“フェアリー”瀬戸康史最強説!?坂口健太郎、新井浩文も…今期ドラマの“胸キュン男子”を語り尽くす!<女性芸能記者座談会>

モデルプレス編集部の芸能担当記者が、2016年4月期のドラマから<女子を胸キュンさせたイケメン俳優は誰だ!>をテーマに、座談会を開催!今最も胸キュンさせてくれるイケメンたちを語り合います。
(左から)坂口健太郎、瀬戸康史、新井浩文(C)モデルプレス
(左から)坂口健太郎、瀬戸康史、新井浩文(C)モデルプレス

座談会テーマ:4月期ドラマで女子を胸キュンさせたイケメン俳優は誰だ!

「重版出来!」(C)TBS
「重版出来!」(C)TBS
A子:1月クールの月9「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(フジテレビ系)でも注目を浴びた、坂口健太郎くんは「とと姉ちゃん」(NHK)、「重版出来!(じゅうはんしゅったい)」(TBS系)と今期も目立ってますね。この活躍ぶりは、やっぱり今年の大本命!

C子:「とと姉ちゃん」の武蔵は、とにかくあの笑顔に毎朝癒される~。植物の観察に熱中する姿とかおしるこを美味しそうに食べる姿はもちろん、「ハンケチ」の発音まで可愛いですよね(笑)。

B子:そう!可愛さが加速してる!「重版出来!」も密かに主人公(黒木華)に想いを寄せている設定で、今まではモテ男で攻めるイメージの役が多かったから、恋愛下手な感じが新鮮なんだよね。オドオドした演技が似合う。

モデルプレス女性芸能記者座談会の様子(C)モデルプレス
モデルプレス女性芸能記者座談会の様子(C)モデルプレス
モデルプレス女性芸能記者座談会の様子(C)モデルプレス
モデルプレス女性芸能記者座談会の様子(C)モデルプレス
D子:可愛さでいったら、「世界一難しい恋」(日本テレビ系)の大野智さんもたまらないです!とにかく不器用で、甘酸っぱ過ぎて中学生の恋愛を見てるみたい(笑)。ヒロインの美咲(波瑠)を手招きして観覧車に誘うシーンなんて、本当に嬉しそうで思わず「よかったね~」ってニヤけちゃいました。

A子:大野さんのキャラクターも重なって、応援したくなる可愛さが出てるよね。彼女とキスがしたくて、ベッドに細工するなんてどんな発想だよって笑っちゃったけど(笑)、「私がしっかりしなきゃ!」って母性本能がくすぐられる感じ。

「できしな」瀬戸康史、最強説!?「毒島ゆり子」新井浩文の色気もヤバい…

C子:母性本能と言えば、「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」(TBS系)の“フェアリー男子”瀬戸康史くんもどうですか?

A子、B子、D子:可愛い!!!

「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(C)TBS
「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(C)TBS
C子:ですよね(笑)。瀬戸くん演じる諒太郎は、基本甘えん坊で自由なのに、いきなり本気スイッチ入る一番ズルいタイプ(笑)。「責任とってよね」なんて言われてキスを迫られたら、エレベーターの中でも拒めません!

B子:あのシーンの、色気はすごかった…“フェアリー”最強説!瀬戸くんって可愛い顔と色っぽい声のギャップがいい。主人公のみやび(中谷美紀)が、諒太郎に「あなたを好きになりたい」って告白したとき、「別に俺のこと好きじゃないでしょ?」「俺だって傷つくの嫌だよ」って返したんだけど、あの低い声が微妙に震えてて、キュンとしました。弱ってる男子にグッとくるって、恋愛のセオリーかも(笑)。

「毒島ゆり子のせきらら日記」場面カット(C)TBS
「毒島ゆり子のせきらら日記」場面カット(C)TBS
D子:それなら、私は「毒島ゆり子のせきらら日記」(TBS系)の新井浩文さんを推したい!不倫疑惑もあって危険な香りがプンプンするけど、両親との確執を「初めて誰かに話す…」なんて言って切り出されたら、放っておけないです~。あんな色気ダダ漏れで口説かれたら、女子はすぐOKしちゃう(笑)。

「ゆとりですがなにか」「ラヴソング」…不器用なイケメンにキュン

A子:新井さんの色気って、本当に不思議な魔力があるよね。あとは、「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)のイケメン3人もいい味だしてる。個人的には、とことん救われないのに、何にでも一生懸命な岡田将生くん演じるまーちんが可愛い~。いつも振り回される側なのに、突然男らしく茜ちゃん(安藤サクラ)にプロポーズしたシーンは素敵だったな。

(左から)松坂桃李、岡田将生、柳楽優弥(C)モデルプレス
(左から)松坂桃李、岡田将生、柳楽優弥(C)モデルプレス
C子:「ゆとりですがなにか」は、松坂桃李くん演じる山路も、柳楽優弥くん演じるまりぶも、それぞれ完璧じゃないところが魅力的ですよね。「足りない」ところが見えると支えたくなる。

「ラヴソング」場面カット(C)フジテレビ
「ラヴソング」場面カット(C)フジテレビ
B子:不器用さでいったら、「ラヴソング」(フジテレビ系)の菅田将暉くんも。空一のがむしゃら感は、眩しいくらい(笑)。ヒロインのさくらちゃん(藤原さくら)への告白も「美人じゃない、性格悪い、家事できない…」とか散々ひどいこと言っておきながら、最後に「でも、お前のこと好きだ」ですよ!?もうキュンキュンしました(笑)!

「重版出来!」オダギリジョーに“支えられたい”!

A子:“支えたい系”イケメンがたくさん出てきたけど、逆に“支えられたい”って思うのは「重版出来!」のオダギリジョーさん。さり気なくいつも主人公や周りをサポートしてて、大人だなって惚れ惚れする。編集長(松重豊)がExcel使えなくて困ってるとき、「やれやれ…」って顔しながらも、何だかんだ助けてあげたシーンとか「リアルでいいな~」って。オフィスにこんな上司いたら…って妄想が膨らむ。

「重版出来!」場面カット(C)TBS(C)TBS
「重版出来!」場面カット(C)TBS(C)TBS
D子:いいですよね~分かります~。オダギリさんの落ち着いた雰囲気と優しい声のトーンがハマっていて、見ているだけで安心感がすごいですよね。

C子:同感!結婚するなら、絶対ああいうタイプの人がいいです!

B子:結局、落ち着く先はそこかな?

A子:母性本能をくすぐるイケメンにキュンキュンしながら、大人の男性に“支えられたい”って女子の究極の願望だよね(笑)。

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - “フェアリー”瀬戸康史最強説!?坂口健太郎、新井浩文も…今期ドラマの“胸キュン男子”を語り尽くす!<女性芸能記者座談会>
今読んだ記事

“フェアリー”瀬戸康史最強説!?坂口健太郎、新井浩文も…今期ド…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事