<「恋とオオカミには騙されない」インタビューVol.3>Taki(C)モデルプレス

「恋とオオカミには騙されない」FAKY・Taki、Hinaに続く参戦に注目のマルチリンガル美女<インタビュー連載Vol.3>

2021.01.28 18:00

2月14日よる10時よりABEMAにて配信開始となるオリジナル恋愛リアリティーショー「恋とオオカミには騙されない」の出演メンバー10人へのモデルプレスインタビュー。まず女性メンバーの素顔に迫るインタビューを5日連続でお届けする。3人目は次世代ガールズ・ユニオンFAKYメンバーのTaki(20)。※毎日18時配信

「恋とオオカミには騙されない」

累計視聴数2億回突破、1200万人が見届けた「オオカミ」シリーズは、真実の恋をしたい男女が、デートや共同作業を通して恋の駆け引きを繰り返し、本気の恋に落ちていくまでを追いかける番組。出演するメンバーの中に、好きなフリをして真実の恋を惑わす「嘘つき“オオカミ”」が1人以上紛れ込んでおり、予測不可能な恋の駆け引きと、真実の恋を手にするべく恋に悩み葛藤する男女の等身大でリアルな姿が最大の見どころとなる。

「恋とオオカミには騙されない」メインビジュアル/綱啓永、川口葵、長谷川美月、りゅうと、樋口晃平、Taki、吉田伶香、井上想良、なえなの、杢代和人(C)AbemaTV, Inc.
「恋とオオカミには騙されない」メインビジュアル/綱啓永、川口葵、長谷川美月、りゅうと、樋口晃平、Taki、吉田伶香、井上想良、なえなの、杢代和人(C)AbemaTV, Inc.
2017年よりスタートし、男子メンバーに“オオカミくん”が紛れ込んでいる「オオカミくんには騙されない」「真夏のオオカミくんには騙されない」「真冬のオオカミくんには騙されない」「太陽とオオカミくんには騙されない」「白雪とオオカミくんには騙されない」、2019年から男女逆転版の「オオカミちゃんには騙されない」「月とオオカミちゃんには騙されない」が配信。前作「オオカミくんには騙されない」で2作ぶりに“オオカミくん”が復活した。

FAKY最年少のTaki、Hinaに続き「オオカミ」シリーズ参戦

Taki(C)AbemaTV, Inc.
Taki(C)AbemaTV, Inc.
Takiは、“海外に通用するグループ”を合言葉にした個性派ガールズ・ユニオンのFAKY最年少メンバー。日本・ブラジル・スペイン系フィリピンのミックスで英語・フランス語・日本語・タガログ語の4か国語を操るマルチリンガルだ。

フィリピンの芸能界で映画やドラマ主演、バラエティーなどで活躍した後、グループ加入のため来日。キュートなルックスからは想像できないほどのパワフルで卓越したダンスセンスが持ち味。

「月とオオカミちゃんには騙されない」のHinaに続き、FAKYから2人目のシリーズ出演となるTaki。Hinaがそうだったように抜群のルックスに加え高いファッションセンスや内面の芯の強さで同性からの支持が集まりそうだ。

FAKY・Taki、2年前に来日

Taki(C)モデルプレス
― 出演が決まったときの心境は?

Taki:最初はすごくびっくりしました。Hinaお姉ちゃんが出ていたときはリアルタイムでな気持ちとかも聞いていたので「え、私大丈夫かな?」と思ったし、まだ2年しか日本にいないから、まず日本での友達の作り方も分からないし、不安はありました。でもメンバーはちゃんと応援してくれて「何かあったらすぐ言って!」と言ってくれるし、Hinaにも相談できるのでその点では安心感もありました。

― FAKYのメンバー間では恋バナもされるんですか?

Taki:仲が良いので困っているときとか何でも自分のプライベートは5人で全部話しているので、お互い結構知っていますね。でも見られるのは初めてなのでHinaのときと同じ感じで、絶対細かいところを放送の次の日にイジられると思います(笑)。

― 実際に出演してみてどうですか?

Taki:私がまだまだ日本語ができないのを皆も分かってくれたので最初から助けてくれています。打ち解けるのは早くて今は皆のそれぞれの喋り方の癖も分かってきたし、皆も私が言葉を理解できていないときに「あ、これTaki絶対分かってない」とか察して説明してくれるようになりました。

Taki、日本の恋愛観にカルチャーショックも

Taki(C)モデルプレス
― これまでの人生で “本気の恋”の経験はありますか?

Taki:まだ20歳なのでそんなに恋愛経験は多くないんですけど、友達から始まって別れてからも良い関係でいることはありました。

― 日本人と恋愛するのは初めてですか?

Taki:初めてです。14歳の頃ダンスのトレーニングで日本に来たことはあったんですけどそのときの仲間は兄弟感覚だったので、今回初めて同世代の日本人と恋愛します。恋愛のやり方とか価値観が海外と違うからどうすれば良いか問題です(笑)。

Hinaお姉ちゃんがやっていたときも「何でこんなことになってるの?え?」と分からなくて次の日(Hinaに)「ねえねえどういうこと?」と聞いたりして「あー、日本はそういう感じなんだ」となったし、私が海外の恋愛事情を話すと「海外ってそういう感じなんだ」と驚かれたりしましたね。

― 具体的にどういうところが違うと思いますか?

Taki:まとめると日本は遠回り。「好きだけど、こうして欲しいけど、こういうことがあるから」となるのに対して海外は「好き!どうする?」だけですよ(笑)。AかBしかないけど日本はA~Eまで色々なパターンがある(笑)。それに海外は意外とまだ相手のことを知らなくても「付き合ってから知ろう」となるけど日本は逆で、「お互いよく知ってから付き合いましょう」という方が多いですよね。

Taki、これまでの恋愛相手は?恋したらどうなる?

Taki(C)モデルプレス
― 今までどういう人を好きになることが多かったですか?

Taki:タイプとしては「面白い」「家族を大事にしている」「自分のやりたい仕事をちゃんとやっている」とかなので、それに当てはまっている人でした(照)。

― 自分から積極的に行けるタイプ?

Taki:人によります。本当にその人が大好きでその人のことしか考えられなくて寝られないぐらいだったら行くけど、自分の気持ちが好きなのか友達としてなのか分からなかったら1回距離を取ってから遠目から見ます。

― 相手から来られるのはどうですか?

Taki:やり方によります。めちゃくちゃギュンギュン来られて疲れるくらいだったら「ちょっと嫌だな」となるけど、ちょっと迎えに来るとか優しい感じでアプローチされたら「あら、可愛い」とかなりますね(笑)。

Taki(C)モデルプレス
― 初対面で異性をみるポイントは?

Taki:好きな男性のパーツは首とか腕なので見ます(笑)。顔は今まで好きになった人のタイプはそれぞれ違うし、初対面で惹かれることはあるけど最終的には見た目はあんまり重要視していないです。

― 自分のアピールポイントは?

Taki:自分で言うのは難しいんですけど、自由さ。好き嫌いが少ないのでめんどくさくないと思います。あとはいつも笑っているので元気。落ち込んでいる人を元気づけられると思います。海外に住んでいたから色々な視野で物事を見ることもできると思います。

Taki「信じて欲しい」視聴者へメッセージ

Taki(C)モデルプレス
― もし“オオカミ”だったら騙す自信はありますか?

Taki:私が“オオカミ”だったらやるはやるけど、その後すぐ「ごめん!」と1ヶ月くらいずっと(メールを)送るかも(笑)。嘘をついたらトマトくらい顔が赤くなるのですぐバレますよ。FAKYのメンバーにも聞いていいです(笑)。

― 逆に“オオカミ”に騙されない自信はありますか?

Taki:今のところはもっと皆のことを知ってからそれ(疑うか)を考えたいです。今考えたら何もできなさそうだし友達としても疑いの目で見たくないので。

― では、アーティストとしての個人の目標を教えて下さい。

Taki:お母さんがハッピーになれるような活動をしたいです。お母さんも元々夢があったんですけど私が早くに生まれたのでできなくて、私と弟を連れて一緒に来日してくれました。私は15歳からこういう活動をしていて、すごく応援してくれていたし学校にも通うのが大変だったし、本当にお母さんがいなかったら何もできなかったから恩返しをしたいです。

― 最後に意気込みと視聴者へメッセージをお願いします。

Taki:メンバー全員違いがあるので自分と共通点を見つけられる人が誰かいると思います。それで自分の人生と重ねて観てくれたら。あとは私が“オオカミ”じゃないと思って信じて欲しいです!

「恋とオオカミには騙されない」メンバーインタビュー配信予定

(上段)なえなの、長谷川美月、Taki、吉田伶香、川口葵(下段)綱啓永、りゅうと、樋口晃平、杢代和人、井上想良(C)AbemaTV, Inc.
(上段)なえなの、長谷川美月、Taki、吉田伶香、川口葵(下段)綱啓永、りゅうと、樋口晃平、杢代和人、井上想良(C)AbemaTV, Inc.
女性メンバーはなえなののほか、モデルの長谷川美月(はせがわ・みつき/18)、ガールズ・ユニオン「FAKY」メンバーのTaki(20)、女優の吉田伶香(よしだ・りょうか/18)、女優の川口葵(かわぐち・あおい/22)。

男性メンバーは俳優の綱啓永(つな・けいと/22)、モデルでインフルエンサーの“choco”ことりゅうと(20)、モデルで俳優の樋口晃平(ひぐち・こうへい/20)、ボーカルダンスグループ「原因は自分にある。」メンバーの杢代和人(もくだい・かずと/16)、 俳優の井上想良(いのうえ・そら/22)。

<女性メンバーインタビュー配信スケジュール>

26日:なえなの
27日:長谷川美月
28日:Taki
29日:吉田伶香
30日:川口葵

(modelpress編集部)

Taki(たき)プロフィール

Taki(C)モデルプレス
Taki(C)モデルプレス
生年月日:2000年4月21日
血液型: AB型
出身地:静岡県

【Not Sponsored 記事】

関連リンク

関連記事

  1. 「恋とオオカミには騙されない」“Popteen”長谷川美月、恋愛には苦手意識も…「素敵な恋を掴みたい」<インタビュー連載Vol.2>
    「恋とオオカミには騙されない」“Popteen”長谷川美月、恋愛には苦手意識も…「素敵な恋を掴みたい」<インタビュー連載Vol.2>
    モデルプレス
  2. 「恋とオオカミには騙されない」なえなの、過去の“本気の恋”明かす 恋人とは「死ぬまで一緒にいたい」<インタビュー連載Vol.1>
    「恋とオオカミには騙されない」なえなの、過去の“本気の恋”明かす 恋人とは「死ぬまで一緒にいたい」<インタビュー連載Vol.1>
    モデルプレス
  3. 「恋とオオカミ」TikTok、3日で810万再生超え  なえなの・川口葵らメンバー解禁に過去最大級の反響
    「恋とオオカミ」TikTok、3日で810万再生超え なえなの・川口葵らメンバー解禁に過去最大級の反響
    モデルプレス
  4. 原因は自分にある。 杢代和人「オオカミ」新シリーズ出演に驚きの声殺到
    原因は自分にある。 杢代和人「オオカミ」新シリーズ出演に驚きの声殺到
    モデルプレス
  5. 「オオカミ」新シリーズ、なえなの・綱啓永らメンバー10人発表<プロフィール&コメント>
    「オオカミ」新シリーズ、なえなの・綱啓永らメンバー10人発表<プロフィール&コメント>
    モデルプレス
  6. モテない理由はこれ?!男性が「色気がない」と感じる女性の特徴4つ
    モテない理由はこれ?!男性が「色気がない」と感じる女性の特徴4つ
    Grapps

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 「モデルプレス&SHEINオーディション」GP・有栖花恋さん、IVEウォニョンの言葉が支えに アイドル時代の苦悩も語る<「モデルプレス連載」Vol.2>
    「モデルプレス&SHEINオーディション」GP・有栖花恋さん、IVEウォニョンの言葉が支えに アイドル時代の苦悩も語る<「モデルプレス連載」Vol.2>
    モデルプレス
  2. 「モデルプレス&SHEINオーディション」GP・因京将さん「HiGH&LOW」メインキャストとの共演エピソード “難しかった”こと明かす<「モデルプレス連載」Vol.2>
    「モデルプレス&SHEINオーディション」GP・因京将さん「HiGH&LOW」メインキャストとの共演エピソード “難しかった”こと明かす<「モデルプレス連載」Vol.2>
    モデルプレス
  3. フジ三上真奈アナ、辛かった数年間を乗り越えられた理由「ノンストップ!」MCの5年で救われた経験とは<モデルプレスインタビュー>
    フジ三上真奈アナ、辛かった数年間を乗り越えられた理由「ノンストップ!」MCの5年で救われた経験とは<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  4. 三上悠亜、セクシー女優引退発表後は「燃え尽き症候群」に 新しく挑戦したいことも明かす<「PECHE」インタビュー>
    三上悠亜、セクシー女優引退発表後は「燃え尽き症候群」に 新しく挑戦したいことも明かす<「PECHE」インタビュー>
    モデルプレス
  5. 「ZIP!」新コーナー「旅するエプロン」オーディションで出演権獲得・伊藤楽&池田航、勝ち抜いた方法は?夢を叶える秘訣には“みやぞんの言葉”も<インタビュー>
    「ZIP!」新コーナー「旅するエプロン」オーディションで出演権獲得・伊藤楽&池田航、勝ち抜いた方法は?夢を叶える秘訣には“みやぞんの言葉”も<インタビュー>
    モデルプレス
  6. <「花束オオカミ」両想いペアインタビュー“りゅうくれ”>中川紅葉、年の差への葛藤と乗り越えられた理由 今井竜太郎の“年下系ワンコ”ではない一面も明かす
    <「花束オオカミ」両想いペアインタビュー“りゅうくれ”>中川紅葉、年の差への葛藤と乗り越えられた理由 今井竜太郎の“年下系ワンコ”ではない一面も明かす
    モデルプレス
  7. 宮世琉弥、ホストへの印象変化「似てる部分がある」高橋文哉&綱啓永との“8LOOM”リレーも明かす<モデルプレスインタビュー>
    宮世琉弥、ホストへの印象変化「似てる部分がある」高橋文哉&綱啓永との“8LOOM”リレーも明かす<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  8. THE RAMPAGE川村壱馬「ポジティブが嫌い」悲しみを誤魔化さない理由語る<「日曜の夜ぐらいは…」インタビュー後編>
    THE RAMPAGE川村壱馬「ポジティブが嫌い」悲しみを誤魔化さない理由語る<「日曜の夜ぐらいは…」インタビュー後編>
    モデルプレス
  9. THE RAMPAGE川村壱馬、初の事務所制作外ドラマで“個人の俳優”として闘う責任感「甘えが効かない」<「日曜の夜ぐらいは…」インタビュー前編>
    THE RAMPAGE川村壱馬、初の事務所制作外ドラマで“個人の俳優”として闘う責任感「甘えが効かない」<「日曜の夜ぐらいは…」インタビュー前編>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事