渡部篤郎×飯豊まりえ“25歳差恋愛”が話題 野島伸司脚本ドラマ地上波放送決定<パパ活>

参照回数:175,940

【パパ活/モデルプレス=9月19日】現代の新たな男女関係「パパ活」を題材とした、野島伸司脚本のドラマ『パパ活』(全8話)が、10月11日25時15分から(レギュラー放送枠:毎週水曜24:55~25:25)フジテレビで地上波放送することが決定した。
渡部篤郎×飯豊まりえ“25歳差恋愛”が話題 野島伸司脚本ドラマ地上波放送決定<パパ活>(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
渡部篤郎×飯豊まりえ“25歳差恋愛”が話題 野島伸司脚本ドラマ地上波放送決定<パパ活>(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

目次

  1. 野島伸司脚本のドラマ
  2. “25歳差恋愛”話題に
  3. 野島伸司氏コメント
  4. 渡部篤郎コメント
  5. 飯豊まりえコメント
  6. 第一話あらすじ

野島伸司脚本のドラマ

ドラマ『パパ活』は、2017年6月にdTVとFODが共同制作したドラマ作品。カラダの関係がなく、デートをするだけで金銭的支援をしてくれる男性との交際を意味する“パパ活”という現代の新たな男女関係を中心に人間の本質をリアルに表現しており、ストーリーが進むにつれて視聴者の想像を超える展開が待ち受けるスキャンダラスなラブストーリーとなっている。

渡部篤郎 (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
渡部篤郎 (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
主演の航(45歳大学講師)を務めるのは、高い演技力でこれまで数々の難役を演じてきた実力派俳優・渡部篤郎、ヒロインの杏里(20歳女子大学生)を演じるのは、映画『暗黒女子』で自身初の映画主演を果たすなど、今もっとも注目を集める若手女優のひとり、飯豊まりえ。2人は”パパ活”を通じて知り合い、隠されていた真実に直面しながら衝撃的な運命へと導かれていく。

そのほか、若手俳優・健太郎をはじめ、実力派俳優の霧島れいか、橋本さとし、などの個性豊か多彩なキャストが物語を盛り上げる。

“25歳差恋愛”話題に

ドラマは、「パパ活」という現代の闇に切り込んだタイトルや野島氏の脚本、主演の渡部と飯豊の25歳差恋愛などからも注目を集め、多くの視聴者から好評のコメントが届いたという。その後押しと地上波放送をのぞむ声に応え、今回の放送が決定した。

野島氏は「援助交際を綺麗事で包んだとも言われていますが、現代世相の1つです。背景には、授業料、奨学金が払えない貧困女子という、社会問題と繋がっているようです。物語はフィクションであり、入り口のモチーフとして使い、中年男性との想像も出来ない恋物語に移行します。ヒロインと同じように進むかどうかの選択肢は多義に渡ります。自分に置き換えて視聴して楽しんで貰えたらと思います」とコメントを寄せ、「なお、くれぐれも、サイトへの登録は自己責任ですが(笑)」とジョークも。

飯豊まりえ (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
飯豊まりえ (C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン
また、渡部は「野島伸司さんの脚本に参加させていただくのは初めてで、50歳手前で参加させてもらえた事も、また1つ勉強になりました。複雑な恋愛をテーマにしたドラマですが、心に傷を負った人達の精一杯生きようとする、愛の作品をお楽しみください」、飯豊は「日常では出会えないような人といま話題になっているパパ活がきっかけで出会い、恋をする物語。パパ活を超えた2人の関係の先にみえるものはなんなのか。年の差の恋愛を不朽の名作をうみだしている野島さんがまた違う形で書かれたこと、愛の形や人との繋がりの深さ、それを同年代の方達にも感じ取っていただきたいです」とそれぞれメッセージを寄せている。(modelpress編集部)

野島伸司氏コメント

「パパ活」は、援助交際を綺麗事で包んだとも言われていますが、現代世相の1つです。背景には、授業料、奨学金が払えない貧困女子という、社会問題と繋がっているようです。

物語はフィクションであり、入り口のモチーフとして使い、中年男性との想像も出来ない恋物語に移行します。ヒロインと同じように進むかどうかの選択肢は多義に渡ります。自分に置き換えて視聴して楽しんで貰えたらと思います。

なお、くれぐれも、サイトへの登録は自己責任ですが(笑)

渡部篤郎コメント

自分には似ていない人物を演じる事は大変貴重な経験で、役の感情を理解することに、普段以上に時間をかけた様に思います。わからない事など、色々な方向からその人間を考える時間もとても貴重でした。

野島伸司さんの脚本に参加させていただくのは初めてで、50歳手前で参加させてもらえた事も、また1つ勉強になりました。複雑な恋愛をテーマにしたドラマですが、心に傷を負った人達の精一杯生きようとする、愛の作品をお楽しみください。

飯豊まりえコメント

自分の父親と同い年くらいの相手。日常では出会えないような人といま話題になっているパパ活がきっかけで出会い、恋をする物語。パパ活を超えた2人の関係の先にみえるものはなんなのか。

年の差の恋愛を不朽の名作をうみだしている野島さんがまた違う形で書かれたこと、愛の形や人との繋がりの深さ、それを同年代の方達にも感じ取っていただきたいです。大人の男性にしかできないようなオシャレな胸キュンシーンもあります。

第一話あらすじ

「今夜泊まる所がないの」母親に恋人ができ、家を追い出された杏里は、誰にも頼ることが出来ず、ネットカフェで寝泊まりしながら大学に通うことに。家を借りるお金もなく途方にくれていると、体の関係なしのデートだけで金銭援助をしてもらえる男女交際「パパ活」を紹介される。

最初は消極的だった杏里だが、背に腹はかえられず「パパ活」始める。ある日、ホテルのロビーで待っているとそこに現れたのは、どこか寂しげな雰囲気を持つ航だった…。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 渡部篤郎×飯豊まりえ“25歳差恋愛”が話題 野島伸司脚本ドラマ地上波放送決定<パパ活>
今読んだ記事

渡部篤郎×飯豊まりえ“25歳差恋愛”が話題 野島伸司脚本ドラマ地…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事