JO1「PROTOSTAR」インタビュー(左から)川尻蓮、白岩瑠姫、與那城奨(C)モデルプレス

JO1川尻蓮×白岩瑠姫×與那城奨「JO1という新たなジャンルを作りたい」<「PROTOSTAR」インタビュー:グループ編>

2020.02.28 19:00
0
7

サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」にて誕生したグローバルボーイズグループ・JO1(ジェイオーワン)のインタビュー連載。グループ編の第3弾は、川尻蓮白岩瑠姫與那城奨の3人が登場する。

JO1インタビュー連載

3月4日のデビューシングル「PROTOSTAR」リリースを記念し、モデルプレスでは14日連続でグループ&ソロインタビューを配信。

4:4:3に分かれじっくり話を聞いたグループ編では「PROTOSTAR」収録楽曲での自分の注目ポイント、昨年12月の結成から走り抜けてきたこれまでの苦労、普段の生活や同室メンバーとのエピソード、グループでの夢などをたっぷり語ってもらった。

【川尻蓮×白岩瑠姫×與那城奨】「PROTOSTAR」自分のここに注目して欲しい!

川尻:僕は「無限大」のダンスシーンなんですけど、ダンスブレイクのパートでありがたいことに僕が真ん中で踊らせて頂いていて。ダンスブレイクの最後にここ(ガッツポーズをして上腕の筋肉を指しながら…)にチューする場面があるんです(照笑)。それが「PRODUCE 101 JAPAN」中に人気だった練習生のネタというか。(※本田康祐の“筋肉キス”)

與那城:決めポーズ?

川尻:うん。決めポーズみたいなのが、偶然そこで使われて。「えっこれ!」って僕らもすごく盛り上がったし、番組を観ていた方は、もしかしたら分かるんじゃないかなと思います。ダンスブレイクが無い場合はそのシーンも無いと思うんですが、ダンスブレイクがあれば必ず見られると思うので、注目して頂けたら嬉しいです。

白岩:僕は本当に個人的なことでいいですか(笑)?人生で初めて髪色を紫にしたんです。MVでもすごく目立つと思うから、注目してほしいです。

― なぜ紫にしたんですか?

與那城:当時は紫にしたがっていたもんな(笑)。

白岩:やっぱり「髪色が被らない方がいい」という制作陣の意見があって、ひとりずつその当時の髪色に似た色にしていこうということになったんです。それで美容師さんが「君は何色、君は何色」と決めて下さったんですが、僕「真緑」って言われたんですよ(笑)。そのときにアッシュで少し緑っぽかったので、それを強めていこうと。でもちょっと、「真緑だったら紫の方がいいです」って押して、紫になりました(笑)。

― 紫ヘアは気に入りましたか?

白岩:思っていたよりはイケてたんじゃないかなと思います。でも、家族には怒られました。

一同:(笑)。

與那城:「なんだ、あの髪色は!」みたいな?

白岩:はい。そもそも髪色変えたことを家族に言ってなかったんですよ。それでSNSとかで写真が出た時に、急に息子が真紫の髪色になっていて。

與那城:びっくりするわな(笑)。

白岩:すぐ連絡来ました、「何してんだ」って(笑)。

與那城:僕は「無限大」のMVの衣装なんですけど、僕だけなぜか袖が無いんですよ。

一同:あー(笑)。

白岩:露出が多いんです。

與那城:冬の韓国で撮影してるのに、僕だけベストの下にアミアミのタンクトップだけみたいな。

一同:(笑)。

與那城:それがもうすごく寒くて、頭から離れなくて。今後はどんな衣装が来るのか…もう何も着ないんじゃないかって。

川尻:どんどん布が減っていく(笑)。

與那城:ほんとに「PRODUCE 101 JAPAN」からどんどん布が減っていってるんですよ。

― 最終的には…。

與那城:最終的にはもうなくなると思います。ボディペイントとかになるかもしれない。

一同:(笑)。

白岩:なのに、首にはスカーフ巻いてて。

與那城:そうそう(笑)。

白岩:寒いのか暑いのか(笑)。

【川尻蓮×白岩瑠姫×與那城奨】結成してから大変だったこと

― では、寒さもあってMV撮影は大変でしたか?

與那城:僕は寒かったですね。ひたすら寒かったです。

白岩:撮影は寒かったです、本当に。

與那城:みんな長袖で「寒い寒い」って言ってるんですけど、その時は「俺を見ろ」って思ってました(笑)。

川尻:今まではダンスや歌の練習を沢山やってきたけど、MVの映像は踊りだけじゃなくて、演技の部分とかも沢山あるので本当に難しかったです。皆初めての経験だったと思うので。

マジックミラーの中に入って撮影するシーンがあって、僕からは外が見えないけど、外からは僕が見えているという状況だったんです。それで外からカメラで撮られていたので、カメラがどこにいるか分からなくて。その状態で演技したり、目線を決めたりするのが難しかったです。

與那城:難しい。「よーい、スタート」って言われた時点でカメラがどこにあるか分からないもんね。

川尻:ここ3人同じところで撮ったよね。

― そういった経験で、表現の仕方は掴めてきましたか?

川尻:やっぱり経験は大事だなと思いました。最初は本当に難しかったんですけど、やってみてモニタリングして、を繰り返すと、なんとなく感覚が掴めてきたかな、という感じはしてます。

― そのほか結成してから大変だったことはありますか?

白岩:でも、普通に生活していたら1ヶ月って何となくすぐに終わってしまうと思うんですけど、本当に1ヶ月間が…

與那城:長かったね。

川尻:やることがいっぱいあって。

白岩:まず振りを覚えて、レコーディングして、MV撮って、その間に色々な撮影とかも入っていて、僕は「PRODUCE 101 JAPAN」のときに「あ~大変だな」と思ったんですけど、JO1決まってからの1ヶ月の方が…よく言えばめちゃくちゃ成長できた1ヶ月で、めちゃくちゃ濃かったですね。自分の慣れている地ではない国に行ったので、色んな方とも出会えましたし、色んな経験をさせてもらった1ヶ月だったなと思います。でも本当に大変でした。ダンスの振り入れして、3日後にすぐダンスシーンの撮影とかもあって。

― スケジュールは朝から晩までという感じでしょうか。

一同:そうです、そうです。

白岩:朝早くから始めて、夜遅く帰ってきてというのを続けていたので。

與那城:結構疲れたね。

― 與那城さんはタフな印象もありますが。

與那城:徐々に体力と精神力が削られていくというか。一気にドカーンとは来ないんですけど、気が付いたら「めちゃくちゃ疲れてんな」みたいな感じでした。

白岩:だって、1ヶ月経ったと思って、予定表見てみたらまだ1週間しか経ってなかったんです(笑)。それくらい大変でしたけど、皆さんが見てくれたときに「JO1すごい」とか「カッコいい」って思ってもらいたくて。

― ティーザー映像が出た時のネット上での反応はすごかったですよね。

白岩:だからその時は本当に嬉しかったです。「頑張ってよかった」というのがそこで分かったし、ファンミーティングでも皆さんの生の反応を見て、本当に頑張ってよかったと思いました。

― ファンミーティングはいかがでしたか?

與那城:初日のファンミーティングは本当にガチガチに緊張しました。僕たちを選んでくれた国民プロデューサーの皆さん4000人以上に初お披露目で、しかも、まだデビューしていないのにも関わらず新曲を発表するということ自体も異例じゃないですか。だから僕たちも要領が分かっていなかった部分もあって。

― それだけ緊張している中で、実際にステージに立ってみてどうでしたか?

與那城:僕はもうやることで精一杯でしたね。これからやっていけばもうちょっと余裕が出てくるんじゃないかな、とは思うんですけど。でも歓声のパワーはすごかったです。

【川尻蓮×白岩瑠姫×與那城奨】気になるメンバーとの同室エピソード

― そのファンミーティングでは、部屋割を決めるためにゲームをするという話をされていたそうですね。

與那城:ゲームというか、ルーレットとかあみだくじとか。スマホのアプリでできるんですよ。

白岩:11人なので、ホテルだと2人部屋なんですけど、1人だけ1人部屋になるじゃないですか。僕もそうなんですけど、「1人部屋がいい」という人が結構いて、白熱するんです(笑)。

與那城:1人部屋をかけた壮絶な戦いが始まるんですよ。

白岩:いつもそういう“ちょいゲーム”みたいなので決めてます。それで、そういうゲームが一番好きなのが蓮くん(笑)。

川尻:(笑)。

白岩:じゃんけんとかもなんですけど、そういうちょっとしたゲームが好きなんですよね(笑)。例えば大して食べたくもないパンでも、皆が「それ食べたい」って言ったらじゃんけんに参加してくるんです。

川尻:じゃんけんがしたいんですよね(笑)。

白岩:パン目当てじゃないのに(笑)。そういうゲームがすごく好きで、いつも1人でテンション上がってます。

川尻:1人部屋に当たった時も、僕そんなに1人部屋欲しくなくて、みんな「代わって代わって!」って言ってたので、僕が目を瞑って回って、目の前に来た人に(1人部屋を)ゆずるというゲームをしました。

與那城:蓮くんを10人で囲んで、蓮くんがぐるぐる回って、指さされた人が1人部屋になれるっていう。

川尻:はい(照笑)、遊びたかったんです…。

― 1人部屋になることが多いのは?

白岩:結構ランダムですけど、蓮くんは2回なったんじゃない?

川尻:(鶴房)汐恩も2回なったっけ。

與那城:(大平)祥生も2回なってたね。

白岩:僕はめちゃくちゃ1人部屋になりたかったのに、1回もなれなかったです。

― 一緒になることが多い人とかはいるんですか?

白岩:祥生ですね。3回連続で祥生と一緒になりました。

― 部屋では大平さんとどんな感じなんですか?

白岩:すっごく恥ずかしいんですけど、僕普段、寝る前にディズニーの睡眠用BGMみたいなのをかけて寝るんですよ(笑)。あとはお笑いとかを見ながら寝るんですけど、それをうるさいと思う人もいると思うから、ホテルのときはあまりしないんです。でも祥生はディズニー好きというのが一緒で、同じようなことを寝る前にしていたらしくて、そこはすごく気が合ったので、部屋で一緒にディズニーを観ていました。好きなものが似てるというのもあって、色々一緒に観たので、それは思い出ですね。

― ほかにも“部屋エピソード”ありますか?

與那城:部屋エピソードか…。夜帰って疲れていても、何かストレス発散じゃないけど、「リフレッシュしたいな」というときあるじゃないですか。そういうときにだいたい蓮くんか誰かが「ゲームしよ~」って全体にメッセージを送ってきますね。「皆で何かしたいな~」というときに「トランプしよ」ってメッセージをくれて。そこで皆で集まって盛り上がって、いつも楽しいんですよ。

【川尻蓮×白岩瑠姫×與那城奨】グループでの夢

JO1/(後列左から)與那城奨、金城碧海、白岩瑠姫、鶴房汐恩、大平祥生、佐藤景瑚(前列左から)木全翔也、川尻蓮、豆原一成、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス
JO1/(後列左から)與那城奨、金城碧海、白岩瑠姫、鶴房汐恩、大平祥生、佐藤景瑚(前列左から)木全翔也、川尻蓮、豆原一成、川西拓実、河野純喜(C)モデルプレス
白岩:僕はずっと思っていることがあるんです。でもあんまりメンバーには言ってなくて。もちろん「世界に行きたい」とか、「世界に向けて」という目標が僕らにはあるんですけど、僕はまず「日本で新しい風を吹かせたい」。

與那城:カッコいいな。

白岩:例えば楽曲にしてもそうですし、「無限大」、「La Pa Pa Pam」とかって、これまでのJ POPとはちょっと違う楽曲というか。そういうのがまだ日本にないから、僕らが先駆者になりたい。僕らのことを見て、「カッコいい」と思って真似してくれる人ができたらうれしいです。衣装とか、コンセプトとかもこだわっている部分があるので、毎回違ったカッコいい衣装だったり、可愛い衣装だったりを見せられると思います。メイクをするのもあまりないと思うし、「これがカッコいい」と思ってもらえるように、僕らが先陣を切って色々やっていきたいんです。色々意見が分かれるとも思うんですけど、ちゃんとそういう声にも耳を傾けつつ、自分たちの信念は曲げずに、本当に、「JO1」という新たなジャンルを作りたい。

川尻:(無言で白岩に手を差し出し、固い握手)

與那城:めちゃくちゃ熱いじゃん。

白岩:(笑)。ほんとに、これずっと言ってるんですよ。でもあんまりこういうこと言うと、また「熱く語ってる」って思われると思うんですけど…。

與那城:いいじゃん。瑠姫が最初でよかったわ。「Mステ出たい」とか言うところだった、あぶね~!

一同:(笑)。

白岩:でも「Mステ」出たとしても、普通に出ても変わらないから。

與那城:やっぱり頭一つとび抜けたいよね。

白岩:何かが違うというのを見せたいという意味で、新しいことをどんどんやっていきたいです。

川尻:僕も、名前の由来でもある「世界へ」というのは最終目標というか、遠くにある目標で、その前にある、近い目標から1つずつしっかりクリアしていける、踏破していけるグループになりたいです。その中で、瑠姫が言ったみたいに日本で新しいことをするもそうですし、曲を作れるメンバーがいたり、振り付けを作れるメンバーがいたり、11人もいたら色んな感性のある人間が集まっているので、僕個人としては“11人でライブを作りたい”と思っていて。曲を作ったり、セットリストを作ったり、照明とか演出とか、全部僕ら主体で作ったライブをしてみたいな、という目標があります。

― セルフプロデュースですね。與那城さんはいかがですか?

川尻:「Mステ」出たい(笑)?

白岩:でもいいと思います!

與那城:やっぱり段階があると思っていて、最終目標としてはやっぱり「世界の大きな舞台を目指していく」というのを僕たちは決めているので。でも、そこに行くためにはある程度の段階を踏んで着実に行かないといけないと思っています。焦らずしっかりと実力をつけて、誰もが認めてくれるようなグループになりたいですね。「日本で男性ボーカルユニットと言えば誰?」となった時に、JO1という名前がすぐパッと出てくるようになってほしいし、そのための1つの目標としては…「Mステ」に出る!

白岩:いい目標だと思いますよ。

與那城:「Mステ」に出て、出演者がもらえるティッシュをもらいたいです。

川尻:僕はタモリさんに「あ、川尻くんも福岡出身なんだ」って言われたい。

與那城:あー!それいいね!

白岩:僕はあれですね、タモリさんに「髪伸びた?」って言われたい。

川尻:(爆笑)

白岩:本当はタモリさんってよく「髪切った?」って言うんですよ。それをボケてみただけです(笑)。

川尻:上手い~(笑)。

【川尻蓮×白岩瑠姫×與那城奨】JAM記者によるインタビューこぼれ話

グループの中では“お兄さん”ラインで、デビュー評価曲は「YOUNG」だった3人に集まってもらいました。

お昼過ぎの時間だったため、「ご飯食べられましたか?」と聞くと「今ソッコーで食べてきました!」と與那城さん。白岩さんは一人だけ2リットルくらいの巨大な水のペットボトルを持参しており、笑い上戸な川尻さんは「水がでかい…(笑)」とインタビュー中笑っていました。(modelpress編集部)

JO1 プロフィール

サバイバルオーディション番組「PRODUCE 101 JAPAN」において、“国民プロデューサー”と呼ばれる視聴者による国民投票で、101人の練習生から勝ち抜いた豆原一成、川尻蓮、川西拓実、大平祥生、鶴房汐恩、白岩瑠姫、佐藤景瑚、木全翔也、河野純喜、金城碧海、與那城奨の11名によるボーイズグループ。グループ名は、「PRODUCE 101 JAPANで一緒に上を目指した練習生が1つになって、世界の頂点を目指していく」という意味を込めて「JO1」と名付けられた。

結成してから初の公の場としてルイ・ヴィトンイベントでパフォーマンス、初ファンミーティングは応募者殺到で追加公演を実施、テレビCMが放映開始、取材依頼が殺到し様々な女性誌、ファッション誌への登場が決まるなど、デビュー前から規格外の注目を集めている。ファンの名称はJAM。


【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. JO1大平祥生×鶴房汐恩×木全翔也×金城碧海“S4”韓国合宿の苦労・意見が分かれたときはどうする?<「PROTOSTAR」インタビュー:グループ編>
    JO1大平祥生×鶴房汐恩×木全翔也×金城碧海“S4”韓国合宿の苦労・意見が分かれたときはどうする?<「PROTOSTAR」インタビュー:グループ編>
    モデルプレス
  2. JO1豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜「JAMの皆さんのことを考えながら…」<「PROTOSTAR」インタビュー:グループ編>
    JO1豆原一成×川西拓実×佐藤景瑚×河野純喜「JAMの皆さんのことを考えながら…」<「PROTOSTAR」インタビュー:グループ編>
    モデルプレス
  3. JO1「KCON」初登場決定 第3弾ラインナップ発表<KCON 2020 JAPAN>
    JO1「KCON」初登場決定 第3弾ラインナップ発表<KCON 2020 JAPAN>
    モデルプレス
  4. JO1、メンバーのタレコミ情報も 個性豊かな11人に迫る
    JO1、メンバーのタレコミ情報も 個性豊かな11人に迫る
    モデルプレス
  5. JO1、インタビュー連載スタート 読者からマニアックな質問、“ガヤ”にも注目
    JO1、インタビュー連載スタート 読者からマニアックな質問、“ガヤ”にも注目
    モデルプレス
  6. JO1鶴房汐恩の“手紙”が話題「泣きながら日本に帰ってきて…本当に僕は幸せ」
    JO1鶴房汐恩の“手紙”が話題「泣きながら日本に帰ってきて…本当に僕は幸せ」
    モデルプレス

「インタビュー」カテゴリーの最新記事

  1. 20歳でギャルママに「egg」まぁみ、夫との馴れ初め・亡くなった父への想い明かす<出産直前インタビュー>
    20歳でギャルママに「egg」まぁみ、夫との馴れ初め・亡くなった父への想い明かす<出産直前インタビュー>
    モデルプレス
  2. HiHi Jets作間龍斗、“俳優”への道「極めていきたい」 衝撃作で感じたこと&恋愛観明かす<「ひらいて」インタビュー>
    HiHi Jets作間龍斗、“俳優”への道「極めていきたい」 衝撃作で感じたこと&恋愛観明かす<「ひらいて」インタビュー>
    モデルプレス
  3. 永野芽郁、笑顔の裏にストイックな努力「悩みと徹底的に向き合う」“母の生き方”から受けた刺激<「そして、バトンは渡された」インタビュー>
    永野芽郁、笑顔の裏にストイックな努力「悩みと徹底的に向き合う」“母の生き方”から受けた刺激<「そして、バトンは渡された」インタビュー>
    モデルプレス
  4. 「THE TIME,」で注目・新原泰佑、京本大我&松岡広大から刺激も さらなるブレイクへ「もっともっとやってみたい」
    「THE TIME,」で注目・新原泰佑、京本大我&松岡広大から刺激も さらなるブレイクへ「もっともっとやってみたい」
    モデルプレス
  5. 皇治「RIZIN」リングに再び立つ覚悟 ドン底から「見返したい」再起への変化も語る<モデルプレスインタビュー>
    皇治「RIZIN」リングに再び立つ覚悟 ドン底から「見返したい」再起への変化も語る<モデルプレスインタビュー>
    モデルプレス
  6. 手越祐也、MV撮影現場に独占密着で見えた素顔 スタッフが明かす“手越祐也のすごさ”&“裏での努力”とは?<インタビュー連載Vol.2>
    手越祐也、MV撮影現場に独占密着で見えた素顔 スタッフが明かす“手越祐也のすごさ”&“裏での努力”とは?<インタビュー連載Vol.2>
    モデルプレス
  7. 新婚・内田アナ、“夫からの嬉しい言葉”に谷岡アナも共感 今湊アナは“感動の発見”語る【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    新婚・内田アナ、“夫からの嬉しい言葉”に谷岡アナも共感 今湊アナは“感動の発見”語る【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    モデルプレス
  8. “料理好き”内田&今湊アナ、谷岡アナのこだわりに衝撃「レベルが違う」【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    “料理好き”内田&今湊アナ、谷岡アナのこだわりに衝撃「レベルが違う」【フジテレビアナウンサー×モデルプレス連載<“素”っぴんトーク>】
    モデルプレス
  9. 平野莉玖、アパレルプロデューサー&アーティストの二刀流 家族からは“ダメ出し”も「応援してくれている」<「平野莉玖スタイル&フォトブック RIKU」インタビュー>
    平野莉玖、アパレルプロデューサー&アーティストの二刀流 家族からは“ダメ出し”も「応援してくれている」<「平野莉玖スタイル&フォトブック RIKU」インタビュー>
    モデルプレス

あなたにおすすめの記事