我慢できない!男性が一瞬でムラムラするデート終わりの悶絶ワード4つ

楽しかったデートの終わりが迫ると「もう少し一緒にいたいな…」なんて気持ちも出てきますよね。夜の場合は「朝まで一緒にいたい」なんて思う人もいるでしょう。それは男性も同じ。今回は、男性が一瞬でムラッとするデート終わりの悶絶ワードをご紹介。もしかしたらお持ち帰りされちゃうかも!?
我慢できない!男性が一瞬でムラムラするデート終わりの悶絶ワード4つ(Photo by konradbak/Fotolia)
我慢できない!男性が一瞬でムラムラするデート終わりの悶絶ワード4つ(Photo by konradbak/Fotolia)

「まだ行かないで」

「別れ際に“まだ行かないで”って言われると、もっと一緒にいたい気持ちが伝わってきて良い!あと、これは俺の個人的な感想なんだけど“まだ行かないで”ってワード、ちょっとエッチな感じしない?(笑)」(28歳/映像)

デートの別れ際、寂しさが募りに募った時に「まだ行かないで」と言われると男性は「うわ、超可愛い…!」という気持ちになります。

また、男性によって差はありますが“まだ行かないで”というワードで、あんなことやこんなことなど…ちょっとエッチなことを考えてしまう人もいるようです。

彼が「じゃあ…」と別れようとしたら、勇気を出して「まだ行かないで」と引き止めてみても良いでしょう。

「正直まだ飲み足りない」

「お店を出て終電が近い時に“正直、まだ飲み足りないんだけどね~”って言われるともっと一緒にいたいのかな?とか考えるね。ほろ酔いの状態で言われたら“じゃあそのまま2人で飲めるところで飲んで…とか思っちゃうよ」(30歳/編集)

お酒を飲んでそろそろ解散しようかという空気になった時、冗談っぽく「正直まだ飲み足りないんだけどね~」と言ってみましょう。

恥ずかしくてストレートに「もっと一緒にいたい」と言えない女性は、比較的言いやすい言葉かもしれません。

また、お酒が苦手という場合は「正直まだ喋り足りない」とまだまだ話したいという応用テクニックで、同じようなことを言うことが可能です。

ライトな感じで、彼にまだ一緒にいたいことを伝えることができますよ。

さっぱりとした感じで伝えると重たくならずに済む!(photo by khmelev/Fotolia)
さっぱりとした感じで伝えると重たくならずに済む!(photo by khmelev/Fotolia)

「もう少し触ってたい…」

「彼女とデートをする中で、手を繋いだりちょっと体を触りあったりすることがあるんだけど、彼女が“もう少し触ってたい…”って言ったらお泊りOKの合図。もうどんどん触ってくださーい!って気持ちになるよ(笑)」(25歳/営業)

付き合っている彼をムラムラさせたい!という女性は、少しストレートなワードを彼に投げかけても良いでしょう。

例えば手を握っているのであれば、握っている力を強くしながら言うとより真剣さが伝わります。

この時、少し恥ずかしそうに言えば「勇気を出して言ってくれたんだな」ということも伝えられるので、彼はもっと嬉しい気持ちになるはずです。

「もうバイバイなの…?」

「そろそろ解散しようかって流れになった時、彼女が“もうバイバイなの…?”って言ってきた時は可愛すぎてどうにかなりそうだった。バイバイするの嫌だ?って聞いたら小さく頷いたから、そのまま朝まで過ごした」(23歳/メーカー)

デートが終わるのが寂しいというのを、ストレートに伝えることができるワードになります。

これくらいなら言えるかも!という女性は、積極的に言ってみましょう。

そうすれば彼も「じゃあ、もう少し一緒にいる?」と言ってくれるかもしれません。

彼がドキドキしちゃうワードを言ってみて(photo by kiuikson/Fotolia)
彼がドキドキしちゃうワードを言ってみて(photo by kiuikson/Fotolia)
デート終わりというシチュエーションは、2人の思い出を左右する場面になります。

そんな時にこんなワードを言われたら、彼はドキドキしてしまうはず。

デートが終わってしまうのが寂しいという気持ちを、これらのワードに乗せてみては。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 我慢できない!男性が一瞬でムラムラするデート終わりの悶絶ワード4つ
今読んだ記事

我慢できない!男性が一瞬でムラムラするデート終わりの悶絶ワ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「コラム」カテゴリーの最新記事