星野源、新垣結衣の“契約夫”でラブコメ初挑戦 主題歌も担当<コメント到着>

【星野源/モデルプレス=8月17日】歌手で俳優の星野源が、女優の新垣結衣が主演を務める10月スタートのTBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(毎週火曜よる10時)に出演することがわかった。星野は、今作でラブコメディに初挑戦。新垣の“契約夫”という役どころで、35年間彼女ナシ、恋愛経験ゼロの“プロの独身男(自称)”を演じる。
星野源、新垣結衣の“契約夫”でラブコメ初挑戦 主題歌も担当<コメント到着>(C)TBS
星野源、新垣結衣の“契約夫”でラブコメ初挑戦 主題歌も担当<コメント到着>(C)TBS
星野源(C)TBS
星野源(C)TBS
今作は、職ナシ彼氏ナシの主人公・森山みくり(新垣)が、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡(星野)と、あることがきっかけで「仕事としての結婚」をすることになり、夫=雇用主、妻=従業員の雇用関係で恋愛感情を持たないはずが、同じ屋根の下で暮らすうち、徐々にお互いを意識し出す妄想女子とウブ男というストーリーを描く。新しい「結婚」の形、そして「仕事」について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする新感覚の社会派ラブコメディ。

新垣結衣、“ワケあり新妻”で連ドラ主演「逃げるは恥だが役に立つ」


星野源が“草食男子”に!「契約結婚の行方を見守って」

先日、みくり役に新垣が決定し、原作ファンの間でも大きな話題を呼んだばかりだが「みくりの相手役は誰!?」とネット上を沸かせた津崎役に、星野が決定。新垣とは今回が初共演となる。

「お話をいただいて初めて作品を読んだ時、その面白さに『あ~』と言いながら床をゴロゴロと転げ回りました」と話し、さらに脚本の楽しさに心が躍ったという星野。「臆病だけど真っ直ぐな津崎平匡を演じられることがとても嬉しく、楽しみです。みくりと平匡の契約結婚の行方、皆さんに見守って頂けるように頑張ります」と意気込みを語っている。

星野はこれまで多くのドラマ、舞台、映画に出演し、「第37回日本アカデミー賞新人俳優賞」ほか数々の賞を受賞。現在もNHK大河ドラマやバラエティ番組などで唯一無二の存在感を放っており、昨年同局で放送された金曜ドラマ「コウノドリ」では影のある産婦人科医・四宮春樹役を好演したことも記憶に新しい。役の幅がますます広がっている星野が演じる“草食男子”、そして初挑戦となるラブコメに注目だ。

主題歌「恋」を書き下ろし

星野源(C)TBS
星野源(C)TBS
星野源(C)TBS
星野源(C)TBS
さらに、今作の主題歌も星野が担当することが決定。ドラマのために書き下ろした主題歌のタイトルは「恋」。「踊りたくてムズムズする、生活を基にしたラブソングです。わけのわからないパワーで溢れた楽しい曲になりました」と紹介し、「早く皆さんに聴いて頂きたいです。この曲を、新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます」と呼びかけた。(modelpress編集部)

キャラクター紹介

・津崎平匡(つざきひらまさ・35歳)
[結婚は効率的]IT会社に勤める地味なサラリーマン。独身。京大卒。性格は超真面目で曲がった事が大嫌い。35年間、彼女がいたことはなく、高齢童貞である。性欲を一切感じさせない佇まいで、「ザ・草食男子」という感じ。潔癖症なため、家事手伝いで来たみくり(新垣結衣)に細かい注文をつける。

人に家にいられたり、構われたりするのが好きではないが、みくりのことは「距離感をわきまえているし、仕事と割り切っている」ところが自分にとっては好都合で、みくりの「就職として結婚するのはどうか?」という提案に、今までの外食にかかる費用や家事の時間などを節約できるのならば相対的に考えて効率的であると判断し受け入れる。

そして自ら業務、給料、休暇などを細かく決めて仕事としての結婚を推し進める。自分では、恋愛面において、逃げているわけではなく、“プロの独身”であると自負している。そのため、みくりに対して好意的な感情を抱いても、自分が恋愛をできるわけないと最初から決めつけ、なかなか感情を表に出さない。

星野源コメント

・ドラマについて
お話をいただいて初めて作品を読んだ時、その面白さに「あ~」と言いながら床をゴロゴロと転げ回りました。のちに野木さんが書かれた脚本を読み、その楽しさに心が躍りました。臆病だけど真っ直ぐな津崎平匡を演じられることがとても嬉しく、楽しみです。みくりと平匡の契約結婚の行方、皆さんに見守って頂けるように頑張ります。

・主題歌「恋」について
新曲「恋」は、踊りたくてムズムズする、生活を基にしたラブソングです。わけのわからないパワーで溢れた楽しい曲になりました。レコーディング中、マリンバを叩きながら「これまでとこれからの自分を全部を使って作っている」という不思議な感覚になりました。早く皆さんに聴いて頂きたいです。この曲を、新しい夫婦を形作る世界中の人たちへ捧げます。

プロデューサー・峠田浩コメント

・星野源の起用理由
昨年、ドラマ『コウノドリ』でご一緒して、俳優としての様々な魅力を見ていましたので、津崎の真面目でウブで不器用だけど、かわいらしさも同居している絶妙な空気を出していただけるのは星野さんしかいないと思い、お願いしました。契約結婚する森山みくり役の新垣結衣さんとの新婚夫婦ぶりは、新鮮であり、思い浮かべるだけで楽しそうでワクワクします。2人が同居する中でプロの独身を貫こうとするが、少しずつ彼女に惹かれていくという、その津崎の内面を星野さんがどう表現するか、楽しみです。

・主題歌
2人の恋が深まったり、すれ違ったり、そんなムズムズする気持ちを明るくも切なく表現してくれるのはアーティスト星野源だと、俳優として彼をキャスティングした時から感じていて、主題歌もオファーしました。主題歌に合わせた映像もみなさんがびっくりするような演出を考えていますので、楽しみにしていてください。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 星野源、新垣結衣の“契約夫”でラブコメ初挑戦 主題歌も担当<コメント到着>
今読んだ記事

星野源、新垣結衣の“契約夫”でラブコメ初挑戦 主題歌も担当<コ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事