YOSHIKI「24時間テレビ」にノーギャラ出演で300万円寄付「素晴らしすぎる」と称賛の声相次ぐ

X JAPANのリーダー・YOSHIKIが、25日・26日に放送された日本テレビ系「24時間テレビ41 愛は地球を救う」に生出演し、チャリティーで300万円を寄付した。
「24時間テレビ」にノーギャラ出演で出演し、300万円を寄付したYOSHIKI (C)モデルプレス
「24時間テレビ」にノーギャラ出演で出演し、300万円を寄付したYOSHIKI (C)モデルプレス
同番組にYOSHIKIが出演するのは初。日本時間25日(LA現地時間24日)にアメリカ・ロサンゼルスで行われるライブパフォーマンス終了後、会場からその足で日本に向かい、26日に生出演を果たした。

X JAPAN・YOSHIKI、盲目の天才ドラム少年と“師弟関係”「すごく感覚が研ぎ澄まされている」夢を叶える生セッションに感動広がる<24時間テレビ41>



放送ではYOSHIKIに憧れてドラムの練習に打ち込む、ドラマーになりたいという11歳の盲目の少年・響希くんがX JAPANの「紅」をドラムで演奏。YOSHIKIはそれを見守ったあと、「ENDLESS RAIN」を響希くんがドラム、YOSHIKIがピアノのセッションを披露し、会場を感動させた。

YOSHIKI (C)モデルプレス
YOSHIKI (C)モデルプレス
YOSHIKIは出演前に自身twitterにて「これから24時間テレビに出演します。色々と意見をもらいましたが、今回、番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演させて頂いています」と報告。続けて「みんなと一緒に、少しでも人々に夢や希望そして勇気を与えることができれば。それだけです。応援してね!」と自身の思いを明かしていた。

YOSHIKIに称賛の声

また個人的に300万円を寄付したYOSHIKI。ネット上では「素晴らしすぎる」「やることが本当にカッコいい。好きになってよかった」「感動した」「ノーギャラで出演してさらに300万寄付とか…人間的にも見習いたい」など称賛の声が多数上がっていた。

YOSHIKI (C)モデルプレス
YOSHIKI (C)モデルプレス
これまでもYOSHIKIは西日本を中心に各地に大きな被害を与えた「平成30年7月豪雨」の被災地に、自身の運営する米国非営利公益法人「YOSHIKI FOUNDATION MERICA」を通じて、日本赤十字社に1000万円の寄付。チャリティー活動を長きにわたりライフワークにしている。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - YOSHIKI「24時間テレビ」にノーギャラ出演で300万円寄付「素晴らしすぎる」と称賛の声相次ぐ
今読んだ記事

YOSHIKI「24時間テレビ」にノーギャラ出演で300万円寄付「素晴…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事