松坂桃李(まつざかとおり)

誕生日:
1988年10月17日
星座:
てんびん座
身長:
183cm
画像 記事 プロフィール

松坂桃李の関連リンク

松坂桃李に関する画像

松坂桃李に関する記事

  1. 清野菜名、“2年間”の撮影回顧「泣きそうです」松坂桃李ら特別映像・メイキング写真解禁<耳をすませば>

    モデルプレス

  2. Sexy Zone中島健人、“遊戯王仲間”松坂桃李に断捨離される「医者でした」

    モデルプレス

  3. 「ラーゲリより愛を込めて」二宮和也、2ヶ月で53キロ台まで減量は「桃李のせい」松坂桃李に申し立て

    モデルプレス

  4. 松坂桃李、清野菜名に向けた気になるセリフ解禁「耳をすませば」名シーン・インタビュー…幕間映像公開

    モデルプレス

  5. 松坂桃李、萩原利久の代打で「TopCoat夏祭り」登場 豊田裕大の“失態”もフォロー

    モデルプレス

  6. 松坂桃李・Sexy Zone中島健人ら、二宮和也主演映画「ラーゲリより愛を込めて」豪華キャスト発表

    モデルプレス

  7. 中村倫也・松坂桃李・菅田将暉が料理対決 トップコート夏祭りに豪華集結

    モデルプレス

  8. スーパー戦隊シリーズ出身で成功したと思う俳優ランキング

    gooランキング

  9. 松坂桃李「流浪の月」“更紗”白鳥玉季との再会ショットが話題「素敵な笑顔」「エモい」

    モデルプレス

  10. 田中圭ら、実写映画「耳をすませば」追加キャスト発表 予告・ビジュアル・主題歌解禁

    モデルプレス

  11. 松坂桃李「流浪の月」撮影中に“役者人生の中で初めての感覚” 15回鑑賞したファンから質問も

    モデルプレス

  12. 清野菜名×松坂桃李、実写映画「耳をすませば」名シーン彷彿させる場面写真&第2弾ティザービジュアル解禁

    モデルプレス

  13. 松坂桃李、多部未華子の本音に謝罪「松坂的に言うと…」<流浪の月>

    モデルプレス

  14. 松坂桃李、幼少期の夢諦めた理由明かす「泣きながら…」<流浪の月>

    モデルプレス

  15. 松坂桃李、岡田将生に“エロ本ドッキリ” 気づいた後の行動に一同爆笑

    モデルプレス

  16. 松坂桃李、妻・戸田恵梨香との家事分担&結婚後の変化明かす

    モデルプレス

  17. 松坂桃李、噂になった“激やせ”の真相 広瀬すず謝罪の理由は?

    モデルプレス

  18. 広瀬すず、松坂桃李に「サインもらっていいですか?」駅で突撃していた

    モデルプレス

  19. 広瀬すず&松坂桃李、チョコプラも驚く意外すぎる一面明らかに 古畑星夏も「新しいカギ」出演

    モデルプレス

  20. 広瀬すず&松坂桃李“二人三脚”垣間見えるメイキング写真解禁<流浪の月>

    モデルプレス

松坂桃李のプロフィール

松坂 桃李(まつざか とおり[2]、1988年(昭和63年)10月17日[2] - )は、日本のモデル、俳優である。左きき。
神奈川県出身[1]。トップコート所属。

【来歴】
2008年(平成20年)に「チャレンジFBモデル2008オーディション」にてグランプリを受賞し、雑誌『FINEBOYS』専属モデルで芸能活動を開始。
同時にトップコートの養成所「Artist★Artist」へ第8期生として入校する[3]。

2009年(平成21年)に、「スーパー戦隊シリーズ」第33作『侍戦隊シンケンジャー』の志葉丈瑠/シンケンレッド役で俳優デビュー[4]。
同時にテレビドラマ初主演を飾る[5]。また、同作の劇場版にて映画初出演・初主演となる。

2010年(平成22年)4月から2011年(平成23年)3月まで、『心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU』にレギュラー出演、バラエティ番組のレギュラー初出演を果たした。

2011年(平成23年)公開の映画『アントキノイノチ』、『僕たちは世界を変えることができない。But,we wanna build a school in Cambodia.』で第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞[6]、第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞[7]を受賞。

【人物】 
「桃李」の名前は、中国の歴史家司馬遷の「史記」に書かれた言葉「桃李不言下自成蹊(とうりものいわざれども、したおのづからこみちをなす)」[8][9]及び、中国の故事「桜梅桃李」[5][10]の2つの由来がある。
前者は「徳のある誰からも慕われる人」になって欲しいという父の願いから[9]、後者は「自分らしさを大切に」という母の願いから名づけられた[10]。
読み仮名は両親のこだわりで「とおり」である[8][9]。

利き手は左。
姉と妹がいる[11]。

大の『ONE PIECE』ファン[12]。
好物はマグロとオムライス[11]。

『SLAM DUNK』に影響を受け、中学時代はバスケ部に入っていた。[13]
しかし、高校では坊主にするのが嫌でバスケ部には入部しなかった。

BUMP OF CHICKENの大ファンである。

【エピソード】
・『侍戦隊シンケンジャー』関連
幼少期は『忍者戦隊カクレンジャー』(1994年放映)を観ており[4]、『シンケンジャー』第5話でサイゾウ(ニンジャブルー)役だった土田大との共演が実現した。
左利きであるが[14]、志葉丈瑠を右利きで演じる。
『シンケンジャー』と同時期に放映されていた『仮面ライダーディケイド』が「異世界を旅する」という設定であったことから、『ディケイド』に『シンケンジャー』の世界が登場し、松坂ら出演陣も『ディケイド』に出演した。
『劇場版』の舞台挨拶で、コンニャク嫌いを克服するとファンに約束し、克服した[15]。

【出演】 
■テレビドラマ 
侍戦隊シンケンジャー(2009年2月-2010年2月、テレビ朝日)主演・志葉丈瑠/シンケンレッド(声)役
仮面ライダーディケイド 第24・25話(2009年7月、テレビ朝日)志葉丈瑠/シンケンレッド(声)役
チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋(2010年4月-6月、関西テレビ)滝沢秀樹 役
GOLD(2010年7月-9月、フジテレビ)早乙女洸 役
クローン ベイビー(2010年10月-12月、TBS)菊池ヒロ 役
チーム・バチスタSP2011~さらばジェネラル!天才救命医は愛する人を救えるか~(2011年1月2日、関西テレビ)滝沢秀樹 役
アスコーマーチ~明日香工業高校物語~(2011年4月-7月、テレビ朝日)横山有人 役
名探偵コナン 工藤新一への挑戦状 第9話(2011年9月1日、読売テレビ)服部平次 役
怪盗ロワイヤル(2011年10月-12月、TBS)主演・神村零 役
連続テレビ小説 梅ちゃん先生(2012年4月-9月、NHK)安岡信郎 役
名探偵コナン ドラマスペシャル 工藤新一 京都新撰組殺人事件(2012年4月12日、読売テレビ)服部平次 役
尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~(2012年10月7日、14日、WOWOW)小倉光太郎 役
梅ちゃん先生~結婚できない男と女スペシャル~(2012年10月13日、20日、NHK BSプレミアム)安岡信郎 役
金曜ロードSHOW!特別企画「リバース~警視庁捜査一課チームZ~」(2013年4月5日[16]、日本テレビ)主演・江上亨 役
TAKE FIVE~俺たちは愛を盗めるか~(2013年4月19日-6月、TBS)新美晴登 役
花の鎖(2013年秋放送予定、フジテレビ)

■映画 
侍戦隊シンケンジャー 銀幕版 天下分け目の戦(2009年8月8日公開、東映)主演・志葉丈瑠/シンケンレッド(声) 役
侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(2010年1月30日公開、東映)主演・志葉丈瑠/シンケンレッド(声) 役
天装戦隊ゴセイジャーVSシンケンジャー エピックon銀幕(2011年1月22日公開、東映)志葉丈瑠/シンケンレッド(声) 役
僕たちは世界を変えることができない。(2011年9月23日公開、東映)本田充 役
アントキノイノチ(2011年11月19日公開、松竹)松井新太郎 役
麒麟の翼 ~劇場版・新参者~(2012年1月28日公開、東宝)青柳悠人 役
グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~2012年6月4日公開、ソニー・ミュージックレコーズ)主演・トオル 役
王様とボク(2012年9月22日公開、ユナイテッドエンタテインメント)ミキヒコ 役
ツナグ(2012年10月6日公開、東宝)主演・渋谷歩美 役
今日、恋をはじめます(2012年12月8日公開、東宝)主演・椿京汰 役
ガッチャマン(2013年8月24日公開予定、東宝)主演・大鷲の健 役
風俗行ったら人生変わったwww(2013年11月9日こう書いてよエイセディックインターナショナル・電通)晋作 役

■劇場アニメ 
ドットハック セカイの向こうに(2012年1月21日公開、アスミック・エース エンタテインメント)田中翔 役[17]

■携帯電話配信ドラマ 
DEATH GAME PARK(2010年4月-、BeeTV)徳永翔大 役(井上正大とW主演)
運命のひと(2010年4月-、ヒルズダイエットショートムービー)早瀬 役
女神のイタズラ~キミになったボク(2011年3月20日-、BeeTV)主演・秀之・タクミ(二役)

■Vシネマ 
テレビマガジン応募者全員サービスDVD 侍戦隊シンケンジャー スペシャルDVD 光侍驚変身(2009年)主演・志葉丈瑠/シンケンレッド(声) 役
帰ってきた侍戦隊シンケンジャー 特別幕(2010年6月21日リリース、東映)主演・志葉丈瑠/シンケンレッド(声) 役

■バラエティ 
心ゆさぶれ!先輩ROCK YOU(2010年4月-2011年3月、日本テレビ)

■ドキュメンタリー 
レオナルド・ダ・ヴィンチ展特別番組 天才の肖像~「TAKE FIVE」が挑むダ・ヴィンチの謎~(2013年5月3日、TBS)ナビゲーター

■CM 
・バンダイ
「シンケンジャー 変身コレクション(2009年)
「キャラデコクリスマス」(2009年)
・チヨダ「CEDAR CREST」(2010年)[18]
・109men’s  イメージキャラクター(2011年)
・ハウス食品
「唐辛子の力」(2011年)
「ザ・ホテルカレー」(2012年-)
・サークルKサンクス「Cherie Dolce」(2011年)
・ロッテ(2012年-)
「ACUO」(2012年-)
「デュアル」(2013年-)
「ガーナチョコレート」(2013年-)
・三菱UFJニコス「MUFGカード ゴールド」(2012年-)
・PUMA「PUMA PLAY TIME」(2012年-)
・ポッカサッポロフード&ビバレッジ
「ひらめきコーヒー」篇(2013年-)
「aromax」(2013年-)
・朝日新聞社「朝日新聞デジタル」(2013年-)
・三井ショッピングパーク「ららぽーと」(2013年-)
・サッポロビール「麦とホップ」(2013年7月-)
・NTTドコモ(2013年-)

■雑誌・写真集 
FINEBOYS(日之出出版)専属モデル
桃李(2009年10月17日発売、ワニブックス)
道‐TAO‐(2011年10月25日マガジンハウス)[19]
松坂桃李コンプリートBOOK「TORing2010‐2012」(2012年10月26日、学研パブリッシング)

■舞台 
銀河英雄伝説(2011年1月7日-1月16日、青山劇場)ラインハルト 役
朗読劇「宮沢賢治が伝えること」(2012年5月9日-6月3日、世田谷パブリックシアター)
彩の国シェイクスピア・シリーズ第27弾 『ヘンリー四世』(2013年、演出:蜷川幸雄)ハル王子 役
 
【受賞歴】 
第85回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞
第33回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞
第25回石原裕次郎新人賞
第37回エランドール賞新人賞
第36回日本アカデミー賞新人俳優賞
第22回日本映画批評家大賞主演男優賞
第21回橋田賞新人賞


【脚注】 
[1]“松坂桃李のプロフィール” オリコン芸能人事典 2012年1月18日閲覧
[2]“松坂桃李のプロフィール・ヒストリー” オリコン芸能人事典 2012年1月18日閲覧
[3]“Artist★Artist(アーチスト★アーチスト)トップコート主宰” 2011年10月1日閲覧
[4]“松坂桃李が俳優デビューで戦隊シリーズの主演に”. オリコン 2011年9月28日閲覧
[5]“松坂桃李がシンケンジャーで新ヒーローに” 日刊スポーツ 2011年10月1日閲覧
[6]“松坂桃李が第85回キネマ旬報ベスト・テンで新人男優賞受賞” Web De-View(2012年1月16日) 2012年1月18日閲覧
[7]山崎伸子 (2011年12月10日)“故・原田芳雄、異例のヨコハマ映画祭最優秀男優賞を受賞!” MovieWalker 2012年1月18日閲覧
[8]“その弐 出演者インタビュー第一弾 志葉丈瑠役 松坂桃李、参る!” テレビ朝日『侍戦隊シンケンジャー』 2011年10月1日閲覧
[9]松坂桃李オフィシャルブログ「名前の由来について」より(2011年9月30日閲覧)
[10]松坂桃李オフィシャルブログ「ナンだこりゃ!!」より(2011年9月30日閲覧)
[11]“ヒーロー松坂桃李さんが選んだ、QuiCookingお気に入り魚料理レシピ ベスト3” 2011年9月30日閲覧
[12]松坂桃李オフィシャルブログ「一冊だけ…」より(2011年9月30日閲覧)
[13]松坂桃李オフィシャルブログ「みっちー。」より(2009年4月18日閲覧)
[14]“松坂桃李くんと鈴木勝吾くんが卓球対決! その舞台裏では……。” TVガイド 2011年9月28日閲覧。
[15]松坂桃李オフィシャルブログ「こんにゃく」より(2011年9月30日閲覧)
[16]当初は2013年1月25日に放送される予定だったが、アルジェリア人質拘束事件発生のため、放送延期となった。
[17]“フル3DCG長編アニメ『ドットハック』が2012年1月に劇場公開” 電撃オンライン 2011年8月23日閲覧。
[18]“CEDAR CREST” (株)チヨダ 2011年3月14日閲覧。
[19]“松坂桃李、大照れ初ヌード 素顔大胆披露” サンスポ. 2011年9月28日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.