Hey! Say! JUMP伊野尾慧、コロナ感染を赤裸々に語る「怖さは治った後もある」

0
4
Hey! Say! JUMP伊野尾慧が、15日放送の日本テレビ系報道特番「有働&水卜の知らなかった!2020」(よる7時から)にゲスト出演。コロナ感染について赤裸々に語る。
伊野尾慧(C)日本テレビ
伊野尾慧(C)日本テレビ
同番組では、ゲストに、ヒロミ、吉村崇、伊野尾、トラウデン直美、フワちゃんを迎え、今年伝えられた様々なニュースの中から多くの人が目にした映像に注目し、取材で分かった「知らなかった!」ウラ側を再現ドラマやクイズで紹介する。

2018年「平成ニッポンの瞬間映像30」、2019年「令和ニッポンの瞬間映像20」に続いて、今年も有働由美子&水卜麻美の2人のMCがタッグで2020年を振り返る。

水卜麻美、小池百合子東京都知事を直撃

水卜麻美、小池百合子(C)日本テレビ
水卜麻美、小池百合子(C)日本テレビ
2019年の年末特番では、菅官房長官(当時)に、元号発表に関してなど直撃取材をした水卜アナ。今年は11月末に都庁にて、小池知事と初対面。コロナ対策の最前線で情報発信を続ける小池知事の、注目された「言葉」や「パネル」の秘密に迫った。

取材を前に「テレビを熟知している方だからこそ会見をうまく使える。その部分を聞きたい」と話していた水卜アナ。インタビューでは知事の“迫力”に圧倒されながらも、切り込んで質問をする姿に、ゲストのヒロミも「本当に頑張った!」と絶賛。果たして小池知事は水卜アナの質問に、どう答えたのか!?

封鎖された武漢からの日本人救出舞台裏を完全ドラマ化

ヒロミ、フワちゃん、トラウデン直美、吉村崇 (C)モデルプレス
ヒロミ、フワちゃん、トラウデン直美、吉村崇 (C)モデルプレス
新型コロナウイルスの感染拡大を防ごうと封鎖された武漢から、合わせて828人を帰国させた前代未聞の救出作戦を、当時関わった人達への取材をもとに完全ドラマ化。帰国希望者の把握、移動手段の確保など、ウラ側には様々な人たちの“知らなかった”活躍があった。更に、このドラマではANA(全日本空輸)協力のもと、実際に使われた飛行機を使って撮影。当時の緊張感も伝わる再現ドラマとなった。

伊野尾慧、コロナ感染を語る

有働由美子、水卜麻美 (C)モデルプレス
有働由美子、水卜麻美 (C)モデルプレス
スタジオゲストの伊野尾は、8月に新型コロナに感染。当時の“嗅覚異常”の状況や体調について、そして不安に感じたことなどを赤裸々に語った。伊野尾自身、「怖さは治った後もある」とも語る、当事者だからこそ感じるコロナ感染の“ウラ側”とは?

藤井貴彦が「呼びかけ」に込めた想い

有働由美子、水卜麻美 (C)モデルプレス
有働由美子、水卜麻美 (C)モデルプレス
今年、SNSなどでその“言葉”が話題になった藤井貴彦アナ。どのようにしてあの呼びかけの言葉が生まれたのか、本人を取材。「たくさんの人をあたたかい気持ちにしている」と、トラウンデンも感じた、藤井アナの呼びかけへの想いとその原点に迫った。

その他にもゲストの“ニューノーマル”を紹介したり、コロナ禍で生まれた意外な出来事をクイズで出題。さらに有働MCの“やらかしちゃった”話も明かされる。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - Hey! Say! JUMP伊野尾慧、コロナ感染を赤裸々に語る「怖さは治った後もある」
今読んだ記事

Hey! Say! JUMP伊野尾慧、コロナ感染を赤裸々に語る「怖さは治…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事