佐々木希、波瑠主演ドラマ「ON」出演決定 物語のキーパーソンに

参照回数:203,588

【佐々木希/モデルプレス=7月19日】モデルで女優の佐々木希が、女優の波瑠が民放連続ドラマ初主演を務めるドラマ「ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子」(関西テレビ・フジテレビ系/毎週火曜よる10時より)に出演することがわかった。佐々木は7月26日放送の第3話から登場。第3話では、幽霊屋敷と呼ばれる洋館で遺体の一部を持ち去られた若く美しい女性の変死体が次々と発見されるという異常犯罪が発生するという物語。佐々木は女性変死体事件の現場近く、比奈子(波瑠)の自宅の近所でクリーニング屋を営む女性・佐藤都夜を演じる。
佐々木希、波瑠主演ドラマ「ON」出演決定 物語のキーパーソンに(画像提供:関西テレビ)
佐々木希、波瑠主演ドラマ「ON」出演決定 物語のキーパーソンに(画像提供:関西テレビ)
これまで先輩刑事・東海林(横山裕)と共に捜査を進める中で犯人に接近し、「その顔が見たかった」という殺人者への異常な好奇心を見せた比奈子。しかし、二度も犯人から命の危険にさらされたこともあり、今回は東海林ではなく倉島(要潤)とコンビを組むように厚田(渡部篤郎)から指示される。洋館や家の近くで雨合羽姿の犯人らしき人物を目撃した少女・遙香(住田萌乃)の証言を元に捜査を進める比奈子と倉島。さらに、遙香の母親・佐和(中島亜梨沙)が男性ストーカーに付きまとわれているという情報や、捜査班に加わった中島(林遣都)のプロファイリングによって、徐々に犯人に迫っていくが…。

佐藤(佐々木)は、店の客である佐和と親しく、忙しい佐和の代わりに遙香の面倒を見る。捜査の過程で比奈子と知り合い、同年代ということで打ち解けていく。遙香の証言を元に、雨合羽を着た男を追う捜査班と、猟奇殺人事件と佐和のストーカー被害との関連性を危惧する都夜が真相に迫るキーパーソンとなる。

佐々木希「良い緊張感で臨むことができました」

(左から)波瑠、佐々木希(画像提供:関西テレビ)
(左から)波瑠、佐々木希(画像提供:関西テレビ)
今回のドラマ出演に関して佐々木は「第3話から作品に参加するということで少し緊張しましたが、波瑠さんとは以前にもお仕事をご一緒させていただいていましたし、波瑠さんが温かく迎えてくださったので、実際の現場は良い緊張感で臨むことができました」とコメント

また「私もこういったサスペンスやミステリー作品は好きなのですが、視聴者の皆さんも、誰が犯人なのか、誰が殺されてしまうのか、色んな見方でこの作品をご覧いただけたらと思います」とメッセージを送った。(modelpress編集部)

第3話あらすじ

比奈子(波瑠)の自宅の近所の、近隣住民から幽霊屋敷と呼ばれている廃墟で、それぞれ体の一部が切り取られた4体の遺体が発見される。被害者はいずれも若い女性で、犯人は殺害後、遺体に自らが用意した服を着せ、切り取った体の一部を持ち去ったと見られる。先日の冷凍殺人の一件で、中島(林遣都)が犯人像の特定に一役買ったことを東海林(横山)から聞いた厚田(渡部)は、今回の事件のプロファイリングを中島に頼むことに。

一方、倉島(要)と聞き込みに行った比奈子は、遺体発見の前日、幽霊屋敷に雨合羽を着たオバケがいるのを見たと証言する少女・吉田遙香(住田)に出会う。さらに遙香は、一週間前にも自宅近くで同じオバケを見たという。聞き込みを進める中で、比奈子と倉島は遙香とその母親・佐和(中島)と親しい仲で近所のクリーニング屋を営む佐藤都夜(佐々木)と知り合う。都夜は、佐和が以前から男性のストーカーに付きまとわれており、雨合羽を着たオバケとの関係しているのではと比奈子と倉島に相談する。

やがて、遺体に着せてあった服が、あまりに被害者にぴったりのサイズだったことから、犯人がデザイナーではないかと推理した比奈子。そのうえ、遺体を切り取った道具が、デザイナーが使うような特殊なハサミだったことも判明する。そんな中、妙子(原田美枝子)は先日、自殺と思われる不審な死を遂げた3人に共通点を見つけたと比奈子に話す。3人の脳内には、同じ箇所に腫瘍が発生していたというのだ。しかし、その原因はいまだ謎のまま。その頃、捜査本部には中島がやって来るのだが。
モデルプレス
モデルプレス - 佐々木希、波瑠主演ドラマ「ON」出演決定 物語のキーパーソンに
今読んだ記事

佐々木希、波瑠主演ドラマ「ON」出演決定 物語のキーパーソンに

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「ニュース」カテゴリーの最新記事