えなこ(C)モデルプレス

コスプレイヤーえなこが“日本一”の理由 ポイントは顔&スタイルだった

2021.07.03 23:57

“日本一のコスプレイヤー”と称されるえなこが、3日放送の「マツコ会議」(毎週土曜よる11時~)に出演。マネージャー兼社長が“日本一”の理由を解説した。


えなこの活躍 マツコからみると…

「コスプレイヤーなのになぜグラビアをやるのか?」などとネット上で総攻撃を受け、心が折れそうになる時があるというえなこに、マツコは「コスプレイヤーと一括にする時代でもなくなった。えなこちゃんみたいな人は“職業コスプレイヤー”だけど、それを見ている人はコスプレしている姿を見たいだけじゃなくて、その先の本人に興味を持ってしまっている。それはもう、結果としてえなこちゃんが得たもの。そのことをとやかくいう筋合いは誰にもない。私は半分やっかみだと思う」ときっぱり。

コスプレイヤーという職業の認知度についても、マツコは「全年代からしたら行き渡っていないと思うけど、市場ということで考えるとコスプレイヤーという職業の認知度は、相当な認知度になっている」と持論を展開した。

雑誌に出る理由

えなこ(C)モデルプレス
えなこ(C)モデルプレス
えなこ(C)モデルプレス
えなこ(C)モデルプレス
また、えなこの所属事務所のマネージャー兼社長はコスプレイヤーが雑誌に出ることについて「私たちオタクで、漫画・アニメ・ゲームなど多大なる恩恵を受けて生きていて恩返しがしたいということもある。推しの漫画が載っている雑誌の編集部に感謝されたら嬉しいみたいな。動機が不純なんですけど(笑)」とその根底にある思いを告白。

すると、マツコも「私がまだ雑誌の連載を続けていたり『5時に夢中』に出てるみたいなもの。一切金にはならないですが義理と人情でやっています」と共感していた。

えなこが“日本一”のワケ

えなこ(C)モデルプレス
えなこ(C)モデルプレス
さらに、社長はえなこが“日本一”になった理由について聞かれると、「まず顔がめちゃくちゃ可愛い。全てがフィギュアのようで、顔立ち・骨格からして二次元にとっても近い。いろいろなキャラをやっても合う“ヒロイン顔”。胸も“ない乳”でもなく“爆乳”でもない、ちょうど良いヒロインのおっぱい。へその位置がとにかく人より高い。だからウエストのくびれがすごい出る。お尻も小柄なのにかなり肉付きがいい。漫画体型なんですよ」と解説。あまりの饒舌ぶりにマツコも驚いていた。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ
【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. “日本一のコスプレイヤー”えなこ、ブレイク前の境遇にマツコも共感 マインド熱く語る
    “日本一のコスプレイヤー”えなこ、ブレイク前の境遇にマツコも共感 マインド熱く語る
    モデルプレス
  2. “日本一のコスプレイヤー”えなこ&プロゲーマーが交際公表 驚き&祝福の声続々
    “日本一のコスプレイヤー”えなこ&プロゲーマーが交際公表 驚き&祝福の声続々
    モデルプレス
  3. えなこと同棲中・プロゲーマー“けんき”とは 2019年に交際開始<プロフィール>
    えなこと同棲中・プロゲーマー“けんき”とは 2019年に交際開始<プロフィール>
    モデルプレス
  4. 【略歴】“日本一のコスプレイヤー”えなこ、プロゲーマーけんきと交際公表 新境地開拓でコスプレイヤーにとどまらぬ活躍
    【略歴】“日本一のコスプレイヤー”えなこ、プロゲーマーけんきと交際公表 新境地開拓でコスプレイヤーにとどまらぬ活躍
    モデルプレス
  5. 【独自取材】えなこ、プロゲーマーけんきと同棲報道で交際公表 結婚可能性にも言及
    【独自取材】えなこ、プロゲーマーけんきと同棲報道で交際公表 結婚可能性にも言及
    モデルプレス
  6. “日本一のコスプレイヤー”えなこ、新たな挑戦決意までに葛藤「変わらないという選択肢はない」ファンの言葉が自信に
    “日本一のコスプレイヤー”えなこ、新たな挑戦決意までに葛藤「変わらないという選択肢はない」ファンの言葉が自信に
    モデルプレス

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. 乃木坂46久保史緒里、傷心旅行でのハプニング “超高級店通い計画”実現に意欲
    乃木坂46久保史緒里、傷心旅行でのハプニング “超高級店通い計画”実現に意欲
    モデルプレス
  2. IMPACTors鈴木大河、舞台「キングダム」への意気込み明かす「名前のとおりインパクトを残せるように…」
    IMPACTors鈴木大河、舞台「キングダム」への意気込み明かす「名前のとおりインパクトを残せるように…」
    モデルプレス
  3. 乃木坂46卒業控える秋元真夏、後輩への“手書きメッセージ”にファン感涙「愛が伝わる」「最高のキャプテン」
    乃木坂46卒業控える秋元真夏、後輩への“手書きメッセージ”にファン感涙「愛が伝わる」「最高のキャプテン」
    モデルプレス
  4. 三浦宏規&高野洸ら、舞台「キングダム」開幕で感無量 原作者・原泰久氏「4度泣きました」
    三浦宏規&高野洸ら、舞台「キングダム」開幕で感無量 原作者・原泰久氏「4度泣きました」
    モデルプレス
  5. ノンスタ井上、1回り以上年下の妻と喧嘩 妻もブログで反論「ただ謝ればいいわけでもないと思う」それぞれに共感の声
    ノンスタ井上、1回り以上年下の妻と喧嘩 妻もブログで反論「ただ謝ればいいわけでもないと思う」それぞれに共感の声
    ABEMA TIMES
  6. Hey!Say!JUMP中島裕翔のカリにSixTONESジェシー、ドン引き!されるがままにキメられる!?
    Hey!Say!JUMP中島裕翔のカリにSixTONESジェシー、ドン引き!されるがままにキメられる!?
    COCONUTS
  7. AAA宇野実彩子、“子どもの頃からファンだった”TOKIOメンバー告白「私の世代ドンピシャで」
    AAA宇野実彩子、“子どもの頃からファンだった”TOKIOメンバー告白「私の世代ドンピシャで」
    モデルプレス
  8. 「あの曲なんだっけ?」うろ覚えの歌詞投稿したら…まさかの本人降臨→歌唱 ネット歓喜「ノリ良すぎ」
    「あの曲なんだっけ?」うろ覚えの歌詞投稿したら…まさかの本人降臨→歌唱 ネット歓喜「ノリ良すぎ」
    ENCOUNT
  9. 倉科カナ、ドライブで海に行きたい 車内では爆音BGMで熱唱希望「ストレス発散になるかな」
    倉科カナ、ドライブで海に行きたい 車内では爆音BGMで熱唱希望「ストレス発散になるかな」
    ENCOUNT

あなたにおすすめの記事