石原さとみ、大貫勇輔/「高嶺の花」第8話より(C)日本テレビ

石原さとみ、入浴シーン&バスローブ姿に「美しすぎる」の声殺到<高嶺の花>

2018.08.29 23:31
0
3

女優の石原さとみが主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『高嶺の花』(毎週水曜よる10時~)の第8話が29日、放送され、ネット上で反響が寄せられている。<※以下ネタバレあり>

ドラマ「高嶺の花」

同作は、『高校教師』『101回目のプロポーズ』などで知られる野島伸司氏が脚本。石原演じる華やかな世界に生きる名門華道家・月島ももと、銀杏BOYZの峯田和伸演じる商店街の自転車店主・風間直人が偶然出会い、まさかの運命の恋に落ちていく様子を描く。

ほかにも、芳根京子千葉雄大、三浦貴大、小日向文世らが出演する。

第8話あらすじ ※ネタバレあり

石原さとみ/「高嶺の花」第8話より(C)日本テレビ
石原さとみ/「高嶺の花」第8話より(C)日本テレビ
第8話では、次期家元争いをするももとなな(芳根京子)の技量を見極める「俎上」の日を迎え、限りなく淡い色合いの作品を作ったももに対し、絢爛豪華で鮮やかな作品を作ったななが勝利。家元に見放されたももが今度は精神を壊し、華道界の名門・神宮流の次期家元候補・兵馬(大貫勇輔)に抱かれることによって“もう1人の自分”を取り戻そうとする。

兵馬の部屋で、バラが浮かんだお風呂に入り、バスローブ姿になったももは、ベッドルームで兵馬と向き合い、キスをし、ベッドに押し倒されるが、その瞬間に気絶。ななから聞いて駆けつけた直人は「次の機会がある。彼女が望んだことだ」という兵馬に対し、「彼女を騙すのはやめて下さい。次の機会はねえよ」と言い放ち、ももを連れ帰り、エレベーターの中で目覚めたももと、再び愛を確認しあった。

「何者だ?」と兵馬に言われ、「ただのチャリンコ屋です」と答え、ももを救った直人にネット上では視聴者から「ぷーさんかっこいい!」「ぷーさんイケメンの回」「めちゃくちゃときめいた」と称賛の声が殺到。

石原さとみ、芳根京子/「高嶺の花」第8話より(C)日本テレビ
石原さとみ、芳根京子/「高嶺の花」第8話より(C)日本テレビ
また、精神を壊し、ベッドルームで気絶するなど様々な表情を見せた石原に対しても「気絶した姿も美しすぎる」「ラストすっぴんっぽかったけど可愛い…」「演技がすごくて惹き込まれる」「怖いくらい綺麗」「バラ風呂がこんなに似合う人いるのか」とその美しさに魅了される視聴者の声が止まらなかった。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. 株式会社クワンジャパン

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. しらべぇ
  2. fumumu
  3. インターネットTVガイド
  4. モデルプレス
  5. しらべぇ
  6. モデルプレス
  7. WEBザテレビジョン
  8. WEBザテレビジョン