嵐、4つの発表<20周年記念日会見生配信まとめ/冒頭挨拶全文>

3日、都内にて(大野智・櫻井翔・相葉雅紀・二宮和也・松本潤)が会見を行い、今後の活動について4つの発表を行った。会見の様子はYouTubeの公式チャンネルでも生配信された。以下、発表内容をまとめる。
嵐(提供写真)
嵐(提供写真)

目次

  1. 1. 【1】5つのSNSアカウント開設
  2. 2. 【2】アジア4都市緊急記者会見『JET STORM』
  3. 3. 【3】「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ツアー最終公演ライブビューイング開催
  4. 4. 【4】新・国立競技場&北京コンサート開催
  5. 5. メンバー冒頭挨拶全文
  6. 6. 嵐、2020年をもってグループ活動休止へ


発表は、「1.デジタル解禁について」「2.ARASHI アジア4都市緊急記者会見『JET STORM』」「3.『ARASHI Anniversary Tour 5×20』ライブビューイング」「4.コンサートに関して」の4つ。

【1】5つのSNSアカウント開設

発表は、「1.デジタル解禁について」「2.ARASHI アジア4都市緊急記者会見『JET STORM』」「3.『ARASHI Anniversary Tour 5×20』ライブビューイング」「4.コンサートに関して」の4つ。

1つ目の発表は「デジタル解禁について」。

10月9日に公式チャンネルを開設したYouTubeに加え、11月3日よりTwitter、Facebook、Instagram、TikTok、Weiboの5つのSNSを解禁。

が活動20周年を迎え、応援してくれているファンによりを身近に感じてもらえるように、また、リアルタイムでの活動を届けられるようにとの思いで今回SNSの開設に至ったという。

11月3日(日)11:00解禁SNSアカウント

Twitter:@arashi5official
Facebook:@arashi5official
Instagram:@arashi_5_official
TikTok:@arashi_5_official
Weibo:@arashi_5

デジタル関連スケジュール

10月9日17:00/公式YouTubeチャンネル開設(28時間で登録者数100万人を突破)、5曲連続でストリーミング配信(Apple Music、Spotify、Amazon Prime Musicなど)を開始。

10月22日~/公式YouTubeにて限定配信中の5曲MVのLIVE映像を順次アップ

11月3日11:00/SNS一斉解禁・初投稿(Twitter・Facebook・Instagram・TikTok・Weibo)

11月3日19:00/音楽配信サービス65曲配信開始(全シングル64曲+新曲=65曲)

11月3日21:00/YouTubeプレミア配信にて新曲「Turning Up」MV解禁

また、すでに10月9日よりは先行して配信していた5曲に加え、デビューから2019年までにリリースした全シングル65曲と新曲の「Turning Up」をあわせた全65曲のグローバル配信がスタート。

新曲の「Turning Up」のミュージックビデオは2019年11月3日の21時より解禁、なお、公式YouTubeチャンネルにてYouTubeプレミア公開を行うタイミングでメンバーもチャットに参加予定。

【2】アジア4都市緊急記者会見『JET STORM』

2つ目の発表は「ARASHI アジア4都市緊急記者会見『JET STORM』」。

世界のファンにより近づくための新たな挑戦について、日本のファンへは11月3日の会見で、さらに、ここまでライブでも訪れたことのないアジア3都市(ジャカルタ、シンガポール、バンコク)、そして沢山のファンがいる台北へ、約20年間の応援の御礼と併せて、お知らせの会見を開催すべく、5人が専用ジェット機で、2日間をかけて、現地4都市を訪れる。

「JET STORM」全日程(予定)

2019年11月9日(土):東京→ジャカルタ
2019年11月10日(日):ジャカルタ→シンガポール→バンコク
2019年11月11日(月):バンコク→台北→東京

【3】「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ツアー最終公演ライブビューイング開催

3つ目の発表は「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ツアー最終公演のライブビューイング開催。2018年11月16日にスタートした同ツアーが、2019年12月25日をもって終了。全50公演、1年にわたる長いツアーの最期を、なるべく多くのファンと分かち合うために、ARASHI BLAST in Hawaii 以来、約5年ぶりとなる1日限りのライブビューイングを開催することが決定。

5年前、ハワイ公演の時に打ち立てた全国209館/209スクリーン、2日間計14万人という動員数をはるかに上回る音楽ライブビューイング史上最大規模の全国328館/520スクリーン、16.8万人(11月1日時点)を動員予定。

「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ライブビューイング

「ARASHI Anniversary Tour 5×20」ライブビューイング
会場:全国47都道府県TOHOシネマズを中心とした328館(予定)
上映日時:2019年12月25日(水) 18時スタート
料金:4800円(税込) ※ファンクラブ会員限定開催

【4】新・国立競技場&北京コンサート開催

4つ目の発表は今年11月末に竣工する新・国立競技場で、2020年5月15日・16日にコンサートを開催すること及び、2020年春の中国・北京でのコンサート開催。

2008年より改修工事に入るまでの6年間、旧国立競技場で毎年コンサートを開催し、同会場に特別な縁を感じている

新たに生まれ変わった国立競技場においてもコンサートを行いたいというメンバーの強い思いに多くの賛同が集まり、この度、単独アーティストとしては初の新・国立競技場でのコンサート開催が実現。

また、コンサート実現にあたり、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会より、東京オリンピック・パラリンピック開閉会式会場としての様々なオペレーションの確認を兼ねるという前提条件が提示されたため、この時期の開催となった。

また、が日中友好の架け橋になれたらという思いと、アジアのより多くのファンにパフォーマンスを届けたいという思いから、2020年春に北京でコンサートを開催することも決定。

詳細については準備が整い次第、改めて発表される。

メンバー冒頭挨拶全文

櫻井:20年前の本日、11月3日、としての生を授かりました。すなわちCDデビューをした日です。本日の読売新聞の広告にもありましたように、代々木第一体育館の前で握手会をやったのが始まりです。読売新聞の皆様、1年間広告にお付き合いいただきありがとうございました。あの時来てくれた方も今見てるのかな?もしかしたら我々と同世代の30代40代は忙しい時ですから、もしかしたらから離れたなんて方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。これを機にまた戻ってきていただいて一緒に大きな夢を描いて行けたらと思っております。1月の会見の冒頭にも申し上げましたように、温かみを感じる線香花火のようなものから、どでかい打ち上げ花火のようなものまで、日々我々感謝の思いを伝えるべく考えながら過ごしているところであります。その全貌も、いやもしかしたら一端かもしれません。なぜなら我々これからもずっと考え続けながら日々を過ごしていくので、一端になるかもしれませんが、その全貌を今日はお伝えしたいと…。いやだから一端か?何言ってんだ。ふわふわしちゃって。初めてのYou Tubeだからね(笑)。大きな夢の一端をお伝えしたいと思いますので、今日はよろしくお願いします。

大野:今日で、丸20年ということで皆さんおめでとうございます。本当にこの20年間僕ら活動してきましたけど、やっぱり皆さんのおかげだと思いますし、皆さんが作っただと思っています。デビューしてから今日まで、今日を経て今ここに立てていることが本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今日はよろしくお願いします。

松本:松本です。昨日の0時からですか?ファンの皆さんが「おめでとう」というふうにお祝いしてくださっているのを見て、「あぁ20年経ったなぁ」と感じています。そして20周年の今日という日に会見をやらせていただいて、今、皆さんと繋がっているこの中で自分たちの気持ちを伝えられる状況を本当に嬉しく思ってます。僕らに皆がおめでとうと言ってくれていましたけど、僕からすると皆さんおめでとうございます。支えてくださった皆さん込みでだと思っています。なので、皆でこの20周年を今日1日お祝いできたらなと思っています。本当に皆さんのおかげでここまでやってくることができました。本当に感謝しています。ありがとう。21年目に入ったということでも同時にあるので、21年目、自分なりにテーマを決めてやっていこうと思っています。そのテーマは“リボーン”。今まで20年間やってきた中で新たにチャレンジしたいこと、たくさん考えています。なのでここからまた皆と一緒に走っていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

相葉:11月3日、今日で満20年を迎えることができました。そこで5人で立っていられるというのは本当に幸せなことで、すごく嬉しく思っています。それも支えてくれたファンの皆さんのおかげですし、メンバーのおかげだと思っています。ありがとうございます。20年経って新しいことに挑戦できるというのはすごく幸せなことですし、新しいことが支えてくれている皆さんのもっともっと近くに感じてもらえるようなそんな1年にしたいと思っております。全力で頑張らせていただくので、皆さんいろんなところでを感じていただけたらと思います。よろしくお願いします。

二宮:ファンの皆様、20年おめでとうございます。もちろん僕らが代表としてたくさんの方々におめでとうと言ってもらうことがあると思うんですけど、これはやっぱりみなさんと僕らで作り上げてきた20年だと思っておりますので、代表として僕らが受け取りますが思いはみなさんと一緒です。おめでとうございます。20年というのは、人間の年齢で換算すると成人した、大人になったということだと思います。今回のこの場所というのはいわばの“成人式”だと思っています。新たな抱負と先に見える21年目の展望を皆さんと共有できたらと思っておりますので、よろしくお願いします。

【全文】生配信後の質疑応答


嵐、2020年をもってグループ活動休止へ

2019年1月27日、は2020年12月31日をもってグループ活動を休止することを電撃発表。リーダーの大野智が2021年以降、芸能活動を休止することとなり、活動再開時期は未定。解散は否定している。

10月9日、YouTubeチャンネルを開設し、一部楽曲のサブスクリプション型のストリーミング配信を開始。11月1日、YouTube公式チャンネルにてデビュー20周年記念日である3日に生配信をすることを発表して話題を呼んでいた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐、4つの発表<20周年記念日会見生配信まとめ/冒頭挨拶全文>
今読んだ記事

嵐、4つの発表<20周年記念日会見生配信まとめ/冒頭挨拶全文>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事