成海璃子、セクハラを訴える 竹内結子主演ドラマにゲスト出演<スキャンダル専門弁護士 QUEEN>

【成海璃子/モデルプレス=1月10日】女優の成海璃子が、竹内結子主演のフジテレビ系新木曜劇場『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』(2019年1月10日スタート、毎週木曜よる10時~※初回15分拡大)の第2話(1月17日放送)にゲスト出演することが決定した。
成海璃子(C)フジテレビ
成海璃子(C)フジテレビ
同作は情報を操作し裏で社会を動かす“スピン・ドクター”を日本で初めて題材にしたオリジナル・ストーリー。

主人公は氷見江(竹内結子)。大手の法律事務所で危機管理を専門に、法廷ではなく、パワハラ、セクハラ、名誉棄損、損害賠償をはじめとする多様なスキャンダルや社会的トラブルの裏側を主戦場にする異色の弁護士。人の心を読む驚異的な洞察力を持ち、相手が誰であろうと言うべきことは歯に衣着せずに言う人柄で、クライアントを社会的窮地から救い出すためならば、時に嘘すら正義に変える、知る人ぞ知る天才トラブルシューター。そんな氷見はとある過去から、「危機にある女性を救う」という信念を持つようになり、その信念に反することはたとえ事務所や依頼人の意向であろうと従わず、ただ己の信じる道を突き進み、どんなに汚い手であろうと手段を選ばず、突破口が見つかるまで動き続け、どれほどの逆境であろうと覆すことを絶対に諦めない。

ドラマは、そんな氷見のもとに今日もさまざまなスキャンダルの相談が舞い込み、そのスキャンダルを巡って後から後から騒動が起こる中、少々口は悪いが弁が立ち、論理的に相手をやり込める優秀な同僚の弁護士・与田知恵(水川あさみ)、同じく同僚で超エリートなのに底抜けに頼りない弁護士・藤枝修二(中川大志)、無責任さにかけては右に出るものはいない副所長の鈴木太郎(バカリズム)、必要とあればハッキングまでこなしてしまう謎多き事務員の真野聖子(斉藤由貴)と氷見の破天荒すぎるリーガル・チームが情報操作や人心掌握といったさまざまなテクニックを駆使して、時に周囲や世論を振り回し、時に周囲や世論に振り回されながらも大奔走する姿を、Perfumeの一連の作品や星野源の「恋」などを手がけた日本トップ映像クリエイター・関和亮氏による斬新な映像で描くノンストップ・エンターテインメント。

成海璃子、セクハラ被害を訴える

成海は広告代理店で契約社員として働いていた際に、上司にあたるクリエイティブ・ディレクターの男性からセクハラ被害を受けたと訴える佐藤瑠璃を演じる。

第2話で氷見を訪ねてきたのは広告代理店に勤め、これまで国内外の著名な広告賞を受賞し、多数の大手クライアントを抱えるクリエイティブ・ディレクターの谷正輝。とある週刊誌に、谷が過去に契約社員の女性にセクハラをしていたという記事が掲載され、世論から集中砲火をあびることに。しかし谷本人は事実無根だと主張し、氷見たちに助けを求める。氷見は、この時世、セクハラ問題は闘うのではなく、被害を訴えている女性と譲歩した方が良いと助言をするものの、「セクハラなど絶対になかった」と谷を含めた広告代理店サイドは一歩も譲らず、ひとまず状況を把握するため、広告代理店関係者、そして被害を訴えている佐藤瑠璃(成海璃子)に会って話を聞くことに。

瑠璃に会う手はずをつけた氷見。現れた瑠璃は、清楚で、どこか気が弱そうな雰囲気の女性で、週刊誌にネタを売り込みそうなイメージはどこにも感じられなかった。氷見が瑠璃から当時のことを聞くと、深夜にも関わらず大量の仕事を明日の朝までにやれと谷から命令をされ、難色を示すと「体を使う仕事に変えてやろうか」と実際に体にも触られ、それでもクビにされるのが怖くて谷には何も言えなかったと語る。

広告代理店を辞めた今、谷から受けた仕打ちを、このまま無かったことにはできない、と告発に踏み切ったという瑠璃。氷見は相応の金額は用意できることを匂わせるが、瑠璃は、ただ谷に謝って欲しいだけだとはねつけ…。

馬場ふみからがアイドルの第1話では…

また今夜いよいよスタートする初回で、氷見を訪ねてくるのは、フォレストの冠番組「フォレスタジアム」のプロデューサーを務めるミナトテレビの男性。フォレストは白石杏里(馬場ふみか)、赤江桃子(中村ゆりか)、蒼井ゆず季(秋山ゆずき)、緑川林檎(伊原六花)の4人からなる国民的人気のアイドルグループで、前回の「フォレスタジアム」で、生放送でフォレストが歌を披露している際に、桃子が歌詞を間違えるトラブルが発生。のみならず、そんな桃子のそばに杏里が近寄り、肩をぶつけて「ふざけんなよ」と言い放ち、桃子が過呼吸になってしまうという事態に。

その模様が全国に流れたことで、多数のメディアがフォレストの不仲説や解散疑惑を報道することとなり、ファンや視聴者からは番組に大量のクレームが寄せられ、その中には杏里への殺害予告も。事を重く受け止めたミナトテレビは、番組内でフォレストの謝罪会見を放送することに。謝罪会見は収録でおこなわれることとなり、プロデューサーは、万が一に備えて危機管理の専門家である氷見に協力をして欲しいとのこと。そして収録当日、氷見たち危機管理部のメンバーはミナトテレビに向かい、まずはフォレストのメンバーと面接をおこなう。しかし、まったく彼女たちは一筋縄ではいかず、さらに予想外の出来事が次々と起こる。

4人のアイドルが、大人たちの思惑が渦巻く中で、氷見たちと向き合い、こんがらがりながら、「人を守るということは?」を問う内容となっている。(modelpress編集部)

編成企画・加藤達也氏コメント

「セクハラやパワハラといった世間を騒がすスキャンダルの裏側には様々な人間模様があります。切実に苦しんでいる人や、騒動を利用しようとする人など、さまざまな思惑が入り乱れ、当事者、関係者、世間を巻き込んでの大騒動に発展しているのだと思います。しかし、その根底には、人が人を思う愛情や、その愛情ゆえの憎しみがあるのではないかと思い、ドラマのテーマに据えて毎話作っております。複雑に絡まった人間関係をひもとき、クライアントに寄り添い人を救う!“女性”はこうあるべきという世間のイメージや、求められる世間体の中で生きる現代人。社会が持つ不寛容さ、息苦しさのなかで、がんじがらめになっている女性をいかに痛快に救うのか、クセ者揃いの危機管理部のメンバーたちの活躍をぜひお楽しみください!」



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 成海璃子、セクハラを訴える 竹内結子主演ドラマにゲスト出演<スキャンダル専門弁護士 QUEEN>
今読んだ記事

成海璃子、セクハラを訴える 竹内結子主演ドラマにゲスト出演…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事