ポップティーン

Popteen

Popteen

Popteen(ポップティーン) 2021年 08 月号 [雑誌]

発売中

発売日:毎月1日
出版社:角川春樹事務所

「Popteen」に関連するトピック

  1. 「Popteen」発PureGi、国内最大級アイドル野外フェス挑戦の結果は?新たな夢も

    モデルプレス

  2. 「Popteen」発PureGi、初の対バンLIVEに出演 リハーサルのミスで不安顔に

    モデルプレス

  3. 益若つばさ&藤田ニコル「Popteen」モデル時代の給料明かす

    モデルプレス

  4. 「Popteen」発PureGi、アイドル野外フェス「関ヶ原唄姫合戦」出演決定 ライブに向けたレッスンで問題が…

    モデルプレス

  5. 「Popteen」発MAGICOUR・KOKONAに1日密着 練習生との共同生活で本性明らかに

    モデルプレス

  6. 「Popteen」発MAGICOUR、学園祭初出演の舞台裏密着 生徒からドッキリも

    モデルプレス

  7. 「Popteen」発MAGICOUR、韓国予備軍のレッスン生とのダンス対決に意外な結末

    モデルプレス

  8. 「Popteen」発MAGICOUR、5人体制の第2章スタート 初披露は学園祭

    モデルプレス

  9. 「Popteen」発MAGICOUR、AMU&MYUKAが脱退 新たな決意で第2章スタート

    モデルプレス

  10. 莉子、恋愛観は変わった?最近泣いたことは?<「ブラックシンデレラ」動画企画~“昔の私”と同じインタビューに答える~>

    モデルプレス

  11. 莉子「Popteen」卒業 好きなモデルランキング1位・「オオカミちゃん」出演などティーンから絶大な支持

    モデルプレス

  12. 「Popteen」発MAGICOUR、有名スタジオ練習生とダンス対決

    モデルプレス

  13. 「Popteen」発MAGICOURに新たな試練

    モデルプレス

  14. 「Popteen」発MAGICOUR、YUAが活動休止を発表 その理由とは

    モデルプレス

  15. 「恋オオカミ」長谷川美月・chocoら「Popteen」表紙抜擢に喜び

    モデルプレス

  16. 「Popteen」卒業の浪花ほのか(ほのばび)「思ってた以上に難しい世界」焦り・葛藤した過去 ファンへの感謝つづる

    モデルプレス

  17. 「Popteen」発MAGICOUR、ハイレベルなダンスレッスンで厳しいダメ出し

    モデルプレス

  18. 「Popteen」発MAGICOUR、バトルロープトレーニングに悶絶 新たな目標へ

    モデルプレス

  19. 「Popteen」発の新アイドルグループ、全貌が明らかに

    モデルプレス

  20. 「Popteen」発MAGICOUR、初8人パフォーマンスの舞台裏に密着

    モデルプレス

「Popteen」に関連するモデル

「Popteen」について

アゲ盛り女子必見のLOVE&LIFEスタイルマガジン!ブチアゲトレンド+最新ギャルファッション情報誌。

■Popガールズオーディション
・2006年より行われるようになったpopteen専属モデルオーディション。
・2006年(平成18年)、2007年(平成19年)、2008年(平成20年)、2012年(平成24年)に行われたPopteenモデルオーディション。
・2009年2月25日、LADY BiRD feat.ソンイとして1stシングル「Sweet Song」で歌手デビュー。
第1回グランプリ:岡本里奈
第2回グランプリ:出岡美咲
第3回グランプリ:河西美希
第4回グランプリ:今井彩矢佳

■モデル
西川瑞希
椎名ひかり
松本愛
小堀美茄冬
平尾優美花
大澤玲美
前田希美
志田友美
越智ゆらの
池田美優
武田玲奈
ダコタ・ローズ
藤田ニコル
北澤舞悠
土屋怜菜
澤田汐音
荻原里奈
丸山蘭奈
川後陽菜(乃木坂46)
生見愛瑠

■主な関係者
哀川翔
飛鳥新社に出入りしていたアルバイトのライターとして創刊に携わった。ただし、創刊当時の「ポップティーン」はティーンエイジャーの男子向け雑誌だった。
松浦ゴリエ(テレビ番組『ワンナイR&R』キャラクター)

■概要
・角川春樹事務所から発行されているティーンエイジャーの女性向けファッション雑誌。月刊誌。1980年10月1日創刊。1990年代前半まで、パステルティーンやエルティーン等と並ぶティーンエイジャーの過激なセックスの体験談やテクニック等の情報、またいじめ問題の人生相談等メインコンテンツとした雑誌であった。女子高生ブームの人気の訪れとともに、猥褻・バイオレンス要素を払拭したギャル向けファッション雑誌へとリニューアルした。

・浜崎あゆみは表紙に16回登場し、カバークイーンとなっている。
・在籍モデル(当時)の益若つばさと梅田直樹の結婚式の模様を2008年2月号で紹介したところ、過去最大の売上を記録した。

・創刊時は角川書店から発行。その後同誌の編集を手がけていた飛鳥新社が2億円弱で買い取り、さらに1994年になって6億円で角川春樹事務所へ譲渡され、同社のドル箱雑誌となっている。

※出展:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.