成海璃子 なるみりこ

「成海璃子」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「成海璃子」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「成海璃子」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

成海璃子のプロフィール

成海 璃子(なるみ りこ、1992年8月18日 - )は、日本の女優、ファッションモデルである。
本名及び旧芸名、塚本 璃子(つかもと りこ)。
神奈川県横浜市神奈川区出生、川崎市出身。研音所属。

【プロフィール】
本名:塚本 璃子(つかもと りこ)
生年月日:1992年8月18日
出生地:神奈川県横浜市神奈川区
身長:163cm
血液型:O型
職業:女優、ファッションモデル
ジャンル:テレビドラマ、映画、CM
活動期間:1997年 - 現在
事務所:研音
■主な作品
テレビドラマ
「瑠璃の島」、「1リットルの涙」
「ハチミツとクローバー」、「咲くやこの花」
映画
「神童」、「あしたの私のつくり方」
「罪とか罰とか」「武士道シックスティーン」

【略歴】
1997年にセントラル子供劇団に入団する。
2000年7月、「TRICK」で仲間由紀恵が演じる主人公・山田奈緒子の少女時代役を演じて、
ドラマデビュー。2002年の「トリック劇場版」は、ドラマとは別の役(琴美役)で出演。
2004年、芸名を「成海璃子」に改名すると同時に所属事務所を研音に移籍。
2005年4月、「瑠璃の島」でドラマ初主演。
2007年4月、「神童」で映画初主演、この映画と主演2作目である「あしたの私のつくり方」での演技力が評価され、
同年11月に第31回山路ふみ子映画賞新人女優賞を受賞。また9月には川崎市の文化、芸術、福祉、
スポーツなどの分野で功績のあった若手に贈呈されるアゼリア輝(かがやき)賞を受賞した。
2008年1月、第62回毎日映画コンクール スポニチグランプリ新人賞を受賞。
3月、映画「ライラの冒険 黄金の羅針盤」(吹き替え版)で声優デビュー。
2009年1月、日本ジュエリーベストドレッサー賞を受賞。
8月、プロ野球・オリックス・バファローズvs埼玉西武ライオンズ18回戦(京セラドーム大阪)で始球式を務めた。
2010年、「咲くやこの花」で主演を務め、時代劇に初挑戦。
2012年、大河ドラマ「平清盛」で平滋子を演じ、大河ドラマに初出演。

【人物】
家族構成は、両親・弟。堀越学園高等学校卒業[1]。
女優の他にモデルとしても活動し、様々な[要追加記述]雑誌に出ている。
モデル活動に関しては、同世代の女性に対しての「人気取り」だと発言した事もある[2]。
椎名林檎のファンで、「カラオケでも林檎さんだけでずっと歌い続けられる」と言う程の熱狂的なファンである。
また、ニルヴァーナの大ファンでもあり、「寝る前も朝起きたときもニルヴァーナ、という日もあるぐらいニルヴァーナが大好き」と言う。
エレファントカシマシにはまり、「今宵の月のように」を、ラジオ番組で弾き語りをしたこともある。
また、メレンゲの気持ちでの自室紹介では、INUや筋肉少女帯、村八分、猛毒、高田渡、はっぴいえんどのCDを紹介していた。
この番組で出演者の臼田あさ美と好きな音楽の趣味がまったく同じであることが発覚し、
それ以来、2人でライブに行ったり、ギターを持って旅行に行ったりするなどプライベートで非常に仲が良い。
臼田とは仲良くなる前からライブ会場でお互いを見かけたりしていた。
2012年8月にゲスト出演した「浜ちゃんが!」(読売テレビ)では、最近はフォークソングが好きと語り、
よく聴くミュージシャンとして西岡恭蔵の名前を挙げている。
アパレル・ブランドのヒステリックグラマーを好み、雑誌「Hana*chu→」や「melon」にも、
ヒステリックグラマーの私服を着ている写真が掲載されていた[いつ?]。
小さい頃は、深海魚が大好きだった。
自宅でトイプードルの「あずき」(メス)を飼っており、休日には多摩川を散歩するなどして、過ごす時間を大切にしている。
趣味は読書。好きな作家は乙一で、特に「ZOO」と「夏と花火と私の死体」が好きだという[3]。
特技はピアノ・三線・ギター。
好きな食べ物は、鳥ワサ、なめたけなど[2]。
また、おもいッきりDON!第1部 おもいッきりPON!では、好きなおやつとして、あたりめとエイヒレを紹介していた。
苦手な食べ物は、練り物類。苦手なものは、小さい子供と凄いエネルギーで迫ってくる人[3]。
ロングヘアをとても気に入っており、現在の[いつ?]髪の長さは腰まである。

【女優として】
各雑誌・映画の公式サイト等で外見・性格ともに「大人びている」と評価されることが多く、実年齢より年上の役を演じる事も多い。
「1リットルの涙 特別編~追憶~」では、撮影当時14歳でありながら23歳の看護師役を演じた。
また、「ハチミツとクローバー」では、撮影当時15歳でありながら、18歳(初登場時)の大学生役を演じた。
演技を「キャッチボール」と捉え、「私の唯一の表現」と語っている。役に自分を重ね合わせることはない。
将来は「幅広い演技の出来る女優」を目指しており、
「映画では海外の作品にも出たい」「舞台やコメディもやってみたい」などと、
幅広い方向に興味を示している。演じたい役もひとつにしぼれないほどあるという。
台本は活字を追って読むのではなく、話の流れとその役の心情を体のどこかに入れるつもりで読むことを心がけている。
曰く「そうすれば、言い回しが台本と違っていても、間違ったことは言わない」[3]。
ピアノが上手く[4][5]、幼い頃から習っていた。しかし、「神童」では「小学生の時に辞めてしまったので、
勘を取り戻すのには苦労した」と語っている。三線はドラマ「瑠璃の島」への出演がきっかけで習い憶え、
2007年の「瑠璃の島 SPECIAL 2007」では、三線を弾きながら歌うシーンが見られるほど上達した。
ドコモのCMに出演していたが、携帯電話は、連絡の手段として所持しているだけで、それ以外では自分にとっては必要ないものだと語った[3]。
映画「イキガミ」のインタビューで「死ぬ気でチャレンジした経験」を訊かれ、
「いまかもしれない。芝居もそうだし、芝居じゃないところでも」と答えている[6]。

【主な出演】
■テレビドラマ
◆NHK
川、いつか海へ 6つの愛の物語 第3話・第6話(2003年12月26日) - 有田しのぶ 役
咲くやこの花(2010年1月9日 - 3月27日)- こい 役(主演)
大河ドラマ 「平清盛」(2012年1月 - 12月)- 平滋子 役
プレミアムドラマ「小暮写眞館」(2013年3月31日 - 4月21日) - 垣本順子 役(ヒロイン)
◆日本テレビ
瑠璃の島(2005年4月 - 6月) - 藤沢瑠璃 役(主演)
神はサイコロを振らない(2006年1月 - 3月) - 後藤瑠璃子 役
ドラマ・コンプレックス 「~ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録~最後のナイチンゲール」(2006年8月22日) - 照屋サチ 役
瑠璃の島SPECIAL 2007(2007年1月6日) - 藤沢瑠璃 役(主演)
演歌の女王(2007年1月 - 3月) - 五味貞子 役
受験の神様(2007年7月 - 9月) - 菅原道子 役 (ヒロイン)
ドン★キホーテ(2011年7月 - 9月) - 松浦幸子 役 (ヒロイン)
◆TBS
君が光をくれた(2006年12月4日) - 浅田深雪 役
恋うたドラマSP 三日月 第1夜(2009年9月29日) - 滝井香澄 役(主演)
◆フジテレビ
ほんとにあった怖い話「夜話の窓」(2004年2月21日) - 宮脇あや 役
1リットルの涙(2005年10月 - 12月) - 池内亜湖 役
P&Gパンテーンドラマスペシャル 永遠の1.8秒(2007年2月12日) - 前田夏希 役(主演)
1リットルの涙 特別編~追憶~(2007年4月5日) - 池内亜湖 役
介助犬ムサシ~学校へ行こう!~(2007年4月20日) - 板倉久美子 役(主演)
ハチミツとクローバー(2008年1月 - 3月) - 花本はぐみ 役 (主演)
千の風になって ドラマスペシャル なでしこ隊~少女達だけが見た“特攻隊”封印された23日間~(2008年9月20日) - 前田笙子 役(主演)
ドコモドラマスペシャル チャンス!~彼女が成功した理由~(2009年3月14日) - 大川泉水 役 (特別出演)
BOSS 2ndシーズン(2011年4月 - 6月) - 黒原理香 役
積木くずし 最終章(2012年11月23・24日) - 安住灯 役
◆テレビ朝日
TRICK(2000年7月 - 9月) - 山田奈緒子(少女時代) 役
TRICK2(2002年1月 - 3月) - 山田奈緒子(少女時代) 役
電池が切れるまで(2004年4月 - 6月) - 橘結花 役(「電池が切れるまで」の詩を書いた少女がモデル)
終りに見た街(2005年12月3日) - 清水信子 役
一生忘れない物語「Million Films」(2006年9月30日) - 川島あおい 役(主演)
◆関西テレビ
クニミツの政(2003年7月 - 9月) - 森村茜 役
◆WOWOW
ブカツ道「桜の園」「練習とか面倒だし。」「パシュッとな!」
◆BS日テレ
背の眼(2012年3月31日) - 北見凛 役
■映画
トリック劇場版(2002年) - 琴美 役
楳図かずお恐怖劇場 まだらの少女(2005年) - 山川京子 役(主演)
妖怪大戦争(2005年) - 稲生タタル / のっぺらぼう 役
ウォーターズ(2006年) - チカ 役
雨の町(2006年) - 絢子 役
神童(2007年) - 成瀬うた 役(主演)
あしたの私のつくり方(2007年) - 大島寿梨 役(主演)
きみにしか聞こえない(2007年) - 相原リョウ 役(主演)
イキガミ(2008年) - 飯塚さくら 役
罪とか罰とか(2009年) - 円城寺アヤメ 役(主演)
山形スクリーム(2009年) - 岡垣内美香代 役(主演)
武士道シックスティーン(2010年) - 磯山香織 役(主演)
書道ガールズ!! わたしたちの甲子園(2010年) - 早川里子 役(主演)
シーサイドモーテル(2010年) - 二宮留衣 役
少女たちの羅針盤(2011年) - 楠田瑠美 役(主演)
LOVE まさお君が行く!(2012年) - 吉野水希 役
BUNGO~ささやかな欲望~ 告白する紳士たち 「握った手」(2012年) - 由子 役
吹き替え
ライラの冒険 黄金の羅針盤(2008年3月1日) - パンタライモン 役(吹き替え)
スヌーピーと幸せのブランケット(2011年8月12日DVD発売) - ライナス・ヴァンペルト 役(吹き替え)
■CM
ヤマザキナビスコ 「オレオ」
ワーナーミュージック・ジャパン「桜」(コブクロのCD)
マーベラスインタラクティブ 「牧場物語シリーズ」
伊藤園 「1日分の野菜」、「朝から野菜」
板硝子協会 「エコガラス」
日本図書普及「図書カード」
クラレ 「電車」篇・「学校」篇
NTTドコモ 新CM 「ブランド宣言」篇(2008年5月7日 - )・「Answer登場」 篇
学生情報センター
P&G「パンテーン」
「毎朝の3分間/成海璃子」篇
「濃厚トリートメントプログラム/成海璃子」篇
「新パンテーンシリーズ」(2012年2月 - )
チバビジョン「エア オプティクス」(コンタクトレンズ) 「エア オプティクス 進化図」篇
■ミュージックビデオ
「大切」 FUNKY MONKEY BABYS
■ゲーム
プリンス・オブ・ペルシャ (2008年) - エリカ 役 (吹き替え)
CDジャケット
「大切」 FUNKY MONKEY BABYS
■ドキュメンタリー
癒しのメロディ エリック・サティの世界(2011年3月、BS朝日) - ナビゲーター
■その他の番組
OCN無料動画「Talking Japan」(2007年、OCN)
ラジオ
GIRLS LOCKS!第5週目担当 (TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」内)

【モデル】
Hana*chu→専属モデル(2005年10月 - 2009年3月号で卒業)
melon専属モデル
パンテーンイメージキャラクター
夏休みキャンペーン 「学校って、なに? ~みんなの学校~」(2007年7月-8月、日本テレビ) - 志田未来と共にパーソナリティ
ヒューマンアカデミー、ワンデーフリーマガジントリコット5号のイメージキャラクター

【書籍】
■共著
平間至「ナルミカメラ」(2012年3月24日、角川メディアハウス〈角川グループパブリッシング〉)ISBN 978-4048949378
■写真集
12歳(2005年6月28日、リトル・モア、撮影:Takeo Dec.)ISBN 4898151531
14歳の恋花 主演女優・成海璃子(ハナチューBOOKS)(2007年3月23日、主婦の友社、編集:ハナチュー編集部)ISBN 978-4072558522
Natural Pure(2007年6月12日、角川メディアハウス、撮影:菅野ぱんだ)ISBN 978-4048949088
RICO DAYS(2012年9月5日、ワニブックス、撮影:川島小鳥)ISBN 978-4847044847
■関連書籍
月刊 風とロック(2010年7月号特集)(PARCO出版、撮影:箭内道彦)…渋谷屋根裏での架空ライブの写真とインタビュー

【脚注】
1. “成海璃子が堀越卒業式「露天風呂思い出」”. 日刊スポーツ. (2011年2月18日)
2. a b 「「明日のスーパースター100」(8)成海璃子 中学1年生で「瑠璃の島」主演、
大人びたルックスと演技力の持ち主」、「日経エンタテインメント!」第10巻第6号、日経BP社、2006年4月、 50頁。
3. a b c d 「「U-19女優図鑑」成海璃子 “自分らしい演技”を追い求める「ハチクロ」主演の15歳」、
「日経エンタテインメント!」第12巻第5号、日経BP社、2008年4月、 52-53頁。
4. デイリースポーツ. (2007年4月20日)
5. “松山ケンイチと成海璃子が「神童」でクラシック音楽と格闘!”. シネマトゥデイ (2006年12月12日). 2013年5月27日閲覧。
6. goo映画 (2008年). “「イキガミ」成海璃子 単独インタビュー”. 2008年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年10月1日閲覧。

出典:フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」 Text is available under GNU Free Documentation License.
成海璃子を「ウィキペディア」で参照する