向井理 むかいおさむ

「向井理」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「向井理」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「向井理」に関連するモデルプレス記事

公式サイトやブログへのリンク

向井理のプロフィール

向井 理
生年月日 1982年2月7日
出生地 神奈川県
身長 182 cm
血液型 O型
ジャンル テレビドラマ、映画、CM
活動期間 2006年 -

向井 理(むかい おさむ、1982年2月7日 - )は、神奈川県出身の日本の俳優。ホリエージェンシー所属。

■経歴
・大学生活
明治大学農学部生命科学科卒業。大学時代は遺伝子工学を専攻。「ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定」という研究で、第29回 国際動物遺伝学会議(2004年9月開催)『ベストポスターアワード』を向井を含めた数名の研究メンバーで受賞した。

・バーテンダー時代
学生時代にアルバイトとして、東京・渋谷区でバーテンダーを務める。大学卒業後カジュアルなバーに社員として就職。後に店長を1年間務めた。向井のバーテンダー歴は延べ6年に及び、老舗のバーでの勤務経験もある。祐天寺駅近くのバーで働いていた際には、来店した原田泰造に領収書を書いたという。また、後にドラマで共演した速水もこみちやブラザー・トムなども来店した。ドラマではブラザー・トムがバーのマスター、向井が客役というあくまで役者上で逆の立場で共演している。
バーテンダーとして勤務中、東京・表参道で「イケメン」として取材を受けた写真が、雑誌 『Tokyo graffiti』(グラフィティマガジンズ)に掲載された。その写真は同誌のイケメンランキングで4位となった。

・芸能界デビュー後
2006年、 『ミニッツメイド』のCMで芸能界デビュー。
2008年10月4日の単発ドラマ『ママさんバレーでつかまえて』で、黒木瞳演ずる主人公・鈴子のひと回り年下の夫・光太郎役として準主演。
2009年7月には、女性誌 『an・an』(マガジンハウス)で、オールヌードを披露した[4]。後にこのヌードを母親から最初反対されていたことや[5]、自身も最初はあまり乗り気でなく「芸能界に脱がされた」と感じていたことを明かしている[2]。同年、10月よりレギュラー化された『ママさんバレーでつかまえて』で単発版と同じく準主演を務めたのち、日本テレビ系列木曜ナイトドラマ枠(10月期)、『傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜』でドラマ初主演を果たした。
2010年、ドラマ『ゲゲゲの女房』(NHK連続テレビ小説)ではヒロインの夫・村井茂(水木しげる)役を演じ、知名度と人気が上がった。2011年(平成23年)の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』では、主人公・江の夫、徳川秀忠役を演じ、時代劇デビューを果たした。
2006年11月から8年間続けてきた自身のブログを、2014年10月25日をもって終了したと報告[11]。
2014年11月21日、ドラマ『ハングリー!』で共演した女優の国仲涼子と同年12月に結婚予定であると報じられ、大安の12月28日に正式に結婚した[13]。
2015年4月20日、国仲の第1子妊娠を発表[14]。
同年9月30日、第1子となる男児が誕生したことを、向井・国仲の双方所属事務所の公式サイトを通し発表した[15]。具体的な出生日は明らかにされていない。

■人物
・趣味
趣味は、サッカー・お酒・料理・ボルダリング・クラブDJ・サーフィン・ボクシング。サッカー歴は12年。
ロッククライミング(特に室内で行うボルダリング)に興味を持ち、挑戦している。
苦手なことは、カラオケ。『しゃべくり007』で、しゃべくりメンバーに「どうしても歌えと言われたら?」と迫られた時は、尾崎豊の「I LOVE YOU」と答えた。また、人ごみも苦手。
好きなアーティストは米国のラッパー・Speech(英語版)。
公式ブログの2006年12月10日付エントリにおいて、喫煙すると述べている。
手巻きタバコを入れたポーチを持ち歩いて愛用している。

・カンボジアとの関わり
『世界ウルルン滞在記』でカンボジアに行ってから、「第2の故郷」と公言する。2011年には、外務省の委嘱を受けて初めての「日本・カンボジア親善大使」になった。

■エピソード
自身の初期のキャリアで最も印象に残っている作品として、ドラマ 『のだめカンタービレ』を挙げている。
映画『パラダイス・キス』で共演した北川景子が「クールであまりしゃべらないイメージだったけど、慣れてきたらよくしゃべってくれてマイペースな人でした」と向井の印象を語っている。
向井自身は関東出身だが、向井の父親は和歌山県出身、母親は兵庫県神戸市出身である。そのため阪神タイガースのファンである。
母親が中学の英語教師であったこともあり、英語が得意である。明治大学在学中には英文で論文を書き、新作映画発表で外国人記者クラブに招かれた際には英語でスピーチをした。
映画『ガチ☆ボーイ』ではプロレスシーンのリハーサル中に肋骨2本を骨折してしまった。しかし共演者やスタッフへの配慮から、内緒にしたまま撮影に臨んだことを後に語っている。
ドラマ『歸國』撮影前に靖国神社を参拝したことを自身のブログで明かしている。
「私と仕事とどっちが大事なの!?」と彼女に聞かれたら?との質問には「そういうことを言われた時点で、ちょっとつきあえないと思います。だって仕事をしてるから生活できるんだし、デートでおいしいものを食べにも行けるわけですよね。それを言われたら『じゃあ、養ってくれるのか』っていうことになるので」と答えている。
「恋愛で振り回されたことはある?」との質問に、「振り回されるなんて、想像したこともない。基本的に自分で決めて動く『オレについてこい』タイプ。そこに女性がついてこられるか、それがポイントです」と答えている。
また、「基本的に人ごみが大嫌いなので、僕が不機嫌になってモメるっていうパターン」と女性とのデートのエピソードを語っている。

■出演
・テレビドラマ
白夜行 第3話(2006年1月26日、TBS)
レガッタ〜君といた永遠〜(2006年7月14日 - 9月8日、朝日放送・テレビ朝日)
のだめカンタービレ(2006年10月16日 - 12月25日、フジテレビ) - 菊地亨 役
百鬼夜行抄 第七抄「呪いの簪」(2007年2月3日 - 3月31日、日本テレビ)
バンビ〜ノ!(2007年4月18日 - 6月20日、日本テレビ) - 妹尾雅司 役
暴れん坊ママ(2007年10月16日 - 12月18日、フジテレビ) - 山口洋平 役
のだめカンタービレ in ヨーロッパ(2008年1月4日 - 5日、フジテレビ) - 菊地亨 役
ハチミツとクローバー(2008年1月8日 - 3月18日、フジテレビ)- 真山巧 役
世にも奇妙な物語 '08春の特別編「これ……見て……」(2008年4月2日、フジテレビ)- 久保田光一 役
おせん (2008年4月22日 - 6月24日、日本テレビ)- 竹田留吉 役
正義の味方 (2008年7月9日 - 9月10日、日本テレビ)- 良川直紀 役
霧の火 樺太・真岡郵便局に散った九人の乙女たち(2008年8月25日、日本テレビ) - 野田玄一郎 役
ママさんバレーでつかまえて(2008年10月4日 、NHK) - 準主演・藤田光太郎 役
スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜(2008年10月11日 - 12月13日、日本テレビ) - 松尾悟史 役
Livejack Special Stories -Drama×Songs- 清水翔太「HOME」(2008年12月28日、関西テレビ)
メイちゃんの執事(2009年1月13日 - 3月17日、フジテレビ)- 忍 役
アタシんちの男子(2009年4月14日 - 6月23日、フジテレビ)- 大蔵翔 役
任侠ヘルパー 第1話(2009年7月9日、フジテレビ)- 七海和樹 役
ふたつのスピカ(2009年6月18日 - 7月30日、NHK)- 桐生春樹 役
ママさんバレーでつかまえて(2009年10月11日 - 12月28日 、NHK) - 準主演・藤田光太郎 役
傍聴マニア09〜裁判長!ここは懲役4年でどうすか〜(2009年10月22日 - 12月24日、読売テレビ) - 主演・北森夫 役
BUNGO -日本文学シネマ-「黄金風景」(2010年2月15日、TBS)- 津島修治(太宰治) 役
連続テレビ小説 ゲゲゲの女房(2010年3月29日 - 2010年9月25日、NHK)- 村井茂(水木しげる)役
新参者(2010年4月18日 - 6月20日、TBS)- 清瀬弘毅 役
NHKデジタル放送キャンペーンドラマ いちごとせんべい(2010年7月4日、NHK) - 佐々木祐一 役
割れたせんべい(2010年7月24日)
ホタルノヒカリ2(2010年7月7日 - 9月15日、日本テレビ) - 瀬乃和馬 役
終戦ドラマスペシャル 歸國(2010年8月14日、TBS)- 日下少尉 役
江〜姫たちの戦国〜(2011年1月9日 - 11月27日 、NHK大河ドラマ)- 徳川秀忠 役
THE BUDDY (2011年5月30日) - 新米刑事 向井 役
ほんとにあった怖い話 夏の特別編2011「悪夢の十三日」(2011年9月3日、フジテレビ) - 主演・高崎圭太 役
アイシテル〜絆〜(2011年9月21日、日本テレビ) - 野口智也 役
ゆきの、おと〜花嫁の父〜(2012年1月8日、毎日放送) - 田中丸 役
ハングリー!(2012年1月10日 - 3月20日、関西テレビ) - 主演・山手英介 役
たぶらかし-代行女優業・マキ- 第4話(2012年4月26日、読売テレビ) - 白田大輔 役
NTTドコモ 20周年スペシャルドラマ 夢の扉 特別編「20年後の君へ」(2012年7月1日、TBS) - 石川和馬 役
サマーレスキュー〜天空の診療所〜(2012年7月8日 - 9月23日、TBS)- 主演・速水圭吾 役
金曜ロードSHOW! チープ・フライト(2013年3月1日、日本テレビ)- 加茂川隆 役
読売テレビ開局55年記念ドラマ 怪物(2013年6月27日、読売テレビ)- 真崎亮 役
SPEC〜零〜(2013年10月23日、TBS) - 白い男(セカイ) 役
S -最後の警官-(2014年1月予定、TBS) - 神御蔵一號 役

・ドキュメンタリー番組など
夢の扉+(2011年4月10日 - 、TBS)- ナレーション
TBS開局30周年「人間とは何か…!?・わたしと地球の38億年物語・アースコード」(2011年6月4日、TBS) - リポーター
NHKスペシャル「幻の霧 〜摩周湖 神秘の夏〜」(2011年7月31日、NHK総合) - ナレーション
世界遺産 時を刻む(2011年10月7日 - 全15回予定、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター
独占公開!すみだ水族館はこうして生まれた!〜東京スカイツリーに現れた青い大海原〜(2012年5月20日、テレビ東京) - ナレーション
4夜連続 知的探検スペシャル 恋愛は科学だ!(2013年2月25日 - 28日、フジテレビ) - ナレーション
向井理の地球横断縦断27000キロ大紀行スペシャル(2013年7月7日、BS-TBS) - ナビゲーター

・映画
だからワタシを座らせて。 通勤電車で座る技術!(2006年10月7日公開、監督:市川徹、配給:sazanami)
俺は、君のためにこそ死ににいく(2007年5月12日公開、監督:新城卓、製作総指揮・脚本:石原慎太郎、配給:東映)
ガチ☆ボーイ(2008年3月1日公開、監督:小泉徳宏、配給:東宝) - 奥寺千尋 役
ハナミズキ(2010年8月21日公開、監督:土井裕泰、配給:東宝) - 北見純一 役
BECK(2010年9月4日公開、監督:堤幸彦、配給:松竹) - 平義行 役
Paradise Kiss(2011年6月4日公開、監督:新城毅彦、配給:ワーナー・ブラザース映画) - 小泉譲二 役
僕たちは世界を変えることができない。 (2011年9月23日公開、監督:深作健太、配給:東映) -主演 田中甲太 役
劇場版SPECシリーズ(監督:堤幸彦、配給:東宝) - セカイ 役
劇場版 SPEC〜天〜(2012年4月7日公開)
劇場版 SPEC〜結〜 漸ノ篇、爻ノ篇(2013年11月1日・29日連続公開)
ガール (2012年5月26日公開、監督:深川栄洋、配給:東宝) -森本蒼太 役
新しい靴を買わなくちゃ (2012年10月6日公開、監督:北川悦吏子、配給:東映) -セン 役
きいろいゾウ(2013年2月2日公開、原作:西加奈子、監督:廣木隆一、配給:ショウゲート)- 武辜歩 役[17]
ドラえもん のび太のひみつ道具博物館(2013年3月9日公開、監督:寺本幸代、配給:東宝) - 向井おさる 役(声の出演)

・舞台
リーディングドラマ「もしもキミが。」(2009年4月、TOKYO FMホール)
ザ・シェイプ・オブ・シングス〜モノノカタチ〜(2011年2月、青山円形劇場 他)
悼む人(2012年10月19日(金) - 10月28日(日)、パルコ劇場他)
小野寺の弟・小野寺の姉(2013年7月12日(金) - 8月11日(日)、8月22日(木)-8月28日(水)、天王洲銀河劇場他)

・携帯配信ドラマ
ハチミツとクローバー「真山のメガネ」(2008年)
Sweet Room 「Birthday」(2009年8月15日 - 、BeeTV) - 主演
5年後のラブレター(2010年5月1日 - 7月、BeeTV) - 志村渉 役
最上のプロポーズ(2013年5月20日 -、BeeTV) - 森本青児 役

・CM
コカ・コーラ - 『ミニッツメイド』「Orange clock編」(2006年)
吉野家 - 『牛丼祭』(2006年9月)
SUBARU
『IMPREZA』「いいじゃない篇」(2006年11月)
『FORESTER』「秘密基地編」(2010年10月)共演:稲本弥生
カルビー - 『堅あげポテト』(2007年1月)
Dr.&BIOCHEMISTS - 『キャタリケア』(2007年4月)
花王 - 『バブ』(2009年9月)
ハウスメイト - (2009年12月)※杏と共演
任天堂 - 『トモダチコレクション』(2010年1月)
ブルボン
『アルフォート』「第一章」「第二章」「第三章」(2010年8月)※比嘉愛未と第二章から共演
『ショコランデ』『ショコランデホワイト』(2012年3月)
リコー
企業イメージ「愛するを、品質に。」(2010年10月 -)
CX4 - 「小さな誘惑編」「涙編」(2010年10月)
LGエレクトロニクス
『INFINIA』 (2010年11月)
『docomo with series Optimus it L-05D』(2012年6月)
『docomo NEXT series Optimus Vu: L-06D』(2012年7月)
『ドコモ スマートフォン Optimus it L-05E』(2013年6月)
ユーキャン - 『行政書士きっかけ篇』・『行政書士勉強中篇』(2011年1月)
アサヒビール - 『クリアアサヒ』「帰宅篇」「お仕事帰り篇」「メッセージ篇」「自宅焼肉篇」「こだわりハラミ篇」(2011年2月)
全労済 - 「安心行きのバス」「医療安心タイプ・がん保障プラス」「生きる安心タイプ」(2011年3月)
花王
『メンズビオレ』「ミクロスクラブ洗顔篇」「泡タイプ洗顔篇」「洗顔パワーシート篇」(2011年3月)
『めぐりズム・蒸気の温熱シート』「心地よい蒸気の温熱篇」ナレーション(2011年)
味の素KK - 『丸鶏がらスープ』『クノール・スープDELI』(2011年)
三ツ矢サイダー オールフリー(2011年7月)
ペンタックスリコーイメージング
『PENTAX K-30』(2012年6月)
『PENTAX Q10』(2012年10月)
「PENTAX Q7」(2013年7月)
雪印メグミルク
ナチュレ恵megumi プレーン(2013年3月)

・PV
波瑠「I MISS YOU」(2008年4月、ユニバーサルシグマ)
NICO Touches the Walls「かけら -総べての想いたちへ-」(2009年11月、キューンレコード)

■作品
・写真集
ライカム(2009年8月、ワニブックス)
月刊MEN 向井理(2011年4月、ポニーキャニオン)

・映像作品
FLAT(2009年12月、ポニーキャニオン)

■受賞歴
2010年
第66回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演男優賞 (『ゲゲゲの女房』)[18]
2011年
第35回エランドール賞 新人賞[19]
第32回ヨコハマ映画祭 最優秀新人賞 (『BECK』、『ハナミズキ』)[20]
『TVnavi』第7回ドラマ・オブ・ザ・イヤー2010 最優秀助演男優賞 (『ゲゲゲの女房』)[21]
第19回橋田賞 新人賞[22]

■脚注
a b c d e f g h “向井理”. ホリエージェンシー 2013年5月18日閲覧。
a b c d “【エンタがビタミン♪】「芸能界に脱がされた」。向井理があのヌード写真から1年、本音を明かす。”. TechinsightJapan. (2010年8月3日) 2012年2月4日閲覧。
a b c d 2009年10月20日放送回『しゃべくり007』出演時の向井談
“『an・an』恒例“SEX特集” 今年は俳優・向井理が初ヌード”. ネタりか. (2009年7月29日)[リンク切れ]
“【エンタがビタミン♪】「大事な息子を…けしからん!」。向井理のヌード写真に激怒した母。”. TechinsightJapan. (2009年6月20日) 2012年2月4日閲覧。
a b c “向井理“筋金入り虎党”をカミングアウト! (2/2ページ)”. SANSPO.COM. (2011年9月26日) 2012年2月4日閲覧。
a b c 『しゃべくり007』2011年6月6日放送より
サンタ☆|向井理オフィシャルブログ「The Laboratory」
INLIFE 男の履歴書 向井理
a b “向井理、日本初の外務省公認「日本・カンボジア親善大使」に任命!「狙い通りです」と笑顔満開!”. シネマトゥデイ. (2011年10月2日) 2012年2月4日閲覧。
“向井理氏に対する「日本・カンボジア親善大使」の委嘱について”. 外務省 (2011年10月18日). 2012年2月4日閲覧。
“向井理「気は強い」、北川景子「マイペースな人」とお互いの印象を明かす”. MovieWalker (2011年5月16日). 2012年2月4日閲覧。
Kei Hirai (2008年2月29日). “『ガチ☆ボーイ』エキシビジョン会見”. シネマファクトリー. 2012年2月4日閲覧。
幸せ|向井理オフィシャルブログ「The Laboratory」
『BAILA』2011年9月号[要ページ番号]
a b 『MORE』2011年7月号(5月28日発売)[要ページ番号]「『向井理』ができた場所」
“宮崎あおいと向井理が夫婦役で初共演。「2人の関西弁も実に似合っている」と監督”. ムービーコレクション. (2012年5月18日) 2012年5月18日閲覧。
『ザテレビジョン』No.41、11月5日号、角川マーケティング、2010年、22-24頁。
“エランドール賞歴代受賞者一覧”. 日本映画テレビプロデューサー協会. 2012年2月4日閲覧。
“1位から3位まで東宝独占! ヨコハマ映画祭の受賞結果が発表”. MovieWalker. (2010年12月10日) 2012年2月4日閲覧。
『TVnavi』5月号、扶桑社、2011年、207-214頁。"ドラマ・オブ・ザ・イヤー2010年間大賞".月刊TVnavi [テレビナビ] (産経新聞出版). 2012年2月4日閲覧。
“第19回橋田賞に草なぎ主演「99年の愛」”. SANSPO.COM. (2011年4月8日) 2012年2月4日閲覧。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
向井理を「ウィキペディア」で参照する