた綾瀬はるか、松坂桃李
― 本作は日本映画史上初となるルーヴル美術館でのロケを敢行したことで話題となっていますね。

綾瀬:警備の厳戒態勢がすごかったです。黒いスーツを着たSPのような方が何人かいらっしゃって、例えばトイレに行く時も、違う方向に行こうとするとスッと手をかざして「NO!」みたいな感じで(笑)。
松坂:でも意外と、言うほど…。
綾瀬:そうそう!時間が経つにつれて、警備の方がなんとなく優しくなってきて(笑)。
松坂:ゆるくなっていくんですよね。入る時にはパスポートが必要で、一回中に入ったら出られないし、中では飲食禁止だとすごく言われていて、「えっ、どうするんだろう?」と思ったんですけど、いざ入ってみると「おぉ、そこで飲んでいいよ」みたいな。
綾瀬:へぇ~、飲食禁止だったんだ。知らなかった。
松坂:あっ、思い切り飲んでましたよね(笑)。もちろん入れない場所はありましたけど、「ちょっとこの奥に行ってもいいですか?」と聞くと「あぁ、いいよ」って見せてくれたり、貴重な体験をさせていただきました。

― 音響や照明機材などは、かなり制限された中での撮影だったそうですね。最も印象深い出来事を教えてください。

松坂:閉館後にしか撮影ができないので、夜どおし撮影していたんですが、長い廊下の先をパッと見たら、綾瀬さんが監督の横で思い切り床に寝てたんですよ(笑)。
綾瀬:ふふふふ。あの階段の所でね。でも、私だけじゃなくて結構いろんな人が寝てたんですよ(笑)。そこは貸し切りの場所で、深夜になるにつれてだんだん眠くなってきて…。隙を見て寝る人たちが増えてました(笑)。
松坂:綾瀬さんが一番に眠気にやられてたんで、「あぁ、すごいな」と思いつつ(笑)。

― ルーヴルでも綾瀬さんの空気感は全開だったんですね(笑)。滞在中、現地で観光を楽しむお時間はありましたか?

松坂:各々、空いた時間を見つけてはどこかに行ったりしていましたね。僕が印象的だったのは、美術館で見たモネの「睡蓮」。見事でしたね。ゆっくり楽しみました。
綾瀬:美術館は本当にどれも素敵でした。
松坂:あと、画材屋さんに行ったんですよね。
綾瀬:うんうん!
松坂:あそこはすごくよかったです。本当に色んな絵の具や筆、画材道具が置いてあって。見たことのないような色もあって、楽しかったです。こぢんまりとした店にギュッと詰まっていましたね。

意外に人見知り?初対面の印象を語る

パリの美しい景色も見どころ (C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会
パリの美しい景色も見どころ (C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会
― 今回お2人は初共演ということで、第一印象はいかがでしたか?

松坂:誰に対しても垣根を作らず、距離感を簡単に縮められるような明るい方なのかな…と思いきや、初めて会った時はすごく人見知りな感じが出てました(笑)。
綾瀬:そこまでじゃないよ!
松坂:「どうもはじめまして、松坂桃李です」と言ったら「あっ、どうも…」って。
綾瀬:それ普通だから(笑)!
松坂:いやいや、意外とそういうところがあるんだな、と(笑)。でも、現場でご一緒して思ったのは、本当に人をよく見ているなぁということ。現場のことを見つつ、気を使っているんだけど、それを相手に感じさせないしなやかさ。それは意識的にやっているのか、本能的なものなのか…これは本人に聞いてみないとわからないんですけど(笑)。
綾瀬:私は…最初に役衣装で会った時は、「あっ、こういう感じなんだ」って印象で…背が高い人なんだなぁと思いました!
松坂:見た目ね(笑)。
綾瀬:内面で言うと、淡々としている印象でしたね。違う現場のスケジュール表をご覧になっていて、「忙しそうですね」と声をかけたら、「いや、若いうちに働いておかないと!」って(笑)。
松坂:あんまり感情の浮き沈みが表に出にくいので…そこからですかね?

― 撮影を経て距離を縮められたことが、お2人の会話から伝わってきます(笑)。お互い、刺激を受けた点などはありましたか?

松坂:カメラの前でパンッと変わるんですよね。現場でその役であり続けるということではなく、ご自身のいい空気感を保たれているんですけど、撮影が始まると一気に役に切り替わる。一点集中型の切り替えが非常に素晴らしい方なんだなと思いました。
綾瀬:私の結構長いセリフの中で、小笠原さんがポツリと一言だけ言うシーンがあったんですけど、全然映ってなくてもずっと立ってそこにいてくれたんです。すごく安心感があったし、その真面目さに刺激を受けました。

勘は鋭いタイプ?「だいたい当たってる」

天才鑑定家と雑誌編集者の名コンビ (C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会
天才鑑定家と雑誌編集者の名コンビ (C)2014映画「万能鑑定士Q」製作委員会
― もしお2人が莉子のように驚異的な鑑定能力を手に入れたとしたら、どんなものを鑑定してみたいですか?

松坂:自然にあるものを見てみたいですね。例えば化石とか。それに対して価値があるかないかを決めるわけじゃないんですけど、古くからずっと置いてあるものの歴史を細部まで見てみたい気がしますね。
綾瀬:私はその人の生活ですね!これはどこどこで買った、何年前のもの!こういうところに住んでいるだろう!みたいな(笑)。
松坂:それはまさに莉子ちゃんですね。
綾瀬:私、勘は働くほうだと思います。気のせいだったってこともあるけど(笑)、直感はだいたい当たっているかも。

― それでは最後に、本作を楽しみにしている方々へメッセージをお願いします。

松坂:今回の「万能鑑定士Q」はサスペンスやミステリーの要素ももちろんありますが、何よりも「モナ・リザ」に惹きつけられた人達のお話です。「モナ・リザ」をきっかけに色々な事件が巻き起こっていきますので、皆さんも劇場で「モナ・リザ」の魅力に吸い寄せられてみてほしいですね。
綾瀬:あの有名な「モナ・リザ」をめぐるミステリーということで、どのシーンも見逃せないです。きっかけがたくさん潜んでいるので、そこから一緒に謎解きを楽しんでください。
松坂:万能鑑定士っていう存在自体、実在はしているけど身近なものじゃないと思うので、「もしかしたら莉子みたいな人がこの世に存在するのかもしれない」と考えて楽しむのも非常に価値があると思います。

夢を叶える秘訣…「とにかく行動」「謙虚に人の世話になる」

綾瀬はるか
綾瀬はるか
松坂桃李
松坂桃李
日本を代表する俳優でありながら、終始笑顔の絶えない、柔らかなオーラで場を和ませてくれた2人。どちらかが主導権を握るでもなく、不思議とバランスがとれている…劇中の莉子&小笠原コンビのような、独特の空気感が魅力的だった。

そんな2人がモデルプレス読者にアドバイスする、夢や目標を叶えるための秘訣とは―。

綾瀬:とにかく行動してみる。私も新しいことを始める時は怖がりがちなんですが、本当になりたい目標があるんだったら、頑張って踏み出してみることだと思います。そのためには、日頃からちょっとした努力を積み重ねていくことが大切。例えば、朝起きて肌の調子がいいというだけでも自信につながっていくし、食事をコントロールすることも、“頑張っている自分”が自信になっていく。なんでもいいので少しずつ努力していけば、自然と一歩踏み出す力になるんじゃないかなと思います。

松坂:「謙虚に人の世話になる」こと。これは僕の先輩の樹木希林さんからの教えです。謙虚に人の世話になれば、人は寄ってくるもの。偉くなればなるほど、人は頭を下げる機会が多くなるけど、それを嫌がらずにやりなさい、ということです。挫折しそうな時は、一回落ちるとこまで落ちればいい。やはり怖さもあると思いますが、それを一回味わうと人は強くなるし、周りの人にやさしくできるようになります。(modelpress編集部)

映画「万能鑑定士Q –モナ・リザの瞳-」

出演:綾瀬はるか 松坂桃李
   初音映莉子 Pierre Deladonchamps/橋本じゅん 村杉蝉之介
   児嶋一哉(アンジャッシュ) 角替和枝/村上弘明
監督:佐藤信介
原作:松岡圭祐「万能鑑定士Qの事件簿」シリーズ(角川文庫刊)
公開日:2014年5月31日(土)
<ストーリー>
2014年、40年ぶりに美術史上随一の至宝“モナ・リザ”が日本にやってくる。ルーヴル美術館のアジア圏代理人である朝比奈(村上弘明)は、“モナ・リザ”来日に向けてある使命をルーヴルから託されていた。それは、絶えず狙われる“モナ・リザ”をめぐる巨大な陰謀に対しての警備強化。朝比奈は、“天才鑑定家”凜田莉子(綾瀬はるか)を学芸員候補として推薦。雑誌編集者・小笠原悠斗(松坂桃李)と共にパリへ向かった莉子は見事ルーヴル美術館で行われた採用テストに合格する。もう1名の合格者となった、流泉寺美沙(初音映莉子)と共に研修に励む毎日だったが、“モナ・リザ”について知れば知るほど体に異変をきたし、徐々に鑑定眼が狂い始める…。そしてその理由を探ろうと奔走する小笠原は、500年もの前からダ・ヴィンチが“モナ・リザ”の瞳の中に仕組んだ驚愕の事実を知ることに…。一方その頃、日本とフランスを股にかけた、“モナ・リザ”を巡る巨大な陰謀が動きだしていた。果たして、莉子は“モナ・リザ”の呪縛から逃れ、難事件を解決に導くことができるのか!?





【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 綾瀬はるか&松坂桃李、初共演で見えた意外な素顔とは モデルプレスインタビュー
今読んだ記事

綾瀬はるか&松坂桃李、初共演で見えた意外な素顔とは モデル…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「インタビュー」カテゴリーの最新記事