柳楽優弥 やぎらゆうや

「柳楽優弥」に関する記事の一覧です。モデルプレスでは「柳楽優弥」に関する情報をいち早く皆さんにお届けしていますので、是非とも毎日チェックしてくださいね!

「柳楽優弥」に関連するモデルプレス記事

柳楽優弥のSNSリンク

公式サイトやブログへのリンク

柳楽優弥のプロフィール

柳楽 優弥(やぎら・ゆうや)

スターダストプロモーション所属

生年月日:1990年3月26日
出身:東京都
身長:174cm
血液型:A型

■経歴
2002年に「友達が所属していて楽しそうだった」という理由で芸能事務所入りを希望。スターダストプロモーションに応募する。映画『誰も知らない』が初オーディションだったが、監督の是枝裕和に「目に力がある」と主役に抜擢された。この『誰も知らない』が子役としての最初の活動となるが、撮影に1年かけ、公開はさらに1年経ってからだったため、メディアに出たのは本田技研のCMやドラマ『クニミツの政』の方が先となった。

2004年主役を演じた映画『誰も知らない』が第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、当時14歳で史上最年少で男優賞を受賞した。柳楽は学校の定期試験により先に帰国していたため、授賞式は監督の是枝が代理で出席している。このニュースを機に一躍有名になり大いに話題を呼んだ。また、8月25日に「文化関係者文部科学大臣表彰」を授与され、10月5日の『TIME』誌アジア版で「2004 Asia's Heroes」に選出された。

2007年にはアニメ・オムニバス映画『ジーニアス・パーティ』の中の「BABY BLUE」で初めて声優を務めた。

2008年11月、井上凛の執筆協力により原案小説『止まない雨』を発表。

2010年1月公開の映画『すべては海になる』で佐藤江梨子とともに主演に抜擢され、俳優への復帰を果たした。

2009年12月2日、自身のブログ(現在は終了)で女優・豊田エリーと婚約したことを発表。2010年1月14日に入籍、1月15日に明治神宮にて挙式。5月14日、妻・豊田エリーが妊娠4か月である事を発表。10月13日、第1子となる女児が誕生。

2011年前後は社会勉強のため、洗車のバイトと居酒屋のバイトをしていた。

2012年、蜷川幸雄演出の『海辺のカフカ』で初舞台。主人公田村カフカを演じた。

2014年、福田雄一監督・脚本の『アオイホノオ』で連続ドラマ初主演。

2015年、主演映画『合葬』が第39回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門に正式出品される。

■人物
バラエティ番組などは緊張して話さなくなるため、寡黙な印象をもたれるが、普段はよくしゃべる。
趣味は音楽で、ロックバンドでボーカルをやっていたこともある。
ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、リバー・フェニックス、ショーン・ペン等の俳優に憧れていると語っている。

10代後半は「カンヌ受賞」がだんだんとプレッシャーになり、どうしていいかわからず、その結果周りを困らせるような行動をとっていたが、最後まで家族が見離さないでくれたこと、結婚をし子どもをもったことなどからもう一度俳優に向き合うようになったとインタビューで度々語っている。

NHK-BS『旅のチカラ』出演時に、人間不信等から「1日部屋から出なかった」時期があったと言っており、2009年夏頃には体重が82kgあったが、2010年7月から約2か月間ダイエットに励み、25kgの減量に成功した。

なお、『誰も知らない』については、後年、“演技もしたこと無かったし、監督に言われたままやったって感じだったので、それで賞がとれたんだと思って。だからって普段、他の映画で『誰も知らない』みたいな芝居をしたら(賞が)とれるっていうわけでもない。”と言っている。[7]
多忙の為、堀越高校を高校3年生の時、中退したが、昨年、通信制高校に編入し、今年、春に卒業。

■出演

・映画
誰も知らない(2004年8月7日、シネカノン) - 主演・福島明 役
星になった少年 Shining Boy & Little Randy(2005年7月16日、東宝) - 主演・小川哲夢 役
シュガー&スパイス 風味絶佳(2006年9月16日、東宝) - 主演・山下志郎 役
ジーニアス・パーティ 「BABY BLUE」(2007年7月7日、日活) - 主演・翔(声)役
包帯クラブ(2007年9月15日、東映) - 主演・ディノ(井出埜辰耶) 役
戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH(2009年10月17日、アスミック・エース) - 主演・ケン(川島賢) 役
すべては海になる(2010年1月23日、東京テアトル) - 主演・大高光治 役
爆心 長崎の空(2013年7月13日、パル企画) - 廣瀬勇一 役
許されざる者(2013年9月13日、ワーナー・ブラザース映画) - 沢田五郎 役
ゆるせない、逢いたい(2013年11月16日、SDP) - 主演・野口隆太郎 役
クローズEXPLODE(2014年4月12日、東宝) - 強羅徹 役
闇金ウシジマくん Part2(2014年5月16日、東宝映像事業部 / SDP) - 蝦沼 役
最後の命(2014年11月8日、ティ・ジョイ) - 主演・明瀬桂人 役
合葬(2015年9月26日、松竹メディア事業部) - 主演・秋津極 役
ピンクとグレー(2016年1月9日、アスミック・エース)
HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス(2016年5月14日、東映) - 真琴正 役
ディストラクション・ベイビーズ(2016年5月21日) - 主演・芦原泰良 役
任侠野郎(2016年6月4日公開予定、KATSU-do)

・テレビドラマ
クニミツの政(2003年7月1日 - 9月9日、関西テレビ) - 坂上晋作 役
電池が切れるまで(2004年4月22日 - 6月24日、テレビ朝日) - 高野大地 役
TOKYO23~サバイバルシティ(2010年9月4日 - 10月2日、WOWOW) - 主演・新井ノボル 役
LADY~最後の犯罪プロファイル~ 第4話 - 第5話(2011年1月28日 - 2月4日、TBS) - 巽聡史 役
ガリレオXX 内海薫最後の事件 愚弄ぶ(2013年6月22日、フジテレビ) - 当摩健斗 役
アオイホノオ(2014年7月18日 - 9月26日、テレビ東京) - 主演・焔モユル 役
信長協奏曲 第1話(2014年10月13日、フジテレビ) - 織田信行 役
まっしろ(2015年1月13日 - 3月17日、TBS) - 仲野孝太郎 役
まれ(2015年5月 - 、NHK) - 池畑大輔 役
ゆとりですがなにか(2016年4月 - 、日本テレビ) - 道上まりぶ 役

・Vシネマ
岸和田少年愚連隊 ゴーイング・マイ・ウェイ(2004年9月25日、 セディックインターナショナル) - 土方マコト(少年期) 役

・Webドラマ
ブリザード(2011年7月1日 - 全12話、BeeTV) - 主演・崎谷眞人 役

・舞台
海辺のカフカ(2012年5月3日 - 6月24日、東京 / 大阪) - 主演・田村カフカ 役
金閣寺(2014年4月5日 - 19日、赤坂ACTシアター) - 主演・溝口 役
NINAGAWA・マクベス (2015年9月7日(月) - 10月3日(土)、Bunkamuraシアターコクーン) - マルカム役

・ドキュメンタリー
高倉健が残したもの~“人を想う”心の旅~(2015年5月16日、NHK BSプレミアム) - ナビゲーター

・バラエティ
ダウンタウンガキの使いやあらへんで!! 大晦日年越しSP 絶対に笑ってはいけない名探偵24時(2015年12月31日、日本テレビ) - 捕まってはいけない名探偵スペシャルプレーヤー

・CM
HONDA 企業(2003年4月 - 2004年3月)
ほっとけない世界のまずしさ ホワイトバンドプロジェクト(2005年)
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン マックスファクター(2006年)
DAIHATSU ミラ / ミラカスタム(2006年12月 - 2008年5月) - 村田淳平 役
Supercell / クラッシュ・オブ・クラン(2015年)
みずほ銀行/ Pepper the Movie「404」(2016年)
スクウェア・エニックス / ドラゴンクエストモンスターズ スーパーライト(2016年) - 魔剣士ピサロ 役

・雑誌
2015年3月25日(水)発売 「『まれ』ドラマガイド」
2015年5月7日(木)発売 「anan」No.1953号
2015年5月20日(水)発売 「SWITCH」6月号
2015年5月23日(土)発売 「月刊TVnavi」7月号
2015年5月23日(土)発売 「月刊おとなのデジタルTVナビ」7月号
2015年5月26日(火)発売 「週刊女性」
2015年6月24日(水)発売 「NHKウィークリーステラ」7/3号
2015年7月6日(月)発売 「GALAC」8月号 ※表紙
2015年8月1日(土)発売 「婦人画報」9月号
2015年8月20日(木)発売 「リンネル」10月号
2015年8月25日(火)発売 「クロワッサン」10/10日号

・書籍
『柳楽優弥のきみもゾウ使いになれる!』(2005年6月、扶桑社)
『星になった少年Shining Boy&Little Randy』 VISUAL BOOK(2005年7月、角川書店)
『シュガー&スパイス~風味絶佳~』VISUAL BOOK(2006年8月、SDP)
『止まない雨』(2008年11月、SDP)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.
柳楽優弥を「ウィキペディア」で参照する