菅田将暉、同じマネージャーの松坂桃李を心配「追い込みすぎ」

0
1
21日放送のTBS系「A-Studio+」(毎週金曜よる11時~)に、俳優の菅田将暉が出演。俳優としての転機と、俳優の松坂桃李への思いを語った。
松坂桃李、菅田将暉 (C)モデルプレス
松坂桃李、菅田将暉 (C)モデルプレス

転機は映画「共喰い」のオーディション

菅田が日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、その演技力を高く評価された映画「共喰い」。この役は、当時ちょうど変わったばかりだったマネージャーから、作品がR指定で濡れ場もあることを伝えられつつ「菅田くんがやりたいって思ったらオーディションを」と声をかけられたのがきっかけだったのだという。

菅田将暉 (C)モデルプレス
菅田将暉 (C)モデルプレス
それまでは以前のマネージャーのもとアイドル路線で芸能活動が進んでおり「これが悪いってことではなくて、でも他にもいろいろあるよなって…」という状態だったという菅田。新マネージャーになって初めて、自身での「選択」を任された19歳当時が、菅田のその後の俳優人生の転機となったことが明かされた。

松坂桃李を大絶賛も「追い込みすぎ」と心配も

松坂桃李、菅田将暉 (C)モデルプレス
松坂桃李、菅田将暉 (C)モデルプレス
現在も同じマネージャーのもと、演技派として映画やドラマ、テレビやラジオと大活躍の菅田。同じマネージャーだという松坂について、「作品の一個一個への濃度がすごい」と俳優としての松坂を目を見開いて大絶賛する場面も。

同時に「(自分もいろいろな仕事を)やってますけど、傍目で見ていて桃李くんは追い込みすぎ」「自分がどんだけしんどくても、桃李くんのスケジュール見たらがんばろうと思いますもん」と松坂の仕事ぶりを心配する言葉も口にしていた。(modelpress編集部)

情報:TBS
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 菅田将暉、同じマネージャーの松坂桃李を心配「追い込みすぎ」
今読んだ記事

菅田将暉、同じマネージャーの松坂桃李を心配「追い込みすぎ」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事