菅田将暉、間宮祥太朗らと地上で“浮き輪の穴に飛び込む遊び”をして後悔

0
0
19日、都内にて映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の公開記念舞台挨拶が行われ、声優を務める広瀬すず菅田将暉宮野真守と原作の岩井俊二氏、主題歌を担当したDAOKOが登壇した。
菅田将暉 (C)モデルプレス
菅田将暉 (C)モデルプレス

菅田将暉の夏の思い出「もしも、あのとき…」

床を見て話しがちな菅田将暉 (C)モデルプレス
床を見て話しがちな菅田将暉 (C)モデルプレス
菅田将暉 (C)モデルプレス
菅田将暉 (C)モデルプレス
同作のキャッチコピーである「もしも、あのとき…」にちなみ、後悔している夏の思い出の話題に。

キャノン砲が気になる菅田将暉 (C)モデルプレス
キャノン砲が気になる菅田将暉 (C)モデルプレス
菅田は、先日大きな浮き輪をプレゼントされたそうで「なかなか海に行く機会もないから家で膨らませてみた」と告白。家に遊びに来ていた俳優仲間の間宮祥太朗らと“浮き輪を縦に置き、真ん中の穴をめがけて飛び込む遊び”をしたところ、「それで浮き輪が壊れちゃったから、あの遊びやんなきゃよかったなって。海に行く前に浮き輪壊れちゃったから後悔してます。ちょっと使い方間違えちゃった(笑)」と語り、会場を笑わせていた。

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」

左から:岩井俊二氏、宮野真守、広瀬すず、菅田将暉、DAOKO (C)モデルプレス
左から:岩井俊二氏、宮野真守、広瀬すず、菅田将暉、DAOKO (C)モデルプレス
映画の原作は「Love Letter」「リップヴァンウィンクルの花嫁」などの代表作を持つ岩井氏。岩井氏による過去の傑作ドラマをアニメ化するという試みで、現代的な要素を加えながら新たな脚本を「モテキ」「バクマン。」の大根仁氏、総監督を社会現象化した「魔法少女まどか☆マギカ」などの新房昭之氏が務め、「君の名は。」などの川村氏がプロデュースしている。

左から:宮野真守、広瀬すず、菅田将暉 (C)モデルプレス
左から:宮野真守、広瀬すず、菅田将暉 (C)モデルプレス
物語は“繰り返される夏の一日”の恋の奇跡を描く中学生のラブストーリー。広瀬が声優を務める主人公のなずなが、再婚する母親から逃れるためにプールで競争する典道(声:菅田)と祐介(声:宮野)に、勝った方と花火大会に行くと持ちかけるが、実は“駆け落ち”しようとして…という内容。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 菅田将暉、間宮祥太朗らと地上で“浮き輪の穴に飛び込む遊び”をして後悔
今読んだ記事

菅田将暉、間宮祥太朗らと地上で“浮き輪の穴に飛び込む遊び”を…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「映画」カテゴリーの最新記事