芳根京子、石原さとみと姉妹役 千葉雄大は“イケメン華道家”に「高嶺の花」新キャスト発表

0
0
女優の石原さとみがヒロインを務める7月期の日本テレビ系新水曜ドラマ「高嶺の花」(毎週水曜よる10時~)に、女優の芳根京子と俳優の千葉雄大が出演することが決定した。
芳根京子、千葉雄大(提供写真)
芳根京子、千葉雄大(提供写真)

芳根京子、石原さとみの“異母妹”に

「純愛」をメインテーマに数多くの「愛のマスターピース」を生み出してきた野島伸司氏が脚本を手がける同作は、華やかな世界に生きる名門華道家・月島もも(石原さとみ)を主人公に描かれる純愛エンターテイメント。

芳根が演じるのは、月島流本家の次女で、ももの心優しい異母妹・月島なな(21)。華道家としての自尊心や新興華道家・宇都宮龍一への恋心が生まれることで、姉・ももを追い詰める存在へと反転していく。

芳根は「石原さんの妹役をやらせてもらえるという事で、緊張と喜びが爆発しております」と石原との共演の喜びを表し、「せっかくいただいたこのチャンスにしがみついて、少しでも近くで背中を追いかけていきたいです」と意気込みを語っている。

“イケメン華道家”千葉雄大、石原さとみの着物姿に「頬を赤らめました」

そして、千葉が演じるのは、華道界を席巻しつつあるクールなイケメン華道家・宇都宮龍一(31)。月島流の乗っ取りを企て、ももに近づくと同時に、ななの心をもざわつかせていく役どころ。

石原と過去に共演経験のある千葉は、「作品ごとに違った印象になられるので尊敬しております。そして、お着物がとってもお似合いになるなと頬を赤らめました」と絶賛。「自分の中で挑戦ではありますが、役柄同様、虎視眈々と高みを目指したいと思います」と新たな挑戦への意欲を見せた。

「高嶺の花」豪華キャスト発表

さらに、長い病床生活のうえ亡くなった直人の母・風間節子役に十朱幸代、月島家のリムジンを操るお抱え運転手・高井雄一役に升毅、月島流家元である市松の妻で、ももにとっては血の繋がらない継母・月島ルリ子役に戸田菜穂、日本華道界の名門『月島流』の家元で、ももとなな姉妹の父・月島市松役に小日向文世と、豪華キャストが出演する。

ドラマ「高嶺の花」

華やかな世界に生きる主人公の名門華道家・月島もも(石原さとみ)。ももは、式当日に婚約者の二股交際が発覚、結婚が破談となり、心に大きな傷を負う。しかし、商店街の自転車店主・風間直人(峯田和伸)と偶然出会い、まさかの「運命の恋」に落ちてゆく――。(modelpress編集部)

芳根京子(月島なな役)コメント

石原さんの妹役をやらせてもらえるという事で、緊張と喜びが爆発しております。

はじめてお会いした石原さんは、すごくあたたかくてパワフルな方で、ななとしても私自身としてもご一緒できるのがすごく心強いです。

せっかくいただいたこのチャンスにしがみついて、少しでも近くで背中を追いかけていきたいです。

今回野島さんが、私をイメージして月島ななという女の子を描いてくださったと聞きました。家族の複雑な関係、そして華道の家元の娘という環境の中、真っ直ぐに育った、真っ直ぐに育ってしまったななと、いろんな景色を見ながら成長していきたいと思います。

千葉雄大(宇都宮龍一役)コメント

僕が演じる宇都宮龍一はすごく興味深い人物で、演じさせていただけることを本当に嬉しく思います。自分の中で挑戦ではありますが、役柄同様、虎視眈々と高みを目指したいと思います。

主演の石原さとみさんとは、以前共演させていただいたことがあるのですが、また何年ぶりかでご一緒させていただけるのでとても楽しみです。作品ごとに違った印象になられるので尊敬しております。そして、お着物がとってもお似合いになるなと頬を赤らめました。

また、脚本の野島伸司さんは過去の作品を拝見していたので、なんだか不思議な気持ちです。血の通った龍一という人間を精一杯演じさせていただきたいと思いますが、武者震い致します。

僕も一個人として早く続きが読みたいので、皆様にも早く次のお話が観たいと思ってもらえるような作品になるよう力を尽くしたいと思います。怒濤の純愛エンターテインメント、お楽しみに!

日本テレビ制作局プロデューサー松原浩コメント

野島伸司さんの描く登場人物は、どんな明るい物語でも、誰もが光と影を持ち、善と悪に揺らぎ、愛と憎しみに迷う、多面的で裏腹なキャラクターを与えられます。

ななと龍一は、これぞ野島ドラマ!と言える役柄で、決して簡単でない真摯で繊細な役作りが要求されると思いますが、芳根京子さんも千葉雄大さんも、その力と意欲を持っていらして、自信のキャスティングになりました!心優しい妹だったなな・芳根さんがやがて見せる、嫉妬や敵意。金にしか興味がない男に思えた龍一・千葉雄大さんが次第に露わにする、弱さや孤独。お二人が見せる光と影、善と悪の表情を想像するだけでゾクゾクします!

石原さとみさん、峯田和伸さんという化学反応無限大の魅力的なカップリングが叶ったうえに、十朱幸代さん、升毅さん、戸田菜穂さん、小日向文世さん、すべてのキャストが、光と影を魅せて「怒涛の純愛エンターテインメント」を輝かせる、盤石の布陣を敷くことができました!どうぞご期待ください!

「高嶺の花」第1話あらすじ

もも(石原さとみ)は、華道の名門・月島流本家に生まれた令嬢。美しく、華道家としての才能も豊かなももには何一つ足りないものなどなかった。ところが、婚約者の吉池(三浦貴大)に裏切られて式当日に結婚が破談、ももは深く傷つき、自信も才能も揺らいだまま立ち直れないでいた。

ある日、ももは転んで乗っていた自転車を大破、迷い込んだ小さな商店街の自転車屋で、店主の直人(峯田和伸)に修理を頼む。直人は、高飛車で奔放なももの態度にいら立ちもせず自転車を預かった。

そんな中、直人は、長く介護してきた母の節子(十朱幸代)を亡くす。心配した商店街の人々は、直人に見合いを勧めた。直人は生まれてこのかた、恋人ができたことがないのだ。ももが再び直人の店を訪れたとき、ちょうど直人は見合いをしていた。ももは商店街の皆から、直人が“ぷーさん”と呼ばれていて、優しく穏やかな人柄だと聞かされる。

直人と出会い、自分が生きてきた世界とはまったく違う下町の人々に触れて、最初は戸惑いを覚えるももだったが……。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 芳根京子、石原さとみと姉妹役 千葉雄大は“イケメン華道家”に「高嶺の花」新キャスト発表
今読んだ記事

芳根京子、石原さとみと姉妹役 千葉雄大は“イケメン華道家”に「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事