佐藤健「芝居じゃなかった」役者人生での初体験を振り返る

俳優の佐藤健が、自身の役者人生における初体験を振り返った。
佐藤健「芝居じゃなかった」役者人生での初体験を振り返る【モデルプレス】
佐藤健「芝居じゃなかった」役者人生での初体験を振り返る【モデルプレス】
佐藤健
佐藤健
21日、都内にて「国際ドラマフェスティバル in TOKYO 2015」のメインイベントである「東京ドラマアウォード2015」授賞式が行われ、主演を務めた「天皇の料理番」(TBS系)が作品賞<連続ドラマ部門>グランプリを受賞、佐藤が主演男優賞を受賞した。

「顔を思い出すだけで…」

受賞トロフィーを受ける佐藤健
受賞トロフィーを受ける佐藤健
W受賞した佐藤は「個人賞に関しては、作品に取らせていただいた賞だとだと思っているので、出演者3人とプロデューサーや脚本家の方たちとあんな素敵な現場に立ててすごく幸せです」と感慨深げにコメント。作品で苦労した点について問われると「たくさんありますけど、やはり料理です」と言い、「台本に『神のような手捌き』と書かれていたので(笑)。あとはフランス語の習得ですね。僕の中にないものを持ってるキャラクターでした」と振り返った。

また撮影中の思い出や現場でのエピソードは「すべて」と答えた佐藤。「後半になればなるほど思いが強まっていったので、黒木さんや亮平さんの顔を思い出すだけで、今でも込み上げるものがあります。芝居をしてるんですけど、芝居じゃなかった。そういう経験も初めてでした」と俳優として飛躍したことを語った。

「天皇の料理番」キャストが勢揃い

「東京ドラマアウォード2015」受賞者(上段左より)松江哲明氏、鈴木亮平、佐藤健、八木康夫氏(下段左より)エーン・トーンプラソム、ユキ・カトウ、吉田羊、黒木華、西村知美、中園ミホ氏
「東京ドラマアウォード2015」受賞者(上段左より)松江哲明氏、鈴木亮平、佐藤健、八木康夫氏(下段左より)エーン・トーンプラソム、ユキ・カトウ、吉田羊、黒木華、西村知美、中園ミホ氏
今年で8回目となる「東京ドラマアウォード」は、作品の質の高さだけではなく“市場性”“商業性”にスポットを当て、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、世界水準で海外に売れる可能性が高い優秀なテレビドラマを選出。

今回は、「天皇の料理番」(TBS系)が作品賞<連続ドラマ部門>グランプリを受賞。このほか授賞式には、主演女優賞の黒木華(「天皇の料理番」)、助演男優賞の鈴木亮平(「天皇の料理番」「花子とアン」)、助演女優賞の吉田羊(「HERO」)らが登壇した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 佐藤健「芝居じゃなかった」役者人生での初体験を振り返る
今読んだ記事

佐藤健「芝居じゃなかった」役者人生での初体験を振り返る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事