栗山千明 くりやまちあき

「栗山千明」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「栗山千明」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「栗山千明」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

栗山千明のプロフィール

栗山千明(くりやまちあき)プロフィール
愛称  千明様
生年月日 1984年10月10日
出身地 日本・茨城県土浦市
血液型 A型
公称サイズ(2006年時点)
身長 / 体重 162cm / 48kg
BMI 18.3(低体重)
スリーサイズ 1 - 58 - 83 cm
股下 / 身長比 77 cm/47.5 %
靴のサイズ 25cm

栗山千明(くりやま ちあき、1984年10月10日 - )は、日本の女性タレント、モデル、女優、歌手。

日本音楽高等学校卒業。所属事務所はスペースクラフト。

■来歴

1989年、5歳の時に、母親が芸能事務所に入れたのがきっかけ。「ピチレモン」「ニコラ」など、ティーン誌でのファッションモデルとして活動。

1997年、篠山紀信撮影の写真集『神話少女~栗山千明~』を新潮社より出版[1]。 身長が162cmから伸びなかったため、女優に転進することを決意[2][3]。

1999年、第1回ミス東京ウォーカーを受賞。これを機に本格的に女優デビュー[2]。デビュー作は映画『死国』。

2000年、映画『バトル・ロワイアル』に出演。

2003年、『バトル・ロワイアル』での演技がクエンティン・タランティーノの目に留まり、『キル・ビル Vol.1』に出演。『ニューヨーク・タイムズ・マガジン』で「Great Performers 2003」の1人として紹介された。ユマ・サーマンとの戦闘シーンが『The MTV Movie Awards 2004』で「Best Fight賞」を受賞[4]。『シネスケープ』でも「未来の顔賞」にノミネートされた。

2004年、『下弦の月〜ラスト・クォーター』で映画初主演。

2005年、資生堂「MAQuillAGE(マキアージュ)」の広告に起用される[5]。

2006年、「第3回The Beauty Week Award 2006の女優のロングヘア部門」を受賞[6]。

2007年、映画『エクステ』主演。連続ドラマ『ハゲタカ』、『特急田中3号』に出演。10月1日、「第7回ベストレザーニスト賞」を受賞[7]。11月、2007年度のベストドレッサー賞を受賞[8]。

2010年、OVA作品『機動戦士ガンダムUC』(episode1)の主題歌である『流星のナミダ』で歌手デビュー[9]。香港の有力ラジオ局「RTHK」のJ-POPウィークリーチャートにて1位を獲得、アメリカのMTV Iggyでは大特集が組まれた[10]。

■人物・エピソード

インドア派で、趣味はアニメ、ゲーム、少年漫画、読書など。「AKIRA」などのフィギュア収集をしている。きっかけとなったのは、『新世紀エヴァンゲリオン』。 新世紀エヴァンゲリオンの登場人物の綾波レイが理想の女性であり、渚カヲルが理想の男性であると公言している[11]。綾波レイの声優の林原めぐみのファンでもある。

ガンダムシリーズのファン。見始めたきっかけは小学校低学年の頃に、それまで会話のきっかけがつかめなかった11歳年上の兄[12]とレーザーディスクでガンダムを一緒に見て「ガンダムの話題なら会話できる」と感じたため[13]。 その後、アニメ『機動戦士ガンダムUC』の主題歌歌手として起用された。その際、それを記念してオーストラリアのスプリングブルック天文台が販売したユニコーン座の星の命名権を贈られ、「CHiAKi KURiYAMA星」と名づけると発表[14]。 ただし、この名称は天文学上の公式名称ではない[15]。

漫画GANTZのファンで、作者の奥浩哉と対談した際には作品中の黒いスーツ姿で登場した。その際、作中に自分も出して欲しいと懇願し、黒髪の女(あだ名:きるびる)のモデルとなった。実写で撮ることがあるなら是非出演したいとも語っている。

長風呂で、本や漫画を読みながら数時間も半身浴で過ごすこともあるという。日本酒や芋焼酎が好きで、酒には強い。焼き鳥やアタリメをつまみに毎晩晩酌をしており、赤提灯などの居酒屋にも一人でよく行っている。

好きなアーティストは、マイ・ケミカル・ロマンス、宇多田ヒカル、椎名林檎、アヴリル・ラヴィーン、L'Arc〜en〜Ciel、UVERworld、安室奈美恵など。 特に、UVERworldに関してはファンとも発言しており、彼らの特別番組のナレーションを担当したことがある。

好きなブランドはヴィヴィアン・ウエストウッド。

◆出演

■映画

・トイレの花子さん(1995年) - 女子児童 役
・GONIN(1995年) - 荻原昌平の娘 役
・死国(1999年) - 日浦莎代里 役
・仮面学園(2000年) - 堂島レイカ 役
・バトル・ロワイアル(2000年) - 千草貴子 役
・バトル・ロワイアル 特別篇(2001年) - 千草貴子 役
・キル・ビル Vol.1(2003年) - GOGO夕張 役
・いつかA列車に乗って(2003年) - 野口ユキ 役
・下弦の月〜ラスト・クォーター(2004年) - 望月美月 役
・あずみ2 Death or Love(2005年) - こずえ 役
・妖怪大戦争(2005年) - 鳥刺し妖女アギ 役
・Into the Sun(2005年) - アヤコ 役
・スクラップ・ヘブン(2005年) - 藤村サキ 役(ヒロイン)
・木更津キャッツアイ ワールドシリーズ(2006年) - 杉本文子 役
・エクステ (2007年) - 水島優子 役
・天狗外伝(2007年)(主演)
・KIDS(2008年) - シホ 役(ヒロイン)
・スカイ・クロラ The Sky Crawlers (2008年)- 三ツ矢碧 役(声)
・GSワンダーランド(2008年) - 大野ミク 役(主演)
・小森生活向上クラブ(2008年) - 及川静枝 役(ヒロイン)
・鴨川ホルモー(2009年) - 楠木ふみ 役(ヒロイン)
・ハゲタカ(2009年) - 三島由香 役(ヒロイン)
・NECK(2010年) - 赤坂英子 役(特別出演)
・Wake up!! TAMALA(2010年) - クロノスケ 役(声)

■テレビドラマ

・パパ・サヴァイバル(1995年、TBS)第4話
・サイコメトラーEIJI(1997年、日本テレビ)第2話 - ユキ姉ちゃん 役
・なっちゃん家(1998年、テレビ朝日)第1話
・コワイ童話「親ゆび姫」(1999年、TBS)
・氷の世界(1999年、フジテレビ)
・キャッチボール日和(1999年、フジテレビ)
・六番目の小夜子(2000年、NHK) - 津村沙世子 役
・秘密倶楽部o-daiba.com(2000年 - 2001年、フジテレビ) - 成瀬一美 役
・らぶちゃっと(2000年、フジテレビ)第7話
・御就職(2000年、フジテレビ)
・多重人格探偵サイコ(2000年、WOWOW)第3話
・ハート(2001年、NHK)第5話、第9話
・マリア(2001年、TBS)第2話 - 長崎水絵 役
・株式会社o-daiba.com〜美少女IT戦士リアルシスターズ(2001年、フジテレビ) - 成瀬一美 役
・o-daiba.com外伝 あかね組参上!(2001年、フジテレビ)
・o-daiba.com外伝 ネットDEスタア誕生!(2001年、フジテレビ)
・R-17(2001年、テレビ朝日)第1話、第2話 - 丸山さおり 役
・夏少女ウメ子(2001年、BS-i)
・ロシアンタコヤキ(2001年、関西テレビ)
・o-daiba.com外伝 リアルシスターズ京都慕情(2002年、フジテレビ)
・京都迷宮案内(2002年、テレビ朝日)第10話
・みのもんたの人生相談デカ 〜おもいッきりテレビ殺人事件〜(2002年、日本テレビ)
・女王蜂(2006年、フジテレビ) - 大道寺智子 役
・マキアージュ・ドラマスペシャル ウーマンズ・アイランド〜彼女たちの選択〜(2006年、日本テレビ) - 藤島玲役
・春、バーニーズで(2006年、WOWOWドラマW) - 桜井紗江 役
・カクレカラクリ(2006年、TBS) - 花山果梨 役
・ザ!世界仰天ニュース緊急特別版〜落ちた偶像 光クラブ事件(2006年、日本テレビ)
・ハゲタカ(2007年、NHK) - 三島由香 役(ヒロイン)
・特急田中3号(2007年、TBS) - 目黒照美 役(ヒロイン)
・高速ティーチャーチアキ先生(2007年、ネット配信「P903iX P-Theater」) - チアキ先生 役
・あしたの、喜多善男〜世界一不運な男の、奇跡の11日間〜 (2008年、関西テレビ) - 長谷川リカ 役
・ロス:タイム:ライフ特別編(2008年、フジテレビ) - 黒崎彩香 役
・シリウスの道(2008年、WOWOWドラマW) - 平野由佳 役
・浪花の華〜緒方洪庵事件帳〜(2009年、NHK)- 左近・お左枝 役(ヒロイン)
・警官の血(2009年、テレビ朝日) - 永見由香 役
・その時までサヨナラ(2010年、WOWOWドラマW) - 宮前春子 役(ヒロイン)
・デカ007(2010年4月26日、日本テレビ) - 川村小百合 役(ヒロイン)
・熱海の捜査官(2010年、テレビ朝日) - 北島紗英 役(ヒロイン)
・恋する日本語(2011年、NHK)
・同期(2011年2月、WOWOW・ドラマW)
・リバウンド(2011年、日本テレビ) - 三村瞳 役
・カーネーション(2011〜2012年、NHK) - 吉田奈津 役

■テレビアニメ

・エデンズボゥイ(1999年、テレビ東京系) - コニャコ・ペルーシャ 役
・よりぬき銀魂さん(2010年、テレビ東京系) - エリザベスの中の人 役

■その他

・モーニングEye(1996年、TBS)
・クローズアップ現代(1998年、NHK)
・ジャングルブック(2002年1月15日・1月22日、テレビ朝日)
・WalkerTV ラヴァーズタウン(2002年3月20日、CS110°)
・栗山千明の映画“キルビル”の謎を追え(2003年10月25日、中部日本放送)
・NHK青春メッセージ'04(2003年12月23日、2004年1月12日、NHK) - オープニング(タイトルバック写真)
・第57回カンヌ映画祭開会式・授賞式 記者発表会(2004年04月28日、ムービープラス) - トークセッションゲスト
・ハイビジョンスペシャル もっと知りたいギリシャ(第4回)神話の島 哲学の海(2004年5月27日、NHK BS-hi)
・チャートバスターズR!(2004年9月25日、RKB毎日放送)
・トップランナー(2004年10月10日、NHK教育)
・Club AT-X(2004年10月31日、アニメシアターX) - 奥浩哉先生との対談
・ミュージックトレイザー(2005年2月4日、スペースシャワーTV)
・NHKスペシャル ケータイ短歌・空飛ぶコトバたち(2005年3月19日、NHK)
・Tokyo美人物語〜本当のキレイを探す旅(2005年8月21日、日本テレビ)
・ルーブルからエーゲ海へ 恋するヴィーナス物語(2006年6月17日、日本テレビ) - ナビゲーター役
・Japanorama(2006年、BBC3)
・劇場版BLEACH 公開記念!「BLEACH NIGHT 決戦前夜」(2006年12月10日、テレビ東京)
・ビートたけしのエジプトミステリーIV(2007年1月1日、テレビ東京) - レポーター役
・歴史大河バラエティー クイズひらめき偉人伝 日本で一番知られている偉人は誰だ!? SP(2007年4月7日、TBS)
・ETV特集「21世紀を夢見た日々 - 日本SFの50年」(2007年10月21日、NHK) - ナビゲーター役
・クローズアップ現代「村上春樹 "物語"の力」(2009年7月14日、NHK) - 「1Q84」の朗読を担当
・We Love Anime アニメがニッポンを元気にする(2009年8月22 - 23日、CS放送アニマックス) - ナビゲーター役
・情熱大陸(2009年12月13日、毎日放送)
・小悪魔ドクショ 〜文学で恋をつかまえる方法〜(2010年1月7日、日本テレビ) - MC
・Master cardスペシャル 日中共同制作 摩天楼の下で舞う歌姫~比類なきメガ都市へ変貌し続ける上海~(2010年5月1日、BS朝日) - ナビゲーター
・コレってアリですか?(2010年7月 - 、日本テレビ)
・しゃべくり007(2010年11月22日、日本テレビ)
・ハッピーMusic(日本テレビ、2010年11月27日)出演
・MUSIC JAPAN(NHK総合、2010年11月28日)出演
・NHKミニミニ映像大賞(NHK総合、2010年12月18日)審査員
・夢をかたちにする言葉 ~ロックバンド UVERworld 東京ドームからのメッセージ~(NHK総合、2011年1月9日)-ナレーション担当
・非破壊検査PRESENTS「お江戸ミステリー 家康が最も怖れた仕掛人」(日本テレビ、2011年1月23日) - ナビゲーター
・TOKIO@5LDK(フジテレビ、2011年3月3日)
・汐留ギャラリーハウス(日本テレビ、2011年4月5日)- MC

■CM

・タカラ「シーメッセ ルシール 電子手帳」(1995年)
・ソニー「ハンディカム」(1995年)
・日産自動車「ステージア」(1996年)
・NTT「わくわく新生活フェア」(1997年)
・ユニクロ(1997年)
・JAバンク - 三重イメージガール(1998年 -)[16]
・大塚ベバレジ「十萌茶」(1999年)
・日清食品「ごんぶと」(1999 - 2000年)
・ファンケル「洗顔美人」(2000年)
・ロッテ「紗々 ふんわり紗々苺」(2001年)
・ブルボン「牛乳でおいしくつめたいココア」「ショコラdeショコラ」「いちごdeショート」(2002年)
・ソニー・ミュージック EPIC25〜はじまりはひとつの歌(2002年)
・森永乳業「アロエヨーグルト」(「早口言葉・公園編」2005年4月10日 - 、「早口言葉・パウダールーム編」2005年5月10日 -)
・ギャドバリー・ジャパン「クロレッツ」(2005年 -)
・パナソニック モバイルコミュニケーションズ「P901iS」「P902i」「P902iS」「P903i」「P903iX」「P904i」[17]
・資生堂「MAQuillAGE」(2005年8月 - 2008年12月)[5]
・ACジャパン(当時の団体名は公共広告機構)「命の大切さ」(2005年7月 - 2006年6月)
・日本コカ・コーラ「爽健美茶」(2006年5月)
・江崎グリコ「和ごころ」(2007年9月 -)[18]
・モンブランジャパン - ジュエリーイメージキャラクター
・資生堂「UNO」(2008年3月 - )[19]
・アサヒ飲料「香る緑茶 いぶき」(2009年2月 - )
・カプコン「バイオハザード5」
・ユニクロ「ブラトップ」
・デジタルメディアマート「DMM.tv」
・日本エイサー「AS1410シリーズ」
・JINS「Air frame」
・日産自動車「なるほど日産エコカー!体感キャンペーン」(2011年1月 - )
・ハウス食品「こくまろカレー」(2011年2月‐)

■舞台

・道元の冒険(2008年)
・コースト・オブ・ユートピア(2009年)

インターネット

・赤い鼻緒の下駄(2003年、角川書店・東映・NTT)
・MAIL(2004年、角川映画・ジャパンデジタルコンテンツ) - 美琴 役

■ラジオ

・JA BANK Presents MUSIC of my heart(2002年6月8日、FM三重)[20]
o JA BANK Presents MUSIC of my heart 秋の特大号スペシャル2(2002年10月14日、FM三重) - ゲスト出演
o JA BANK Presents MUSIC of my heart(2003年4月5日・12日、FM三重) - ゲスト出演
o JA BANK Presents MUSIC of my heart 秋の特大号スペシャル3(2003年10月13日、FM三重) - 番組アシスタント
o JA BANKPresents LIVE in MIE2004(2004年7月18日、FM三重) - ゲスト出演(7月10日の録音)
o JA BANK Presents MUSIC of my heart秋の特大号スペシャル(2004年9月20日、FM三重) - 番組アシスタント
・辻よしなり ラジオグラフィティ(2003年10月24日、文化放送) - ゲスト出演
・ASIENCE SPIRIT OF ASIA(2003年11月28日、J-WAVE) - ゲスト出演
・ストリーム(2003年11月28日、TBSラジオ) - ゲスト出演
・RADIO-X(2004年10月7日、NACK5) - ゲスト出演
・中山秀征の愛してJAPAN!〜栗山千明さんに聞く「20歳前・20歳後」(2005年1月8日、TOKYO FM)
・SUNTORY THEATER ZERO-HOUR(2005年1月31日 - 2月4日、J-WAVE) - 朗読
・FMシアター「オッサンとワタシ」(2006年、NHK-FM)
・SCHOOL OF LOCK!(TOKYO FM)
o GIRLS LOCKS!(2005年10月 - 2006年9月) - 毎月第4週目担当
o GIRLS LOCKS! SUNDAY(2006年10月 - 2007年3月) - 毎週日曜日
o GIRLS LOCKS! FRIDAY(2007年4月 - 2010年9月) - 毎週金曜日
・FMシアター「〜コール闇からの声〜」(2010年、NHK-FM)

■雑誌

・ピチレモン( - 2001年、学習研究社) - モデル時代
・nicola( - 2001年、新潮社) - モデル時代
・東京ウォーカー(1999年、角川書店) - モデル時代。第1回ミス東京ウォーカー、グランプリに選ばれる。

■海外広告・主な雑誌

・『The Face』(イギリス)
・『TRACE』(イギリス)
・『Nylon』(アメリカ)
・『iD-magazine』(イギリス)
・『ECKO』アーバンウェアブランド(アメリカ)
・『SKECHERS』シューズブランド(アメリカ)
・『Equinox』ハイラックスフィットネスクラブ(アメリカ)
・『Eckored』カジュアルブランド(アメリカ)
・『izzue』カジュアルブランド(東南アジア) - 2006年秋冬イメージキャラクター

■写真集

・『Namaiki!』(1996年、篠山紀信撮影、新潮社) - 絶版
・『天使』(1996年、川本満雄撮影、小学館) - 絶版
・『神話少女〜栗山千明〜』(1997年、篠山紀信撮影、新潮社) - 絶版[1]
・『少女館』(1997年、篠山紀信撮影、新潮社) - 絶版
・『栗山千明ACCESS BOOK「死国」の千明、素顔の千明』(1999年、角川書店) - 絶版
・『映画 バトル・ロワイヤル写真集』(2000年、ワニブックス) - 絶版
・『トレーディングカードマガジン GENICA vol.15』(2001年、河野英喜撮影、東京ニュース通信社) - 絶版
・『digi+Girls kishin NO.4 栗山 千明』(2004年、篠山紀信撮影、朝日出版社) - 絶版
・『20歳のメモリアル「プリンセス」栗山千明×蜷川実花』(2004年、講談社) - 絶版

■書籍

・ティーンズサイト大冒険(2001年、勁文社) - 絶版
・SCHOOL OF LOCK! DAYS/TOKYO(2006年、TOKYO FM出版)

■ビデオ

・『小六チャレンジ4月号付録 算数パワーアップシリーズ 算数ラクラクビデオ 「見るだけでわかる 6年算数のツボ」』(1996年頃、進研ゼミ小学講座)
・『天使 angels』(1996年、パイオニアLDC)
・『死国にて…栗山千明』(1996年、角川書店)
・『呪怨』(2000年、東映) - 田村瑞穂 役

■DVD

・『天使 angels』(1997年、パイオニアLDC)
・『digi+KISHIN DVD 栗山千明』(2004年、篠山紀信撮影、小学館)

■その他の活動

・COMIC CUE Volume9(2000年11月、イースト・プレス) - 貞本義行、本谷有希子との鼎談
・つくば中央警察署一日署長(2003年5月10日)
・龍が如く OF THE END(2011年、SEGA) - 浅木美涼 役

■ディスコグラフィ

シングル
枚、発売日、タイトル、規格品番、備考
1st、2010年2月24日、流星のナミダ、DFCL-1622、CHiAKi KURiYAMA名義。
2nd、2010年11月17日、可能性ガール、DFCL-1708、布袋寅泰プロデュース。
3rd、2011年1月26日、コールドフィンガーガール、DFCL-1732、浅井健一プロデュース。
4th、2011年3月2日、おいしい季節/決定的三分間、DFCL-1759,1760、椎名林檎プロデュース。

アルバム
発売日、タイトル、規格品番
1st、2011年3月16日、CIRCUS、DFCL-1763

タイアップ
曲名、タイアップ
・流星のナミダ、OVA『機動戦士ガンダムUC』主題歌
・可能性ガール、TVアニメ『よりぬき銀魂さん』オープニング主題歌
・コールドフィンガーガール、TVアニメ『レベルE』オープニング主題歌

その他
曲名、発売日、備考
・海岸線のホテル、2008年11月1日、ウルトラ・ヴァイヴよりリリース、映画『GSワンダーランド』主題歌。ザ・タイツメン名義ミック役としてキーボード・コーラス担当。

■脚注

1.撮影時11歳の作品で数枚のヌードが含まれていたため児童ポルノ法施行後、出版社が自主規制、絶版となった。
2.『anan 1551号』(2007年2月28日) P.21 - 栗山千明
3.『「ハゲタカ」「エクステ」に出演 栗山千明さん』 - MSN/毎日新聞
4.The MTV Movie Awards 2004
5.マキアージュの公式サイト
6.第3回The Beauty Week Award 2006
7.第7回ベストレザーニスト賞授賞式
8.第36回ベストドレッサー賞受賞者
9.CHiAKi KURiYAMA名義
10. “栗山千明 ガンダム主題歌が香港やアメリカで大反響!”. ホットエキスプレス・ミュージックマガジン.(2010年3月12日). http://www.hotexpress.co.jp/news/100312_chiaki/ 2011年2月9日閲覧。
11.『栗山千明 まっすぐに伸びるメガミ(1/23)』 - ZAKZAK
12. 栗山千明「ガンダムUC」主題歌で歌手デビュー「歌手と女優、両方頑張る」
13. ガンダムの主題歌を歌うCHiAKi KURiYAMA
14. 栗山千明、オードリー風衣装でサプライズ登場(2010年2月22日、BARKS)
15.同天文台が販売している星の命名権は日本の代理店のサイトに「命名される名前は、スプリングブルック天文台で使用されるもので、学術(天文学)での命名件、また星の所有権ではありません」(「命名件」は原文ママ)と明記されているように、この天文台のみで通用する非公式な名前である。→スターネーミングギフト
スプリングブルック天文台は民間の天文台で公的機関ではない。星の命名権を販売している会社は複数存在するが、天文学者はそれらの会社が勝手に名付けた名前を使用することは一切ないため、日本の国立天文台は詐欺的商法として警告している。→星の名は誰がつけるのか
16.三重県下JAバンク CM
17.P904i 公式サイト
18.TV-CM(奥座敷編)(メイキングムービー)(新発売編)
19.UNO 公式サイト
20.2002年5月25日に行われた「LIVE in MIE2002」にゲスト出演したときの模様

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
栗山千明を「ウィキペディア」で参照する