向井理「抵抗しかない」「身を削ってやった」木村文乃と過酷撮影を回顧

俳優の向井理と女優の木村文乃が4日、都内にて開催された金曜ドラマ「神の舌を持つ男」(TBS系/7月8日スタート/毎週金曜よる10時~、初回は15分拡大)の制作発表会見に出席した。男女3人が全国の温泉宿を巡るコミカルミステリーの同作にて、「ちょっと風変わりなキャラクター」と役柄を明かした向井は、撮影が田舎で行われたこともあり、「体力的には今までにやってきた撮影の中でも3本の指に、いや1本の指に入るくらい過酷な作品でした」と回顧。「とにかく大変な作品でした。身を削ってやった自信があります」と苦労を噛み締めた。
向井理(左)「抵抗しかない」「身を削ってやった」木村文乃(右)と過酷撮影を回顧(C)モデルプレス
向井理(左)「抵抗しかない」「身を削ってやった」木村文乃(右)と過酷撮影を回顧(C)モデルプレス
同ドラマは、全国の秘湯と呼ばれる温泉地を舞台とし、ひょんなことから知り合った3人の男女が、1台のボロ車に乗って、温泉宿で寝食を共にしながら、謎の温泉芸者「ミヤビ」を探し求めて日本全国を旅する物語。

向井理「身を削ってやった」

向井理、衣装合わせのエピソード告白 「ふんどしが1枚置いてある」(C)モデルプレス
向井理、衣装合わせのエピソード告白 「ふんどしが1枚置いてある」(C)モデルプレス
向井理(C)モデルプレス
向井理(C)モデルプレス
MCから「舌をベロンと出すシーンが多いのですが、抵抗はなかった?」と尋ねられると、向井は、「抵抗しかないです」と即答。「最初、台本を読んで、ちょっと、はらわたが…」といい、「そもそも衣装合わせで、ふんどしが1枚、ペロっと置いてある光景もなかなかシュールでした」と告白。舌を出したり、ふんどしに挑んだりすることなどを求められる中で、「凄く精神的に強くなりました」と同作が思わぬ体験になったことを明かした。

木村文乃「スカートを履いていようが、浴衣だろうが、ヤンキー座り」

木村は、独自の推理を披露して行く先々で起こる殺人事件の捜査を掻き乱す古物骨董屋・甕棺墓 光を演じる。「皆様に申し訳ないくらいでたらめな推理ばかりで(笑)」と苦笑い。「スカートを履いていようが、浴衣だろうが、ヤンキー座りといいますか、行儀が悪いし(笑)」と役柄を紹介した。

出演オファーを受けた際の心境を「『なぜ、私なのだろう?』と一番に思いました」と明かした木村は、オファーを受けた理由が分からないまま撮影に突入したそう。

また「堤(幸彦)監督の無茶ぶりに応え続けた結果、自分でも、映っていても、映っていなくても関係なく、色々やらないと気が済まないようになってきてしまって(笑)今後の他の作品の撮影に支障があるのではないかと、とても不安です(笑)」と笑いを誘いつつ、「前向きに捉えて、『お嫁に行けたらいいな』と思うくらい色々とやらせて頂きました(笑)」と大胆な演技に挑戦したことを明かした。

木村の演技に絶賛

木村が「寝相は凄いですね。正しく寝ていることがあまりないです。いびき、舌打ち、暴言吐きが凄く難しいなと思いました」と回顧すると、共演者たちから、「いびき、凄く上手でしたよ!」と木村の演技を絶賛する声があがった。

MCから「普段の木村さんとは全然違いますけど?」と突っ込まれると、木村は、ぶりっ子風に「ええ、もう、ぜんぜん違います!困っちゃうぅ!」と恥じらいを見せ、笑いを誘っていた。

イベントには、佐藤二朗、坂本冬美、堤幸彦監督、脚本の櫻井武晴氏も出席した。(modelpress編集部)

(左から)坂本冬美、佐藤二朗、向井理、木村文乃、堤幸彦監督、脚本・櫻井武晴氏(C)モデルプレス
(左から)坂本冬美、佐藤二朗、向井理、木村文乃、堤幸彦監督、脚本・櫻井武晴氏(C)モデルプレス



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 向井理「抵抗しかない」「身を削ってやった」木村文乃と過酷撮影を回顧
今読んだ記事

向井理「抵抗しかない」「身を削ってやった」木村文乃と過酷撮…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事