NEWS加藤シゲアキ、最新エクササイズを体験 芥川賞作家に迫る

【加藤シゲアキ/モデルプレス=4月2日】かたや芸人、かたやアイドルながら、ともに小説を創作し作家としての顔を持つ又吉直樹ピース)と加藤シゲアキNEWS)の2人がおくるフジテレビ系バラエティー『タイプライターズ~物書きの世界~』が、6日あさ10時53分より放送(関東ローカル)。今回は、「1R1分34秒」で第160回芥川賞を受賞した町屋良平氏をゲストに迎える。
(左から)又吉直樹、町屋良平氏、加藤シゲアキ(C)フジテレビ
(左から)又吉直樹、町屋良平氏、加藤シゲアキ(C)フジテレビ

加藤シゲアキ、又吉直樹と“取材”へ

同番組は、物書きのゲストがいま興味を持っている世界や事柄などを“取材”していくスタイルにリニューアル。ゲストの町屋氏は、血流が良くないと小説が書けないというほど、“血流”にただならぬこだわりがあるということで、血流を良くする食、運動などの体験を通じて、“作家・町屋良平”の感性、キャラクター、モノの考え方などを紹介していく。

又吉と加藤が待ち合わせ場所に向かうと、すでに足湯に浸かりながらスマートフォンを触っている町屋氏。実は、そこで小説を書いていたといい、普段から家のお風呂に浸かりながらスマートフォンで小説を書いているそう。

体を温め血流をよくすることで良いアイデアが浮かび、小説が書けるという独特の執筆スタイルが明かされる。

加藤シゲアキ「こんなにハードではない」

続いて3人は、町屋氏が希望するボクシングエクササイズに向かう。暗闇の中で光と音の演出で気分を高め、集中力を研ぎ澄ませた状態でサンドバッグにパンチを打ち込む、最新のボクシングエクササイズ“ボルトボックス”を体験。

心拍数を上げることを目的にしているため、想像以上のハードなエクササイズに、町屋氏は「こんな事になるとは思わなかった」とリクエストしたことを後悔。又吉は「3時間休憩しましょう!」と提案、登録して2年になるジムに1度しか行っていない事を告白し笑いがおこる。

加藤は「普段、趣味程度にキックボクシングをやっているが、こんなにハードではない。しかもサンドバッグを使った動きが独特でやりにくかった」とエクササイズのつらさを訴えたが、又吉から「パンチがきれいでしたよ」と言われ、再び笑いに包まれる現場。

最後に又吉は、指導してくれたインストラクターに「しゃべりながらずっとやっていた先生は、もしかして世界で1番スタミナがある人なんじゃないかと思った」と尊敬の言葉を残した。

押切もえ&東出昌大の新コーナーも

加えて、新コーナー「本好きの芸能人の今オススメしたい一冊!」も開始。今回は、本が大好きな押切もえと東出昌大が、オススメの一冊を紹介する。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - NEWS加藤シゲアキ、最新エクササイズを体験 芥川賞作家に迫る
今読んだ記事

NEWS加藤シゲアキ、最新エクササイズを体験 芥川賞作家に迫る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事