藤原竜也(画像提供:小学館)

藤原竜也、蜷川実花撮影で女心を惑わす“悪い男”に

2021.08.26 09:00

俳優の藤原竜也が27日発売の雑誌「Oggi」10月号に登場。オンナ心を惑わす「悪い男」をテーマに撮影を行った。


藤原竜也、オンナ心を惑わす“悪い男”に

卓越した演技力で観る者を圧倒し続ける俳優・藤原。独特な色彩美で幻想的な世界へいざなう写真家・映画監督の蜷川実花。ふたりの異才が、『Oggi』でフォトセッション。オンナ心を惑わす「悪い男」をテーマに濃密な撮り下ろしに挑んだ。

セッションは、蜷川が旬の俳優やアーティストを撮り下ろす同誌の不定期連載「悪い男」で実現。演出家の故・蜷川幸雄さんの薫陶を受けた藤原と、娘・実花という特別な関係のセッションは、かねてから親交の深い間柄だけに息の合った撮影になった。

藤原竜也、大人の色気を披露

藤原竜也(画像提供:小学館)
藤原竜也(画像提供:小学館)
今回、藤原が演じた「悪い男」の設定は、「もしも藤原竜也が居候だったら」。写真にはこんな物語が添えられている。

「ただそこにいるだけで妖しい魅力を放つ人。引き留める理由は見つからないし、きっと彼も留まる理由はないけれども、お互い逃げられないでいる」「別にどうだっていいじゃないか…藤原竜也はいい加減な男」

裸のままベッドの上で過ごす“居候”と、離れられない男女の関係。退廃的な愛のかたちを、蜷川があえてモノクロームで撮影し、40歳を手前にあふれ出す藤原の大人の色気を白と黒の世界で妖しく写し出す。

現在公開中の主演映画『鳩の撃退法』では、かつて直木賞を受賞した天才作家役を演じている藤原だが、写真には映画を連想させる、万年筆と原稿用紙を手にするシーンも。モノクロの世界で裸で執筆するその姿はデカダンの作家をも連想させる。

藤原竜也、15分で撮影終了

「Oggi」10月号(8月27日発売、小学館)表紙:飯豊まりえ(画像提供:小学館)
「Oggi」10月号(8月27日発売、小学館)表紙:飯豊まりえ(画像提供:小学館)
撮影は、メイクルームから登場して1分にも満たない間に始まり、なんと15分で終了。普通では考えられない高速セッションからも、ふたりの信頼の強さが垣間見えた。

藤原は「それぞれの作品の現場で『やりやすい、やりにくい』ということを考える方ではないのですが、実花さんに関してはそれと別に真剣に向き合わなきゃ、という気持ちになります。映像でも写真でも面白いんですよ、実花さんのお仕事。今日も楽しかったです」とコメントした。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 藤原竜也「1日1食が多い」独自の健康法明かす
    藤原竜也「1日1食が多い」独自の健康法明かす
    モデルプレス
  2. 土屋太鳳、藤原竜也の“行きつけのバー”で本人に遭遇<鳩の撃退法>
    土屋太鳳、藤原竜也の“行きつけのバー”で本人に遭遇<鳩の撃退法>
    モデルプレス
  3. 「カイジ ファイナルゲーム」「太陽は動かない」など配信決定 アマプラ7月配信コンテンツ発表
    「カイジ ファイナルゲーム」「太陽は動かない」など配信決定 アマプラ7月配信コンテンツ発表
    モデルプレス
  4. 藤原竜也&松山ケンイチW主演「ノイズ」映画化決定「デスノート」“名ライバル”が“殺人の共犯”に
    藤原竜也&松山ケンイチW主演「ノイズ」映画化決定「デスノート」“名ライバル”が“殺人の共犯”に
    モデルプレス
  5. 藤原竜也、竹内涼真との過酷撮影に悲鳴 もしも続編があったら?<太陽は動かない>
    藤原竜也、竹内涼真との過酷撮影に悲鳴 もしも続編があったら?<太陽は動かない>
    モデルプレス
  6. 藤原竜也、バラエティー収録後スタッフ感激の豪快エピソード「あんなゲストはいない」
    藤原竜也、バラエティー収録後スタッフ感激の豪快エピソード「あんなゲストはいない」
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 舌打ち、貧乏ゆすり、悪口…レストランで目に余る彼氏の言動に「命の恩人でも無理」「なんで付き合った?」と厳しい声
    舌打ち、貧乏ゆすり、悪口…レストランで目に余る彼氏の言動に「命の恩人でも無理」「なんで付き合った?」と厳しい声
    WEBザテレビジョン
  2. 「自分らしさ」を見つけたい 自分だけのアイデンティティの探しかた
    「自分らしさ」を見つけたい 自分だけのアイデンティティの探しかた
    fumumu
  3. 名古屋在住のご当地タレント、『山内ともな』が経済産業省・資源エネルギー庁主催シンポジウム 「大切なエネルギーと紡ぐ私たちの未来」 〜どこかの誰かだけの問題じゃない地層処分〜に登壇!!
    名古屋在住のご当地タレント、『山内ともな』が経済産業省・資源エネルギー庁主催シンポジウム 「大切なエネルギーと紡ぐ私たちの未来」 〜どこかの誰かだけの問題じゃない地層処分〜に登壇!!
    WWS channel
  4. かまいたち山内、韓国カジノで高額ルーレット!一撃で大金ゲットしカメラを忘れ大絶叫
    かまいたち山内、韓国カジノで高額ルーレット!一撃で大金ゲットしカメラを忘れ大絶叫
    ABEMA TIMES
  5. 大学生になった芦田愛菜、ファッションやメイクにも興味 美容誌の表紙にも挑戦
    大学生になった芦田愛菜、ファッションやメイクにも興味 美容誌の表紙にも挑戦
    ABEMA TIMES
  6. 真田広之、社会現象となった「高校教師」から30年 “ハリウッドスター”への道のり 最新作ではプロデュース&主演務める<SHOGUN 将軍>
    真田広之、社会現象となった「高校教師」から30年 “ハリウッドスター”への道のり 最新作ではプロデュース&主演務める<SHOGUN 将軍>
    WEBザテレビジョン
  7. 「なにがとは言わないが、おおきそう」東堂とも、色白バストショットに思わず二度見
    「なにがとは言わないが、おおきそう」東堂とも、色白バストショットに思わず二度見
    ENTAME next
  8. 藤澤響花、スラリ美脚魅せるスポーティーコーデにファンドギマギ「憧れのスタイル」
    藤澤響花、スラリ美脚魅せるスポーティーコーデにファンドギマギ「憧れのスタイル」
    WWS channel
  9. 津田寛治、台本を読み号泣 作品の温かさ故の気付きを語る「実はマエストロ(=西島秀俊“俊平”)って一番悪い人なのでは?」<さよならマエストロ>
    津田寛治、台本を読み号泣 作品の温かさ故の気付きを語る「実はマエストロ(=西島秀俊“俊平”)って一番悪い人なのでは?」<さよならマエストロ>
    WEBザテレビジョン

あなたにおすすめの記事