元乃木坂46永島聖羅ら、鈴木伸之主演ドラマ「お茶にごす。」追加キャストに決定

0
1
劇団EXILEの鈴木伸之が主演を務め、2021年テレビ東京にて放送予定のドラマ「お茶にごす。」の追加キャストとして、元乃木坂46永島聖羅らが発表された。
(上段左から)永島聖羅、仁科かりん、平川結月(下段左から)山本直寛、濱正悟、野間口徹(C)西森博之/小学館(C)「お茶にごす。」製作委員会
(上段左から)永島聖羅、仁科かりん、平川結月(下段左から)山本直寛、濱正悟、野間口徹(C)西森博之/小学館(C)「お茶にごす。」製作委員会
原作は、2007年から2009年に「週刊少年サンデー」(小学館)で連載されていた西森博之原作の同名コミック。「今日から俺は!!」「天使な小生意気」など、全ての作品の累計発行部数は5,000万部超え、キャラクターの面白みで勝負する“ヤンキーギャグ漫画”として金字塔を打ち出した西森氏による、青春・学園・ヤンキー・コメディが詰まった作品が実写化。

「お茶にごす。」書影(C)西森博之/小学館
「お茶にごす。」書影(C)西森博之/小学館
主人公・船橋雅矢を演じるのは、「あなたのことはそれほど」(TBS)やドラマ・映画「今日から俺は!!」(日本テレビ)など数多くの話題作に出演、来年3月には映画「ブレイブー群青戦記-」の公開を控えるなど活躍中の鈴木。共演者には瀬戸利樹、萩原みのり、久間田琳加が決定している。

元乃木坂46永島聖羅ら、追加キャストに決定

萩原みのり演じる浅川夏帆の親友で開架高校1年生茶道部・飯倉智花役には、2016年3月にアイドルグループ・乃木坂46を卒業後数多くのドラマや舞台に出演、バラエティー番組やラジオなど多方面で活躍しており地上波連続ドラマのレギュラー出演が初となる永島。

開架高校2年生茶道部副部長・慎大寺珠美役には、昨年10月に自身出演の映画「ファンファーレが鳴り響く」が公開し、本作が地上波ドラマ初出演となる今注目の女優・仁科かりん。同じく開架高校2年生茶道部・奥沼民子役には2018年に開催されたLDH Presents「THE GIRLS AUDITION」にてグランプリを受賞後、舞台やWEB CMなどに出演し、本作が地上波ドラマ初出演となる平川結月が決定した。

さらに、曲がったことが嫌いで、船橋をライバル視する軽挙高校1年生・樫沢光輝役には、「女子高生の無駄づかい」(テレビ朝日)や「行列の女神〜らーめん才遊記〜」(テレビ東京)に出演し、舞台や朗読劇など幅広く活躍中の山本直寛、船橋に何かと喧嘩を売る開架高校1年生・北沼役には、「快盗戦隊ルパンレンジャー VS 警察戦隊パトレンジャー」(テレビ朝日)に出演後、「100文字アイデアをドラマにした!」(テレビ東京)や「#リモラブ〜普通の恋は邪道〜」(日本テレビ)など話題作に出演し、昨年は6作品の映画に出演するなど今注目の濱正悟も決定。

開架高校の教師で茶道部顧問・縦島洋役は、昨年計7作品の映画に出演し、数多くのドラマにも出演する名バイプレーヤー野間口徹が演じる。(modelpress編集部)

「お茶にごす。」あらすじ

強面で威圧的な雰囲気で中学最強の不良と恐れられた船橋雅矢(鈴木)は、むやみやたらと喧嘩を売られてしまう日々に嫌気がさしていた。高校入学を機に“暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい”と願う船橋はひょんなことから茶道部に入部することに。茶道の心得を知り茶道部の仲間たちと関わることで少しずつ変わっていく船橋だったが、果たして暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか。

永島聖羅(飯倉智花役)コメント

浅川夏帆の親友で、いつも一緒にいる平和主義の飯倉智花を演じました。強烈すぎる登場人物やテンポの良い掛け合いに、きっと笑ってしまうと思います。何より一人一人が愛おしく、愛すべきキャラクター達ばかりです。

キャストの皆さんや監督、スタッフさん達はもちろん、飯倉智花に、この作品に出会えて、本当に2020年の夏は熱く濃い青春でした。ぜひ、楽しみにしていただけたら嬉しいです!

仁科かりん(慎大寺珠美役)コメント

私にとって何もかもが新鮮でとっても楽しい撮影でした。オーディションの時から慎大寺を演じたら楽しそうだなあとずっと思っていて、皆さんのおかげでやっぱり本当に楽しく演じることができました。妄想ばかりのしっかり者風な副部長をどうか宜しくお願いします。ドラマならではの面白さも感じていただければと思います。是非是非、青春を見届けて下さい!

平川結月(奥沼民子役)コメント

私は今回がドラマ初出演で、出演が決まった日からクランクインの日まで本当に緊張していました。でも撮影が始まると、皆さんが優しく声をかけて下さったり、本当の学生のように楽しく充実した日々を過ごすことができ、とても嬉しかったです!奥沼は、慎大寺とのコンビ感を特に意識して撮影したので楽しみにしていて下さい。

山本直寛(樫沢光輝役)コメント

出演が決まった時はとにかく嬉しかったです。原作を読んだ時にはもう樫沢の大ファンになっていたので、演じることが待ち遠しかったです。樫沢は真っ直ぐな男です。正直に生きるからこそ、道を外すこともしばしばありますが、僕にはとっても愛おしいキャラクターに思えます。ライバルポジションですが、撮影中は茶道部の輪に混ぜてもらい、楽しく臨むことができました。是非ご覧ください!!

濱正悟(北沼役)コメント

西森先生作品に出演できることを心から嬉しく思います。とてもアットホームで愉快な現場だったので北沼として楽しんで暴れさせていただきました。何よりこのご時世にお芝居しやすい環境をつくってくださり本当に感謝です。真夏の熱量たっぷりな撮影だったのでいつも以上にお茶が美味しく感じられました。是非ともご覧くだ茶い!

野間口徹(縦島洋役)コメント

今回、かなりぶっ飛んだ教師役をやらせて頂きました。台本上でも人格破綻してましたが、さらに盛ってしまいました。だって、誰も止めてくれなかったんです…すみません、言い訳です。だいぶおかしなドラマですが、見終わった後に「茶道、ちょっとやってみようかな」と思うでしょう。その時は一緒に通いましょう。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 元乃木坂46永島聖羅ら、鈴木伸之主演ドラマ「お茶にごす。」追加キャストに決定
今読んだ記事

元乃木坂46永島聖羅ら、鈴木伸之主演ドラマ「お茶にごす。」追…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事