“ミス・ジャパン東京代表”土屋太鳳の姉・炎伽さん、今後の芸能活動に言及 姉弟での「大きな夢」明かす

「2019 ミス・ジャパン」(ミス・ジャパン)東京大会の最終選考会が6月3日に都内で行われ、女優・土屋太鳳の姉である土屋炎伽(つちや・ほのか/26)さんが東京代表に決定。イベント終了後、報道陣の取材に応じた。
土屋炎伽さん(C)モデルプレス
土屋炎伽さん(C)モデルプレス

土屋炎伽さん、「ミス・ジャパン」東京代表に決定

土屋炎伽さん(C)モデルプレス
土屋炎伽さん(C)モデルプレス
土屋さんは会社員として働く26歳。女優の土屋太鳳は実妹で、声優の土屋神葉は実弟にあたる。

水着での自己アピール審査では「日本舞踊とチアスピリット、異なる2つの文化を学び、実践して参りました。この経験を翼とし、多くの人の心に触れて、笑顔を咲かせる女性になります」と堂々としたスピーチをした。

土屋炎伽さん「2019ミス・ジャパン」東京代表に決定


土屋炎伽さん、今後の芸能活動は?

土屋炎伽さん(C)モデルプレス
土屋炎伽さん(C)モデルプレス
コンテスト後の囲み取材で、報道陣から今後の芸能活動について問われると、土屋さんは「どこか表に出て、自分が発信したことに対して反応があったり、共感を得ることに喜びを感じてきた」と自身の思いを告白。「私らしく輝ける場所があればぜひ頑張りたいです」と今後を見据えた。

また、芸能界デビューした際にはどういう活動をしたいかに関しては、「まずは自分が発信できるところから伝えていきたい」とし、太鳳や神葉との共演にも「ぜひやりたいです。妹と弟と共演できるのは大きな夢です」と期待に胸を膨らませた。

土屋炎伽さん、太鳳が「手を振ってくれていた」

土屋炎伽さん(C)モデルプレス
土屋炎伽さん(C)モデルプレス
そして、コンテストへの応募については「特に相談せずに応募して、ファイナリストになった時にこういうのに出るんだと伝えたら『頑張ってね』と言ってくれました」と太鳳とのエピソードを紹介。

コンテストには、太鳳らが応援しに来ていたと声をかけられると土屋さんは、「すごく嬉しかったです。最後のランウェイでパッと家族の方を見たら、妹が手を振ってくれていた」と喜び。グランプリ受賞後はまだ会えていないといい、「私なりの人生をこれから輝いて歩いていくから、これからも家族から刺激をもらいつつ頑張るよって伝えたいです」と笑顔で語った。

フォトギャラリー


土屋炎伽さんの素顔に迫るインタビュー



「ミス・ジャパン」とは

「2019 ミス・ジャパン」ファイナリスト(C)モデルプレス
「2019 ミス・ジャパン」ファイナリスト(C)モデルプレス
ミス・ユニバース・ジャパン、ミス・アース・ジャパン、ミスター・ジャパン、スーパーモデルアワードなど、いくつかのページェント開催実績のある「HDR」が、国内のミスコンテストの決定版として、新しく開催した同コンテスト。真の意味での日本女性を代表する美女を先行すべく身長要件を設けないこと、英語を重視することなく総合的な知識をよりフェアに審査することが、国際ページェントとの違いとなる。

土屋さんが東京代表に決まったことで、47都道府県の地方大会のウィナー、つまり「2019 ミス・ジャパン」ファイナリストが決定。今後、トレーニング・チャリティ・プロモーション活動を行い、9月3日からのトレーニング合宿「ビューティーキャンプ」を経て、2019年9月11日に行われる日本大会に出場する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “ミス・ジャパン東京代表”土屋太鳳の姉・炎伽さん、今後の芸能活動に言及 姉弟での「大きな夢」明かす
今読んだ記事

“ミス・ジャパン東京代表”土屋太鳳の姉・炎伽さん、今後の芸能…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事