阿部サダヲ・岡田将生・多部未華子ら豪華共演 松尾スズキ演出舞台「ニンゲン御破産」が甦る

【阿部サダヲ・岡田将生・多部未華子/モデルプレス=1月27日】松尾スズキ作・演出の舞台『ニンゲン御破産』が6月より東京・Bunkamuraシアターコクーンにて上演。豪華出演者が発表された。
(左上から時計回りに)阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子、松尾スズキ、荒川良々(提供写真)
(左上から時計回りに)阿部サダヲ、岡田将生、多部未華子、松尾スズキ、荒川良々(提供写真)
2003年、歌舞伎界随一の人気と実力を誇る十八代目中村勘三郎(当時:勘九郎)が時代の寵児ともいえる松尾スズキ作・演出の舞台に出演した『ニンゲン御破産』は、演劇界にとどまらず、時のビッグニュースとなった。

松尾ファンを自認する勘三郎が“清水の舞台から飛び降りるようなものだ”と言いながら挑んだのは、幕末に歌舞伎の戯作者を夢見た1人の侍とそれをとりまくニンゲンたちの物語。松尾初の時代劇は複雑な多重構造、歌、踊りを用いた三幕仕立ての大作エンタテインメント作品となり、Bunkamuraシアターコクーンに登場。あらゆる過剰さで観客を溺れさせ、演劇界に疾風を起こした。

そして2018年、再びこの大作に挑む。傑作ミュージカル『キレイ−神様と待ち合わせした女―』の3度にわたる上演(2000年、2005年、2014年)や、ボーイズラブと夫婦愛を描いた『ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブン』(2016年)で見せつけた、作家としての堅牢な筆力、エンタテインメント創造者としてのセンス。まさに円熟期を迎えている鬼才の松尾が、濃密な15年の時を経た2018年、自らの大作をどう成長させるのか、松尾が進化させる台本・演出とともに、否応なく演劇ファンの期待を高めるファンタジスタたちが一堂に会す。

阿部サダヲ・岡田将生・多部未華子ら豪華共演

出演は、映画、ドラマ、舞台、気になる作品にはこの人あり。しなやかに観客の期待の先を行く無二の存在、阿部サダヲ。『ゴーゴーボーイズ』で華麗に二役を演じ美形の裏に潜ませた確固たる演技力とセンスを見せつけた岡田将生。『ふくすけ』『キレイ』と松尾ディストピアでたくましく生きる少女を魅力的に演じ、近年著しく輝きを増している多部未華子

このほか荒川良々、皆川猿時、小松和重、村杉蝉之介、平岩紙をはじめ、シリアスなドラマからシュールな笑いまで舞台も映像もジャンルの境目を軽々と飛び越えて向かうところ敵なしの大人計画の面々。ノゾエ征爾、菅原永二、平田敦子ら演劇界に欠かせない個性派とともに、役者・松尾スズキも魅せる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 阿部サダヲ・岡田将生・多部未華子ら豪華共演 松尾スズキ演出舞台「ニンゲン御破産」が甦る
今読んだ記事

阿部サダヲ・岡田将生・多部未華子ら豪華共演 松尾スズキ演出…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事