田中みな実“肘ブラ”で美乳大胆披露 「anan」恒例企画で表紙に抜擢

フリーアナウンサーの田中みな実が、13日発売の雑誌『anan』2069号の表紙に登場。今号では“美乳特集”を展開し、表紙では美乳を“肘ブラ”で公開している。
『anan』2069号(マガジンハウス、9月13日発売)表紙:田中みな実(画像提供:マガジンハウス)
『anan』2069号(マガジンハウス、9月13日発売)表紙:田中みな実(画像提供:マガジンハウス)
年に1度の恒例企画となっている美乳特集。今年の表紙・グラビアには、田中が登場した。

大きい胸がコンプレックスだった過去

実は大きい胸がコンプレックスで、局アナ時代はもちろん、最近まで極力隠しており、自信がないパーツだったという田中。しかし30歳になったことをきっかけにパーソナルトレーニングを始め、胸への意識も変わってきたという。

「隠しても潰しても自分の胸。それならキレイに見せたほうがいい」と意識を変え、胸のお手入れを始めたそう。自分のカラダや胸を受け入れられるようになった今は、自分の胸を愛せるようになり、下着をオーダーメイドしたりする楽しさも味わっているとのこと。

キュートな表情から妖艶な表情まで、さまざまな顔を見せた彼女。多く女性が憧れるかわいさと美乳を、グラビア8ページにわたって掲載している。

撮影エピソード

デニムを履いて上半身裸、ストールを上半身に羽織る、オーダーメイドのブランドの下着を数パターンが今回の撮影の衣装の候補。通常であれば、「着ている状態」から「裸に近い状態」というのが本人のマインド的にも自然な流れだ。ただ、下着などをつけてしまうとその跡が残ってしまう場合もある、と伝えたところ、田中はあっさりと「じゃあ上半身裸のパターンからやりましょうか~」と提案した。

そうして、一応デニムは履いているものの、手や肘で胸元を隠すだけ、という衝撃カットから撮影開始。その潔い脱ぎっぷりにスタッフ一同感服。そして胸がもっともきれいに見えるという点が決め手となり、その最初のカットが表紙の写真となった。

田中は「もう体をごまかしたり、隠したりするのはやめよう。そう決めたんです」と覚悟を明かし「自分の胸を好きになったら胸はどんどんキレイになりました」と自信。「週に2回のトレーニングを実行したら、今のカラダがいちばん好き、と言い切れます!」と胸を張っている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 田中みな実“肘ブラ”で美乳大胆披露 「anan」恒例企画で表紙に抜擢
今読んだ記事

田中みな実“肘ブラ”で美乳大胆披露 「anan」恒例企画で表紙に抜擢

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事