(上段左から)竹中直人、黒島結菜、周防正行監督、成田凌、渡辺えり(下段左から)永瀬正敏、高良健吾、井上真央、音尾琢真、小日向文世、竹野内豊(C)「2019カツベン!(仮)」製作委員会

成田凌、映画初主演に抜擢 ヒロイン黒島結菜らキャスト発表<カツベン!>

2018.09.28 05:00
0
0

モデルで俳優の成田凌が、周防正行監督最新作「カツベン!(仮)」(2019年12月公開)で、映画初主演を務めることがわかった。ヒロインは女優の黒島結菜。合わせて、ほか出演者も発表された。

観客たちを映画の世界に誘い熱狂させる「活動弁士」通称“活弁”(カツベン)が活躍した、今からおよそ100年前の時代を舞台とする同作。活動弁士を夢見る青年が、とある小さな町の映画館に流れついたことからすべてが始まる「アクション×恋×笑い」の要素を織り交ぜたノンストップエンターテインメントとなっている。

成田凌、プレッシャー明かす

先日行われた東映京都撮影所での囲み取材で、同作で映画初主演となる成田は「もちろんプレッシャーも感じておりますが、何より安心感と信頼があるので、何があっても、這いつくばってでも真ん中に立っていようと思っています」と吐露。役どころについては「活動弁士に憧れる青年で、真っ直ぐに、素直に、でもやんちゃな部分も持ちつつ、愛するものに突き進んでいく役です」と述べた。

また、実際に活躍している活動弁士から指導をされたことも明かし、「堂々と自信を持ってやればいい!というアドバイスをしていただきました」と回想。撮影が始まる前に、周防監督とともに講談や浪曲を見に行ったときのことも振り返り、「活動弁士という仕事の楽しさを分かってきた。今後機会があれば本当にやってみたいなと思っています」と話した。

黒島結菜「貴重な経験になると思う」

一方、自身の役を「女優に憧れる女性で、非常に素直で純粋で、小さい頃に活動写真というものを見て、女優になりたいと思う一途な女の子です」と紹介したヒロイン役の黒島。「今後の私の女優人生の中でも非常に貴重な経験になると思うので、撮影を頑張りたいなと思っています」と意気込んだ。

成田凌&黒島結菜、オーディションで選ばれる

そして、2人を男女100人ずつのオーディションによって選んだことを明かした周防監督は、成田の主演抜擢を「会った時の素直な感じ、そして活動弁士として映画を解説している姿がオーディションを通じて想像できたので、その才能を信じてキャスティングさせてもらいました」と説明。黒島のヒロイン起用についても「役でも駆け出しの女優を演じる、その役柄にふさわしい初々しさと可愛らしさを感じました」と打ち明けた。

豪華出演者が発表

なお、成田・黒島のほか、竹中直人、渡辺えり、永瀬正敏高良健吾井上真央音尾琢真小日向文世竹野内豊が出演することも発表。共演にあたり成田は「錚々たる方々がいる中で、主演という形で携わらせていただきますが、主演だからと変に気構えることなく、監督を信じ、共演者の方々を信じて一生懸命やっていきたいです」と心境を明かした。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. 株式会社クワンジャパン

「映画」カテゴリーの最新記事

  1. ザテレビジョン
  2. SCREEN ONLINE
  3. ザテレビジョン
  4. シネマトゥデイ
  5. シネマトゥデイ
  6. SCREEN ONLINE
  7. ABEMA TIMES
  8. シネマトゥデイ