亀梨和也主演「FINAL CUT」結末は?真犯人(山崎育三郎)との緊迫の最終対決に「息するの忘れた」「鳥肌」

KAT-TUN亀梨和也が主演を務めるカンテレ・フジテレビ系の連続ドラマ『FINAL CUT』(毎週火曜よる9時~)の最終話が13日、2時間拡大で放送された。結末に反響が寄せられている。<※ネタバレあり>
山崎育三郎(写真提供:カンテレ)
山崎育三郎(写真提供:カンテレ)

小河原祥太役は山崎育三郎

今作は、亀梨演じる主人公・中村慶介の母親を殺人事件の犯人かのように扱い、死に追い込んだテレビ番組関係者らに制裁を加えながら、事件の真犯人を追う姿を描くメディア復讐劇。

最終回の中で、これまで誰が演じるのか明らかにされていなかった、事件の真犯人と目される男・小河原祥太役が俳優の山崎育三郎であることが判明した。

山崎育三郎コメント/亀梨和也と共通点多数


亀梨和也VS山崎育三郎、緊迫の最終対決が鳥肌モノ

慶介はワイドショー『ザ・プレミアワイド』も巻き込んだ罠で祥太をもくろみどおり帰国させるが、決定的物的証拠がないため任意同行を拒否されてしまい、2人は『ザ・プレミアワイド』のスタジオで直接対決することに。警察を辞め一世一代の勝負に出た慶介は1つずつ自らが決死の努力で掴んだ状況証拠を積み重ね、祥太を追及していく。余裕の表情に弁護士の知識と達者な物言いで手強い祥太だったが、慶介の策にはまり、犯人しか知りえない秘密を暴露。妹の雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)も証言し直すと知り、窮地に追い込まれ、ついにカメラの前で高田(佐々木蔵之介)に逮捕された。

そして、慶介は12年前に間違った報道で母を追い込んだ“Mr.メディア”百々瀬(藤木直人)にも「過去を正して未来を見せろ。使命を果たせ」と謝罪を要求。百々瀬は放送中に謝罪を口にし、それを見届けた慶介は母との写真に「終わったよ」とつぶやいた。

それぞれの結末は…演技に反響

最終回に満を持して登場した山崎との長尺の緊迫シーンや涙ながらに百々瀬に謝罪を訴えた亀梨の演技、これまでの慶介の努力が報われたスカッとするラスト、メディアのあり方に深い疑問を投げかけた内容に視聴者からは、「息するの忘れた」「緊張したああああ」「ひりひりする」「鳥肌立った」「スッキリした」「なんと見ごたえがある最終回」と反響が殺到。山崎にも「育三郎で良かった!」「祥太ものすごく苛ついた…いい演技するな」と絶賛の声が寄せられていた。

真犯人逮捕で、百々瀬は番組を降板、井出プロデューサー(杉本哲太)や高田は左遷。そして慶介は思い合っていた雪子とも別れを告げたが、2年後、“早川慶介”(事件を追うために父方の「中村」に性を変えていた)として雪子の前に現れる…という希望を持たせるラストシーンで終了した。(modelpress編集部)

情報:カンテレ・フジテレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 亀梨和也主演「FINAL CUT」結末は?真犯人(山崎育三郎)との緊迫の最終対決に「息するの忘れた」「鳥肌」
今読んだ記事

亀梨和也主演「FINAL CUT」結末は?真犯人(山崎育三郎)との緊…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事