竹野内豊(たけのうちゆたか)

誕生日:
1971年1月2日
星座:
やぎ座
身長:
179cm
画像 記事 プロフィール

竹野内豊の関連リンク

竹野内豊に関する画像

竹野内豊に関する記事

  1. 竹野内豊&黒木華、映画「イチケイのカラス」特報&ティザービジュアル初解禁

    モデルプレス

  2. 伊藤沙莉、竹野内豊の恋人役で主演映画決定 乃木坂46久保史緒里らも出演<探偵マリコの生涯で一番悲惨な日>

    モデルプレス

  3. 竹野内豊&黒木華、月9「イチケイのカラス」が映画化決定 最終回から2年後のストーリー

    モデルプレス

  4. 竹野内豊&山田孝之、11年ぶり共演でW主演映画 6人の女たちに翻弄される<唄う六人の女>

    モデルプレス

  5. 大人の色気がすごいと思う50代の男性俳優ランキング

    gooランキング

  6. 綾瀬はるか・佐藤健ら晴れ着で集結 書き初め&鏡開きで「ぎぼむすSP」アピール

    モデルプレス

  7. 綾瀬はるか&竹野内豊&佐藤健、思わずうなったものとは?Sexy Zone菊池風磨も“叫ぶ”

    モデルプレス

  8. 竹野内豊、所属事務所退社へ「突き上げられる思いを感じ」50歳節目に決断<コメント全文>

    モデルプレス

  9. MIU404にドロ刑…読者が選ぶ「続編が観たい刑事・警察ドラマ」ランキングを発表

    モデルプレス

  10. 「イチケイのカラス」続編あるかも? 最終回にロス広がるも...ファンを期待させる「意味深な台詞」とは

    J-CASTニュース

  11. フジ月9ドラマ「イチケイのカラス」番組最高タイの13.9%で有終

    デイリースポーツ芸能

  12. 竹野内豊、黒木華らと「イチケイのカラス」クランクアップ「長くて過酷な撮影期間ではありました」

    モデルプレス

  13. 永野芽郁・広瀬アリスら「地獄の花園」キャスト、月9「イチケイのカラス」で“被告人”に 竹野内豊&バカリズムが生んだコラボ決定

    モデルプレス

  14. 竹野内豊、元恋人との“苦い思い出”告白 新田真剣佑も「怖い怖い」

    モデルプレス

  15. 竹野内豊主演、新月9ドラマ「イチケイのカラス」初回視聴率は13.9% 2桁の好発進

    モデルプレス

  16. 竹野内豊「ロンバケ」木村拓哉のエピソード明かす

    モデルプレス

  17. 新田真剣佑、幼少時代に竹野内豊と2ショット 20年ぶり再会で“比較写真”公開「大きくなりました」

    モデルプレス

  18. 竹野内豊、新田真剣佑と約20年ぶりの再会「高い高いとかやったりもした」成長に感慨<イチケイのカラス>

    モデルプレス

  19. 【2021年春ドラマ】石原さとみ&綾野剛ら恋愛ドラマが豊作・「ドラゴン桜」続編も あらすじ&見どころまとめ

    モデルプレス

  20. 竹野内豊&黒木華、月9「イチケイのカラス」クランクイン 初共演も初日からバディぶり発揮

    モデルプレス

竹野内豊のプロフィール

竹野内 豊(たけのうち ゆたか、1971年1月2日 - )は、日本の俳優。
東京都出身。研音所属。

竹野内 豊(たけのうち ゆたか)

本名:竹野内 豊

生年月日:1971年1月2日

出生地:東京都

身長:179cm

血液型:O型




◆経歴◆

・もともとモデルをしており「ザッツ!・上岡龍太郎vs50人」(TBS)で、「男性モデル50人」をテーマに取り上げたときに、50人のうちのひとりとして出演。

・1994年放送のテレビドラマ『ボクの就職』でデビュー。

・1995年に放送された『星の金貨』では主演の大沢たかおと女性ファンの人気を二分した。

・1996年『ロングバケーション』で一気に注目度が上がる。

・1997年放送の『ビーチボーイズ』で一躍トップクラスの人気を獲得。

・2003年放送の『ヤンキー母校に帰る』では元ヤンの熱血教師というこれまでにない硬派な役を演じる。

・2009年放送の『BOSS』では女好きでノリの軽いエリート警察官僚を演じた。

・2010年2月よりレナウンの男性向けブランド「D'URBAN(ダーバン)」のイメージキャラクターを務める。

・2010年10月放送の『流れ星』で、9年振りにフジテレビ月9ドラマに主演。


◆人物◆

母と姉が雑誌社に履歴書を送ったことがきっかけで高校生でモデルデビュー。

1990年代後期や一部ドラマでは役作りのためにヒゲを剃っていたこともあるが、
ロングバケーション出演時よりヒゲをはやすようになり、以来もみ上げから顎に繋がるヒゲがトレードマークとなる。

極めてシリアスな医師や熱血漢の教師、おちゃらけた性格の弁護士、さらには世間に広く知られる歴史上の人物まで幅広く演じ、賞も数多く受賞(詳しくは後述)。
特に『流転の王妃・最後の皇弟』に臨むにあたっては、髪を切り北京語をマスターしてから愛新覚羅溥傑役を演じている。


◆出演◆

【テレビドラマ】

・ボクの就職(1994年、TBS) - 佐々木三四郎 役

・東京大学物語(1994年、テレビ朝日) - 朝倉晃一 役

・星の金貨(1995年、日本テレビ) - 永井拓巳 役

・まだ恋は始まらない(1995年、フジテレビ) - 永井聡 役

・ロングバケーション(1996年、フジテレビ) - 葉山真二 役

・続・星の金貨(1996年、日本テレビ) - 永井拓巳 役

・理想の結婚(1997年、TBS) - 大滝勉 役

・ビーチボーイズ(1997年、フジテレビ) - 鈴木海都 役

・ビーチボーイズ スペシャル(1998年、フジテレビ) - 鈴木海都 役

・WITH LOVE(1998年、フジテレビ) - 長谷川天 役

・世紀末の詩(1998年、日本テレビ) - 野亜亘 役

・氷の世界(1999年、フジテレビ) - 廣川英器 役

・真夏のメリークリスマス(2000年、TBS) - 樹下涼 役

・できちゃった結婚(2001年、フジテレビ) - 平尾隆之介 役

・利家とまつ〜加賀百万石物語〜(2002年、NHK) - 佐脇良之 役

・サイコドクター(2002年、日本テレビ) - 楷恭介 役

・タイムリミット(2003年、TBS) - 水沢剛 役

・ヤンキー母校に帰る(2003年、TBS) - 吉森真也 役

・流転の王妃・最後の皇弟(2003年、テレビ朝日) - 愛新覚羅溥傑 役

・離婚弁護士(2004年、フジテレビ) - 広澤善之 役(第1話ゲスト)

・人間の証明(2004年、フジテレビ) - 棟居弘一良 役

・瑠璃の島(2005年、日本テレビ) - 高原信(川島達也) 役

・輪舞曲(2006年、TBS) - 西嶋ショウ 役

・家族〜妻の不在・夫の存在〜(2006年、テレビ朝日) - 上川亮平 役

・Tomorrow〜陽はまたのぼる〜(2008年、TBS) - 森山航平 役

・BOSS(2009年、フジテレビ) - 野立信次郎 役

・不毛地帯 (2009年~2010年、フジテレビ) - 兵頭信一良 役

・流れ星(2010年、フジテレビ) - 岡田健吾 役

・BOSS 2ndシーズン(2011年、フジテレビ) - 野立信次郎 役

・もう一度君に、プロポーズ(2012年、TBS) - 宮本波留 役

・オリンピックの身代金(2013年、テレビ朝日) - 落合昌夫 役

・素敵な選TAXI(2014年、関西テレビ) - 枝分 役


【その他】

・地球創世ミステリー マザー・プラネット〜奇跡の島・ガラパゴス -命の遺産-(2008年、TBS) - ナビゲーター

・密着!300日 実録「太平洋の奇跡」竹野内豊が見た、サイパン戦の真実(2011年、日本テレビ)

・NHKスペシャル『終戦決断~なぜもっと早くできなかったのか~』(2012年、NHK) - ナビゲーター

・『裸にしたい男 竹野内豊』(2012年、NHK)


【映画】

・冷静と情熱のあいだ(2001年、東宝) - 阿形順正 役

・明日への遺言(2008年、アスミック・エース) - ナレーション

・あの空をおぼえてる(2008年、ソニーピクチャーズエンタテイメント) - 深沢雅仁 役

・さまよう刃(2009年、東映) - 織部孝史 役

・太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男-(2011年、東宝) - 大場栄 役

・大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇(2011年、ギャガ) - 大木信義 役

・謝罪の王様(2013年、東宝) - 箕輪正臣 役

・ニシノユキヒコの恋と冒険(2014年、東宝) - ニシノユキヒコ 役


【テレビアニメ】

・人間交差点(2003年、テレビ東京)


【CM】

・JR東日本「Ski Ski」(1995年 - 1996年)

・NEC「スピークス」(1995年 - 1999年)

・カルビー「かっぱえびせん」(1996年 - 1997年)

・ボシュロム・ジャパン「メダリスト」(1996年 - 1997年)

・ダイドードリンコ(1997年 - 2001年)

・講談社「TOKYO★1週間」(1997年 - 1998年)

・マリアナ政府観光局(1997年 - 1998年)

・資生堂「ボルティ」(1998年 - 2000年)

・ロッテ(1998年 - 2000年)
「紗々」
「二重」

・三陽商会「EZ by Zegna」(1998年 - 2000年)

・第一製薬「メディエード」(1998年 - 2000年)

・日本航空(2000年 - 2001年)
「JAL ACTIVE 北海道 2000」
「JALカード」
「マイレージバンクカード」
「SEASONS」
「JAL SKI 北海道・東北2001」

・ソーテック(2000年 - 2001年)
「PC STATION Gシリーズ」
「AFINA」

・朝日生命「保険王」(2001年 - 2004年)

・日本コカ・コーラ
「茶宝」(2002年〜2003年)
「爽健美茶」(2009年~2010年)

・KDDI「au」(2002年 - 2003年)

・辰馬本家酒造「黒松白鹿 山田錦」(2003年 - 2005年)

・ネスレ日本「ネスカフェ サンタマルタX」(2003年 - 2004年)

・富士フイルム「FinePix」(2003年 - 2005年)

・早稲田アカデミー(2004年 - 2005年)

・UFJニコス「UFJカード」(2005年 - 2006年)

・宝酒造「タカラ焼酎ハイボール」(2006年 - 2007年)

・東洋ゴム「TRAMPATH MP4」(2006年 - 2009年)

・三井住友海上火災保険(2007年 - 2009年)

・麒麟麦酒「新キリン・ザ・ゴールド」(2008年 - 2009年)

・レナウン「D'URBAN」(2010年 - )

・JT「Roots アロマボトルシリーズ」(2011年 - )

・日本中央競馬会「The GI Story」(2014年)


◆受賞歴◆

・1996年 第33回ゴールデン・アロー賞・放送新人賞(『星の金貨』)

・2001年 第25回日本アカデミー賞・優秀主演男優賞(『冷静と情熱のあいだ』)

・2003年 月間ギャラクシー賞・個人賞(『ヤンキー母校に帰る』)

・2003年 ギャラクシー賞・年間個人賞(『タイムリミット』『ヤンキー母校に帰る』『流転の王妃・最後の皇弟』)

・2004年 第12回橋田賞・個人賞(『ヤンキー母校に帰る』『流転の王妃・最後の皇弟』)

・2012年 第54回ブルーリボン賞・主演男優賞(『太平洋の奇跡』)


出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.