綾瀬はるか あやせはるか

「綾瀬はるか」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「綾瀬はるか」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「綾瀬はるか」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

綾瀬はるかのプロフィール

綾瀬 はるか(あやせ・はるか)

生年月日:1985年3月24日
出身:広島県
血液型:B型

女優、歌手。本名は非公開。ホリプロ所属。

■略歴
2000年、第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビュー。

2001年、日本テレビ系ドラマ『金田一少年の事件簿』で女優デビュー。

2003年、フジテレビ系ドラマ『僕の生きる道』で初の連続ドラマレギュラー出演。

2004年、TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のヒロインに抜擢される。

2005年、年末に第47回 輝く!日本レコード大賞で司会を務める。

2006年3月24日、小林武史プロデュースによるシングル「ピリオド」で歌手デビュー。オリコンチャート初登場8位を記録。

2007年、日本テレビ系ドラマ『ホタルノヒカリ』で初の連続ドラマ単独主演。2010年にパート2が放送、2012年に映画版が公開されるほどのヒット作となる。

2013年、『八重の桜』でNHK大河ドラマ初出演及び主演。年末に第64回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務める。

2015年、出演作『海街diary』が第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品される[3][4]。年末に第66回NHK紅白歌合戦で紅組司会を務める。

2016年、NHK製作の大河ファンタジードラマ『精霊の守り人』にて主人公バルサ役を演じる。短槍使いの用心棒という役柄から殺陣も披露。第1シーズンから第3シーズン(最終章)まで演じる。

■受賞歴
・映画
2008年度
第32回山路ふみ子映画賞 新人女優賞(『僕の彼女はサイボーグ』『ザ・マジックアワー』『ICHI』『ハッピーフライト』)
第21回日刊スポーツ映画大賞 主演女優賞(『ザ・マジックアワー』『ICHI』『ハッピーフライト』)
2009年度
第52回ブルーリボン賞 主演女優賞(『おっぱいバレー』)
第33回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『おっぱいバレー』)
2015年度
第7回TAMA映画賞 最優秀女優賞(『海街diary』)
第37回ヨコハマ映画祭 主演女優賞(『海街diary』)
第28回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 主演女優賞(『海街diary』)
第39回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞(『海街diary』)
第70回毎日映画コンクール 女優主演賞(『海街diary』)
第25回東京スポーツ映画大賞 主演女優賞(『海街diary』)

・ドラマ
2004年度
第42回ゴールデン・アロー賞 新人賞
第42回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『世界の中心で、愛をさけぶ』)
2006年度
第48回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『白夜行』)
2009年度
第18回橋田賞 新人賞
第63回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『JIN-仁-』)
2010年度
第66回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞 (『ホタルノヒカリ2』)
2011年度
第69回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(『JIN-仁-』)
第15回日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞(『JIN-仁-』)
2013年度
第10回TVnaviドラマ・オブ・ザ・イヤー2013 主演女優賞(『八重の桜』)
2014年度
第18回日刊スポーツ・ドラマグランプリ 主演女優賞(『きょうは会社休みます。』)
第83回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『きょうは会社休みます。』)
2016年度
ジャパンアクションアワード(2017年) ベストアクション女優賞 最優秀賞(『精霊の守り人』)
2017年度
第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(『奥様は、取り扱い注意』)
第10回コンフィデンスアワード・ドラマ賞 主演女優賞(『奥様は、取り扱い注意』)
その他
第31回(2006年度)エランドール賞 新人賞

■書籍
・写真集
birth(2001年11月、集英社)ISBN 978-4-08-780338-9
ひと夏…。 綾瀬はるか写真集(2002年12月、メディア・クライス)ISBN 978-4-89-461926-5
HEROINE(2004年7月、小学館)ISBN 978-4-09-372101-1
tea spoon Vol.2 fanciful 〜featuring 綾瀬はるか〜(2006年2月、プレビジョン/角川書店)ISBN 978-4-04-894057-3
綾瀬はるかPHOTO BOOK “Float.”(2008年4月、ワニブックス)ISBN 978-4-84-704069-6
Haruka Ayase in Cyborg she『僕の彼女はサイボーグ』公式ガイドブック (2008年6月、ゴマブックス)ISBN 978-4-77-710963-0
綾瀬はるか in 「ICHI」(2008年10月、東京ニュース通信社)ISBN 978-4-86-336028-0
綾瀬はるか in おっぱいバレー オフィシャルPHOTOブック(2009年4月、東京ニュース通信社)ISBN 978-4-86-336052-5
綾瀬はるかフォトブック HARUKA(2012年6月、講談社)ISBN 978-4-06-217803-7
映画 ひみつのアッコちゃん 公式ビジュアルブック(2012年8月、小学館)ISBN 978-4-09-103224-9
原色 綾瀬はるか(2012年12月、文藝春秋)ISBN 978-4-16-375900-5
綾瀬はるかフォトブック Document(2014年5月、KADOKAWA)ISBN 978-4-04-110753-9
MOMENTO(2014年9月、集英社)ISBN 978-4-08-780715-8
SEA STORIES Haruka Ayase(2015年4月、宝島社)ISBN 978-4-80-023072-0
綾瀬はるか写真集 BREATH(2017年4月、集英社)ISBN 978-4-08-780810-0

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
・雑誌・新聞(インタビュー、グラビア等)
朝日新聞 2008年10月17日夕刊・金曜エンタ「ゾクゾクする絶対美人」
はるかの本(雑誌withにて連載)
朝日新聞 2016年1月15日 広告特集「今を生き、輝く『わたしを離さないで』」 - カズオ・イシグロとの対談

・ドキュメンタリー
TBSテレビ『NEWS23』取材班編 『綾瀬はるか「戦争」を聞く』(2013年4月19日、岩波ジュニア新書)ISBN 978-4-00-500741-7
TBSテレビ『NEWS23』取材班編 『綾瀬はるか「戦争」を聞くII』(2016年7月21日、岩波ジュニア新書)ISBN 978-4-00-500835-3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
綾瀬はるかを「ウィキペディア」で参照する